・ n.2 ピティリアーノ 町の中心の散歩と、 ブログのお休みを


先回に続き、トスカーナ州の南東の端、南のラツィオ州、東のウンブリア州に
近いピティリアーノ・Pitiglianoの町のご案内、2回目を。

ピティリアーノがどこにあるか、などの地図は先回載せていますので、
そちらをご覧下さいね。

以前のトスカーナ州のご案内は


まずは上空からの写真、郊外に広がる新市街から南に向かい、
崖の上にまるで樹海に浮かぶ島の様に突き出した様。

1-1-spitigliano.jpg

手前右に見える大きな内庭を囲む建物は、オルシーニ家の館で、
ここは現在美術館と図書館に。

中ほどに突き出している高い太めの鐘楼は、この町の主要教会
サンティ・ピエトロ・エ・パオロ聖堂の物で、後程内部を。




こちらは4泊した宿の窓から見る、朝日の町の姿。

1-2-P05_0426_GF.jpg

この宿グアスティーニ・Guastiniはちょうど旧市街の入り口に位置し、
眺めも良く、お値段もお安くお勧めです。
レストランもあり、2食付きのメッゾ・ペンシオーネもあるそう。
我らは朝食しかここでは食べなかったのですが、
たくさんあれこれ出て良かった記憶があります。




これは朝に窓から見た鳥たち。ラツィオに行った時も見たのですが、
なんという鳥なのか、カラスより鳩よりも少し小さかったと。
目の周囲が黒いので、ちょっと凄んでいるみたいでしょう、ははは。

2-P06_0428_GF.jpg

3-P06_0430_GF.jpg




さて、先回町の代名詞「小さなジェルサレム」の由来ともなっている
かってのユダヤ人居住区ゲットー跡にある、博物館の様子も少しご覧頂き、
谷に向かって下る石段、建物類もご覧頂いたので、
今回は町中の様子と教会を2つご案内致しますね。

町の先に行くにつれ、最初は町の幅が広いので3本ほどある縦の道が
次第に終結し、最後1本となる道が、ヴィア・アルドブランデスキ・
Aldbrandeschi通りで、名の由来は領主だったアルドブランデスキ家から。

4-P05_0274_GF.jpg

アルドブランデスキ家というのは、名前からご想像の様にロンゴバルド系で、
8世紀終わりからトスカーナからラツィオにかけて広い一帯を領していた伯爵家。
で、当時はピティリアーノの西にあるソヴァーナ・Sovanaの方が大きかったのが、

13世紀の終わりに、最後の嫡子であったアナスターシャがオルシーニ家と
婚姻関係を結び、ロマーノ・オルシーニは本拠をこちらピティリアーノに
移したのだそう。
その後分枝のアルドブランデスキ家も15世紀には消滅していきます。




で、このアルドブランデスキ通りが始まるのが、この教会前からで、
2つの通りが一本になっているのが分かりますが、
教会の名はサンタ・マリーア・エ・サン・ロッコと2人の聖人名。

5-P05_0275_GF.jpg

教会は元異教徒の宗教的なものの跡に12世紀に建設されたものだそうで、




内部はこんな様子ですが、身廊の奥にはキリスト教らしいマリア像の
フレスコ画も見えますが、

6-P05_0272_GF.jpg




上部には1891年と書かれて、かなり世俗的な紋章が描かれていて、

7-P05_0271_GF.jpg

一時は教会が閉められ、普通の工場的に、住居にも使われていたとか、
サイトに説明がありました。




道は緩やかな下り坂で、お年のシニョーレがゆっくりとこちらに。

8-P05_0273_GF.jpg




脇道にそれ、かっての共同洗濯場、閉まっていましたが、を見たり、

9-P05_0277_GF.jpg

10-P05_0280_GF.jpg




覗きこむ谷、町の西側の様子。

11-P05_0278_GF.jpg




そして石段を下って行くと、

12-P05_0282_GF.jpg




もう一つ大きな石段が続き、ぐるっと回りこんで、

13-P05_0284_GF.jpg




ここはソヴァーノ門。 ピティリアーノの西にあるソヴァーノに続く道で、

14-P05_0285_GF.jpg

ソヴァーノからは両側から迫る山、崖を切り抜いたヴィア・カーヴァ・
Via Cava と呼ばれる有名な道があり、それに繋がるのだそうですが、
車で走りながら探したものの、この時は見つける事が出来ず・・。




