・ クレモーナの聖堂、鐘楼と洗礼堂 ・ 中世の典雅さと時代毎の改装  n.1

 1-3630767ae8c_GF.jpg

  今回のご案内はクレモーナの街のドゥオーモと洗礼堂を。
       
  上に見る様に、まさに街の中心の中世の面影を残す広場にあり、
  美しいロマネスクの正面壁の白い装飾と、その左に立つ高い鐘楼
  そして聖堂の右に位置する洗礼堂

  こうして見ると街の通りが放射線状に、この広場に向かって
  集まって来ているのが良く分かりますが、
  手前の、ドゥオーモに向かって建つ塔が2本、
  内庭2つの建物がコムーネ・市役所

       
  10年前の訪問では内部を見なかったドゥオーモと洗礼堂ですが、
  今回内部を見てとりわけ驚いたのがドゥオーモ!
  街の繁栄の豊かさをたっぷり注ぎ込んだ装飾の豪華さ、素晴らしさで、
  たくさん撮った写真のどれを省くかで苦労したので、じっくりご覧下さい!





  先回の予告編で見て頂いた様に、訪問した日は一日中靄で、
  写真の発色がよくありませんので、
  欲しいアングルのを以前にあったらそれを使うことにしました、のと、
  右下に当ブログのサインの無いのは、サイトからの拝借です。

  ドゥオーモ、正確にはサンタ・マリーア・アッスンタ
  Santa Maria Assunta聖堂の正面を。
  建設は12世紀、正確には1107年8月26日に最初の石が置かれ、
  全部の完成は1491年の、ロマネスク様式の美しい正面壁。      

2-07.6.12 087_t_GF.jpg

  正面扉の色が鶯色っぽいですが、塗り直したのでしょう、
  今回は濃いグレイになっておりました。

  と云うようなご説明はおいおいに、という事で、





  広場が狭い上、鐘楼も聖堂も高く、どうしてもどこかが切れるので、
  サイトから拝借のこの写真でドゥオーモ前広場の、
  正確にはコムーネ広場・Piazza Comune、全体の様子を。

3-piazza-del-duomo-cremona-_GF.jpg

  左の鐘楼とドゥオーモ前をひと続きのロッジャが繋いでいますが、
  これらは13世紀末から14世紀にかけての物で、
       
  ドゥオーモの左側(北)には家々が迫っていたらしいのを
  20世紀の前半に取り壊し整備、現在はすっきりと美しい広場。

  このドゥオーモが建設されたここは、街で一番高い位置だそうで、
  理由は街のすぐ南を流れるポー河の氾濫から逃れるためで、
  現在はかなり街から離れている河も、かってはもっと近かかったと。





  そして広場の西側を占める、ドゥオーモと向き合うのがコムーネ
  市役所の建物。 1206年建設ですが、現在見る
  真ん中の白い帯や、窓の周囲の飾りは19世紀の改装と。

4-1-Cremona-Palazzo_comunale_GF.jpg




  クレモーナの街のシンボルの、この高い鐘楼ですが、13世紀、
  トラッツォ・Trazzoと呼ばれ、高さは111m、イタリアで2番めに高く、
  壁・レンガ、石積みの鐘楼としてはヨーロッパで一番高いのだそう!

4-2-DSC05916_GF.jpg

  ではイタリアで一番高いのは何処に?と思いましたら、
  リウーリ州ウーディネ県のモルテリアーノ・Morteglianoという
  小村にある、細くて趣のない、失礼、戦後の1950年代に造られた、
  という鐘楼が見つかりました。

  高さは113,8mだそうですが、
  教会関係者でもこういう数字を競う方がおられるのですねぇ!





  鐘楼には、天体、星座表の付いた16世紀の時計があり、
  この種の時計としては世界で一番大きなうちの一つだそうで、
  直径8,2m、縁を入れると8,4m。 
  ちなみにロンドンのビッグ・ベンの直径は6,85m。 イェ~イ!

5-8740_01_GF.jpg

  クレモーナに行ったのは2月22日で、これを写した時間は14時45分
  水瓶座から魚座に移った所で、上の尖った針が星座を注しているのが見え、

  で、14時45分というのは現在の冬時間で、本来は13時45分となると、
  上に見える丸いイガイガから出ている細い黒い針が、
  時間を示しているのでしょう。 ふ~む、かなり正確!!

  2月、というのも何処かに出ているのかな? これが分かりません。
  そして中心の黒い円の中に小窓が開き、白く見えるのが多分月齢。
       

  下の赤と白の横縞は、現在の紋章の一部に使われており、
  当時のクレモーナの街の紋章と。       
       




  鐘楼の頂上部、四角い塔の上に更に8角形の塔が乗り、
  頂上まで502段!
  フィレンツェのドゥオーモへの上りは463段で、あれより高い訳!

6-DSC05918_GF.jpg

  鐘楼頭頂記はこちらに。 
  ハァハァと、全部自分の足で上るだけの価値ある眺めが楽しめます!

