・ サンタ・マリーア・デッレ・ピエーヴェ教会 ・ アレッツォの古寺巡礼


トスカーナはアレッツォのロマネスク古寺、サンタ・マリーア・デッレ・ピエーヴェ教会・
Santa Maria delle Pieveのご案内を。

アレッツォのご案内は既に2回しておりますので、こちらから。
アレッツォ生まれの著名人の家、とその周辺

「真の十字架伝説」・ アレッツォのサン・フランチェスコ教会


はぁ、クリスマスも近い事ですし、・・というのは関係ありませんで、はは、
このロマネスクの素晴らしい古寺、12世紀、と、その祭壇画が好きでして、
写真整理は以前に出来ていましたので、ちょうど良いと・・!

再訪したのは4年前の秋ですが、ちょうど街の最大のお祭りである
ジオストラ・デル・サラチーノ・Giostra del Saracinoが済んだ翌日で、
このお祭りについては、こちらに。 http://italiashio.exblog.jp/21236743/


ピアッツァ・グランデは組まれた桟敷の取り外しの真っ最中で混雑しており、

グランデ広場から見た教会の後陣の姿は、サイトから拝借を。

1-arezzo-santa-maria-delle-pieve.jpg

グランデ広場はこんな風にかなり傾斜していますが、その北面の下側に
美しい後陣と、高い鐘楼が見えます。




近寄って見る後陣の、2層のロッジャ。 屋根の上に何かぽわぽわ見えますが、
ははは、これは屋根に生えている雑草で~す。

3-A09_5855_GF.jpg

この教会には2度通いまして、撮った時間帯とお天気により写真がかなり
違っていますが、どちらか良く見える方を選びましたので、
見えようの違うのはそのせいで、ご了解願います。



下のロッジャのアーチの円柱と、柱頭飾り。 
1本柱がこんな風に折り曲げたようになっているのがあり、目を引きますね。 
重心は大丈夫なのかと思いますが・・!

4-A09_5802_GF.jpg




柱頭の飾りは、どれもがかなり手の込んだ中世の香りが濃いものですが、

5-A09_5806_GF.jpg




上階の梁を支える形の円柱の柱頭は、幾何学模様が多いような・・。
そしてこの階はロッジャはありますが、窓は開いていません。

6-A09_5803_GF.jpg




という事で、教会左に通っている狭い緩やかな下り坂を下り、正面に向かいますが、
教会脇に、こんな車除けというか馬車除けが並び、

7-1-A09_5797_GF.jpg




ちょうど中程に脇の入口扉があり、扉上の半円の飾りはオリジナルの、
初期ロマネスクの柄なんだそうで、リボンを編んだような形で、
中には十字や葡萄の葉があり、上部真ん中には人間の顔も。

7-2-A09_5796 - Copia_GF.jpg

まぐさ石の部分には、紐を編んだ形と、下側の両脇にはドラゴンも。

扉脇の柱の柱頭には、左側にはライオンと戦うサムソン、だそうで、




右側は摩耗が酷く、人間の顔と後ろ足で立つライオンの足元のみが。

7-3-A09_5798_GF.jpg




で、こちらが正面に出てきた所ですが、面する道、コルソ・イターリアの傾斜が
いかに凄いか、これでよくお分かりでしょう?!
この高低差を利用して、向かって右角にはちゃっかりとお店も入っています!

8-A09_5636_GF.jpg




通りの上側から見るとこんな感じで、教会入口には階段を上がります。

9-A09_5795_01_GF.jpg




見上げる正面、そして鐘楼。 威容でもあり、何とも素晴らしい!!

10-A09_5862_01_GF.jpg

所で、正面の上部3層に立ち並ぶ円柱ですが、何本あるか、
はいshinkaiが数えましたら全部で68本!ありました。

鐘楼は教会の上に立ち上る感じで、5層の面にそれぞれ2連の窓が2つずつ、
つまり全部で40の窓、という事で、重量軽減のための工夫でしょうが、
呼び名は「100の穴・Cento buchi」ですって、ははは。




一番下の階を含め全部で4層をなすアーチの階ですが、
それぞれの円柱はみな装飾が違っており、上の写真に見える様に
一番上の階の柱、左から3本目の様に人物像、というのも見られます。