門の外から見る、町の西側の建物の並び。
こちら側も反対側と同様、断崖の上に。

15-P05_0288_GF.jpg

16-P05_0291_GF.jpg




古い岩の美しい色と、古びてはげちょろけの倉庫の扉。
何とも良い色でしょう?!

17-P05_0254_GF.jpg




下りの石段も苔むし・・。

18-P05_0295_GF.jpg




狭い町中の道を行き、あれこれ運搬するのには欠かせない小型3輪車。
いろいろな色のに出会いましたぁ。
shinkaiは一番上の写真を見るたび、映画「ジョーズ」のテーマ曲を、
思い出すのです、ははは。

19-P05_0293_GF.jpg

20-1-P05_0316_GF.jpg

20-2-P05_0384_GF.jpg




ただいま帰りましたぁ、 入れてくださ~い!

21-P05_0296_GF.jpg




そしてこちらが町のドゥオーモと呼ばれる、聖堂サン・ピエトロ・エ・パオロ。
建設は中世なのだそうですが、16世紀に改装され、その後にも
根本的な改装が行われているそう。

22-P05_0297_GF.jpg

確かに鐘楼の上部は古い部分が残ってますが、この辺りは要塞としても
使われていたのが、鐘楼に改装されたと言い、聖堂正面は後期バロック様式。




内部はこんな様子で、バロック様式の一廊式で、収められている美術品類も
17~19世紀の物と。

23-P05_0301_GF.jpg




聖堂前は広場になっているのですが、その南側にバール兼レストランがあり、
その左前にある、素晴らしい彫りを施された角柱の上の動物。
盾を持っているのですが、

24-P05_0304_GF.jpg




これです、キツネみたいに見えるのですが、脚の間に立つ大きなもの!
くっくっと笑えて来て、ははは、しっかり撮った次第です。
何か謂れがあるのでしょうけど、見つからず残念!

25-P05_0303_GF.jpg




肉屋さんの前の看板と、店の内部。
生ハム薄切り100g 1,14エウロ!

28-P05_0307_GF.jpg

29-P05_0308_GF.jpg




ワイン店のショウ・ウインドウ。

30-P05_0312_GF.jpg




オリーヴ油などが並んだショウ・ウインドウなんですけど、
埃まみれの、ははは、瓶に並んで、ブルネッロのグラッパの箱! 

31-P05_0314_GF.jpg

ブルネッロのグラッパなんて、これはさぞ強くて美味しいでしょうねぇ!!
味わってみたい!





