・ n.2 レガータ・ストーリカの日の大運河 ・ ヴェネツィア


 ヴェネツィアの秋、9月の第一日曜に行われるレガータ・ストーリカのお祭り。
 今年はたまたま出かけ、大運河をヴァポレット・水上バスで行きながら
 お祭りを待つ街の様子や人々を撮りましたので、先回に引き続き 
 ご一緒にカナル・グランデ・大運河を下るおつもりでお楽しみくださいね。

 今回はその2、ほぼ大運河の出口に近いアッカデミア大橋からで、

1-V03_0733_01_GF.jpg

 shinkaiはヴァポレットの艫、後ろの席に座りましたので、
 これはアッカデミア橋をくぐっての姿で、左にアッカデミア美術館が。




 庭園を持つ優雅なお屋敷が左に見え、 テラスにはタイルの壁画も。

2-V03_0735_01_GF.jpg




 サン・ヴィオの広場・Campo San Vioの広場でお祭り開始を待つ人々。

3-V03_0736_01_GF.jpg

 いつもは無い金色の大きな円柱が後ろに見えますが、
 開催中のヴェネツィア・ヴィエンナーレ展の展示品。




 ムラーノ・ガラスのサルヴィアーティの店。 
 アール・デコ様式の装飾は居並ぶ大運河の館の中でも一際目につきます。 

4-V03_0740_01_GF.jpg




 アッカデミア橋を。 いつもいっぱいの人!

5-V03_0739_01_GF.jpg




 そして、ペギー・グッゲンハイム美術館。 

6-V03_0738_01_GF.jpg

 お隣のダリオ館は修復で覆われておりました。





 どこの館だったか、やはりここにもヴィエンナーレ展の展示品が。

7-V03_0741_01_GF.jpg

 真ん中のはともかく、右の窓に白い熊さんが見えるでしょう?
 で、左には赤い熊さんがいて、・・こういうのもアートなの?!





8-V03_0742_01_GF.jpg




 正面に回って来て、  ここもすでに待ちの人々でかなり満杯!

9-V03_0743_01_GF.jpg

10-V03_0744_01_GF.jpg




 ドガーナの突堤。 ここにはいつも飾りをつけた応援の大型ボートが停泊し、
 手前側にも大きなボート、そして座り込んでお祭りを待つ人々。

11-V03_0747_01_GF.jpg




 大運河を斜めに横切りサン・マルコの停留所に向かいますが、
 この時にサン・ジョルジョ・マッジョーレをほぼ正面から。

12-V03_0749_01_GF.jpg




 大運河を見渡し、サン・マルコ停留所に上陸!

13-V03_0751_01_GF.jpg




 陸に上がった途端、晴れ上がった空に煌く鐘楼の大天使ガブリエルが見え、
 しかも今日は正面からなので、これは撮らずには・・!

14-V03_0757_01_GF.jpg

15-V03_0756_01_GF.jpg

16-V03_0756_02_GF.jpg




 久しぶりに杭の上のカモメ君とも目が会い、チャオ!

17-V03_0763_01_GF.jpg




 突堤から向こうを撮りたいのに、中国女性が先っちょで二人でセルフィー中で、
 あっちこっちと向きを変えつつなかなか動かず・・、

 仕方ないので、ははは、ゴンドラのお尻の並び、なんぞを。

18-V03_0766_01_GF.jpg




 ひとり岸辺に腰を下ろし遅めのお昼ご飯。
 どこかで買って来たと思われるアルミ箔のお弁当を黙々と。

19-V03_0769_01_GF.jpg

 通りすがりにちらっと見るとラザーニャでしたが、飲み物無しで大丈夫?
 う~ん、この日のヴェネツィアなら、缶ビールを一つ付けたいですねぇ!





 とにかくお天気が良く、でもどこか秋の気配があるのか空気が澄んでいて、
 明るく輝き過ぎる程のドゥカーレ宮の角と、有翼のライオン君のお尻、はは。

20-V03_0770_01_GF.jpg

21-V03_0771_01_GF.jpg




 手前のサン・テオドーロの円柱とはみ出すワニの尻尾、奥の鐘楼。

22-V03_0772_01_GF.jpg




 そして、ここにもカモメ君。

23-V03_0773_01_GF.jpg




 幸せな シンクロ 2組!!
 左の男性のパンツは、ピエール・カルダン、ははは。

24-V03_1009_01_GF.jpg




 サン・マルコ小広場のカフェ、キオッジャのバンド。
 テーブル席、ピアノ前の若い男性の目つき! はは、shinkaiは覗き魔。

25-V03_0784_01_GF.jpg




 サン・マルコ広場で記念の一枚を、と思ったのですが、

26-V03_0830_01_GF.jpg

 我がレンズのこの歪の大きさ補正方法がどこかにあったっけ?
 調べてみないと・・。




 この後鐘楼に上って楽しんだり、思いがけずに考古学博物館も見学出来、
 6時頃までサン・マルコ広場にいたのですが、
 ヴァポレットは7時半まで通らないというので、歩いてリアルト橋に。

