・ サン・マルコ広場点描 ・ ヴェネツィア  n.1

1-9237_01_GF.jpg

  すでに今年も6月に突入しまして・・! なんとも早い・・、ですが、
  体調に気を付けて頑張って参りましょう!


  今回は南ティロルから少し離れ、ヴェネツィアのサン・マルコ広場
  3週間前ほどに出かけて来た時の様子をご覧下さいね。

       
  トップは、サン・マルコ聖堂の眺めですが、
  正面から見ると殆ど修復の覆いが取れ、今残っているのは南側、
  ドゥカーレ宮殿寄りの上部と、奥の丸天井辺りの様子ですが、
  この部分は正面から覆いが見えずで、かなりすっきりと。

  そして南側の壁部分は、本当に美しい姿が現れていますので、
  それも今回後程ご覧いただきますね。





  所で、サン・マルコ聖堂前に広がる広場の3方の政庁舎部分の壁が
  順繰りに洗われ、修復中でして、

2-9257_01_GF.jpg

  現在は南側の真ん中がすっぽりと覆われており、
  はぁ、かの有名カフェ・フロリアーン・Florianの部分なのです!

  「カフェ・フローリアン」ではなく、「フロリアーン」が正しいそうですので、
   皆さまもどうぞ「フロリアーン」とご記憶を。

  創業290年になるそうで、こんなYoutubeを見つけました。

       



  サン・マルコ広場の斜め向かいのカフェ・クワードリ・Quadriと共に、
  交互に生演奏が奏でられ、旅情を盛り立ててくれますです。

3-9255_01_GF.jpg

  ヴァイオリン奏者が指なしの手袋をはめているのが見えますか?
  5月10日でしたが、最初の広場の人々の服装もダウンを着ているのが
  多く見られるように、この春はなかなか暖かくならなかったのでした。
  が漸くに、ここ2週間ほど暖かく、日中の外は暑い日もあるようになっています。





  サン・マルコ広場の西側、コッレール博物館の入り口がある部分は、
  漸くに修復、洗いが済んで、白い柱が見えるようになっています。

4-9240_01_GF.jpg




  広場の北側、カフェ・フロリアーンの斜め向かいのカフェ・クワードリ。

5-9242_01_GF.jpg




  ウェイターが注文の品を運んでいきます。

6-9251_01_GF.jpg




  ちょうど時計塔の2人のムーア人が鐘を突き始め、
  ほら、左の若い方が持つ槌が少し浮いているのが見えるでしょう?!

7-9248_01_GF.jpg




  こちらが平常見える、時報を打っていない時の槌の位置と、その下
  聖マルコと、ヴェネツィア共和国のシンボルでもある、有翼のライオン君。

8-9262_01_GF.jpg




  そしてその下に聖母子像と、左に時刻、右に分が出て、
  これで11時5分だという事が知れますね。

9-9263_01_GF.jpg

  はい、聖母子像の上に、ヴェネツィア共和国シンボルのライオン君、
  という順序が、如何にものヴェネツィア共和国の考え方だったのですね。

  時計塔内部のご案内はこちらに。





  そしてその下に、美しいブルーの時計盤、12星座付き24時間制があり、
  はい、確かに左の針が11時過ぎを指しております。

10-9261_01_GF.jpg




  という事で、500年の歴史を持つ時計塔。

11-9264_01_GF.jpg




  サン・マルコ聖堂の正面上部。 
  馬の周囲の囲いも無くなりすっきりで、その分、テラスの観光客の姿がね。

12-9258_01_GF.jpg




  聖堂正面入り口。  ここも本当にすっきり、石の色違いも良く見える綺麗さ!

13-9317_01_GF.jpg




  正面を南側に進んでいくと、修復で見事に蘇った美しい壁、装飾が見られ、

  正面南端の柱頭飾りと、正面壁から付きだす雨樋の並び。

14-9267_01_GF.jpg




  えっ、こんな彫像あったっけ?と初めて気づくのも見え、

15-9266_01_GF.jpg




  角の柱頭間の天井の黄金モザイク。 美しい!!

16-9315_01_GF.jpg




  南側の修復済みの、白い、美しく洗われた壁。 
  わぁ~、本当に綺麗になったねぇ!!

17-9312_01_GF.jpg

  上部はまだ覆われており、中からドリルの音がガガガガと響きますが、
  修復の方々、ご苦労様です!





  この人体を抱え込んだ鳥像も、今まで気が付かないほどでしたもの!

18-9313_01_GF.jpg




  曇り空も、時に薄日が射す程に天候が回復してきた
  サン・マルコ小広場の眺め。

19-9314_01_GF.jpg




  今ドゥカーレ宮ではボッシュ展・Boschが開催中の様で、

20-9268_01_GF.jpg

  上に見える美しいバルコニーに見える像、サン・マルコのライオン像の前に
  膝まづくのは77代のドージェ、アンドレア・グリッティ・Andrea Gritti 
  (1455~1538)

  彼についての楽しいエピソードは、



  という所で、その2に続きます。


*****


  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    


 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!  






スポンサーリンク