旧市街入り口の広場まで戻って来ると、ここは西側にも大きく展望が開け、
覗くと、続いて始まる家並が見えますが、案外無人の家も多いのかも・・。

32-P05_0323_GF.jpg




深い谷に落ちる滝水も見え、

33-P05_0319_GF.jpg




広場にはロバと老農夫の銅像が。 かってのこの一帯の農夫の姿でしょうね。

34-P05_0328_GF.jpg




お天気になり、地面が濡れていない広場で、何かを見つめる猫ちゃん。

35-P05_0327_GF.jpg




旧市街を囲む建物と一体になった高い城壁があり、

36-P05_0360_GF.jpg




上から覗く、城壁外の町の並び。 でもこの一帯はまだ古い家並。
上に行くと新しい家並が広がり、スーパーもありました。

37-P05_0357_GF.jpg




陽が射したと喜んでいるかの様に、ゴロンゴロンを見せてくれる猫ちゃん。
うん、shinkaiも一緒にゴロンゴロンしたいよぉ。

38-P06_0444_GF.jpg

39-P06_0452_GF.jpg




という、猫ちゃんがいた谷の向かいから見るピティリアーノの町を再度。

40-1-P06_0438_GF.jpg




そして、上空から見る家並。 まさに突き出す半島、ですね。

40-2-Pitigliano_veduta_GF.jpg




という所で、2回にわたりご覧頂いたトスカーナの特異な町ピティリアーノ、
歴史的にも、眺望的にも大変特異なピティリアーノのご案内を終えます。

最後は夕空の色が深くなり、照明が一層輝く町の姿を。

41-A03_0074_GF.jpg

お付き合い、有難うございました。



◆ 個展のお知らせ と ブログお休みのお知らせ ◆

3月19日から25日まで、東京八重洲地下街のギャラリー八重洲にて
個展を開かせて頂きます。
新しく描きためた20枚ほどを含め、約40点ほどの展示となります。

42-s+東京展DM_2.jpg

43-s+東京展DM_1.jpg


私にとりましては初の東京での個展であり、また殆ど友人も知り合いも
いない東京ですので、いささか緊張しております。

お知り合いの方にもお知らせ頂けましたら、とても嬉しい事ですし、
ブログを見て下さっている方、絵に興味をお持ちの方、
またイタリア旅行についてのあれこれ、
お出で下さり、お喋りできるのを楽しみにしております。

ご高覧よろしくお願い申し上げます。

*****

という事で、今回のブログが最後で、15日にこちらを出発しますので、
個展が済み、無事戻って来る、ははは、3月末まで
ブログはお休みさせて頂きますので、よろしくお願い致しま~す!

東京でお会いできるのを楽しみに!!



◆ 友人の個展のご案内 ◆

広島の絵の友人越川道江さんの油絵展が3月27日より4月1日まで
広島県立美術館県民ギャラリー展示室5 にて開催されます。

44-s2.jpg

45-s1.jpg

大作を含めての油絵30点の展示との事。
どうぞお出かけご高覧下さるよう、私からもご案内申し上げます。


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


色鉛筆+水彩画ブログには、
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!



・ n.1 ピティリアーノ ・ トスカーナの「小さなジェルサレム」 凝灰石の町


ずっと頭のどこかに宿題が残りつつ、写真整理も残ったままご紹介が
滞っていた、トスカーナ州の東南部に位置し、ラツィオ州と
はたまたウンブリアとの境にも近いピティリアーノ・Pitiglianoの町。

1-P06_0759_GF.jpg

なんと8年前に訪問し4泊したのでしたが、ははは、お笑いくださいね、
が、頑張って今回やっとご案内を!

エトルスクの紀元前からの歴史の古さと、16世紀からのユダヤ人の移殖の
多さから立派なシナゴーグも残り、「小さなジェルサレム」の名を持つ町。
  
今回は2回に分けてご覧頂きますので、ごゆっくりどうぞ!

上の写真はホテルの窓からの、朝日を受ける町。




ピティリアーノの町はどこにあるか、地図をどうぞ。
イタリア半島の西側にあるグロセット・Grosetto県に含まれ、
細い薄いグレーの線が見えるのが、南はラツィオ州、東はウンブリア州。
東に見える大きな湖はボルセーナ湖・Bolsenaで、

2-map pitigliano1.jpg


バスでの旅行では、西のグロセットの町からの連絡がある様子。




衛星地図で見る、普通「ピティリアーノ」と呼ぶ旧市街は、
こんな風に右に広がる何倍もの大きさの新市街の先っちょに、
まさに樹海に囲まれ谷に突き出した形で。

3-map pitigliano2.jpg

海抜313m、現在の人口は、周囲の大きな新市街を考えると、
えっ、と少し驚いたのですが、4千人を切る人口で、
近世の一時は衰退していたそうですが、

現在は「イタリアの一番美しい村々」にも選ばれ、観光面で
大きな進展を遂げているそう。

そうですねぇ、この町の特異な立地条件の美しさ、はたまた歴史面での
古さ、特徴なども、大いに観光客を引き付ける要因だと思います。





これが半島状に突き出す元の部分というか、岩と共に城壁に囲まれ、
左にちょっと見える広場のテントの右横に我らの泊まった宿があり、

4-P05_0080_GF.jpg




Benvenuti a Pitigliano・ピティリアーノにようこそ。

5-P05_0354_GF.jpg




エトルスク期からの古い町の城壁は既に紀元前7世紀にあったと言い、
9世紀頃から当時一帯を領していたアルドブランデスキ家・Aldobrandeschi
が要塞化、それを13世紀末よりアルドブランデスキ家と婚姻関係となり
領主となったオルシーニ家が整備したものだそうですが、

