・ 運河沿いの春 ・ トゥレヴィーゾ  n.2


  トゥレヴィーゾのチェントロの散歩、 その2をどうぞ!

  建物の間をぬい、広場を抜け、もう一本流れる
  ボッテニーガ・Botteniga運河沿いに。 ここにも柳の新緑。

17-DSC06099_GF.jpg




  ほのかなピンク色満開!

18-DSC06100_GF.jpg




  こちらの河岸にも鴨たち

19-DSC06101_GF.jpg




  オオバンがひょいっとお尻を持ち上げ、飛び込むのを撮ろうと
  狙うのですがぁ、
  う~ん、コンパクト・カメラはシャッター切れるのが遅くてねぇ・・。

20-DSC06106_GF.jpg




  この眺めを見るたび、いつか描くぞぉ!いつもと思いつつ、ははは。

21-DSC06103_GF.jpg




  細い運河越しのこのお家、かって詩人が住んでいた、と。

22-DSC06107_GF.jpg

23-DSC06109_GF.jpg




  途中に架かる橋の上からの、逆向きに。

24-DSC06110_GF.jpg





  運河沿いの家の上階のテラス

25-DSC06113_GF.jpg

26-DSC06114_GF.jpg




  通りに出てきて、  ・・この建物も古いのですよねぇ。

27-DSC06117_GF.jpg




  建物の下をくぐり、流れていく運河。

28-DSC06120_GF.jpg




  道はサン・ヴィトー広場に出て、広場には何軒かの店が出ており、

  花屋さんの鮮やかな春の色!

29-DSC06121_GF.jpg

30-DSC06122_GF.jpg


  サン・ヴィトー広場の南にある銀行内に、かっての公営質店が
  興味深いので、どうぞ。





  斜めに横切り、トゥレヴィーゾの街の中心シニョーリ広場に。
       
  街の中心部は一般車は進入禁止で、まして土曜のお昼とあって、
  ゆっくりと行きかう人々で溢れていましたが、
       
  ここにはすでにお昼のテーブルが準備万端!

31-DSC06123_GF.jpg




  我らは、いやshinkaiはそれを睨みつつ、駅に戻ります。
  振り返るシニョーリ広場の建物と塔

32-DSC06124_GF.jpg
       
  う~ん、ジュリアーナとのお出かけは良い、楽しいのですが、
  彼女は写真を撮るのも、食べるのも関心がなく、・・それがどうも!
  という事で、結局この日のお昼はコネリアーノまで戻り、
  いつも行く彼女の家の近くのピッツェリーアでの、ピッツァでしたぁ!

  今年のパスクワ4月16日も、彼女とお出かけになりそうですが、
  う~ん、どこに行こうか、お昼をどうしようか・・・と、
  それがshinkaiの現在の悩みで~す。



 *****

  ブログご訪問、有難うございます!

  この日曜の朝から「夏時間」となったこちらイタリアですが、
       
  土曜のお昼頃、あ、今夜寝る前に時計を直さないと、と思いつつ
  コロッと忘れ、何せTV番組を見ないのでお知らせも目に入らず・・、

  日曜の朝、歩こうと起きて窓を開けびっくり、まだ暗い!!
  やっと、そうだ、夏時間になったのだと気が付いたものの、
  ・・自動的に時間変更に対応する目覚ましはイギリス製で、
  目覚ましはいつもの通り5時半(実質4時半)に鳴ったということで、

  目に見える時計も、PCの時計も遅れたまま、頭の中も寝たまんま!
  で、6時に出かける筈の歩き時間の再度の計算ができず、
  いささかパニックに、ははは。     

  う~ん、だんだん対応が出来にくくなっているなぁ・・!
  あ~あ。



 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!