・ 古城ホテルへの滞在はいかが?!  n.1

1_GF.jpg

  暫く前に、イタリアには一体いくつのお城があるんだろ? 
  と疑問がわき検索を掛けましたら、 
  へへ、いくつあると思し召す?
  なんと、全部で3177!!

  この数は城も要塞も含めてで、美しいのもそうでないのも、
  堀のあるもの無いもの、城壁に囲まれたもの、
  古い村の小高い頂上にあるもの、などなど、

  近年になり、博物館やホテルに様変わりしたのも、
  また観光客の訪れない土地にあるもの、未だその貴族の子孫や、
  はたまた趣味が高じての方の持ち物となったもの様々ですが、

  2007年の調査によると、
  歴史的また高雅な貴族の城や邸宅に住む家族は
  2404に及ぶそうで・・!

  詳しくお知りになりたい方は www.icastelli.it に、とあり、


  のこのこ訪問したshinkaiは、そこでサイトの一つのテーマ、
  トップの写真にある「城に滞在する」というのに出会いました。

  ふ~んとあれこれ眺めていて、知っている城が見つかったり、
  わぁ~お!というのがあったりで、
  では皆さんにもほんの少しご案内をと、ここに。

  サイトで紹介されているホテルとなっている城や要塞、塔は、
  ざっと数えても90以上あり、イタリア全土に渡りますので、
  興味のお有りの方はサイトをご覧頂くともっと写真も多く、
  ホテルの直接のサイトにも行けますので、どうぞそちらから。



  今回、とにかく最初に目を惹かれたのが、これ、

  オルシーニの城ホテル ネローラ

1-2_GF.jpg




  ローマから北東に50kmほど、車で1時間程の距離にあり、

1-3_GF.jpg




  ネローラ・Nerola村の頂上に君臨するオルシーニ・Orsiniの城

1-4-orsini-hotel_GF.jpg

  詳しい資料は無く、10~11世紀の城と想定され、
  オルシーニ家の物となったのが1235年、塔を嵩上げし、
  城壁で囲んだ城にしたのだそう。

  オルシーニ家と言うのは、教皇を2名も輩出したほどの古く著名な
  ローマ貴族ですが、ブラッチャーノ公爵でもあったフォラーヴィオ・
  Flavio Orsiniの没後1698年は、彼の直系は子孫がなく
  途絶え、分枝であるデッラ・ローヴェレ家のものに。

  その後も持ち主は変わったものの、20世紀になってCA.DI.というのが
  買い取り修復、現在に至っているそう。
       




  こんなプールも有り

1-5-orsini-hote_GF.jpg




  食堂、レストランか、これは結婚式の披露宴会場と。

1-6-orsini-hote_GF.jpg




  ローヤル・スウィートのお部屋!
  上の会場にしろ、この部屋にしろ、
  何とも石壁の威圧感がすごく・・!

1-7-orsini-hotel_royal sweet_GF.jpg




  こちらはスウィートのお部屋

1-8-orsini-hotel-nerola_suite2_GF.jpg




  へへへ、シングルのお部屋も見つかりましたが・・!

1-9-orsini-camera singola2_GF.jpg


  全部で50室あるそうで、
  ホテルのサイトは 





  北イタリアはボルツァーノから電車で30分程の
  メラーノ・Meranoの山奥にある、

  ホテル・カステル・フラウスブルグ

2_GF.jpg




  地図をどうぞ

2-2_GF.jpg




  こんな朝の光を見れる高所に在るようで、

2-3-fragsburg_GF.jpg

  ここは対ナポレオン戦の英雄でもあったアンドレアス・ホーファー・
  Andreas Hoferが、
  1624年に狩猟用に建てたものだったそうで、
  1954年に現在の持ち主Ortner家に、ホテルに改築改装、
  このタイプのものとしては唯一の5つ星と。





  北の香り、ティロルの香りというのか、

2-4-fragsburg_GF.jpg




  緑に囲まれた食卓

2-5-castel-fragsburg_GF.jpg




  こんなテラスでの体操も出来

2-6-castel-fragsburg_GF.jpg




  スウィートのお部屋

2-7-castel-fragsburg_adelerhorst suite_GF.jpg

    
       
  11月から4月の初め、つまり復活祭前まではお休みと。

  他にもそのお知らせの在るホテルがありましたので、
  もしお泊りご希望の方は、ご留意を。





  カステルブランド、 ヴェネトの我が家の近く。

3-1s7_GF.jpg




  地図をどうぞ

3-2_GF.jpg

  いつも歩いているカルページカ・Carpesicaも、オリアーノ・
  Oglianoも載っているのに、我がスコミーゴ・Scomigoがない! 
  悔しいので、ははは、赤点を打ちましたぁ。





  かってはここまで馬車で乗り入れた、というフロント前、

3-3-castelbrando_GF.jpg

  右に見える大階段は、





  この様に一番上まで続きますが、横に各階に連絡

3-4-castelbrando_GF.jpg




  食堂・レストラン

3-5-castelbrando_GF.jpg




  ローヤル・スウィートのお部屋

3-6-castelbrando_royal suite_GF.jpg


  城は一度訪問見学した事があり、こちらに。





  あれっ、あそこの城だ、と懐かしかったのが、
  カステッロ・ディ・レオニーナ・ルレ

4_GF.jpg




  地図をどうぞ
  シエナの東南から、シエナのクレーターと呼ばれる侵蝕地を
  アシャーノに向かう途中、細い地道が続いているのを見て、
  どんなのかと辿ってみた村にあったのでした。

4-1_GF.jpg


  その時の様子はこちらに。
       
  地図に見えるアシャーノ・Ascianoから地道を
  Monte Sante Marie, Torre a Castello
  と辿った様子は、





  表から中をそっとしか覗けず、元修道院かと思ったのでしたが、

4-2-castello-di-leonina_GF.jpg

  村の名の通りカステッロ・城、村、というより要塞が
  シエナによって築かれたのが中世で、
  1234年には、ここはシエナとオルヴィエートの領界争いの
  戦闘の舞台となり、破壊が酷く打ち壊すしか無かったそうで、

  15世紀になり、同じ場所にルネッサンス様式で建設されたのが
  現在の元になるもので、
  その後徐々に持ち主の農家が要塞化したものだそう。

  20世紀になり、荒廃していたのが元のように修復され、
  2003年から現在の姿と。





  食堂、レストラン

4-3-di-leonina-_GF.jpg




  そう、ここは土地が高く、眺めも素敵なんですよね!

4-4-castello-di-leonina_GF.jpg

  ただ、サイトの写真には小さなまやかしがありましてぇ、
  サン・クイリコ・ドルチャの東の有名な眺めの写真が使ってあり、
  それはまぁ、車で行くと50k足らずの行程で、
  1時間ほどで行けますがぁ・・・!





  スイートのお部屋

4-5-castello-di-leonina-relais_suite_GF.jpg


  壁に、シエナのパラッツォ・プッブリコ・現市役所にある、
  シモーネ・マルティーニ作の「グイド・リッチョ将軍」の絵が
  見えますが、彼に関係のある戦だったのかどうか、調べてみよう。




  という所で、その1を終え、次回に続けます。


 *****        
  
     
  いつもブログご訪問、有難うございます!     







スポンサーリンク