これは旧市街の入り口にある、城壁の高台から見た旧市街の入り口で、

6-P05_0356_GF.jpg




こちらが上の写真の右下に切れていた、城壁内への門。

7-P05_0077_GF.jpg

滞在期間中の最初は夜中に雨が降り、朝まだ曇り空で
写真の発色が良くありませんで、後のお天気の日の写真を混ぜてご覧を。





門を入って行った所に広がる広場、谷に面してある立派な大きな泉で、
16世紀の中頃に造られたものだそうで、7つの口を持つ泉、と。

8-P05_0082_GF.jpg

9-P05_0083_GF.jpg

ですが、5つは分かりますが、7つとなると、上と真ん中の下からも?




泉の背後の壁から見下ろす谷の見事な眺め! ここも走りましたっけ。

10-P05_0081_GF.jpg

11-P05_0086_GF.jpg




泉から中に進むと、パラッツォ・オルシーニ・オルシーニ家の館があり、
元々11-12世紀にはアルドブランデスキ家の要塞だった物ですが、
後にオルシーニ家の館、城塞となり、現在は博物館、図書館に。

12-P05_0087_GF.jpg




入口を守るライオン君。 

13-1-P05_0331_GF.jpg




中も見学したのですが、写真禁止でサイトにも余り見つからず、
ここでは中庭の一枚だけを。

13-2-P05_0343_GF.jpg

彫りの見事な井戸があり、入り口扉周囲の飾りも見事でしょう?
で、井戸の右手に小さな格子の嵌められた穴があり、その後ろにゴーニャ・
晒し首用の台があるのですが、背後の写真と重なって見えにくいですが・・。

実はあの晒し首台の所に張り紙があって、撮って来たのを友人のジュリアーナに
送り読んでもらったのですね、飾り文字で読みにくかったので。
で分かったのは、あの穴には斬首刑になった首を放り込んでいた、のだそうで・・!

それに城内見物では、中には入れませんでしたが、拷問室もありましたっけ。
はぁ、さすが中世からの城には、あれこれ残忍さが見えると思ったものでした。




町の中の道は両脇の建物がびっしりと並び、朝までの雨に濡れ、
些か暗いイメージもありましたが、

14-P05_0091_GF.jpg




徐々に薄日も射し、隙間隙間に見える細い谷への下り坂にも目が行き、

15-P05_0094_GF.jpg




坂道を下りながら、幾つもの家の入り口が重なり、

16-P05_0103_GF.jpg

17-P05_0104_GF.jpg




そろっと座り込んでいる美猫ちゃん。

18-P05_0096_GF.jpg




建物の間を支えるアーチの向こうに見える次の家並、
そしてこういう細い狭い道にはぴったりの、小さな3輪車が働く姿も見え。

19-P05_0152_GF.jpg




町の中を縦に走る3本、2本の道はそれなりに広く緩やかな坂道ですが、
そこから谷側に向かう道はいずれも細い急な階段道で、
道の奥には谷!

20-P05_0111_GF.jpg

21-P05_0112_GF.jpg




家々の扉が、細い階段道の両脇に並びます。

22-P05_0115_GF.jpg




時にこんな風な行き止まりの道もあり、手前は倉庫、物置の扉で、
奥が住居部の扉。

23-P05_0154_GF.jpg

トスカーナ、ラツィオの一帯は、トゥーフォ・tufo・凝灰岩で出来た町で
有名なのですが、茶系のかなり柔らかい石で、
このピティリアーノの町も元々は洞窟を掘って住居、仕事場、倉庫としていた
のが良く分かるつくりですね。




