・ n.1 レガータ・ストーリカの日の大運河 ・ ヴェネツィア


 毎年9月の第一日曜に行われるヴェネツィアのお祭りレガータ・ストーリカ。
 今年はお祭りを見るつもりなく出かけたのでしたが、
 それでも大運河をヴァポレット・水上バスで行きながら、様々な準備の様子、
 お祭りを待ち盛り上がる空気、開始を待ち構える人々の様子・・。
 そんなあれこれが快晴の秋晴れの下で繰り広げられているのを、
 楽しみましたので、皆さまにもどうぞ!!

 午後1番の電車でヴェネツィアのサン・マルコ駅に着き、ヴェポレットの切符を
 買うのに、サン・マルコ行きのヴァポレットはあと10分で出るのが最後、
 レガータが始まるから、と聞き、やれ良かった、乗り込むと、

 途端に聞こえてくる音楽、バンドを乗せ歌いつつ進むボートが後ろから!

1-V03_0677_01_GF.jpg

2-V03_0679_01_GF.jpg

 派手なピンクのスパンコールのついた帽子とネクタイをつけ、黒シャツのバンドが
 乗り込んだのと、その後ろからもピンクの風船で飾り付けたボートが続き、
 我々のヴァポレットと後になり先になりしながら、大運河を行きます。




 右にカンナレージョへの曲がり角にある、サン・ジェレミーア教会・
 San Geremia、確かここにサンタ・ルチーアの遺物も祀られていたと。

3-V03_0681_01_GF.jpg




 余りにも良いお天気、青い空で気持ちがウキウキしてくるほど!
 お昼ご飯も済み、そろそろお祭りの開始に向け、ボートの行き来も自粛
 し始めているのか、大運河もかなり閑散としているなぁ、という様子。

5-V03_0685_01_GF.jpg




 カ・ペーザロ・Ca'Pesaro・国際近代美術館辺り、少年達のボートがいて、

6-V03_0687_01_GF.jpg




 その先には一家で出かけるボートも進み、

7-V03_0688_01_GF.jpg




 サンタ・ソフィーア・Santa Sofiaの大型ゴンドラの渡し場を過ぎた辺りで、
 また別のボートが出かけるのに出会い、
 これらはレガータ・ストーリカの幕開けにある、船の行進に参加するのだろうと・・。

8-V03_0691_01_GF.jpg

 後ろに見える手が建物を掴む像は、今年11月まで開催中の
 ヴィエンナーレ展の展示の一作品。




 裁判所の建物の運河側の広場、確か名前があったのが思い出せず・・、
 そこにはすでにたくさんの人々が集まり、お祭りの開始を待っていて、

9-V03_0693_01_GF.jpg

10-V03_0696_01_GF.jpg




 大運河の角を曲がり、これはコルテ・デイ・コンテ・Corte dei Conteの
 建物の運河への張り出し部に座り込んだ人々で、
 左の影はリアルト橋の影。

11-V03_0697_01_GF.jpg




 リアルト橋は修復が済み、美しい姿を見せておりました!

12-V03_0699_01_GF.jpg




 先程の4人乗りのシニョーレ達のボートが追い抜いて行き、

13-V03_0700_01_GF.jpg




 この辺りはまだまだゴンドラが大運河の中を漕いでおり、
 橋の上にもたくさんの観光客。 ですがね、レガータが始まる前になると、
 橋の中央だけ通り抜けにOKなのですが、両脇の通路は通行禁止にね。

14-V03_0701_01_GF.jpg




 駅前から後先になって進んできたバンドのボートもやって来て、
 どうやらイェーゾロ・Jesoloからの応援組ではないかと察しがつき、

15-V03_0702_01_GF.jpg

16-V03_0703_01_GF.jpg

 ええと、レガータ・ストーリカにはヴェネツィアからのみでなく、周辺の島、土地、
 からの参加もあるので、それの応援に来ているのではないかと。
 で、ピンク色はたぶんイェーゾロのチーム、ボートの色ではないかと・・。

 下の写真の背後の建物に見える垂れ幕、NO MAFIA VENEZIA E' SACRA
 は、今回初めて見たキャンペーン幕ですが、何かマフィアがらみの事件でも
 最近あったのかも。

 その上に見える緑の小さい垂れ幕には、Venezia é una vera città・
 ヴェネツィアは真の街。 
 この垂れ幕はあちこちに見えましたので、やはり何か事件があったのかもですね。




 こちらがバンドの後から付いてやって来たイェーゾロの家族の乗りこんだ船。

17-V03_0704_01_GF.jpg




 ああ、やっとリアルト橋の全体が入りましたぁ! 美しい橋ですよねぇ!!

18-V03_0706_01_GF.jpg




 ずらっと並ぶゴンドラ。

19-V03_0710_01_GF.jpg




 すでに準備済みの観覧席。 こういうのは大きな荷台の船に設置され、
 曳航されてやって来るのでしょう。

20-V03_0711_01_GF.jpg




 大運河の中央部、すでにかなり西の端にやって来て、

21-V03_0719_01_GF.jpg




 建物の窓やテラスから様子を見る人々。

22-V03_0713_02_GF.jpg




 窓に翻るヴェネツィア共和国の旗。

23-V03_0722_01_GF.jpg




 ヴァポレットのすぐ後ろから付いて進んでくるボートのシニョーレ。

24-V03_0712_01_GF.jpg




 これはキオッジャ・Chioggia辺りからの船、と思いますが、

25-V03_0716_01_GF.jpg




 あちこちから集まってくる様々な形、大きさの船が場所を取り始め、

26-V03_0721_01_GF.jpg

27-V03_0720_01_GF.jpg

 手前の長いのには、ジュウデッカ島の名が。





 大運河がリアルト橋からの西端、現在ヴェネツィア大学の本部である
 カ・フォスカリ・Ca'Foscari 前の貴賓席も準備完了。

28-V03_0724_01_GF.jpg

 レガータ・ストーリカの競艇の出発点はヴェネツィア本島の、サン・マルコ広場から
 かなり東に行った所、ヴィエンナーレ展会場のあるジャルディーニの前辺りが
 出発点で、大運河に入り、サン・マルクオーラの折り返し点を回って戻り、
 この貴賓席前がゴール。

 あれは競艇のプログラムの最初にある、少年たちの部だったのでしょうね。

 そして最後の2人乗りゴンドラでは、昨年に続き見事15回目の優勝を
 ルーディとイゴール・ヴィニョット・Rudi e Igor Vignottoの従弟組が
 飾り、記録更新中、立派!!



 貴賓席に続き、TV中継のRAIの放送車がやはり運搬船の上に。

29-V03_0729_01_GF.jpg




 少年たちのボート、彼らにとって晴れの日の幕開けに向かい、

30-V03_0730_01_GF.jpg




 後ろからは15人乗りかな、時代衣装の行進に参加の、
 嬉しそうなシニョーレ達の本土側メストレからの大型ボート、
 も出発点に向かいます。

31-V03_0732_01_GF.jpg


 ヴェネツィアの以前のご案内は


 という所で、次回に続きます。



*****

 コメントの書き込みについてのお願い。

 ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
 上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
 記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

 非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
 コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
 それもご了承下さいませ。


*****


 水彩+色鉛筆画ブログには、
 アップしています。    
 見てやってくださ~い!    

 ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

 いつもブログご訪問、応援有難うございます!