・ テッラチーナ ・ ローマ期の遺跡と香りが色濃く残る街 n.1 

1-1-7128_GF.jpg

  今回のご案内はローマから南に110kmほど、
  車で1時間半程の距離にある
  テッラチーナ・Terracinaのご案内を。

  昨年春の南ラツィオの旅行では、ここの浜辺沿いの
  リゾート・ホテルを基地にしてあちこちに出かけましたが、
  テッラチーナの旧市街見学は最終日になっていたのですね。

  で5月の煌めくような朝早く、浜辺のホテルを後にし、
  一路こんなアッピア街道を模したような道を行きます。





  これは通りすがりに見えた町のローマ門。 
  ご丁寧にS.P.Q.Tと!
  S.P.Q.Rだと「元老院とローマの人民」となるので、
  どうやら「テッラチーナの人民」の意味を込めている様で、
  シャレというか、どこか親父ギャグみたいで、ははは。

2-7129_GF.jpg




  ですが我々は一旦町を通り過ぎ、町外れの山上にある
  ジュピター・アンクール寺院の遺跡見学に先に行きます。

  これが港から見上げたジュピター・アンクール寺院
  Tempio di Giove Anxur。
  そうです、この高さに大きな寺院があったのですね。

3-6754_GF.jpg

  ですが寺院遺跡のご案内は苦手の上長くなりすぎますので、
  写真で様子を見て頂けるよう、
  水彩ブログの方に載せましたので見てやって下さい。




  街の様子の地図をどうぞ
  街全体としては海辺沿いに細長く西に続きますが、
  ジュピター寺院の位置と旧市街、色がほんの少し濃い
  囲った部分が旧市街。 

4-terracina map_GF.jpg



  テッラチーナと近くの街の関係地図は

1-2map s_GF.jpg





  現在のテッラチーナの街の人口は4万6千人程。
  これは小高い位置にある旧市街部分以外の、
  下の街と呼ばれる部分の方が大きいと思うのですが、

  バスで山の上のジュピター寺院を見に行く時に、
  かっての町の城壁が良く見えました。

5-7245_GF.jpg

  テッラチーナは紀元前6世紀末に既にローマの勢力圏にあり、
  その後ウォルスキ族の下にもあったのが、再度ローマ人に、
  という様子が繰り返された後、
  紀元前312年にアッピア街道が通り、ローマ期が続きます。

  ビザンティンの時代を経て8世紀から9世紀は教皇領になり、
  中世にも、このローマに近いこの町は様々な変遷を経り、

  町の繁栄も衰退も何度もあった様子で、
  16世紀にはマラリアの蔓延で、
  町の人口はわずか150名にもなった事もあった様ですが、

  近代となり干拓事業も進み、新道路もつき、
  観光地として栄えている様子。



  さてジュピター寺院の見学から町に戻り、
  城壁の外でバスを降り、ガイドさんに連れられ細い道を下り、
  ローマ遺跡の中を通りますが、

6-7250_GF.jpg

  位置としては、今見える鐘楼が現在の中心広場にある
  聖堂サン・チェザレーオ・San Cesareoで、
  正面の建物類は18世紀に増改築された聖堂部分。
       
  カピトリウム・Capitolium(ジュピター神殿のある聖地の意)
  と呼ばれるローマ遺跡群は、
  後にご覧頂く中心広場の北東、という事になります。
       
      



  まず驚いたのがこの美しい壁!! 
  斜め格子状に石を組むのはポンペイ遺跡でも、
  スペルロンガのティベリオの遺跡でも見ていますが、  
  ここのは凝灰岩の茶と石灰岩で格子柄に。

7-7254_GF.jpg

8-7257_GF.jpg




  脇はこんな形で高台になっていて、角に、

9-7259_GF.jpg




  角にこの円柱が1本残ります。

10-7258_GF.jpg




  狭い場所でして、
  すぐ脇にはこんな風に家が立て込んでいて・・。

11-7256_GF.jpg




  上の壁は、正面に回るとこの様に2重になっており、
  かっての仕切壁だったのが分かるのですが、

12-7263_GF.jpg

  ここには、現在の聖堂に含まれた形になった大寺院
  とは別の小寺院があったのだそうで、これらはその遺跡で、
       
  つまりこの小寺院の中は3つに別れ、それぞれに
  ジュピター、ジュノー、ミネルヴァの3神が祀られていたと。

       