       
  ところでこの鐘楼の上にある鐘は現在8つ、そのうちの7つは
  1744年に鋳造のメロディを奏でる鐘で、
  もう一つは1581年鋳造の時を告げる鐘。

  7つの鐘で奏でるメロディは素晴らしかろうと想像するのですが、
  残念なことに、現在は鐘楼自体の安定性の問題があり、
  奏でられるのは少しの機会に限られていると。


  高上り大好きshinkaiの頭頂リスト
  フィレンツェのドゥオーモ 463段  http://italiashio.exblog.jp/22133931/
      々   ジョットの鐘楼  414段  http://italiashio.exblog.jp/12472245/
      々   ヴェッキオ宮の秘密のコース  http://italiashio.exblog.jp/10363693/
  サン・ジミニャーノのトッレ・グロッサ 54m http://italiashio.exblog.jp/21296860/
  ラディコーファニの山上の要塞の塔    http://italiashio.exblog.jp/9701524/
  シエナのマンジャの塔 ちょっぴり    http://italiashio.exblog.jp/8296168/

  ローマのヴァティカンの上がまだ未経験! 脚の丈夫な内に・・。





  ドゥオーモの正面細部を、向いにあるコムーネ宮からの
  写真でご覧頂きますと、

7-8733_01_GF.jpg

  大理石の白い石はカッラーラ産、赤い石はヴェローナ産、
  真ん中の正面扉の前、2頭のライオンの背に乗せられた
  柱廊式小玄関の上に
  聖母子像と、2聖人像、そして2層になったロッジャがあり、
  大きなバラ窓は13世紀のもの。
         




  正面入り口の、柱廊式小玄関部と、

8-8694_01_GF.jpg




  柱廊式の円柱を背中で支える、両脇のライオン像

9-8721_01_GF.jpg




  そして、これは入り口扉の左の壁上にあった碑
  右に禁断のリンゴを食べるアダモとエヴァ、左に楽園追放される図で、
  左のアダモのお尻がエヴァのより大きくて、ははは。

10-8698_01_GF.jpg




  柱廊式入り口上のテラスの3像、中に聖母子、
  左に聖イメーリオ・Sant'Imerio、
  右にクレモーナの街の守護聖人オモーボノ・Sant'Omobono.

11-8744_01_GF.jpg


  中央の聖母の首が、少し奇異な感じがするほど長く、
  下から見上げた時にちょうど良い感じに、と思ったのですが・・!





  この3像の下には、農民たちの月の作業、仕事具合でしょうか、
  様子を表す浮き彫りがあり、 
  この左側には、葡萄を摘んで搾ったり、豚を屠殺したり、
  の秋以降の作業が。

12-8748_01_GF.jpg




  大きなバラ窓、13世紀

13-DSC05919_GF.jpg




  この頂部に、1491年4つのニッキ・壁龕を持ったルネッサンス風が追加
  他にもたくさんの細い塔が追加されていますが、
  正面壁は有難い事に、はは、ロマネスク風のオリジナルがしっかり残り。

14-8747_01_GF.jpg




  では、内部をご覧頂きましょうか。

  3廊式の内部、身廊部と、内陣、後陣の様子

15-8700_01_GF.jpg


  大変に暗く、曇り日だっただけでなく、建物の構造基本が古いので、
  照明器具で照らされにくい上部は本当に暗く、写しにくかったのですが、
  写真整理でかなり明るく見えるように訂正しています。





  後陣の祭壇画部分と、

16-8701_01_GF.jpg




  その上部にある大きなフレスコ画、救世主キリストと聖人達と、
  手前上部に、受胎告知

17-DSC05845_GF.jpg




  ついでに内陣部分、左にあるオルガンは1984年製で、
  収められている箱部は、16世紀半ばの物。

18-DSC05851_GF.jpg




  内陣から後陣に向けて、半円形を型どります。

19-DSC05855_GF.jpg




  こちらは内陣の右側部分。

20-DSC05849_GF.jpg




  内陣の下に、我々は拝見せずしたが、クリプタ・地下礼拝堂があり、
  サイトからの写真でご覧を。

21-A41-pag65-1_GF.jpg

  見事な装飾ですが、サイトで見つけた記事には、
  湿気から様々な問題が出ているそうで、早急の決着を、と。

  ポー河も近く、この一帯はとりわけ冬の霧が問題となっている様で、
  先に訪れたサン・シジスモンド教会でも、床石がかなり濃い柄になっており、
  これは長年の湿気による石の変化だと聞きましたので、
  さもありなん、と思ったことでした。





  こちらは内陣の横、左右にある礼拝堂。 左と右。

22-8699_01_GF.jpg

23-8711_01_GF.jpg




  そして翼廊部分の通路、右と左
  いずれもどっしりと太い円柱に支えられ、脇に礼拝堂が並びます。

24-DSC05854_GF.jpg

25-DSC05857_GF.jpg




  という所で、この回を終え、その2に続きます。



 *****

  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    



 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!




     


スポンサーリンク