・ モンテ・オリヴェート・マッジョーレ修道院 ・ トスカーナ・キュズーレ

今日のご案内は昨年春に訪問したトスカーナはキュズーレ・Chiusureにある、
有名なモンテ・オリヴェート・マッジョーレ修道院・
Abbazia di Monte Oliveto Maggioreを。

1-1-C23_3340_GF.jpg

素晴らしく大きな、オリージネは14世紀に遡る修道院で、
この眺めは隣にある村キュズーレ・Chiusureから見える様子。



地図をどうぞ。 左斜め上にシエナがあるとお考え下さいね。 で南西に下り、
上に見えるアシャーノ・Ascianoがシエナのクレーターに位置する中心の町で、
モンテ・オリヴェートの修道院はこの位置に。

1-2-monte oliveto map.jpg

左下には、シエナからフランチェジーナ街道を南に下って来てのブオンコンヴェント・
Buonconventoがあり、右に見えるタルトゥーフォ博物館・Museo del Tartufoは、
お城にトリフ博物館があるサン・ジョヴァンニ・ダッソ・San Giovanni d'Asso.

白タルトゥーフォの町と、雨上がりの緑のクレーター風景
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461454649.html


キュズーレのご案内で、村と修道院の間にボコッと深く広がるクレーターの凄さと、
モンテ・オリヴェート修道院のご案内もちょっとしていますので、こちらをどうぞ。
キュズーレ ・ シエナのクレーターの小さな村
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462560317.html


キュズーレの村には再度、修道院のクレーター越しの眺めを見たいと思って寄り、

村の外れからのズルズルと滑る急な坂道を行き、
足元脇すぐに崩れた土が見える、クレータのこんな眺め。

2-C23_3343_GF.jpg



道を下り始めた時に上って来た3輪車が再度下って行き。

3-C23_3344_GF.jpg

土肩にテープが張られ、デコボコのこんな道なのですよ! 谷下に何があるんだろ?!



村を北に出はずれ暫く行くと修道院への道が左にあるのですが、
これは多分その手前からだったと思う、クレーターのまさに崖っぷちに見える修道院。

4-C23_3346_GF.jpg

右に見えるのが、かっての修道院の要塞、現在はレストランで、駐車場もここに。



という事で、これがかっての要塞で、この左部分には跳ね橋もあったのですね。

5-C24_3688_GF.jpg

6-C24_3689_GF.jpg



真っ直ぐに下る道もあるのですが、どうやら地道の様なので、右側の少し長くとも
舗装されたこんな杉並木の道をゆっくりと下ります。

7-C24_3635_GF.jpg



近くには小さな礼拝堂も見えましたが、大きな水槽があり、何に使ったものか。
修道院内の美術館にもこれを描いた古いデッサンがありましたが、何かは分からずで。

8-C24_3637_GF.jpg



200mほどか、も少し下った所で、こんな様子に修道院の建物が始まり、

9-C24_3639_GF.jpg



モンテ・オリヴェート・マッジョーレ修道院がこんな風に目の前に現れ。
鐘楼と、その奥に見えるのは教会の後陣部。

10-C24_3640_GF.jpg

入り口前に見える白い像は、どうやら14世紀初頭、1320年頃修道院の元となった
信心会を作り、建設を始めたベルナルド・トロメイ・Bernardo Tolomei(1272-1348).

彼については以前に書いた物を抜き書きコピーさせて頂きますが、
  キュズーレの村の起こりを読むと、シエナの貴族トロメイ・Tolomei、伝説では
  エジプトの王家に繋がるという家系が、へへ、12世紀シエナの記録に出る旧家で、
  このキュズーレ辺りにも広く領土を持っていたとの事。

  1313年にベルナルド・トロメイは隠者生活に入る事を決め、彼の土地であった
  キュズーレに程近いデゼルト・ディ・アッコーナ・deserto di Acconaに居を定め、
  オリヴェターナ信心会・Congregazione Olivetanaを起こし、
  それがモンテ・オリヴェート・マッジョーレ修道院の基となったと。