12-A09_5866_GF.jpg

13-A09_5641_GF.jpg




こちらが1階部分で、真ん中の主扉の引っ込み部分が、ロビー式に深く、
両脇に他に2つ入口が。

14-A09_5865_GF.jpg




こちらが真ん中の主の扉で、

15-A09_5864_GF.jpg




扉上の半円には、祈る聖母と両脇に天使像があり、
天井部分には歴月の寓意を語る人物像が左右に。

16-A09_5774_GF.jpg




ご覧の通り彩色された像で、
こちら右側の下の段の右から、1月、前後に顔を持つヤヌス神の様で、
事の初めと終わりを司どり、門や入口の守護神でもあるそう。
内側に、2月植物を運んでいて、 3月笛を吹いている。

17-A09_5644_GF.jpg

上の段内側から、10月種まき、 11月蕪の収穫
12月豚の屠殺、これは冬に備えての行事だった様で、歴月シーンに欠かせませんが、
ここのはちょっと可笑しく、豚のお腹に白い帯が見えるでしょう?
つまり、チンタ・セネーゼという種の豚ちゃんであることを示しているのですね。




そして左側の上段左から、7月麦の穂の刈り取り、 内側に、8月樽の用意
9月葡萄摘み で、彼の後ろにはイチジクの実が熟れている、と。

18-A09_5646_GF.jpg

内側から、4月正装した男が手に花を持ち、戸口の前かな、つまりプロポーズに。
5月騎乗の騎士、盾を持って武装している、  6月刈り入れの時。

つまり右側の下段から内側に1.2.3月と続き、扉の左側の内側から外に
4,5,6月となり、上段の外から中に、そして右側に移り内から外に、という歴月ですね。

◆ 追記 ◆
上の歴月の寓意像の内、12月に出てくる「チンタ・セネーゼ」という豚ちゃんを
主人公にした絵本のご紹介をこちらに。http://italiashio.exblog.jp/8458796/

ここに出てくるシエナのプッブリコ宮の壁画は、アンブロージョ・ロレンツェッティ作。
この教会の祭壇画を描いたピエトロの弟です。




中央扉上の左右にこの飾りがあり、これは左側で、中に髭の男と動物で、

19-A09_5648_GF.jpg

写真はありませんが、右には、真ん中に取っ組み合いする男二人と、
周囲に渦巻きの植物柄、が。




こちらは左側の扉で、現在はここが入口扉になっていて、
装飾は葡萄や葉の渦巻きで、ご覧の様に塞がれたアーチの支えの円柱の柱頭は、
かなり消耗したもののあるもののコリント式と。

20-A09_5651_GF.jpg




左扉の上にある人頭像、下側が欠けた様ですね。

21-A09_5652_GF.jpg




で、こちらが右側の脇扉で、半円には洗礼中のキリストとヨハネ、
両脇には衣類を捧げ持つ天使たち。

22-A09_5870_GF.jpg




道からはかなり高く嵩上げされている入口扉ですが、
階段上の壁の足元辺り、7世紀を経た石の減り具合はこんな様子。

23-A09_5647_01_GF.jpg





ついでに、入口扉にあった開館時間を。

24-A09_5653_GF.jpg




では、中にどうぞ!  内部、内、後陣に向かって。

27-A09_5654_01_GF.jpg

28-A09_5873_01_GF.jpg




内部に居て見るには全然感じませんが、こうして平面図を見ると、
かなり中心がよじれているのが分かりますね。

29-PiantaPieveArezzo.jpg

この教会が出来たのは12世紀中頃というのは上記しましたが、
どうやらそれ以前に既に1008年に記録に残る、聖母に捧げられた元の教会があり、
それに代わって新しく建設されたのが現在残る教会ですが、

町の一番の高所、今のコルソ・イターリアをずっと遡って行った左にある街のドゥオーモが、
いわゆるヴァティカンからのお墨付きというのに対し、こちらの教会はアレッツォのコムーネ、
街の議会が負けじと司教勢力の向こうを張って建設した、という様なのを読みました。

13世紀になって正面壁も現在の形に新しくなりますが、これも新しいドゥオーモが
出来たのちに市議会で決めた事で、後陣の模様替え、そして内部もゴシック式に新しく、
という様な変革を辿ります。 で鐘楼が出来たのは1330年。

この後16、17,18世紀と次々と内部の模様替えが続き、最終的にはバロック様式に
なっていたのを、19世になり大掛かりな修復が行われ、
全ての後の装飾替えが取り除かれ、元のロマネスク様式に戻されたのだそう。