谷に下る階段があり、ちょっとした展望台となっていて、

24-P05_0124_GF.jpg




そこから眺める家並。 
谷から立ち上がるごつい岩がそのまま使われているのが良く分かります。

25-P05_0151_GF.jpg




南の谷側に一番近い道を進んで行った中程に、ゲットーのパン屋さん。

26-P05_0157_GF.jpg




店の脇から下る道で、入り口に半円形の案内が「小さなジェルサレム」、
古いユダヤ人住居区画はこの下、と ↓ が。

27-P05_0161_GF.jpg




一番下まで行くと小路は右に折れ、

28-P05_0162_GF.jpg




その突き当りに、シナゴーグ・ユダヤ教教会を含む一帯が、
現在博物館として保存、公開されており、

29-P05_0253_GF.jpg




こちらはその案内図で、
 1.宗教的儀式の沐浴場
 2.ワイン貯蔵庫
 3.シナゴーグ
 4.宗教にのっとった屠殺場
 5.パン焼き窯
 6.染色場
 7.講演会場

30-P05_0170_GF.jpg




1.の沐浴場。 ここはユダヤ教の教義では、生理後の女性は
 身を清める必要があったという、沐浴場で、

31-P05_0175_GF.jpg

shinkaiはその暗さ、岩のごつごつの感触にちょっと身震いを。




2.葡萄を絞り、そしてワインを作った部分。

32-P05_0184_GF.jpg

33-P05_0189_GF.jpg




3.シナゴーグはかなり広く、修復されたにしても立派な調度。

34-P05_0230_GF.jpg




4.屠殺場。 ユダヤ教においては、家畜の屠殺にも決まりがあるそうで、
 それにより肉も新鮮なので、人気があったというのもどこかで読みました。

35-P05_0208_GF.jpg




5.ユダヤ人の復活祭は、旧聖書に書かれた「エジプトからの脱出」を
 祝う物なのだそうで、その時に食べるイースト菌なしのパンを焼くための窯と。

36-P05_0222_GF.jpg




内部はかなり土地の上下の構造を含む複雑な造りで、写真は今回パス
ですが、ユダヤ文化を伝える品々の展示もありました。

こちらは、谷に向かった窓を飾る、ユダヤ教の7本の燭台を表した飾り。

37-P05_0224_GF.jpg

ユダヤ人たちがこのピティリアーノの町に定住するようになった切っ掛けは、
16世紀後半の、すぐ近くに国境を接するローマ、教皇領内からのユダヤ人排斥で、

この地に逃れて来た人々の数が多く、当時6000人の住民に対し500人、
単に農業や商業に携わるだけでなく、土地の文化にも溶け込み、
ラビーノ・ユダヤ教の律法学者、生物学者、弁護士なども、
このゲットーから育っているそう。

が19世紀以降、他の大きな街でのもっと良い機会を求め出て行く事から、
衰退したと。

そうですよねぇ、狭い土地の狭い場所に閉じ込められること自体が
理不尽な生活をユダヤ人に強いていたのですものね。

その後の第2次大戦下での強制収容所への連行もあり、
また同じこの土地の家族に匿われ助かったケースが幾つもあったと
読みましたが、そういう点はこういう田舎町の方が良かったかも、とも。




谷の向こうに見えるのは聖所教会マドンナ・デッレ・グラツィエですが、

41-P05_0268_GF.jpg




お天気の良い朝出かけ、対岸からの町の姿を撮りましたのでそれを。
まさに樹海に浮かぶ島の船、みたいでしょう?!

