・ n.2 ヴェネツィア散歩  リアルト橋、ゴンドラ溜まり、バレテッリ橋


  先回からのヴェネツィア散歩のその2 を続けますが、
  今回はリアルト橋北隣の広場にある教会サン・ジャコモ・ディ・リアルト・
  San Giacomo di Rialtoからご案内を。

  リアルト橋の北詰め、道両脇に屋台店が並んでいる右の広場ですから、
  皆さんもよく、この姿をご存じと思います。
  前に張り出したポルティコがあり、大きな時計とアーケード型の鐘楼が特徴ですが、

1-9123_01_GF.jpg

2-9124_01_GF.jpg

  調べてみると、ヴェネツィアでも一番古い教会になるのだそうで、
  カルペンティエーレ・骨組み作業の工員、職人が
  大火事の鎮静を願っての祈願からで、421年という年号!

  記録に出るのは1152年、1513年の近隣一帯が破壊された大火事から逃れ、
  1601年には床も高潮にも大丈夫な修復があったそう。





  何度も前を通り、ポルティコの下に座り込んでお昼のサンドウィッチをかじったり、
  その時には周囲を鳩に取り囲まれ、足の上にも乗って来られ、ははは、
  鳩の足からの温もりを感じたりした想い出はあるのですが、

  肝心の内部はいまだに拝見してない事を思い出し、ははは、
  ウィキペディアからの拝借でどうぞ。

3-San_Giacomo_di_Rialto.jpg

  前部のゴシック式ポルティコは、ヴェネツィアでも数少ない一つだそうですが、
  内部はルネッサンス風に改装されているそう。
  
  次回のチャンスには、ちゃんと内部拝見を。





  今回の行程の地図をどうぞ。
  1がサン・ジャコモ・ディ・リアルト教会、 リアルト橋を渡って2が元のドイツ商館、
  現在この上部テラスが無料で一般公開されている場所。
  3がサン・ルーカ広場、 4がバレテッリ橋

4-1-Cattura map.JPG

  南にサン・マルコ聖堂、サン・マルコ広場で、





  サン・ジャコモ・ディ・リアルト教会から道筋に出て、リアルト橋の上り階段。
  この時はまだ朝早めで人が少なかったのですが、この一帯はいつも大賑わい。  
  有難いことに、橋の修復は済んでおりました!

4-2-9125_01_GF.jpg 
  



  ですが、今回は戻りにもう一度リアルト橋をご覧頂く事にして、

  橋の上から見る、大運河北側を。
  右端が元のドイツ商館で、現在ショッピング・センター、階上のテラスが公開。

5-9128_01_GF.jpg




  さて、サン・ルーカ広場。 この時はコンタリーニ邸のカタツムリ階段に上り
  サン・マルコ広場に行くのにここに出て来たのですが、
  広場のこの正面の建物など、お気に入りです。





  上の広場の左側だったと思いますが、こんな壁龕の聖母像を見つけ、

7-9215_01_GF.jpg

  スタイルが興味深くアップして見ましたら、
  MCMXIII CA PIERO BORTOLVZZI GRILLO とありました。
  1913年 ピエロ・ボルトルッツィの家

  で検索を掛けましたら、1875年生まれの画家で、ヴェネツィアのアッカデミアで学び、
  人物風景共に粘り強い描写で、絵画のみならずニューヨークのメトロポリタン・オペラ
  舞台装置などでも活躍したりの、多才な方だったようですが、 
  この家の内装をしたのか、ここに住んだのかは分かりませんでしたぁ。





  広場の店のウィンドウにあったコンサートのポスターなども眺め、

8-9216_01_GF.jpg
  
  ははは、誰かのおでこが写ってる。





  運河沿いに出てきて、

9-9217_01_GF.jpg




  すぐそこがサン・マルコ広場、 広場北西角の裏のゴンドラ溜まりに出て、

10-9223_01_GF.jpg




  ゴンドラの意匠に目を配りながら、
  
11-9227_01_GF.jpg




  金貨ザクザクの袋を抱えた幸運の女神に、なぜ目隠し? とライオン君。
  
12-9224_01_GF.jpg




  真ん中のドージェ・ヴェネツィア総督を囲む2頭のライオンと、総督の冠。  

13-9228_01_GF.jpg




  ゴンドラの上で一服のゴンドリエーレと、

14-9229_01_GF.jpg




  左の若いゴンドリエーレの髪の毛! ははは。
  上だけ残して横を刈るスタイルはちょいちょい見かけますね。
  でも彼、本物の金髪!

