・ n.2 コルトーナ、 トスカーナの丘の町 きつい坂道の散策を


先回に続き、トスカーナはアレッツォの南約30㎞に位置する
山の中腹に開けたコルトーナの町、
せっせと、はぁはぁと、きつい坂道を上り下りしての散策をご覧下さいね。


城壁に沿って覗きこみ、見えた教会の丸屋根、
サンタ・マリーア・ヌオーヴァ・Santa Maria Nuova

41-1-C08_5461_GF.jpg




もう一度町の地図をどうぞ。

41-2-cortona map.JPG

上の教会の位置は載っていませんが、町の西側の城壁の上近く、
34にサンタ・マリーアの町の門がありますので、その番号の上辺りと。

という事で、どこをどのように通ったのかシカと覚えておりませんが、へへ、
あっちこっちとふらつきながら、とにかく坂の上の方に。




こんな光と影の面白い光景や、 小さな古い窓を眺め、

42-C08_5469_GF.jpg

43-C08_5471_GF.jpg




ワンちゃんがゆっくりと影に移動する様子、はは。

44-C08_5472_GF.jpg




坂道はやはりこんな風に激しく・・!

45-C08_5475_GF.jpg




これは番号17のサン・フランチェスコ教会・San Francesco.
23年前に見た記憶がこれははっきり残っていまして、

46-C08_5476_GF.jpg




今回は扉も開いていたので内部を。

47-C08_5479_GF.jpg

48-C08_5481_GF.jpg

建設は1245年ですが、内部は後に改装されていますね。




こちらは壁に残っていた以前の壁画の残り部分で、何かの改装の際に
見つかったものでしょうか。 
上の「聖母の戴冠」はすぐ分かりますが、下はマリーアの結婚式、
そして受胎告知のほんの一部で、いずれも14世紀の物と。

49-C08_5483_GF.jpg



下の中心広場に下る坂道、記憶にあり!ですが、
こちらは覚悟を決めて、ははは、上ります。

50-C08_5477_GF.jpg




かなりの高台に出て見はらすパノラマ、地平線ほぼ真っ直ぐ!

51-C08_5490_GF.jpg




遠く南東方向に見えるトラジメーノ湖・Trasimeno.
あの辺りは既にウンブリア州!

53-C08_5494_GF.jpg

以前のトスカーナのご案内

ウンブリア州のご案内




サイトか何かで見た古いサン・ニコロ教会・San Nicolòに行くつもりで、
せっせと坂道を上って来て、教会の前。

あれっ、確か入口の前には大き目の庇が張り出していたのに・・?
と思いつつ、

54-C08_5497_GF.jpg



入口が開いていたので中にも入ったのですがぁぁ、

55-C08_5498_GF.jpg

今回地図で確かめると、近くではあっても、サン・ニコロはもう少し
西側に入った場所だった様で・・! この教会の名も分かりませ~ん。




そこからまた坂道、石段を上り、

56-C08_5499_01_GF.jpg




出会ったのが、こちらサン・クリストフォロ教会・San Cristoforo.
番号28. 教会というよりも礼拝堂に近い様子の小さな教会で、
建設は1192年ですが、火事により16世紀に修復改修と。

57-C08_5500_01_GF.jpg




横から眺める傾斜!
鐘楼はロマネスク様式ですが、16世紀の物と。

58-C08_5502_GF.jpg




内部の古い素朴なフレスコ画。 祭壇のアーチが素敵でしょう?!

59-C08_5506_GF.jpg

ですが教会の名前にある、サン・クリストフォロの姿は見つからず・・。



まだ上に続く道はあり、案内板も出ていましたが、
shinkaiはこの辺りで引き返します。

下りの坂道で見る、水捌けの為の穴。

60-C08_5507_GF.jpg




サン・クリストフォロ教会の傾斜もかなりでしたが、はは、
この家も凄いでしょう?! 右に見える駐車した車の傾き具合!!

61-C08_5510_GF.jpg




下り道はこんな様子! 屋根越しに下の平野の地平線!!

62-C08_5512_01_GF.jpg




古い家の壁の窓、そして小さな祠の聖母子像。

63-C08_5513_GF.jpg




訪問したのは9月上旬でしたが、既に季節を知らせる蔦の葉の色。

64-C08_5517_GF.jpg




ゆっくりと坂道を下りながら振り返る傾斜具合。 雨の日は怖そう・・。

65-C08_5519_GF.jpg




横道から見える、かなり大きなお屋敷もこんな様子。

66-C08_5520_GF.jpg




かなり下って来ての横道、レストランの前だったかの飾り、
ピクニック用品ですねぇ。

68-C08_5524_GF.jpg




中心のレプッブリカ広場のすぐ近く、大きな立派な噴水跡と。

69-C08_5525_01_GF.jpg




近くでジェラートをなめる親子、お洒落で綺麗なマンマ。

70-C08_5528_GF.jpg




広場の、コムーネ宮の前にあるテラスに上り、

71-C08_5535_GF.jpg




見下ろすコムーネ宮と、石段で休む人々。

72-C08_5530_GF.jpg

73-C08_5532_01_GF.jpg




やはり皆さん、日陰の席で一服していますが、

74-C08_5534_GF.jpg




この猫ちゃんは日陰のカフェの椅子の上で、ね。

75-C08_5539_GF.jpg




コムーネ宮の石段の横から入って来ての広場で、

76-C08_5541_GF.jpg




この横の階段を上って行って覗きこみましたら、結婚式の最中で、

77-C08_5542_GF.jpg




暫く下の広場で待つうちに、結婚式を挙げたカップルが出て来て、

78-C08_5547_01_GF - Copia.jpg




という、コルトーナの散策の様子でしたが、

最後はサイトで見つけた、町の下の平野を一面に埋める雲海を!

79-sFoto-cortona (1).jpg




そして、雪景色。  こんな雪の日、町の上に住む人は・・??!!

80-s03_004_091221_.jpg


というコルトーナのご案内でした。
お出かけは、良い季節に、歩きやすい靴でどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


色鉛筆+水彩画ブログには、
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!



この記事へのコメント

  • シニョレッリ

    shinkaiさん、こんにちは。

    名前がお分かりにならない教会ですが、サンタ・キアーラ教会です。サンタ・キアーラ教会からサン・クリストフォロ教会に行く道がありますが、その途中の右側にサン・ニコロ教会の門があります。サンタ・キアーラ教会からサン・ニコロ教会まで、20‐30mくらいでしょうか。
    サン・ニコロ教会ですが、門から20mほどの奥まった場所にあります。

    サン・ニコロ教会は、シニョレッリの祭壇画で有名ですが、表裏両面に描かれているので、作品がモーターで移動して両面が見ることが出来るようになってます。それに伴い、教会はMuseoになったので、案内板が道路にあります。比較的分かり易いと思います
    2018年02月11日 17:24
  • shinkai

    ★シニョレッリさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    そして、大変に詳しい説明も有難うございました!!
    私の分からなかった教会の名も、有難うございます、さすが、さすがです!!

    そうですか、サン・ニコロ教会にシニョレッリの祭壇画があって、モーターで裏表とも見れるようになっている、というのは凄いですね。
    コルトーナの町はまさにルーカ・シニョレッリの生地としての面目を大いに保っているわけですね。 
    そしてあのフラ・アンジェリコの作品とで、コルトーナの町に観光客が少々不便であっても来るのですね。

    もうちょっと坂道がですねぇ、楽だとあの上の方の要塞にまでも行こうという気になるのでしょうが、
    あの町は年寄りには少々きついですね、ははは。
    2018年02月12日 03:10