・ n.2 レガータ・ストーリカの日の大運河 ・ ヴェネツィア


 ヴェネツィアの秋、9月の第一日曜に行われるレガータ・ストーリカのお祭り。
 今年はたまたま出かけ、大運河をヴァポレット・水上バスで行きながら
 お祭りを待つ街の様子や人々を撮りましたので、先回に引き続き 
 ご一緒にカナル・グランデ・大運河を下るおつもりでお楽しみくださいね。

 今回はその2、ほぼ大運河の出口に近いアッカデミア大橋からで、

1-V03_0733_01_GF.jpg

 shinkaiはヴァポレットの艫、後ろの席に座りましたので、
 これはアッカデミア橋をくぐっての姿で、左にアッカデミア美術館が。




 庭園を持つ優雅なお屋敷が左に見え、 テラスにはタイルの壁画も。

2-V03_0735_01_GF.jpg




 サン・ヴィオの広場・Campo San Vioの広場でお祭り開始を待つ人々。

3-V03_0736_01_GF.jpg

 いつもは無い金色の大きな円柱が後ろに見えますが、
 開催中のヴェネツィア・ヴィエンナーレ展の展示品。




 ムラーノ・ガラスのサルヴィアーティの店。 
 アール・デコ様式の装飾は居並ぶ大運河の館の中でも一際目につきます。 

4-V03_0740_01_GF.jpg




 アッカデミア橋を。 いつもいっぱいの人!

5-V03_0739_01_GF.jpg




 そして、ペギー・グッゲンハイム美術館。 

6-V03_0738_01_GF.jpg

 お隣のダリオ館は修復で覆われておりました。





 どこの館だったか、やはりここにもヴィエンナーレ展の展示品が。

7-V03_0741_01_GF.jpg

 真ん中のはともかく、右の窓に白い熊さんが見えるでしょう?
 で、左には赤い熊さんがいて、・・こういうのもアートなの?!





8-V03_0742_01_GF.jpg




 正面に回って来て、  ここもすでに待ちの人々でかなり満杯!

9-V03_0743_01_GF.jpg

10-V03_0744_01_GF.jpg




 ドガーナの突堤。 ここにはいつも飾りをつけた応援の大型ボートが停泊し、
 手前側にも大きなボート、そして座り込んでお祭りを待つ人々。

11-V03_0747_01_GF.jpg




 大運河を斜めに横切りサン・マルコの停留所に向かいますが、
 この時にサン・ジョルジョ・マッジョーレをほぼ正面から。

12-V03_0749_01_GF.jpg




 大運河を見渡し、サン・マルコ停留所に上陸!

13-V03_0751_01_GF.jpg




 陸に上がった途端、晴れ上がった空に煌く鐘楼の大天使ガブリエルが見え、
 しかも今日は正面からなので、これは撮らずには・・!

14-V03_0757_01_GF.jpg

15-V03_0756_01_GF.jpg

16-V03_0756_02_GF.jpg




 久しぶりに杭の上のカモメ君とも目が会い、チャオ!

17-V03_0763_01_GF.jpg




 突堤から向こうを撮りたいのに、中国女性が先っちょで二人でセルフィー中で、
 あっちこっちと向きを変えつつなかなか動かず・・、

 仕方ないので、ははは、ゴンドラのお尻の並び、なんぞを。

18-V03_0766_01_GF.jpg




 ひとり岸辺に腰を下ろし遅めのお昼ご飯。
 どこかで買って来たと思われるアルミ箔のお弁当を黙々と。

19-V03_0769_01_GF.jpg

 通りすがりにちらっと見るとラザーニャでしたが、飲み物無しで大丈夫?
 う~ん、この日のヴェネツィアなら、缶ビールを一つ付けたいですねぇ!





 とにかくお天気が良く、でもどこか秋の気配があるのか空気が澄んでいて、
 明るく輝き過ぎる程のドゥカーレ宮の角と、有翼のライオン君のお尻、はは。

20-V03_0770_01_GF.jpg

21-V03_0771_01_GF.jpg




 手前のサン・テオドーロの円柱とはみ出すワニの尻尾、奥の鐘楼。

22-V03_0772_01_GF.jpg




 そして、ここにもカモメ君。

23-V03_0773_01_GF.jpg




 幸せな シンクロ 2組!!
 左の男性のパンツは、ピエール・カルダン、ははは。

24-V03_1009_01_GF.jpg




 サン・マルコ小広場のカフェ、キオッジャのバンド。
 テーブル席、ピアノ前の若い男性の目つき! はは、shinkaiは覗き魔。

25-V03_0784_01_GF.jpg




 サン・マルコ広場で記念の一枚を、と思ったのですが、

26-V03_0830_01_GF.jpg

 我がレンズのこの歪の大きさ補正方法がどこかにあったっけ?
 調べてみないと・・。




 この後鐘楼に上って楽しんだり、思いがけずに考古学博物館も見学出来、
 6時頃までサン・マルコ広場にいたのですが、
 ヴァポレットは7時半まで通らないというので、歩いてリアルト橋に。

 既に橋の両脇は通行止めになっていて、真ん中しか通り抜け出来ず、
 ロープの近くまで寄って大運河の西側を。
 既に夕日色に近く、ほら、大運河のボートもゴンドラも皆
 レガータの競艇の通過に備え、脇に寄っています。

27-V03_1023_01_GF.jpg




 おっ、と思い東側に行くと、運のよい事に女子のボートがやって来る所で、
 橋に隠れる手前すれすれで一枚!
 後で結果を見ましたら、何とこの黄色・カナリンが女子の優勝組!

28-V03_1024_01_GF.jpg




 脇の一般人通行止めの所には、写真の左にちょっと切れて見えますが
 女子警官が警備中で、彼女達にはしっかり見えて応援中で、ははは。

 黄色に続いて、赤、そして紫とやって来て、

29-V03_1026_01_GF.jpg




 脇には審査員の乗ったボートが続きますが、
 大運河のこの辺りは既に西日で影になっていますね。

31-V03_1029_01_GF.jpg




 女子の組の後は、いよいよ最後の男子2人組のゴンドリーノの競艇が
 ありますがとても待てずに、

 リアルト橋の様子を1枚撮り、駅方面に向かい、

32-V03_1030_01_GF.jpg




 最後は駅前大橋からの眺め、左にサン・シメオン・ピッコロ教会。

33-V03_1032_01_GF.jpg


 レガータ・ストーリカ  TV 実況編

 レガータ・ストーリカの日 その1と2

 ヴェネツィアの以前のご案内は


 駅内の店で缶ビールとチーズ味のおつまみを買い、待っていた電車に。
 ジュリアーナが電話を2度もくれていたのを知りかけましたら、
 どこに内緒で行っていた? 急に決めてヴェネツィアに来たの。
 雨が降った? いいや、物凄く良いお天気だったよ。

 何ぞと喋りコネリアーノに戻りましたら、道が濡れており、
 埃をうっすらかぶっていた我が車はきれ~いに洗われておりました!
 フロント・ガラスの汚れが落ちる程でしたから、かなり強い雨だったろうと、ははは。
 ドアを開けて置いたら、中も綺麗になったかな?!

 という、おまけがたくさんついたこの日のヴェネツィア行きでしたぁ。



*****

 コメントの書き込みについてのお願い。

 ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
 上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
 記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

 非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
 コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
 それもご了承下さいませ。


*****


 水彩+色鉛筆画ブログには、
 アップしています。    
 見てやってくださ~い!    

 ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

 いつもブログご訪問、応援有難うございます!