15-9225_01_GF.jpg




  この後サン・マルコ広場に出てぐるっと一回りの後、はい、パトロールを、
  ははは、

  時計塔の下の道からリアルト橋に向かって来た所で出会うこの橋
  バレテッリ橋・Baretteriと今回名前を知ったのですが、
  係留杭が赤いのと、大概何隻かゴンドラが係留している場所で、
  
16-9319_01_GF.jpg




  運河沿いにレストランの窓が開いているのですね。
  描きたいとずっと良いチャンスを狙っている場所でして・・!

17-9326_01_GF.jpg




  この時もまだ新しいゴンドラの、素晴らしい彫りを舳先に施したのがいて、

18-9328_01_GF.jpg




  艫の飾り。 眺めていて気が付いたのは、艫の飾りは折れているのに
  よくお目にかかりますが、これは修復されたのが分かりますね。

19-9330_01_GF.jpg





  で、再びリアルト橋に戻って来て、記念撮影されるのに合流し、ははは。

20-9339_01_GF.jpg




  所で、ヴェネツィア名物のリアルト橋ですが、元は木製の橋だった、
  というのはご存知の方が多いと思いますが、

21-Rialto_by_Vittore_Carpaccio.jpg


  このカルパッチョの絵に見られる様に、15世紀末の姿、真ん中が吊り橋で、
  背の高い船が通る時は上に引き上げられたのだそうで。

  が、それ以前は舟を繋いでの橋だったのだそうで、
  そして12世紀後半杭の基礎の上に板を渡した橋が作られ、
  当時は橋の東近くに古い貨幣鋳造所があったので、
  貨幣橋・ポンテ・デッラ・モネータと呼ばれたと。

  リアルト橋の市場が重要さを増した1250年頃、木製の橋に架け替えられ、
  これが上のカルパッチョの絵に見えるスタイルで、これでリアルト橋の名に。

  1310年叛乱劇が起こった時破壊され、1444年にはフェッラーラ侯爵の
  花嫁の行列の際、大群衆の重さに耐えかね橋が落ち、1524年にも落下。

  で、橋の両脇に店が並ぶようになったのは15世紀の半ばなのだそう。





  16世紀になり始めて石の橋を架ける事が提案され、がなかなか決定せず、
  その中にはアントーニオ・パッラーディオの提案のこんな橋もあり・・。 
  皆さま、いかが、お気に召します、この姿?! 古臭いイメージでは?!

22-Rialto_Palladio.jpg




  現在の姿のこの橋が完成したのは1591年で、最初の提案から約1世紀
  かかった事になりますが、美しい形ですよね?!

23-9333_01_GF.jpg

  橋の全長48m、 大アーチ長さ28m、高さ7,5m、 幅22,1m
  設計はアントニオ・ダ・ポンテ、まさに橋という姓で、3年間の工事だったと。

  当時はこの大胆な一つのアーチ、という案に、落下するに違いない、と
  第2設計家のヴィンチェンツォ・スカモッツィなども言ったそうですが、

  はい、未だに健在で、ヴェネツィアの建築美のシンボルの一つですね。





  元ドイツ商館の階上のテラスに、パノラマを楽しむ人の姿も見えますが、

24-9334_01_GF.jpg




  我らは薄日が射してきた大運河の眺めを、リアルト橋の上から!  

25-9341_01_GF.jpg

26-9343_01_GF.jpg

27-9344_01_GF.jpg

28-9345_01_GF.jpg




  最後はウィキペディアから拝借の、夜のリアルト橋の姿をどうぞ。

29-BridgeAtNight.jpg




 *****


  コメントの書き込みについてのお願い。

  ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
  上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
  記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

  非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
  コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
  それもご了承下さいませ。


 ****


  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    
  
  今日から新しいブログです。 ご訪問よろしくお願いいたします!


 *****

  
  いつもブログご訪問、応援有難うございます!