・ クレモナ行き  街のご案内ほんの少しの、予告編  n.2


  クレモナ行きのご案内予告編 を続けます、どうぞ!


21-8731_01_GF.jpg

  こちらがクレモナの聖堂。 12世紀からの建設で完成は15世紀、
  が、装飾は中世から完成後のバロッコ式にまで及びます。





  トラッツォと呼ばれる、クレモナのシンボルである高い鐘楼

22-8732_01_GF.jpg




  同じ広場の南側にある洗礼堂

23-8736_01_GF.jpg

  今回は聖堂、洗礼堂共に内部を見学したので、別にご案内を。

  鐘楼の上からの眺めは、こちらに。

  この3点の写真は、聖堂の向かいにあるコムーネの中からでして、
  この高さからだとちょうど眺めが良いですねぇ。
  お天気でなく、時間もなかったのが残念!





  こちらがコムーネの長い階段の先に見える入り口で、
  手ブレご容赦!

24-8738_01_GF.jpg




  階段を上った左手がこんな広間で、奥にも展示室があり、

25-8728_01_GF.jpg




  階段の奥に見えた入り口を入ると、左にこの広間

26-DSC05881_GF.jpg


  shinkaiは、シニョーラ、ここは写真はダメです、と言われ、
  隣の部屋から聖堂を写した後トイレに行き、戻ると仲間がおらず!
  この奥にどうやら市役所が保存しているストラディヴァリなどの
  展示室があった様子で! くやち!
  隣の棟も覗きに行ったのですが、見つからず・・、見逃しましたぁ。
       




  この後、一旦解散で自由にお昼ご飯を。
  shinkaiは、久しぶりに会った写真仲間のジョヴァンニと
  その奥方と一緒に、ガイドさんが教えてくれた
  聖堂脇の道を入った所のセルフ・サーヴィスの店で。

  魚、何の魚だったっけ、スズキかな、トマト・ソース煮と、
  野菜のグラタン風、珍しくお水と。 
  というのも、ビールが見つからなかったので、ははは。

27-DSC05882_GF.jpg

  この後店を変え、チョコレートのトルタと、これはとても美味しかった!
  と、オルゾ(大麦カフェ)でお腹いっぱいに!

  ジョヴァンニは今度、参加しているグループで写真講座を受け持つ
  様になったそうで、参加者への条件に、
  携帯は消す、事前に説明を読み、その都度の設定の質問はなし、
  としたと云うので、大笑い!
  というのもこの条件は、写真仲間のジャンナにすべて当てはまり、
  彼はいつも同じジャンナの質問、携帯に草臥れていたからで、ははは。





  この市の日に見かけた、しっかり積み上げたハム類と!

28-8719_01_GF.jpg




  チーズの屋台のあれこれ、美味しそう!!

29-8720_01_GF.jpg




  クレモナの街は世界に有名なストラディヴァリの街
  ヴァイオリン制作で有名な街ですが、
   
  これはコムーネの前にあったポスターで、
  ヴァイオリン博物館にお出で下さい。 と、
  ストラディヴァリ、アマーティ、グァルネリの最高品が
  お待ちしています、と。

30-8742_01_GF.jpg





  コムーネ脇の展示窓

31-8754_01_GF.jpg




  午後はトッローネ(ヌガー)のお店に行き、
  その後ヴァイオリン博物館に向かいますが、

  コムーネの脇から。 午後になってもまだ靄がかかったまま。

32-8755_01_GF.jpg

33-8756_01_GF.jpg

34-8757_02_GF.jpg




  通りすがりの細い小路の奥に見える、聖堂の正面

35-DSC05911_GF.jpg




  小さな広場、通りがかりの道に見かける、
  リュータイオ・Liutaio・ヴァイオリン等の制作店
  クレモナには150近い店があるそうで・・。

36-DSC05913_GF.jpg

37-8760_01_GF.jpg




  こちらが新しいヴァイオリン博物館
  以前からの建物を改修し、5年程前にヴァイオリン博物館として
  オープンしたそうで、
  以前は街の中心から駅に向かっての博物館内に有り、

38-8761_01_GF.jpg


  今回は時間が迫っていて、博物館内も十分に見れませんでしたが、
  戻って後に様々な疑問解決にサイトやYoutubeを見て回り、
  とても楽しく、すっかりハマりました!
  また皆さんにも、ストラディヴァリや、ヴァイオリン製作についての話を
  しっかり聞いて頂きますね、ははは。





  バスに乗る時間が迫り、聖堂前を通りかかると・・、  
  ああ、やっとの青空!!

39-DSC05915_GF.jpg




  が、帰り道はまたまた靄の道で、
  ブレーシャ近くで、ほんの一瞬見えた黄昏の薄いバラ色
   
40-8783_01_GF.jpg




 *****        

      
  いつもブログご訪問、有難うございます!     







スポンサーリンク