・ n.2 メラーノの町散歩 ・ S.スピリト教会 冬の散歩道 サン・ニコロ教会


  メラーノ・Meranoの町ご案内その2は、先回正面入口をご覧頂いた
  サント・スピリト教会・Santo Spiritoの内部ご案内からどうぞ!

1-DSC06732_GF.jpg

  建設オリジナルは13世紀ですが、その後川の氾濫による破壊があり、
  現在見るこの姿は1483年に再建されたもので、

  内部はこの一帯のスタイルであるドイツ・ゴシック様式、
  9本の円柱による3廊式ですが、

  天井全体がご覧の通り、蜘蛛の巣の様なヴォールトである事、
  内陣後陣が一体となった丸い形なのでそちらに目が取られ、
  そうか、そういえば3廊式だよね、と



  そして内陣の祭壇の後ろ、十字架の掛かる円柱ですが、

  中央の円柱上部には、余り例を見ない三位一体像、
  暗くて見え難いですが、
  キリストを父なる神と聖なる魂が両方から支える形があり、

2-DSC06735 - Copia_GF.jpg

  内陣の脇から祭壇の後ろに繋がる形で通路になっており、
  つまりこの中心の円柱を囲む回廊になっているのだそう。 
  気付かなく、確認せず・・。




  内部には木製彩色、折り畳み式の祭壇の形の像がいくつかあり、

3-DSC06734_GF.jpg




  こちらはピエタ像。  いつもは聖母とキリストのみ、が多いのですが・・。

4-DSC06736_GF.jpg




  壁にあった14世紀の十字架像。 こちらも脇にお供するのは女性像。

5-DSC06744_GF.jpg




  教会内部はとても暗く、写真で見て頂いているほど明るくなく、

  これは後陣のステンドグラスの細部。  多分後世の物と思いますが、
  細かい柄が良く写っていたので、ご覧ください。

6-DSC06739 - Copia_GF.jpg


  教会南面の壁に、1450年の十字架像のフレスコ画があるそうで、
  画家の名もAmbrosuis Ganderと判明しており、
  これは1964年の修復の時に発見された物で、大変保存状態が良い
  そうですから、これからお出かけの方、どうぞ!
  


  という所で外に出て橋を渡り旧市街方面に戻りますが、

  橋の手前に小公園があり、そこにこのエリザベス皇后(シシー)の像が。

7-1-9806_01_GF.jpg

  彼女はメラーノの町郊外にある城にも住んだり、のご縁なのでしょうが、
  これではほっそり美人だったというのは分かりますが、
  あまり美人に見えないので、はは、次のも。




  こちら、1867年のという、写真をどうぞ。 
  エリザベート・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ(1837-1898)
  オーストリア=ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后。

7-2-Elisabeth-Österreich-1867.jpg
  
  17歳の時、姉の婚約者であったフランツ・ヨーゼフに見初められ結婚。
  が、姑は実の伯母の上、窮屈なウィーンの宮廷生活が苦手な彼女には
  大変だったとか、いろいろ逸話がありますが、

  何よりも自分の一人息子が愛人と心中し後継者が無くなり、
  甥を後継に決めた所がサラエヴォで暗殺、第一次大戦に突入となったり、
  自身もジュネーヴで暗殺される、という難しい人生でした。
  絶世の美人を謳われ、フランツ・ヨーゼフをイチコロにしたのも、
  こういう高貴な方にとってはどうだったのか、・・それぞれの人生は本当に様々。


  そうそう、後継者となった甥フェルディナンドも、後継となる以前体調が悪く
  (肺炎だったか)ここメラーノで療養し良くなったと読みましたし、

  また妻が王家の血筋ではない事から、オーストリア=ハンガリー帝国の後継に
  なる前に、妻と子供達は王家の後継にはなれない事を了承させられたり、と
  ・・こういう逸話を読みだすとまさにゴシップまみれで、終わりがなく・・!
  



