・ 運河沿いの春 ・ トゥレヴィーゾ  n.1

1-DSC06078_GF.jpg   

  先回ご案内「印象派絵画展」を見に行ったトゥレヴィーゾ・チェントロ
  運河沿いに見かけた春の様子を見てやって下さいね。
       
  上の写真は、博物館から出てきて直の脇道に見えたお家の壁画。


  我が町コネリアーノも古い中心部はそうですが、トゥレヴィーゾも
  この一帯の古い建物には大概壁画、フレスコ画装飾が残っており、
  見てあれこれ想像するのが楽しいです。





  そろそろお昼時に差し掛かる時間ですので、どこからともなく
  美味しい匂いが漂い、気持ちがそぞろになりますが、

  運河沿いに見えたお店の中の電球

2-DSC06079_GF.jpg



     
  運河沿いに沿って角を曲がり、見えるかっての水車
  ここのはかなり古い様ですが、確か動いていなかったと・・。

3-DSC06080_GF.jpg

4.DSC06081_GF.jpg


  同じカニャン・Cagnan運河の奥には、まだせっせと動く水車あり。





  水車の脇を抜けると中の島があり、運河はその両脇を
  かなりの水量で流れていますが、鴨たちがたくさん。

5-DSC06082_GF.jpg




  中ノ島には常設屋台市があり、

6-DSC06088_GF.jpg




  元もとは魚売り場だったのですけど、

7-DSC06087_GF.jpg




  今回見たチーズ売り場2軒! 
  かなり強い匂いのする、美味しそうなのがありました・・。

8-DSC06086_GF.jpg




  ふと屋台の後ろを見ましたら、鴨たちがたむろしていて、
  しかもメス1羽に、オス5羽!! ははは。これもハーレム?!

9-DSC06085_GF.jpg




  運河沿いの向こう岸、ここもフレスコ画が残る建物ですが、
  新しくバールが店開きしたみたいで、良い眺め。

10-DSC06083_GF.jpg


  中ノ島一帯に、観光客団体と思われるグループが何組もで、
  印象派絵画展を見つつのトゥレヴィーゾ観光なんでしょうね。

  我々もフェルメールの「真珠の首飾りの少女」を見にボローニャに、
  「メッシーナ展」を見にロベレートに行ったりするのですものね。
  ええ、トゥレヴィーゾの中心も、見どころの多い場所なんで~す!

  以前の街のご案内はこちらから。


       


  野菜市もたつ狭い通りを横切り、も一度運河沿いに。

11-DSC06090_GF.jpg

  初めてこの辺りに来た大昔、ははは、当時は右側の古い建物にも
  住人がおり、窓辺や運河に張り出すテラスにも鉢植えの植物が
  見られましたが、ついに閉じられたようで・・。





  薄日が差し、淡い新緑の柳が揺れ・・。

12-DSC06091_GF.jpg




  運河を渡る橋と、

13-DSC06094_GF.jpg




  運河脇の建物に残るフレスコ画。 
  かってはもっと華やかな眺めの街だったでしょうねぇ!

14-DSC06097_GF.jpg




  橋の上を行きかう人々。 
  土曜日とあって家族連れ、そして買い物帰りの人々。

15-DSC06098_GF.jpg




  運河脇のインテリア店、ショウ・ウインドウの中。

16-DSC06095_GF.jpg



  トゥレヴィーゾのチェントロ散歩、 その2に続きます。



 *****

  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    



 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!     







スポンサーリンク