42-P06_0437_GF.jpg




飛び出して見えるのは町の聖堂サンティ・ピエトロ・エ・パオロの鐘楼ですが、
まさに岩の断崖の上の町ですねぇ。 ご案内は次回に。

43-P06_0438_GF.jpg




真ん中右寄りに丸窓の見える建物、あそこがシナゴーグ。

44-P06_0472_GF.jpg




こちらは突き出した半島の一番先の部分。

45-P06_0466_GF.jpg




宿の窓からは、町全体のイルミネーションが良く見えましたが、

これはまだ薄闇の夕暮れ時で、岩の色がこんな風に赤く見えるのですが、

47-A03_0062_GF.jpg




空の色が暮れ始めると、黄色く見え始め、

48-A03_0065_GF.jpg


その後、空の色の変化と共にどんどん見え様が変わりましたが、
それは次回のお楽しみに。

という所で、今回はお終いです。



◆ 個展のお知らせ ◆

3月19日から25日まで、東京八重洲地下街のギャラリー八重洲にて
個展を開かせて頂きます。
新しく描きためた20枚ほどを含め、約40点ほどの展示となります。

s+東京展DM_2.jpg

s+東京展DM_1.jpg

私にとりましては初の東京での個展であり、また殆ど友人も知り合いも
いない東京ですので、いささか緊張しております。

お知り合いの方にもお知らせ頂けましたら、とても嬉しい事ですし、
ブログを見て下さっている方、絵に興味をお持ちの方、
またイタリア旅行についてのあれこれ、
お出で下さり、お喋りできるのを楽しみにしております。

ご高覧よろしくお願い申し上げます。


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


色鉛筆+水彩画ブログには、
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!



・ 雪の日のスコミーゴ村 3月1日


こちらイタリアは今週の初めからの寒波の到来で、シベリアからとか
大西洋からとかも聞きますが、月曜未明からの雪で
ローマがマヒしたのは日本のニュースにも出たそうですね!

翌日は雪は止んだもののそれ以降も厳しい冷え込みが続き、
こちら北イタリアのヴェネト州の我がスコミーゴ村の田舎も、
水曜28日の午前中うっすらと雪景色に。

そしてニュースでボローニャ辺りも20㎝ほどの雪とか聞くうち、
この一帯は予報では1日の木曜が雪だったのですが、

朝起きた時は積もっておらず、でもマイナス4度ほどの冷え込みで、
9時頃より降り始めて白い雪化粧に。

1-S01_1263_01_GF.jpg

となると少々厳しい寒さでも、では撮りに!となり、
お昼ご飯を急いで食べ終える頃には雪も止んだのを
幸いに出かけました。

ドカ雪ではなく、細かい細かい雪片がさらさらと舞い落ちるのも
美しく、何年かぶりの雪にいざ出かけてみると寒さを忘れ・・!

上は家を出てじきの所からの、オリアーノ村の丘の様子。


以前の「スコミーゴ村の四季」のご案内は




草原にワンちゃんの散歩の2人連れがいて、

2-S01_1264_GF.jpg

ほら、チビ君は私の方を見ているでしょう? で、すぐ走ってやって来て、




遊ぼう、遊ぼうと脚に飛びつくので、やっと撮れたうちの1枚。

3-S01_1267_GF.jpg

迷彩のコートを着ているのでてっきり男の子かと思ったら、
ミーアという女の子なんだそうで、ははは、
草原を喜んで走り回っておりました。




オリアーノ村の丘の様子はこんなで、

4-S01_1268_01_GF.jpg




手前の葡萄畑。

5-S01_1269_01_GF.jpg




オリアーノ村の教会も少し霞んで見え、

6-S01_1270_01_GF.jpg




オリーヴの枝に積もる雪。

7-S01_1274_01_GF.jpg




さすがに今日は、狭い屋根の下に皆さんが収まって、ははは。

8-S01_1278_01_GF.jpg




これはとても高い大木なのですが、桑の木なんですよ。

9-S01_1280_01_GF.jpg




葡萄畑の畝の、少し高い土盛りに雪が積もっていて、

10-S01_1282_01_GF.jpg




オリアーノ村との谷の境に下る畝。

11-S01_1285_01_GF.jpg




手前の草原はまだ遊んでいますが、徐々にここも葡萄畑になるのであろうと。

12-S01_1290_01_GF.jpg




右に折れ、草原と葡萄畑の間の境を行くと、shinkaiの好きな林が。
でも、どんどんと伐採され、小さくなっていて・・。

13-S01_1293_01_GF.jpg




下り坂に広がる葡萄畑の木々。 かなり太い幹に積もる雪。

14-S01_1296_01_GF.jpg

15-S01_1297_01_GF.jpg




そしてここの畝の流れ、ここもshinkaiの好きな風景の一つ!