行った時は、高くなっている内、後陣の下にあるクリプタが工事中で幕が張って
ありましたが、
サイトからの写真で、下部のクリプタの様子をどうぞ。

30-sIMG_2703-1200x800.jpg




で、上の写真でも見える様に、両脇に階段があり、上の内、後陣部分に上りますが、

31-A09_5898_GF.jpg




こちらがピエトロ・ロレンツェッティ・Pietro Lorenzettiが描いた祭壇画、
293x309cm 1320年 板に黄金背景のテンペラ画

32-A09_5880_GF.jpg

33-A09_5882_01_GF.jpg


ピエトロ・ロレンツェッティ(1280/85-1348)はシエナ生まれの画家で、
弟のアンブロージョ・Ambrogio・ロレンツェッティと共にシエナ派の画家として
有名ですが、どちらかというと弟のアンブロージョの方が腕が上の様ですが、

この祭壇画に関しては大変に素晴らしく、shinkaiはアンブロージョ作かと
思っておりました、失礼をば。

真ん中下に聖母と子供のキリストがいて、その上に受胎告知の場面、
そして周囲を各聖人たちが取り囲む構成。

ピエトロは最初は、内、後陣の壁にフレスコ画を描く注文を受け、
聖母の生涯12面を描いたのが大変に評判が良く、
それで祭壇画の注文も受けたのだそう。

現在はこの壁画は完全に残っておらず、祭壇画は、台座部が無くなっているものの
残っている部分は良い状態と。

彼が40代になるその前後の作、という事で、弟アンブロージョの良い影響も受け、
円熟した作品と言えましょうか。




内陣側から見る身廊の様子と、

34-A09_5886_01_GF.jpg




正面入り口部分の壁と窓。

35-A09_5664_GF.jpg

正面扉右側に見える碑は、



これです、3博士の礼拝の様で、14世紀の物でしょうか? 

36-A09_5905_GF.jpg




天井の木組み、そして、身廊部分の柱の収束にある柱頭飾り。

37-A09_5665_GF.jpg




窓から射しこむ光の線。

38-A09_5878_01_GF.jpg




柱頭飾りのあれこれ。

39-A09_5896_GF.jpg

40-A09_5890_GF.jpg

41-A09_5893_GF.jpg




側壁の丸窓の内部彫刻。

42-A09_5901_GF.jpg




正面壁に近い部分の柱はこんな風にごっつく束ねられていて。
今考えると、この上に鐘楼が乗っている部分でしたぁ!

43-A09_5900_GF.jpg




グランデ広場の桟敷は最初の夜はまだ残っていて、後陣の下が見えませんが、
上のロッジャ部分に夕方灯が灯りました。
この時はまだ空が明るかったのですが、
暮れていく空を背景にとても美しかったのを眺めつつ、晩御飯を頂きましたっけ!

44-A08_5573_GF.jpg

アレッツォはフィレンツエから近くですので、是非お出かけいただきたく、
その時は、このロマネスクの古寺の見事さも、素晴らしい祭壇画もじっくりと!

アレッツォのご案内は、まだ街中のあれこれが残っていますので、
また写真整理が出来ましたら、ご覧頂きたいと思っています。



*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


水彩+色鉛筆画ブログには、
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!



*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す。



この記事へのコメント

  • ミ~タ

    この夏のイタリア旅行でアレッツォにも行き、この教会も訪れているのですが、
    時間がなかったのでこんなにじっくり扉口の彫刻とか見ていませんでした。
    しかも、ピエトロ・ロレンツェッティの祭壇画、入り口付近からチラッと見て、
    「なんだかベニヤ板に絵を張り付けた感じ。本物の祭壇は別に保管しているのかしら?」と、
    何とも失礼なことを思い近寄ってみようともせず・・・。
    ライオンと戦うサムソンは、ライオンに見えなくて、「魚みたいな顔」と呟いたり・・・。
    晴らしい写真と詳しい解説を見て、もう少しじっくり見れば良かったと反省しきりです。
    2017年12月12日 21:47
  • shinkai

    ★ミ~タさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    ああ、私はミ~タさんの夏の旅行記、済みません、サン・ジミニャーノまで行って、そのままになってます。
    改めてお邪魔致しますね。

    ははは、ミ~タさんのご旅行は時間との競争みたいで忙しいですからね。 でも案外直感的にとらえられているのかも、ですね。
    それだと、めったやたらに作家の名前のみで尊重したり、有難がったり、というのが無いので逆に良いのかも知れませんね。
    ロレンツェッティは私が好きなので、好みでしっかり書いていますが、はは、
    でも、あの脇入り口のサムソンとライオン、などは確かに面白いですよね。 ミ~タさんのおっしゃる通り、大きな鯉の口、みたいですよね、ははは。




    2017年12月13日 01:16
スポンサーリンク