  上の写真にも見える、
  奥の家の壁に残る色付きの部分にご注目を。
      
13-7270_GF.jpg

  屋根の形が分かるので、かってあった建物の壁を利用して、
  後に建て増しをされていた事も分かりますが、
  これが神殿を隠していたのだそう。

  実はこの一帯、第2次大戦時の爆撃で家々が被害を受け、
  それでかってのローマ遺跡が明らかになったのだそう・・!


  右手に見えるアーチの上にも、かっての壁跡が見えますし、

  我らは今回見なかったのですが、
  中央奥に見える小アーチの上に小路が見えますね、
      
  あれを左奥に行くと・・・、





  こんなテアトロ・劇場跡が4分の一程も見え、
  これも爆撃で明らかになったのだそう!
  他の部分は上に家々が立て込んでいるのだそうですが、
  近年の研究で分かったのは、
  劇場の直径が約72m、4000人ほどの観客収納数と。

14-TeatroRomano_GF_1.jpg




  脇道の角の家の上階の柱、これも明らかに神殿の柱を
  リサイクル利用していて、
  ここはどうやら現在の聖堂の一部の様子!

15-7271_GF.jpg




  これは何だろ? 浴槽?

16-7275_GF.jpg




  遺跡につきものの猫ちゃん。 少し痩せぎすね。

17-7260_GF.jpg




  旧市街の中心広場、ローマ期のフォーロ・エミリアーノ
  Foro Emiliano、
  塔は聖堂の鐘楼と同じ時代12,3世紀、同じ高さ、
  とあるのですが探しても高さは見つからず、
  塔はフルメンターリア・frumentariaというので、穀物倉と。

18-7279_GF.jpg

  塔の右手のモダンな建物と奥側ともに市役所だそうですが、




  ついでに塔の横階段の様子も見て頂き、

19-7289_GF.jpg




  古い側の市役所の壁もご覧下さいね。 
  はい、かってのこの建物の壁も、2色の格子壁だった様!

20-7336_GF.jpg




  広場の西を占める聖堂サン・チェザレーオ・San Cesareo.
  元々あったローマ期の大寺院を含み、大きくなり高台に。

21-7286_GF.jpg

  聖堂の右の建物は、13世紀のパラッツォ・ヴェンディッティ
  Vendittiで、
  元々は市役所だったそうで、下に見えるアーチをくぐると、
  先に見て頂いたローマ遺跡に連絡し、
       
  このアーチの下をかってのアッピア街道が通っていたのですね。
       



  
  鐘楼、12~3世紀。 こちらも2色使いの素晴らしいもので、
  上階に行くごとに窓の幅が広くなりますが、
  これは重量を減らす工夫だったそう。

22-7288_GF.jpg

  装飾にはめ込まれた色付きの丸い鉢のようなもの、
  お分かりでしょうか?
  彩りを添えますが、修復の際に取り替えられたものだそう。


  同じ彩色陶器を使う工夫がポンポーザの修道院にも。





  元々の教会はローマ期の寺院があった上に建てられた
  9世紀のものだそうですが、
  聖別は11世紀、鐘楼ともに内部の修復も12~3世紀と。

  教会前ロッジャ部分の、モザイクによる装飾は現在右側に
  しか残っておらず、何のモチーフか明らかではないそうですが、
  最初の十字軍遠征であろうかと・・。

23-7283_GF.jpg




  軒下の装飾部分。 
  人物像は、玉座に座る人物で、その右が猿のようで・・!

24-7293_GF.jpg




  入口前の円柱、下の飾り部分。 
  背を向けて座っている人物とライオンというのですが、
  残念ながら破損部分が大きく。

25-7295_GF.jpg




  こちらは良く分かるライオン像

26-7299_GF.jpg


  こちらのサイトに、聖堂装飾の詳細写真が。       



  という所で、次回のご案内に


 *****


  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    



 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!