ぐるっと回りこむと、左に教会の入り口扉、右に見える入り口が回廊、建物部入り口で、

11-C24_3685_GF.jpg



先に教会の内部をほんの少し。 内陣、後陣部と、

12-C24_3683_GF.jpg



上の明り取りのドゥオーモ内部。

13-C24_3682_GF.jpg



ちょうどパイプ・オルガンの練習中なのか、音楽が聴けて幸せ。

14-DSC09556_GF.jpg

ですが、ご覧の様に教会内は18世紀末にバロック様式に改装されており・・。



こちらが有名な合唱席背後の寄木象嵌細工で、これは1503~05年作、
ヨーロッパでも重要な作品の一つなんだそう。

15-DSC09560_GF.jpg

フラ・ジョヴァンニ・ダ・ヴェローナ・fra Giovanni・da・Verona作と言い、
こちらのサイトで素晴らしいのが、アップでご覧になれます。
http://myelection.info/guide/f/fra-giovanni-da-verona.html



建物内部に入りますが、ここは入り口扉に「入場無料」とあり、何となし、おお!

広い長方形の回廊が広がり、大理石の井戸もあり、1426~1443年に整備の物と。

16-C24_3670_GF.jpg

真ん中にこの修道院の規範となるサン・ベネデットの像があるのを撮っておらず。



そしてこの広い回廊を巡る4辺の壁がすべてこの様にフレスコ画で装飾されていて、

17-C24_3646_GF.jpg

モチーフは「サン・ベネデットの生涯」の逸話で、ルーカ・シニョレッリ・
Luca Signorelliと、ソドマ・Sodomaが描いた物。

ルーカ・シニョレッリが描いたのは8面で1497~98年と言い、
残りがソドマ、1505年以降と。

それぞれの絵の下には、サン・ベネドットの逸話の説明があるのですが、



有難いお話には余り縁のないshinkaiは、修道僧が食事をしている横で
犬と猫が喧嘩したり、

18-C24_3649_GF.jpg



修道僧たちの様々な労働の様子を眺めたり、

19-C24_3654_GF.jpg



それにしても、なんとも美しい白い僧衣の描き方に感嘆し・・。

20-C24_3650_GF.jpg



これは多分ルーカ・シニョレッリの、右には娼婦たちがいるのですが、

21-C24_3658_GF.jpg



それを若いカップルがこんな風に見惚れているのを見たり、へへ、

22-C24_3655_GF.jpg



犬の親子や、

23-C24_3673_GF.jpg



悪魔が「ぎゃっ!」とやられているのを、ははは、楽しみましたぁ。

24-C24_3675_GF.jpg



壁に開いた窓の、厚い壁にもこの様に装飾が施され、

25-C24_3681_GF.jpg



廊下に置かれた壺、何に使った壺だろ?

26-C24_3665_GF.jpg



この回廊で一番心に残ったのは、一つ一つの柵を脇に寄せ、
丁寧に掃除をされる僧の姿でした。

27-DSC09566_GF.jpg



レフェットーリオ・Refettorioと呼ばれる食堂入り口で、

28-DSC09532_GF.jpg



覗くと既に食卓の準備がされた広い長方形の部屋で、左手の大きな窓から
明るく光が射しこみ、とはいえ、奥の壁画がしっかり写る程の明るさでもなく。

29-DSC09524_GF.jpg

15世紀に出来たもので、この部屋が唯一の大きな部屋で、かまぼこ型の天井、
見えるフレスコ画は17世紀の物。 
が、正面の油彩画は20世紀半ばの物で、元々は正面にも古いフレスコ画があったのが
殆ど無くなった後に、同一主題の「最後の晩餐」を掛けたのだそう。



細長いテーブルの様子ですが、お皿とお水が既に。 で足の部分をどうぞ。 
同じ型のコンクリート製? 