16-S01_1300_01_GF.jpg

17-S01_1301_01_GF.jpg




裸木の形の面白さ。

18-S01_1298_01_GF.jpg




振り返って見る、少し高い位置の畝。
19-1-S01_1304_GF.jpg





葡萄の木の幹は、こんな風に皮が割れるというのか、
如何にも、長年の風雪に耐え!という様子に。 凄いでしょう?!

19-2-S01_1338_GF.jpg

ここのはまだ若いと思っていたのですが、すでにこんな様子で、
普通は大体40年位は保つ、と聞いた事があります。




太陽もうっすらと見えるのですが。

20-S01_1303_GF.jpg




こちらは剪定済みの枝。

21-S01_1305_GF.jpg

22-S01_1306_GF.jpg




そして、モグラ君の働きの土盛りもあちらこちらに。

23-S01_1310_GF.jpg




林の近くに寄って。  左側に見える切り株の後と太い枝。

24-S01_1311_GF.jpg




一列に残る木々の向こう、細い湧き水が流れます。

25-S01_1312_GF.jpg




野生のクリスマス・ローズはこの一帯に花を咲かせるので、
もうこの時期だからと探すと、雪に埋もれてこんな風になっていて、

26-S01_1314_GF.jpg




これはshinkaiが雪を払った後。

27-S01_1313_GF.jpg




で、じっくりと花を探すと、ありました、ありました、
雪をかぶった可哀そうな、でも健気な姿があちこちに!

28-S01_1315_GF.jpg

30-S01_1321_GF.jpg

29-S01_1316_GF.jpg

31-S01_1324_GF.jpg

32-S01_1330_GF.jpg




その内にまた雪が舞いだし、見えますか、細かい雪が舞うのが。

34-S01_1340_GF.jpg


毛糸の指なし手袋をはめて出かけたのですが、指の感覚が麻痺する程
すぐにかじかみ、指をこすり合わせては撮る、という様子だったのが、
この最後辺りになって気が付くと、ぽっぽっと指が暖かくなっていて、

その代わり雪の積もった草原を歩くのでブーツに水が浸み込み、
足が冷たくなって来ており、
我ながら、う~ん、素人だなぁ、対策がまるでダメじゃん!

が、秋口に買って一度も手を通さなかった内側にライニング(ですっけ?)
の付いたコートがフードもとても深く、少し重いものの暖かく助かりました。



そろそろと傾斜地を戻りますが、

吹き付ける雪風が、こんな風に波紋を作っていて、

35-S01_1339_GF.jpg




一つだけ咲いていた、花の中心が凍えたようになっていたタンポポ。
頑張れ、負けるな!

36-S01_1343_GF.jpg




道に戻って眺めるオリアーノの教会も霞んでおり、

37-S01_1344_GF.jpg

寒かったですが、久しぶりのカメラ片手のパトロールで、ははは、
大いに楽しんで家に戻りました。

で、翌日ブログ更新の2日の午後には雨になり、
雪は儚く消えましたが、まだ冷え込んでいて寒いですぅ!!

春よ来い! 早く来い!!


◆ 個展のお知らせ ◆

3月19日から25日まで、東京八重洲地下街のギャラリー八重洲にて
個展を開かせて頂きます。
新しく描きためた20枚ほどを含め、約40点ほどの展示となります。

s+東京展DM_2.jpg

s+東京展DM_1.jpg

私にとりましては初の東京での個展であり、また殆ど友人も知り合いも
いない東京ですので、いささか緊張しております。

お知り合いの方にもお知らせ頂けましたら、とても嬉しい事ですし、
ブログを見て下さっている方、絵に興味をお持ちの方、
またイタリア旅行についてのあれこれ、
お出で下さり、お喋りできるのを楽しみにしております。

ご高覧よろしくお願い申し上げます。


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


色鉛筆+水彩画ブログには、
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!