 既に橋の両脇は通行止めになっていて、真ん中しか通り抜け出来ず、
 ロープの近くまで寄って大運河の西側を。
 既に夕日色に近く、ほら、大運河のボートもゴンドラも皆
 レガータの競艇の通過に備え、脇に寄っています。

27-V03_1023_01_GF.jpg




 おっ、と思い東側に行くと、運のよい事に女子のボートがやって来る所で、
 橋に隠れる手前すれすれで一枚!
 後で結果を見ましたら、何とこの黄色・カナリンが女子の優勝組!

28-V03_1024_01_GF.jpg




 脇の一般人通行止めの所には、写真の左にちょっと切れて見えますが
 女子警官が警備中で、彼女達にはしっかり見えて応援中で、ははは。

 黄色に続いて、赤、そして紫とやって来て、

29-V03_1026_01_GF.jpg




 脇には審査員の乗ったボートが続きますが、
 大運河のこの辺りは既に西日で影になっていますね。

31-V03_1029_01_GF.jpg




 女子の組の後は、いよいよ最後の男子2人組のゴンドリーノの競艇が
 ありますがとても待てずに、

 リアルト橋の様子を1枚撮り、駅方面に向かい、

32-V03_1030_01_GF.jpg




 最後は駅前大橋からの眺め、左にサン・シメオン・ピッコロ教会。

33-V03_1032_01_GF.jpg


 レガータ・ストーリカ  TV 実況編

 レガータ・ストーリカの日 その1と2

 ヴェネツィアの以前のご案内は


 駅内の店で缶ビールとチーズ味のおつまみを買い、待っていた電車に。
 ジュリアーナが電話を2度もくれていたのを知りかけましたら、
 どこに内緒で行っていた? 急に決めてヴェネツィアに来たの。
 雨が降った? いいや、物凄く良いお天気だったよ。

 何ぞと喋りコネリアーノに戻りましたら、道が濡れており、
 埃をうっすらかぶっていた我が車はきれ~いに洗われておりました!
 フロント・ガラスの汚れが落ちる程でしたから、かなり強い雨だったろうと、ははは。
 ドアを開けて置いたら、中も綺麗になったかな?!

 という、おまけがたくさんついたこの日のヴェネツィア行きでしたぁ。



*****

 コメントの書き込みについてのお願い。

 ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
 上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
 記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

 非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
 コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
 それもご了承下さいませ。


*****


 水彩+色鉛筆画ブログには、
 アップしています。    
 見てやってくださ~い!    

 ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

 いつもブログご訪問、応援有難うございます!




この記事へのコメント

  • pescecrudo

    shinkai さん、こんにちは
    前回の始め、サン・ジェレミーア教会が出て来た時、ヴェネツィアって不思議な町だって思いました。関係もなかった聖マルコや聖女ルキアの遺骸の本物があるんですから。
    聖女ルキアはスィラクーザ生まれです。キリスト教未公認時代、目を抉られて死亡。800年代この町等スィチーリアが回教徒の支配下になった時代、遺骸を盗まれないようにコンスタンティノープルに難を逃れて持ち出されたものの、1200年代第四次十字軍に攻略・略奪され、総督エンリーコ・ダンドロによりヴェネツィアに持ち帰られた略奪品の中に聖女ルキアの遺骸もあったのだそうです。
    ヴェネツィアでも落ち着き先が転々として、最終的にサンタ・ルチーア教会が建立されました。それ故かナポリ民謡“サンタ・ルチーア”がゴンドリエーレ達に歌われるのでしょうか。
    鉄道駅建設で邪魔になったサンタ・ルチーア教会は潰され、聖女ルキアの遺骸はお隣のサン・ジェレミーア教会に安置されることとなりました。現在でもスィラクーザの人はあるべき場所にあるのが正しいと返還要求があるやに聞きます。去年でしたか、サン・ジェレミーア教会正面のキリスト磔刑像の右腕が回教徒にへし折られたニュースを読みました。爆破テロでなかったのが、幸いでしたが。

    2017年09月21日 10:44
  • shinkai

    ★pescecrudo様、こんにちは! コメント有難うございます。

    そうですね、まったくそうですね、サン・マルコの遺骸も盗み出してヴェネツィアに持ってこられたのでしたが、
    サンタ・ルチーアの遺骸もヴェネツィアにあるのですよね。
    が、エンリーコ・ダンドロがコンスタンティノープルから持ち帰ったもの、とは知りませんでした。
    前にも教えて頂きましたが、ダンドロの獲得品は大変莫大なものだったのですね!

