・ グロレンツァの町 ・ 「イタリアで一番美しい村々」の一つ  n.1

1-9628_01_GF.jpg

  先回ご紹介のメラーノから西に続くヴァル・ヴェノスタの
  西の端にある小さな町グロレンツァ・Grolenza.

  駆け足で見て回ったのでしたが、
  常に見る「イタリアで一番美しい村々」とはまるで雰囲気が違い、
  南ティロルにおける6世紀の歴史を滲ませる小さな町でした。
       
  そんな様子をご覧頂けますように!

       
  トップは、町の門。 正式名かどうかはっきりしませんが、
  トゥーブレ門・Porta di Tubreが町への門とあり、多分これ、
  メラーノ方面から来ての町の門に当たります。

2-9629_01_GF.jpg

  車もバスも通り、人間は門の横の通路から通り抜けも出来、
  通った所にインフォメーション。 我らが行った時は既に閉店でしたが、
  門の塔の上にも上がれる様で、かっては住居にもなっていた様子。





  グロレンツァの町の位置地図は先回載せましたので、
  町の中心部の地図を。
  1.2.3.に町の門があり、上の門は1の門で、
  まっすぐ行った4に中心の広場、5は教会、
  6はず~っと続く古いアーケードの道。

3-grolenza map_GF.jpg

  町の南を通る水色の線は、アディジェ川で、
  7は町の教区教会サン・パンクラツィオ・S.Pancrazio





  さて町の門1から入り、まっすぐ中心に向かって進みますが、

  見えるすぐの家、煉瓦の窓の様子からどうやら納屋の様ですが、
  その壁にGLORENZA と書かれたのが剥げかけて見え、
  並んでドイツ語表記のGLURNS・グルルンスはほぼ消えて・・。

4-9630_01_GF.jpg
       
  ちなみに町の標高は907kmで、人口は900人足らず、
  ドイツ語を話す人の割合が96%を越す比率なんですと!
  この町からスイス国境までは約10kmほど。





  せっせと歩きながら道の左右を見回し、脇道も覗き込み、撮りつつ、

5-9635_01_GF.jpg

6-9636_01_GF.jpg

7-9639_01_GF.jpg

  今回知り合ったグループの一人が話しかけてきて、
  自分の従弟はカトリックの神父で日本に既に50年も行っている。
  日本が気に入ってる?
  とても!! 3年に一度ちょっと戻るけど、日本をとても愛していて、
  きっと日本で満足して死ぬだろう、と。
  日本のどこにいるの? 
  最初は大阪で、そのあとはあちこちと転勤で・・。

  そんな嬉しい話を聞きながらも、せっせと撮って行きます、ははは。





  これは地図5の教会。 全体の様子は通り過ぎてからのものですが、
  16世紀の再建だそう。

8-9645_01_GF.jpg

  オスペダーレ教会・Ospedaleという名の様で、
  元々は徒歩旅行者達の救済も兼ねた教会だったのかもですね。





  入口と内部。

9-9641_01_GF.jpg

10-DSC06722_GF.jpg




  教会の横、東並びに見えた長い通り、ポルティチ・アーケードの通り。
  建物の前側下を低くくり抜いた道で、頑丈そのものの太いアーチの柱!
  冬の積雪の深さが想像されますね。

11-9643_01_GF.jpg

12-9644_01_GF.jpg




  道はちょっとカーヴして、奥の中心広場に続きますが、

  この建物の看板文字に、Gasthof Steinbock とあるのは、
  ホテル・カモシカというのは、絵解きでもあるのでOKですが、はは、

13-9642_01_GF.jpg

  出窓にリストランテ、マチェッェリーア・肉屋とあるのに一瞬ギョ!
  ・・まぁさか、肉の生き作りというのは無いよね?! とひ弱な日本人・・。 





  横の壁に見た、にっこりティロル衣装の僕。
  お祭りの時には大人もこんな衣装なんでしょうね。

14-9646_01_GF.jpg




  道の向かい角の建物。 これが町で一番派手な装飾だったと。

15-9648_01_GF.jpg

       
  グロッレンツァの町が記録に最初に登場するのが1163年。
  既にオーストリア、スイス、そしてロンバルディーア(ミラノ)との通商交易の
  街道の要所として栄えており、1304年(1309年とも)「町」に昇格。

  現在でもヨーロッパで一番小さな町のひとつだそうで、
  上に人口900人足らずと書きましたが、町の城壁内には400人程と。

  で、スイスの独立を掛けたシュヴァーヴェン戦争、
  スイス連合側とオーストリアのハプスブルグ家との戦争のいくつかの
  戦闘のうちの、1499年のカルヴァ・Calvaの戦いの際、
  敗北したこのグロレンツァの町は完全に破壊されつくし、

  「私の宝石」と呼び、町を愛していたオーストリ皇帝マッシミリアーノ1世、
  この方はインスブルックの町の広場の「金の屋根」を造られた方ですが、
  破壊された町を再建し、その際に城壁をめぐらし、スイス側との国境近い
  この町をハプスブルグ家の橋頭保とした、という事で、

  現在残るこの町をめぐる城壁は当時のままの姿を保ち、
  最初にご案内の様に3つの門を持ち、城壁の上には巡回の兵士通路
  があり、350の銃眼、7つの角に塔、といった具合。

  上記の様に、町は東西南北の通商道の要所として栄えてきて、
  とりわけインスブルック近郊のハル・イン・ティロル・Hall in Tirolo
  からの岩塩の取引の町として長い世紀の繁栄があったと。





  町の中心広場から、東の門と、その右に橋が見え、

16-9647_01_GF.jpg




  門の入口上に見える町の紋章。
  やはりこの門の塔の上にも上れるようす。

17-9649_01_GF.jpg




  橋の向こうに見えるのが町の教区教会サン・パンクラーツィオ。
  鐘楼の玉ねぎ型の頂上は17世紀に加えられたものですが、
  鐘楼自体はロマネスクのもの。

18-9650_01_GF.jpg

  鐘楼の北の壁には、15世紀末の大きな「最後の審判」のフレスコ画が
  あるそうで、残念、見ておらず。

  屋根がチカチカと見えるのは、ボルツァーノやウィーンでも見ていますが、
  様々な色の丸い(うろこ型)の小さな瓦を張り付けたもの。

  町の人々の言葉には、
  町が小さすぎるので、我々は教会のミサに行くのに城壁の外に
  行かなくてはならない、というのがあるそう!





  通常の橋の横に、こんな木製の屋根付き通路があり、
  これもきっと冬の積雪の際の通り道なんでしょうね。

19-9652_01_GF.jpg




  ここを流れる、この慎ましいのがアディジェ川!

20-9651_01_GF.jpg

  ヴェローナの街横を滔々と流れるアディジェ河とはえらい違い、ははは。






  外側から見る町の門。 堂々としているでしょう?!
       
21-9653_01_GF.jpg

  城壁への渡り廊下に見えるPaul Flora・ポール・フローラというのは、
  この町生まれの画家、イラストレーターで、
  この塔の中にも展示会場があるのだそう。





  町の中心広場に戻り、仲間はバールのテラス席で一服中。

22-9655_01_GF.jpg




  奥に北側の門が見えますが、
  後程この横の城壁の上に上り、この門の所に出てきた様子も。

23-9654_01_GF.jpg


  という所で、その2にご案内を続けます。


 *****

  
  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    


 *****


  いつもブログご訪問、有難うございます!






スポンサーリンク