30-DSC09529_GF.jpg



こちらは2階の図書館への階段で、手前と向こうと2か所から上がれる優雅な形。

31-C24_3667_GF.jpg



こんな螺旋状で、

32-DSC09553_GF.jpg



踊り場に見えたフレスコ画は、どうやらソドマの作品、

33-DSC09552_GF.jpg



こちらは階段の天井部。 優雅でしょう?!

34DSC09534_GF.jpg



図書館の内部、ここは下に食堂がある位置に当たり、やはり長方形の広い部屋で、
壁の両側にこのように書棚が。

35-DSC09537_GF.jpg

入口に居られた老シニョーレに「ボン・ジョルノ」と入り際に挨拶しましたら、
頼まないのに説明をして下さり・・、
所謂手書き、手描きの羊皮紙の本、というのはこの図書館には無く、
後の時代の印刷された本のみなんだそう。 残念!



で、円柱が並んだ3廊式になっていて、奥にまた2か所から上がれる階段が付き。

36-DSC09538_GF.jpg

下の食堂は広いままの円柱無しで、この円柱の重みなどは?というのはです、
ちゃんとわずかに傾き、重みは壁にかかる様になっているのですと!



で、上の奥にあった薬局・ファルマチーア・farmaciaで、テーブルの上には
かっての実験道具か、はたまた薬草の煮だし?用の道具かな。

37-DSC09540_GF.jpg



様々な薬草が入れられた壺が並び、壁にある荘厳で美しい聖母子像。

38-DSC09541_GF.jpg



下の図書館と薬局にあった、彫りと寄木象嵌細工の美しいのを。

39-DSC09535_GF.jpg

40-DSC09543_GF.jpg



2階の窓から見下ろす、下の回廊の庭と、

41-C24_3668_GF.jpg



回廊の庭向かい側と、奥に鐘楼。 
内庭にあるサン・ベネデット像というのはこれかな?

42-C24_3669_GF.jpg



こちらは美術館。

43-DSC09545_GF.jpg



こんな素晴らしい古い絵もありましたが、

44-DSC09546_GF.jpg

45-DSC09547_GF.jpg

中にはティツィアーノを真似た、がまるで酷いどなたか教皇の絵もあり、はは、失礼。



下に降りて来て、入り口脇に見えたどうやら元倉庫らしい物も見て、見学お終い。

46-C24_3686_GF.jpg

古い時代の創設とはいえ、どうやらこの修道院はその歴史において常に教皇からの
庇護を受け、というか、かなりの特権を享受してきた様子で、

そんな事からもその大きさ、入り口に位置する要塞の砦、そして内部の優雅さが
説明できるのかなぁと。

サンタンティモ修道院再訪 ・ Abbazia di Sant'Antimo n.1 
http://www.italiashiho.site/archives/20170414-1.html

サンタンティモ修道院再訪 ・ Abbazia di Sant'Antimo n.2
http://www.italiashiho.site/archives/20170415-1.html

サンタンティモ修道院 ・ Abbazia di Sant'Antimo
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461363897.html

プラーリア修道院 ・ パドヴァ その1
http://www.italiashiho.site/article/451142474.html

プラーリア修道院 ・ パドヴァ その2



修道院を出て少し進んだ先から見えた、中央右、丘の上のキュズーレの村。

47-C24_3690_GF.jpg



北に道を辿りアシャーノに向かいましたが、靄があるものの晴れて来て、

48-C24_3693_GF.jpg



これもきっと由緒ある領主の館か何かなのでしょうね。

49-C24_3694_GF.jpg



谷の村落、そして糸杉の向こうには多分農家が。

50-C24_3695_GF.jpg

51-C24_3699_GF.jpg

という、シエナのクレーターのモンテ・オリヴェート修道院と、緑の風景でした。


*****
   
記録庫ブログには、 ナポリ・アマルフィに 7記事 を
アップしています。 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
我が猫 仕上げ と、  抱腹の、動物たちのセルフィー写真! を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク