・ エンリコ・トーティ ・ イタリアの英雄、潜水艦と、その運搬  n.1 

1-Enrico_Toti_GF.jpg

  さて今日はちょっと変わったお話しを。
  というのも、先日来ご案内してきたクレモナ・Cremonaに関し、
  かってポー河を使っての商交易の河の港で大変栄えた、と知り、
  あ、あれ!と思いだしたもので、
  写真やYoutubeがあれこれ見つかりましたので、皆さんにも!

  タイトルのエンリコ・トーティ・Enrico Totiというのは、
  イタリアの第一次大戦時の英雄の名であり、
  上の写真の方。

  で、彼の名を関した潜水艦があり、
  その艦が退役後、ミラノの博物館に贈られ
  現在はそこで余生を過しているのですが、
       
  なにせ大きな潜水艦なので、運搬が一大事だったのですね。

  12年前、ははは、TVニュースでミラノ市中を運ばれた、を見たのを
  思い出し、それでYoutubeを探しましたらあれこれ見つかり、
  どの様に運搬されたのかを、シツコクしつこく、ははは、
  子供みたいに、なんで?どうやって?と読んだという・・。

  ご本人のエンリコ・トーティについても、
  戦時の英雄という以外にも、へぇ~!というような事を
  知りましたので、それも一緒に。





  エンリコ・トーティという方、上の写真をご覧になって、
  彼の左脚が付け根からない事に気が付かれましたか?
  そうなんです、仕事中の事故で左脚を失っている方なのでした。


  こちらの絵葉書をどうぞ
  エンリコ・トーティ - Ciclista・自転車乗り
  Futuro Bersagliere・後のベルサリエーレ  とあり、
  下に
  1882年8月20日生まれ、 両親の名と出身地があり、
   父親は鉄道員だった様子。

2-Toti03Simira.preview_GF.jpg

  ローマ下町の生まれで、15歳の時に見習い水夫として
  実習船に乗り込み、その後戦艦、巡洋艦と乗り継ぎますが、
  22歳の時紅海で海賊船との戦いに遭遇。
  後除隊し、国鉄に火夫として採用されますが、
   26歳の時に連結作業中の機関車に注油をしていた際、
  足を滑らせ左脚を挟まれ、病院で骨盤の下から切断に。

  仕事を失った後、幾つかの小さな発明品を作ったりしますが、

  ここで絵葉書の右の地図をご覧ください。
  29歳の時片脚で自転車を漕ぎながら、イタリアからパリに行き、
  その後ベルギー、オランダ、デンマーク、そしてフィンランディア、
  遂にはラップランド迄!
  戻りにはモスクワ、ポーランドと回り、1912年の6月にイタリアに。

3-Immagine2toti_GF.jpg

  どうやってアルプスを越えたのかと、それだけでも大変な
  冒険談英雄並と思うのですが、
  翌年1913年1月には、今度は南に向かって出発。
  エジプトのアレッサンドリアからスーダンとの国境まで!
  ここで当時駐在のイギリス行政からあまりにも危険であると
  止められ、カイロまで送り返され、イタリアに戻ることに。





  1914年の夏、第一次大戦が始まると、
  勿論徴兵から外されますが、彼は片脚で自転車にまたがり、
  直接に最前線のフリウリのチェルヴィニャーノに向い、
  民間志願兵にはなるのですが星章なしで、
  警察のパトロールに止められ、市民生活に戻されます。

  が2年後1916年1月に念願叶い、やはりフリウリは
  チェルヴィニャーノ・Cervignanoの民間志願兵ながら、
  ベルサリエーレ・bersaglieri・歩兵狙撃兵の
  自転車部隊連隊に。
  4月に戦闘が始まると、部隊の少佐からベルサリエーレの
  羽飾りの付いたヘルメットと星章を授かります。 
  トーティにとっては、心から待ち望んだ物だったことでしょう!


  そして8月イゾンツォ河の6回目の戦闘があり、
  トーティはモンファルコーネ東での戦闘で戦い、なんども負傷し、
  最後は「俺は死なないぞ!」と叫びながら松葉杖を敵に投げつけ、
  その後に撃たれ戦死。 34歳。

4-Beltrame_EnricoToti_GF.jpg

  この英雄的行為が、オーストリアからの独立を掛けた
  イタリア国民を奮い立たせたに違いなく、
  今もって彼の名は、知らぬ人なし、という感じなのですね。
       
  フリウリ一帯は第一次大戦の一進一退を続けた大激戦地で、
  今も無数の塹壕が残りますが、
  クオータ85・Quota85と名付けられたこの地点、
  林の中から海が望めるこの地に、彼の名誉を記した石碑があるそう。





  トーティが入りたかったベルサリエーレというのは、
  黒い鶏のつやつやの羽をヘルメットに付け、
  ・・一般兵士の羽の数は大体50本だそうですが、
  下士官、将官クラスは100本位と!!
  その軍楽隊は走りながらラッパを吹くというので有名で、
  大人気な部隊ですが、
  元々は狙撃部隊というのは、知りませんでしたぁ。

5-METTERE-20IN-20HOME-20PAGE_GF.jpg

  それにしても、黒い尾羽根を持つ鶏君、
  丸裸にされても一人分のヘルメットに十分な
  尻尾毛を持っているんでしょうかね?! ははは。





  という様に、彼はイタリアの英雄として有名でして、
  将軍などの偉い方ではなく、
  民間人の英雄としての意味が大きいと思うのですが、
       
  こんなふうな銅像とか、
  " NUN MORO IO " というのは、
  Io non muoio・俺は死なない、と叫んだ言葉。

6-Screenshot-2016-09-01-11.12.55_GF.jpg

  大都市などには彼の名を関した道路がありますし、
  shinkaiめも、ずっと以前から彼の名は知っておりました。
  第一次大戦時の、松葉杖を敵に投げつけて戦士した英雄
  と云うくらいの知識でしたが、
  今回はそれ以前の、片脚での自転車旅行などについても
  知ったという訳で、





  こちらはローマのベルサリエーレ博物館にある、
  彼の自転車と松葉杖。

7-La bicicletta di Enrico Toti insieme alla sua gruccia_GF.jpg




  という所で、潜水艦に話題が移る その2にどうぞ!



 *****

  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    



 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!