・ 友人宅でのお昼ご飯  早春の兆しの庭も


この28日の日曜日、友人のジュリアーナ・ミランのお家に
皆でお昼を呼ばれに行って来ました。

1-DSC08622_GF.jpg

わざわざミランという姓を書く、付けて呼ぶ、というのは、
我らの仲間にはジュリアーナ・Giulinaという名のが2人居りまして、
1人はよく名の出るジュリアーナで、彼女の姓はフランツ・Franz。
ちょっとドイツ語圏寄りですが、まぁ、フリウリの出身ですのでね。

他にも顔見知りのジュリアーナが2人いますが、ははは、
ポルトガル旅行の時にはバスの中に4人が揃い・・!!


で、日曜のお昼にジュリアーナの家に着き、直に皆が揃い、
早速に食卓に。

上の写真は、食卓に並んでいたお皿とコップが新しかったからなのと、
ちょうど窓から射しこむ陽がとても感じが良かったので。




さて今日の献立は、と早速覗きこみに行くと、
ポレンタを作る鍋では、ゆっくりと電動のかき回し器がうごいており、

2-DSC08623_GF.jpg

他は何かなぁ~、と遠慮なく蓋をちょっと持ち上げて覗き見るshinkai!
ははは。 ポレンタの奥の鍋はスープがなみなみとで、
あっ、クヌーデルね。 そう。 横の平たい鍋にはラディッキオ。 
きゃ、嬉しい!
そして、もう一つ右の鍋には茸、 完璧!!

ミランの家でのポレンタ料理は、こちらにも。

旨いもの、全般はこちらから。




クヌーデル・パンをふやかしたものにチーズやハム類、香草などを混ぜ
団子にしたものを、今日はスープで頂きます。 
かなり大きな一玉でしたが、この後もう一玉追加!
このスープがとても美味しかった!!

3-DSC08625_GF.jpg

他には溶かしバターをかけて、という食べ方もありますが、
これだと重く感じる、と皆の声。

新しい可愛いお皿とコップは、彼女の息子さんからのクリスマスの
プレゼントなんだそうで、 マンマが友達を呼ぶときに、
縁の欠けたお皿が無いようにって、優しいぃ!! 良い息子!!




ワインはアリーダからの差し入れで、モンテプルチャーノ・ダブルッツォ種の赤、
スピネッリ・Spinelliというメーカー、美味しかった!

4-1-DSC08627_GF.jpg

4-2-DSC08626_GF.jpg




お皿に、ポレンタと茸が乗り、茸が今回はとても美味しかった!!
この茸はこちらでキオディーニ・釘と呼ぶ物で、日本語ではナラタケと。

5-DSC08628_GF.jpg




で、チーズが出て来て、shinkaが小さくしている内に、ははは、
ラディッキオ・トゥレヴィジャーノの煮物も追加され・・。 
お皿から湯気が立っているのが見えますかぁ?!

6-DSC08630_GF.jpg

ラディッキオは冬野菜の今が一番おいしい時期で、

彼女はフォルノ・オーブンで焼かずに、平べったい鍋に並べ、上から塩と
オリーヴ・オイルをかけて弱火で5分もかからない、と言ってましたね。
この方法だと、芯まで柔らかく食べられますが、

今頃shinkaiがはまっているのが、ザクザクと大きめに切り、
大きなフライパンでオリーヴオイル、塩をふり、強めの火で炒める方法。
最後ちょっと蓋をして芯まで火が通るようにしますが、
この方が、ラディッキオのほろ苦さ、香りが良く残る様な気がします。

か、お高いトゥレヴィジャーノ種、今回のジュリアーナの使ったのなどは、
やはりオーブンに入れますね。 葉がちょっと焦げたりも美味しいので。




この辺りでお腹いっぱいになっているものの、
皆でプレゼントに持って行ったのが、カルネヴァーレ時期のお菓子、
フリテッレ・揚げ菓子で、中身がクリームとか干し葡萄入りとかあれこれ。

