・ ヴィッラ・ピサーニ ・ リビエーラ・ブレンタの、ヴィッラの女王  n.2


   ヴィッラ・ピサーニのご案内を続けます。 その2をどうぞ!


  そしてナポレオンの後、彼の妻ジョセフィーヌの連れ子であった
  ウジェーヌ・ボアルネ、イタリア王国の副王であった、とその妻の住居
  となり、ヴィッラのかなりの部分が、新しい皇帝趣味に替えられたそう。

26-Villa-Pisani_21_GF.jpg

  1814年ヴィッラの持ち主はオーストリアのハプスブルグ家に代わり、
  王室の別荘であり、ヨーロッパ各国の王侯貴族を迎える場所となり、
  スペインのカルロ4世、ロシア皇帝アレッサンドロ1世、
  両シチーリア王フェルディナンド2世などが訪問しているそう。

  後に漸く、はは、1866年ヴェネトがイタリア国に併合され、
  ヴィッラ・ピサーニは国の所有となり、1884年に博物館になり、

  1934年最初の公的な、ヒットラーとムッソリーニの会合の場にも。

  という事で、以下のサイトで見つけた写真は、当初のヴィッラとは
  いささか趣も設えも変わっているのをお考えの上、ご覧下さいね。

27-Villa-Pisani_4_GF.jpg

28-Villa_Pisani_02_GF.jpg




  イタリアであちこち大きな邸宅、城、王宮などを見て気が付くのは、
  廊下は必ず、大概、部屋の外側に一直線に通っており、
  部屋の端を通り抜けながら隣の部屋に、という様子なのですね。
       
29-D21_0870_GF.jpg

  余りプライヴァシーはなかったのではないかと気になりますが、
  そんな様子の廊下を一枚撮っておりまして、見える脚は管理の方。


  ヴェネトのヴィッラのいくつかをご案内。

  ラ・ロトンダ訪問

  ヴィッラ・フォスカリ、または、ラ・マルコンテンタ

  ヴィッラ・バールバロ・ディ・マゼール

  ヴィッラ・エモ
      
  ヴィッラ・コルデッリーナ





  が庭園の眺めは撮れまして、庭越しの厩舎の眺め。

30-D21_0871_GF.jpg

  この庭園はフランスのヴェルサイユ宮殿を模したフランス式を、
  ヴェネト風にしたものだそうで、ははは、
  向かって左のこんもりした林は、ナポレオン時代にイギリス式庭園風に
  増やされたものと。

  細長く続く池は、20世紀初頭パドヴァ大学が水の研究で掘ったもの、
  でもちょうど良い眺めになっていませんか? はは。

  手前側の楕円部分には、水連が花を咲かせます。





  それにしても、これが厩舎とは! 
  まぁ、高級車のガレージと運転手の住まい、と考えると納得ですが・・。

31-D21_0869_GF.jpg

32-D21_0873_GF.jpg

33-D21_0882_GF.jpg




  庭園側からの建物の眺め。 屋根の上の像以外はすっきりのデザイン。

34-D21_0883_GF.jpg

35-D21_0885_GF.jpg




  この庭園は2008年「イタリアで一番美しい公園」に選ばれたそうで、
  西側のこんもりとした林に対し、東側にはハプスグルグ家の当時に
  植物園式が取り入れられ、ゆったりとした散策が楽しめるように。

36-D21_0888_GF.jpg

37-D21_0941_GF.jpg

38-1-D21_0896_GF.jpg




  そして、「イタリアで一番大きな美しいラビリント」で有名ですが、

38-2-s5460901860_0e90d235ac_GF.jpg  


  植木による迷宮・ラビリントは、こちらでご案内。




  黒歌鳥メルロ。 どこにでもいて、本当に良い声で歌います。

39-D21_0893_GF.jpg




  これはバラのトンネルだったか、他には藤のトンネルもあったと。

40-D21_0927_GF.jpg





  庭園のあちこちに彫像がおかれ、隠れ、

41-D21_0875_GF.jpg

42-D21_0926_GF.jpg




  右奥のカフェ・ハウス近くには、あれこれの設備もあり、

43-D21_0891_GF.jpg




  これは氷室。 夏は涼しい空気が下から吹き上げ・・、優雅!

44-D21_0930_GF.jpg




  大木がうっそうと茂る部分もあり、根元は苔むすほど。

45-D21_0928_GF.jpg

46-D21_0937_GF.jpg




  行ったのは5月初めの暑い日だったのですが、
  木漏れ日のこんな光、広い庭はとても心地よく、素晴らしいものでした!

47-D21_0939_GF.jpg




  軒下のこんな顔や、灯に送られ、ヴィッラに別れを告げ、

48-D21_0953_GF.jpg

49-D21_0955_GF.jpg




  駐車場に着いたところで、結婚式のカップルに。

50-D21_0960_GF.jpg

  花婿は2度目の結婚で、すでに小学校高年の息子がおり、
  若く美人の花嫁は東欧女性の様で、既にお腹が少し大きく!
  撮った写真を後日送りましたら、お礼のメールが届きましたっけ。
  今も、今後も、どうぞお幸せに!!



 *****        
    
   
  いつもブログご訪問、有難うございます!     







この記事へのコメント