・ ガエータ・要塞化し繁栄した、陽光明るい海辺の町 n.1

1-5711_GF.jpg

  昨年春の南ラツィオの旅の、
  今回は最後のご案内になるガエータ・Gaetaを。

  この地には昔から思い入れがありまして、
  というのもず~っと昔見たガイドブックに
  浜辺にそってパステル・カラーの低い家並みの続く写真
  「ガエタ」が1枚あり、
  当時のshinkaiにはとても魅力的に見え!
  いつか行ってみたいと思っていたのでした。

  さて実際に、長い年月の後に訪問してみると、
  やはり思い込みとは大違いで、ははは、写真を整理しつつ、
  この町の一番の印象は何だったろう、と考えました。

  古いガイドブックの「貧しい海辺の町」ではまるでなく、
  多分ここより西の「スペルロンガ」と混同しているのかも・・。

  ローマから南に120km,ナポリから北西に80kmの距離、
  長い紀元前からの歴史を持ち、港を持った繁栄の地であり、
  何度も異民族に襲撃されながらも、城壁を築き
  町全体を要塞化して備え、現在は明るい陽光のもとに、
  海辺の小さな町の良さを満喫している、とでも・・?!
       
  そんな町の印象がお伝えできますかどうか・・。
  と、今回の写真は何故か呆けピンが多く! 馬鹿がぁ、
  必死に修正しましたが、
  どうぞその辺りはご容赦下さいますように。

  今回も写真の数が多くなりましたが・・、
  なかなかこの辺りまで行かれる方は少ないであろう、
  ・・でも、shinkaiのブログはそういう方にも、
  旅の、町の雰囲気を味わって頂いている筈と、
  ははは、そう考えてご案内しておりますので、
  ごゆっくり楽しんで頂けますように!
       
       
  上の写真は町の中程の海辺沿いでバスを降り、
  港の南方面を見た所で、





  角度を少し変え、海岸沿いの続きはこんな様子
  高い鐘楼が見えますが、これがガエータの聖堂。

2-5846_GF.jpg




  ガエータ湾をはさみ北東方面
  山上に見える町はマラノーラ・Maranolaと。

3-5716_01_GF.jpg


  南ラツィオのご案内全体は、こちらからも。




  ガエータの町の位置と、中心部の地図をどうぞ。

4-1-map s_GF.jpg
    
  町は湾を挟み北西にも伸び、南の浜辺も含まれますが、
  右に突き出した半島の先っちょ、
  色が少し濃くなった辺りが旧市街の位置。

4-2-gaeta città map_GF.jpg

  訪問した教会、聖堂2つの位置と、
  町の上に見える城の位置を示しましたが、


  実は中心街に行く前、左下に囲ったサンティッシマ・トゥリニタ
  SS.ma Trinità という聖所を訪れ、教会や、
  岩山の裂け目にある礼拝堂などを拝見し、はぁ、

  ついでに右下に赤丸で囲んだ「トルコ人の洞窟」なるもの、
  なに、トルコの海賊たちが隠れ家にしていた深い洞窟で、
  shinkaiはお金を払ってまで階段を下る気はなく、はは、
  そんなあれこれと、
  そして南の海岸沿いの浜辺のパノラマを見たりしました。

  ついでに町との間に挟まる
  山上のオルランド自然公園に赤丸も打ちましたが、
  この辺りにはローマ期の貴族の聖廟もあり、
  ここからの町の旧市街の様子が絶景!の様
  我らは行きませんでしたが、
  本日最後にここからの様子をお目に入れますです。




  という事で、上の地図の海辺に沿った位置、
  2つの教会に挟まれた真ん中辺、緑色が駐車場兼公園で、

  この辺りからの眺めが上の海岸沿いの写真であり、

  右手の上に見えるのが、このサン・フランチェスコ教会

5-5708_01_GF.jpg

  ここには行きませんでしたが、1222年聖フランチェスコが
  ガエータに滞在した折に基礎をした教会で、
  14世紀に再建築、19世紀に上部を追加という形だそう。




  そしてそれより北、海岸沿いに近い低所にあるのが、
  サンティッシマ・アンヌンツィアータ・SS.ma Annunziata、
  ここも聖所、教会。

6-5707_GF.jpg

  手前に高い城壁が一部残っているのが見えますね。
  現在は中心の方のは無くなっているようですが、
  かっての海賊、蛮族襲撃に備えて要塞化された町の名残。
       
  ここは後ほどご案内を。





  そしてちょうど真上辺りに見えるのが、町の城・要塞
  四角い城を左右2つ繋いだ形に見えますが、時代が違い、
  右の少し低い方が、13世紀フランスのアンジュー家
  占領していた時代ので、
  左の高い方が、16世紀スペインのアラゴン家
  カルロ5世が拡張したもので、

7-5710_GF.jpg

  カステッロ・アンジョイーノ-アラゴネーゼ
  Castello angioino-aragoneseと呼ばれ、
  広さは1万4千平米に及ぶ広いもの。

  アンジュー家の方は近年まで監獄に使われており、
  現在は市の持ち物で、未来は海洋大学となる予定と。
  アラゴン家の方は戦前はカラビニエーリ
  (かっての国王警備から派生したイタリア警察、軍隊組織を
  持ち、イタリア警察とは別組織)の学校だったのが、
  現在は経済警察(フィナンツァ)の海洋学校が入っているそう。

  こうして見て頂くと、海岸沿いからの天然の地形を活かし、
  階段状に町が高く重なるのが良くお分かり頂けると。





  町の聖堂に向いつつ、
  真ん中に見えるのが教会サン・ジョヴァンニ・ア・マーレ
  San Giovanni a Mare・海のサン・ジョヴァンニ教会

8-5725_GF.jpg

  クーポラの形がアラブ式になっていて、
  きっとかっての漁民たちの守護教会でもあったのでしょう、
  海に面していて、10世紀建設を
  1213年の地震の後に再建したものだそう。

  今は無くなったものの城壁の外、海のすぐ傍にあるため
  高潮の時に海水が内部まで入り込むのが流れ出るよう、
  床は微かに傾斜していると。
       




  海岸沿いを行きますが、
  大きな建物のこんな形は、今は住居とは言え、
  以前は何だったのかと思うほどで、

9-5722_GF.jpg




  こちらナポリを思い出す造りで、
  生活が窺えるでしょう?!

10-5720_GF.jpg

11-5721_GF.jpg




  道であったワンちゃん。  
  あんたのお父さんは、お猿さん?! ははは。

12-5723_GF.jpg




  遥か彼方からも素敵な威容が見えた町の聖堂の鐘楼
  こちらが脇、祭壇の脇に出る、の入り口。

13-5728_GF.jpg

  鐘楼は12世紀、ニコロ・デッランジェロ・
  Nicolo dell'Angeloの作で、彼はスートゥリ・Sutriや、
  ローマのサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ教会の仕事も。





  美しい鐘楼の細部をどうぞ
  アラブ・ノルマン形式の影響を受けたロマネスクで、3層、
  2つの窓で、一番上は8角形。

14-5727_GF.jpg

15-5734 - Copia_GF.jpg

  緑色の丸いお椀型や、平の四角形など、緑色濃淡の
  釉彩を使ったものがたくさんはめ込まれ、光を受けて輝きます。
  平らな薄目の煉瓦の組み方も工夫されているのが見え、
  白と黒の石をアクセントに、
  同じロマネスクとはいえやはり表現が違うなぁと・・。
       



    
  鐘楼の下に、聖堂への脇入り口の上り階段があり、

16-5729_GF.jpg

  現在の聖堂は、7世紀の以前あった教会の後に建設された
  11世紀のもので、この入口はかっての教会の入口で、   
  聖堂の正式の名はサンティ・エラズモ・エ・マルチャーノ・
  Santi Erasmo e Marciano.





  アーチの左右にライオン像が見えますが、

17-5736_GF.jpg




  向かって左側は正面から見た時、横向きの顔と思ったのが、
  何処かからライオン像だけ持ってきてはめ込んだのか、
  怖い顔して空飛ぶライオン、みたいで、思わず笑いましたぁ!

18-5735_GF.jpg




  鐘楼の基礎部の石積み部分
  あっちこっちからのリサイクル利用の石が混じっていて楽しく!

19-5739_GF.jpg




  入口部分にも柄が入った石がいくつも見かけられ、

  これは階段途中、左右の壁にある石棺

20-5746_GF.jpg

21-5747_GF.jpg

  ローマ期の物でしょうか、この波打つ柄は左右どちらにもで、
  実は後で見て頂く内陣の祭壇もこの柄なのです。

  海に近い土地柄なのか、何か理由があるのか、
  それともロンゴバルドの柄の影響なのか、
  どなたかご存知でしたら、お教え願います。

  と、上の竜に羽が生えた様な動物、左右に対でありますが、
  これは竜? それとも鯨?
  というのも、右側のは人間を(ヨナ?)を飲み込む柄かとも・・。





  内部全体を撮っておらず、これはサイトから拝借。

22-Cattedrale_GF_GF.jpg




  古いかっての円柱がはめ込まれた形で残っていて、

23-5760_GF.jpg




  内陣と後陣部分が高い造りになっていて、
  その下に4福音者のシンボル像と、コジマ式装飾。

24-5770_GF.jpg

25-5750_GF.jpg




  そして、波模様の石棺利用の祭壇と、
  脚代わりのライオン像。

26-5784_GF.jpg



  という所で、その2に続けます。 



 *****

  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    



 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!     







スポンサーリンク