7-DSC08631_GF.jpg

中には、花火が突き刺してあり、




アリーダが火をつけると、何とかなりの高さにまで火花が立ち上がり、
徐々に低くなり、消え。 ホステスのジュリアーナね。

8-DSC08633_GF.jpg

9-DSC08634_GF.jpg




既にカルネヴァーレの季節で、TVでは物凄い混雑のヴェネツィアが
映っていましたが、

我らはお腹いっぱいと言いつつも、違う種類をそれぞれ味見し、
つまりshinkaiなどは4つか5つ食べまして、ははは。

一緒に、ヘルガ持参のフラゴリーノ・Fragolinoという、甘~い白ワインを。

10-DSC08637_GF.jpg




しっかり食べ飲み、少し落ち着いた仲間たち。 
奥がエレオノーラで、左がカフェ中のジュリアーナ。

11-DSC08639_GF.jpg

アリーダとヘルガも撮ったのですけど、これは載せたら殺される、という、
ははは、そんな風に撮れたので、今回はパス。




アリーダはかなりの酒豪でして、あれこれ話している内に、
この家で飲むと、必ずジュリアーナがうちの夫が残したワインだ、
グラッパだとか言うけど、いったい何年前に亡くなった? 
23年前!! じゃぁ、まだ屋根裏のワインの他に何があるのか、見せて。

で、出て来たこれ、シーヴァス・リーガル!! まだ残っているのですよ!
皆で小さなグラスに頂きまして、ははは、
久し振りに美味しいウイスキーをね。
香りは殆ど無くなっていましたけど、味はしっかり美味しく残っていまして。

12-DSC08641_GF.jpg

12月にアリーダの家に皆でお昼を頂きに行った時、
ははは、しょっちゅう皆でなんだかんだと会食していますねぇ!
アリーダはウィスキーが好きだから、とスコッチのかなりお高い、
名前を聞いた事もないシングル・モルトを一瓶エレオノーラが選び、
持参し味見もしたのですが、

煙の香りがかなり口中に広がる変わった味わいのウィスキーで、
ジュリアーナはウィスキーは好きでない、と言っていたのが、
今回はこのシーヴァスを飲んで、美味しい!と言ってましたものね。

こちらではいつもワインを飲み、それか、生ビールですから、
世の中にはウィスキーというのもあったけ、と思い出しましたです、ははは。




アリーダが、他には何がある?! と、ははは。
で、出て来たのがこの小瓶のコレクション、ラムにグラッパにウィスキーなど。
蓋の開いているのは1瓶だけで、これはやはり手を付けずにね。

13-DSC08642_GF.jpg

左奥に見える底の平べったいのが、やはり今は亡き夫作の
美味しい食後酒グラッパで、
いつも食後の後のカフェに、皆がたっぷりと注いでね。




で、2階のトイレに行った時に、階段の踊り場に見事に咲いていた
シンピジュームを見て撮り、

14-DSC08643_GF.jpg




ちょっと庭を見てこようと外に出て、
ジュリアーナ・ミランはお花が好きで、いつも花で埋まっているのですが、
これはお家の前。

15-DSC08647_GF.jpg

16-DSC08645_GF.jpg





前庭の、蕾をいっぱいつけたシャクナゲ、ですよね?

17-DSC08648_GF.jpg




大きな黄色いバラが一つ咲いていて、芽も出かかっています。

18-DSC08649_GF.jpg




お隣のお家の葡萄畑。

19-DSC08650_GF.jpg




何の枝か、ほらね、うぶげがいっぱいの新芽。

20-DSC08651_GF.jpg




幹がつやつやで、面白い枝ぶりを何の木か、と見ていると、
ジュリアーナが、shinkai何見てる? と出て来て、

これは桜、と。 家を50何年か前に建てた時に元からあった桜の木だと。

21-DSC08652_GF.jpg


ジュリアーナは若い頃スイスに働きに行き、家族が既に行っており
呼ばれたのだそうですが、そこで後の夫と知り合い結婚。

スイスは賃金もイタリアの3倍近かったものの、勿論その分物価も高く、
でも頑張って始末し、こちらに土地を買い家を建てたのだそう。
既に息子さんが52歳だそうですから、家もそれと同じ位なのですね。

イタリア人の出稼ぎというのか、そんな歴史を時々見聞しますが、
今はまた大卒の若い人たちが良い職を求め、外国に出て行きます。
イタリアでは若い、やる気のある頭の良い人たちが国を出て行くことを
頭脳流出、と心配しますが、難しい問題ですね。




桜の芽もちょっと出て、早春の気配のするジュリアーナの庭でした。

22-DSC08654_GF.jpg


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


色鉛筆+水彩画ブログには、
 を
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!



スポンサーリンク