  さてポスト橋を北に渡り、パッシーリオ川沿いの「冬の散歩道」を東に。

8-9814_01_GF.jpg

9-9822_01_GF.jpg

11-9819_01_GF.jpg

  なぜ「冬の散歩道」なのか、多分川沿いの道に沿って、
  こんなアーケードがあるからかもですが、薔薇の花が咲き乱れ、




  小路の先にはバールなどもあり、心地よい散歩道が続きます。

10-9815_01_GF.jpg




  ワンちゃんたちもたくさん連れられて来ておりましたが、

  ほらね、この子は、なんね、お前は? という目つきでしょう?

12-9813_01_GF.jpg

  それが了解を貰って写真を撮り見せ、飼い主が「この子はバブーというの」
  「あれ、あんたはバヴーなの?!」と言った途端、
  大ニコニコ尻尾パタパタで、口にピンクの豚ちゃんを咥え、遊ぼう!って、ははは。




  こんな風に川のカーヴ辺りまで東に行き、北に入り込みます。

13-9831_01_GF.jpg


  この先に古いローマ期からの橋があるそうですが、これも見ておらず残念!




  両方からの石塀が作る小路を通って行くと、

14-9834_01_GF.jpg




  古くからの住宅街というのか、懐古的スタイルがあちこちに見られ、

15-9833_01_GF.jpg

16-9837_01_GF.jpg

17-9836_01_GF.jpg




  窓から猫ちゃんが覗いたりの、はは、とても良い趣の一廓で、

18-9843_01_GF.jpg




  道の十字の角にこの大きな木。 何の木と思われます、桑の木なんですよ!

19-9838_01_GF.jpg

  我が村のあちこちにも大きな太い桑の木がありますが、
  こんな風に高く育った桑の木を見たのは初めてで、気持ち良い驚きでした。
  やはり養蚕があったのかな、とも思いましたが・・。




  そして辿るこの小路。

20-9839_01_GF.jpg




  この道の中ほどに、こんな小さな碑が2つ埋められており、

21-9840_01_GF.jpg

  この近くに住んでいたユダヤ人母子の名か、1943年、上のエーレナは6歳、
  翌年アウシュヴィッツで、フランチェスカは39歳で拉致され、殺害、と。

  ボルツァーノ県の大多数のユダヤ人はメラーノに住んでいたものの、
  すでに大多数が他に逃れ町には約60人ほどだったのが、1943年9月
  徹底捜査が行われ22名が逮捕、ここから絶滅収容所に。
  イタリア国内から収容所送りが行われた最初だったと。

  上の親子の小さな碑が語る、この町でも起こった暗い歴史のひとつ。
  



  さて広場に出てきて、

22-9846_01_GF.jpg

23-9847_01_GF.jpg




  広場の西には、町の中心教会でメラーノのドゥオーモとも呼ばれる
  サン・ニコロ教会・San Nicolò の鐘楼、高さ83m、と後陣部分が見え、

24-9848_01_GF.jpg




  後陣の斜め後ろに見えるこの建物、洗礼堂かと思うのですが、
  中に入って見れずで、右隣の、接触している建物はドゥオーモ博物館と。

25-9852_01_GF.jpg




  入り口脇に見える、サン・クリストフォロのフレスコ画。

26-9853_01_GF.jpg




  教会脇を通る道筋のカフェでは、すでにアペリティーヴォ・食前酒の時間で、
  
27-9849_01_GF.jpg


  羨ましく眺めつつ、ははは、我らは後陣の脇から背後に見える鐘楼の下の
  アーチをくぐり、教会の入り口に回ります。



  という所で今回のご案内を終わり、内部のご案内は次回に続きます。



 *****

  コメントの書き込みについてのお願い。

  ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
  上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
  記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

  非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
  コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
  それもご了承下さいませ。


 ****


  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    


 *****

  
  いつもブログご訪問、有難うございます!





  
スポンサーリンク