・ 夜明けのスコミーゴ村 ・ 朝歩き再開


1-DSC05926_GF.jpg

  クレモーナの写真整理がまだですので、ちょっと一息入れ、

  先日朝焼けの綺麗なのが撮れたので、見てやって下さいね。

  昨年初夏頃から週2回、朝6時頃から家の近所を歩いていますが、
  9月の末迄は何とか頑張ったものの、朝明るくなるのが遅くなり断念、
  それ以降5ヶ月間午後歩いておりました。

  が、朝明るくなるのが徐々に早くなって来るのを見て、
  遂に先週の日曜から朝歩きを再開。

  とは言えまだ2回めのこの木曜は、6時半に家を出たのですが、
  出かける前に窓の外に素晴らしい朝焼けのバラ色を見、
  急遽コンパクト・カメラを首から下げ、ちょいちょいと撮って来ました。

  最初のは、コンドミニオから出てすぐの、鮮やかなバラ色
        




  即、空の広い方が見たく、いつもとは逆の方向に少し歩き、
  雲の多い、広い東の空の色

2-DSC05927_GF.jpg




  少し坂道を行くと、スコミーゴ村に現在1軒となったバールがあり、
  既に赤々と電気が灯り営業が始まっておりましたが、

  そこから左に折れ進むと、スコミーゴ村の教会があり、
  朝日にほんのり赤くなった鐘楼

3-DSC05928_GF.jpg




  急な坂を下り、いつもの道に出てくると、
  西の丘の上の空も、綺麗なバラ色に染まっており、

4-DSC05929_GF.jpg




  長い坂道を上り初めて見える北の山。
  先日の平地での雨は、山ではやはり雪になっていた様子。

5-DSC05932_GF.jpg




  途中で振り返ると、教会の後ろの空がバラ色に染まっており、

6-DSC05931_GF.jpg




  南の空は、バラ色、薄黄色、そして厚い雲のグレイと3色の層に。

7-DSC05933_GF.jpg

  この右手奥に、いつも尻尾を盛大に振って吠えてくれる犬がいるのが、
  この時間はまだ寝ているのか、まるで顔を出しても呉れず・・!

  先回の戻り道に覗き込むと、なんと庭の端に座ってボ~っとしており、
  手を振ってみてもそのままボ~!
  なんだぁ、と思いつつ通り過ぎると、後ろで吠え始め、ははは、怠慢だぁ!





  徐々に明るくなり始め、西の空にまだほんのり残るバラ色

8-DSC05934_GF.jpg




  北の山並み、ちょうど屏風のように北との境に並ぶ山並みですが、
  山の上を雲が流れ落ちているのが見え、
9-DSC05935_GF.jpg




  丘の上のフォルメニーガの教会。 ひと刷毛したようなバラ色!

10-DSC05937_GF.jpg

  葡萄畑はもうすっかりみな剪定され、春の芽吹きを待っています。





  だいぶ進み、北の山並みが広く見える所迄来て、
  まだ雲が山並みに沿って流れているのがあちこちに見え、

11-DSC05942_GF.jpg




  カルページカの教会前まで坂を上り、前庭でちょっと一息。
  中程の丘の上の道沿いにある糸杉の並び

12-DSC05943_GF.jpg

  日中はこの眺めはずっと順光なので、夏の間この糸杉の並びに
  気が付いたことがなく、秋の霧が出るようになって
  奥の丘との間が白く煙り、それで初めて気が付いたのでしたぁ!





  教会前から見下ろす、西の丘との境の風景

13-DSC05944_GF.jpg




  そして、丘の道

14-DSC05946_GF.jpg




  カルページカの教会前が一応の到達点で、ここから引き返しますが、
       
  だいぶ戻ってきた所で見る南の空、晴れて来そう!

15-DSC05949_GF.jpg




  スコミーゴ村の教会が見えて来て、
  葉が全て落ちたこの季節に気がついた小さな池か、灌漑用水。 

16-DSC05951_GF.jpg




  最後の道筋から見える、オリアーノ村の教会

17-DSC05953_GF.jpg

  夏、朝歩いて戻る道筋での7時に、まずカルページカの教会の
  ミサの鐘が鳴り始め、スコミーゴ村と続き、
  オリアーノの鐘が少し遠くで鳴っているのが聞こえます。

  そしてあちこちで、犬達が鐘の音に合わせて遠吠えするのが聞こえ、
  これを聞きながら歩くのがとても楽しみ、ははは。





  家の近くまで戻って、広告板をふと見ましたら、

18-DSC05954_GF.jpg

19-DSC05955_GF.jpg

  左、フェスタ・デッラ・レンガ・ニシンのお祭り
  右、アンティーカ・フィエラ・ディ・ゴーデガ・ゴーデガの古い見本市

  shinkaiは左下のニシンがいっぱい下がる写真に目を取られ、
  グラン・フリット・ミスト・魚の唐揚げミックス、 パエーリャ、
  セッピエ・イン・ウーミド・イカのスープ煮、 
  ビザータ・イン・ウーミド・鰻のスープ煮(多分トマト・ソース)、
  ブランジーノ・アッラ・ピアストラ・スズキの鉄板焼き 
  などの献立に、気持がオロオロ! ははは。

  Tamai なる土地の名も聞いたことがなく、家に戻り早速検索、
  我が家からはかなり東のフリウーリ州になることも知って、
  う~~ん、ちょっと無理かぁ・・。

       
  ゴーデガの方はもっと家に近くなりますが、ここはずっと昔に一度
  行ったことがあり、農機具を主体にした見本市なのを承知で、
  まぁ、人が集まる日と場所には、必ず食い物もありますがね、ははは。

       
  と云うような、春の催し始まりの告知でした。

       
 *****

  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    



 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!