    はい、サンタ・ルチーアの遺骸返還要求があるのはニュースで見た事がありますが、
    いつもうやむやと先延ばしにされている事なのでしょうね。

    サンタ・ルキーアが正しいのでしょうか? Luchiaと記すのでしょうか?

    サン・ジェレミーア教会前の磔刑図の右腕の事件は知りませんでしたが、そうですか、イスラム教徒の仕業だったですか。
    他のヨーロッパ諸国で次々とテロ事件が起こるのに反し、イタリアはまだ無傷ですので、何となしになぜ?とも思いつつ、またやれやれと不謹慎ながら胸をなでおろしていますが、
    そうでしたか、やはり小さな事件はあるのですね。

    と、先日大運河沿いに出ていた垂れ幕、No Mafia とか、Venezia è unica città なども、何かそれらしい背後関係が見えたのだろうと思った事でしたが、
    何かご存知の事がありますか?

    2017年09月21日 15:40
  • paprica

    Shinkaiさん、こんにちわ!
    サイトのアドレスが新しくなったことを今まで知らなかったんですー! どうして更新されないのかなぁ、元気にされているといいけれど。。。とずっと思っていたんですよ。アドレス変更の記事をどういうわけか読み逃していて、昨日、ふともう一度見てみようと以前のブログを訪れてみてこちらのアドレスのことを知りました。何より、お元気そうで小旅行を楽しまれ、素晴らしい水彩画を続けられていることを知って安心しました! 良かった~。ブログのデザインや雰囲気も洗練されて素敵です。
    早速新しいアドレスをRSS購読リストに追加させていただきました♪ 

    これからゆっくりとこちらの新しいブログの記事を楽しませてくださいね。あぁ~、気づいて良かったです!ほっ。
    2017年09月23日 00:40
  • shinkai

    ★papricaさん、こんにちは! わぁ~い、新しく見つけて下さってコメント有難うございます。

    ご心配下さったそうで、申し訳ありませんでした!
    私は何度かそちらに拝見に上がっていて、ほら、オランダ出身の俳優さんの名前を知り、ほら、papricaさんが姿勢が良いと書いておられた、凄くセクシーな唇をした方ね、ははは、コメントしようと思いながらそのままになっていたのでした。

    新しいブログのデザインが良いですか?! それは嬉しいです! 友人(絵の師でもあります)に頼んで変更してもらったので、彼に伝えておきますね。

    はぁい、お陰様で元気でやっております。
    これからもどうぞよろしくお願い致します!!
    2017年09月23日 12:57
  • Yuko

    Shinjaiさんこんにちわ。
    2回にわたりレガータの様子お見せくださり有難うございます。
    一度見てみたいと思いながらなかなか機会に恵まれません。
    楽しませて頂きました♪
    また来月末旅の最後にヴェネチアに行きますがいつもの場所に行って終わりそうです。
    まだまだ知らない小さな素敵な町を探して行きたいと思っていますので色々な場所が出てくるこちらのブログを楽しみに拝見させて頂きます。
    2017年09月24日 12:17
  • shinkai

    ★Yukoさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、今年はヴェネツィアの駅前に出て初めて、今日はお祭りだった、と気が付くという間抜けぶりだったのですが、ははは、
    最後のサン・マルコ行きのヴァポレットに乗れたこともあり、お祭りの雰囲気は十分に楽しめましたし、戻りのリアルト橋からもちらっと見えて良い午後になりました。

    そうですね、なかなか旅行の日取りをそれに合わせて、というのが難しいですが、一度はお祭りに合わせてチャンスを作り、切符も取るなりして、今頃は調べさえすると大概はオンラインで切符も買えますので、楽しみを倍にしてみて下さいね。

    有難うございます。これからもどうぞよろしくお願い致します。



    2017年09月24日 15:21
スポンサーリンク