・ マテーラ、 バジリカータ行き 旅行計画

この30日から10月5日までの6日間、バジリカータ州・Basilicata州、
マテーラ・Materaに、グループ旅行で出かけて来ます。

このマテーラの「サッシ」と呼ばれる古代から残る「洞窟住居」は
1993年からユネスコの世界遺産に指定されている事でも有名なので、
皆さんもよくご存知の事と思います。

1-1-7ec3-4af1-b591-75f79afbe6be.jpg

何せ南イタリア方面は、ナポリが今まで行った中では一番南、はは、
アドリア海沿岸ではペスカーラにちょっと行っただけで、
絵描きの友人達が何人も行っているマテーラには今までまるで縁がなく、
それもなぜか余り興味が無かったのですが、

グループ旅行の計画を知った途端、これはチャンスだから、
皆が良しというなるマテーラを見に行かむ!

がこの春は自分のトスカーナ行きもあったりで、正確な日程を尋ねたり、
申し込みをするのが遅れ、知った時には既に満員締め切り!
待ちリストに名前を入れては貰ったのですが、5,6人程もというので、
もうすっかり諦めていたのでした。

それが今月の初めに、空きが出たけどどう、という知らせを受け、きゃ、
これが本当のチャンスと言うのだろうな、と申し込みを。

でちょうど先日、旅行社の方からパンフレットも貰ったのですが、
写真が小さいので改めてネットから集め、日程をご覧頂きますね。

上は、アルベルト・アンジェラ・Alberto Angelaという、TVの歴史番組の
素晴らしい語り口の解説者でもあり、彼のお父さんのピエロも素晴らしい方で、
今ちょっと検索しましたら、古生物学者でもあると出ましたが!
ジャーナリスト、著作もあるという方の、マテーラでの写真。



さて出発の9月30日は朝5時半!に集合で、バスでパドヴァまで行き、
7時24分発のフレッチャビアンカ・白い矢 という特急に乗ります。

1-2-1023x440_collegamenti-Frecciabianca.jpg

フレッチャロッサ・赤い矢、フレッチャアルジェント・銀の矢とか特急があるのは
知っているのですが、未だ乗った事も無く、どんな違いかも知りませんが、



これで見ると新しいタイプの様で、モダンで独特、内部は快適、広く、心地良いと。

2-frecciabianca_estate_5.jpg



はぁ、ですがね、パドヴァを朝の7時24分で、バーリ・Bari到着は、時刻表に
よると15時11分、7時間47分の長旅!

3-treno.jpg

イタリアに来て以来、こんな長時間列車に乗るのは初めてで、先日この旅行を
一緒する仲間と話していましたら、やはり長時間の話になりましたから、
そう、shinkaiだけでなく、皆何となしに嬉しいというか・・、ははは。



で、お昼は各自列車内で、という事で、誰かが食堂車があるんよ、というので、
下調べをしてみましたが、本当に食堂車があるのかどうかが良く分からず、
が、バールと車内販売はあり、

4-barWEB.jpg

バールではクロワッサンとカフェの朝食、プリモ・ピアットの暖かいのが食べれる、とか、
バールの横にはテーブル席もある、という様な・・。
はい、またどんなかご報告を。



こちらが、バーリ・チェントラーレの駅。

6-stazione-bari.jpg



バーリから専用バスでマテーラに向かいますが、マテーラまでは67km程 
1時間10分ほどの距離ですが、途中寄り道で、アルタムーラ・Altamuraに。

この素晴らしいサンタ・マリーア・アッスンタ聖堂や、旧市街も見て、

7-cattedrale-Altamura.jpg



ワイン博物館にもなっている、カンティーナ・フルッドゥ・Frrudで、赤ワインの試飲と
ちょっとした土地の産物の味見の提供があるそうで・・、うふん。

8-Ferruddo.jpg



で今回のホテルはマテーラの旧市街にあるサン・ドメニコ・アル・ピアーノといい、
ここに5泊連泊を。

9-map.jpg

10-hotel-san-domenico-al.jpg

でshinkaiは既に、連日のお出かけの一日をマテーラに残り、1人で歩こう!
と決めており、夜景も朝も撮りに出かけるつもりで~す。 これが嬉しい!!



翌10月1日は終日ガイド付きでマテーラ見学。
朝まずヴィットリオ・ヴェネト広場から出発し、隣接の教会も拝見、

11-piazza v.veneto matera.jpg



そして、ベルヴェデーレ・グエリッチョキオ・Guerricchio、

12-Matera-Belvedere-Guerricchio.jpg



パロンバーロ・ルンゴ・Palombaro Lungoという、1991年に発見された巨大な
地下水槽、雨水をためる為の物だそうで、それも見学し、

13-diecimila_i_visitatorial__palombaro_lungo__di_matera.jpg



最近再公開になった聖堂、マドンナ・デッラ・ブルーナ・エ・ディ・サンエウスタキオ・
Madonna della Bruna e di Sant'Eustachioを訪問、

14-cattedrale.jpg

ここで午前中の見学は終わりで、お昼解散に。



午後は、リオーニ・サッソ・バリザーノ・Rioni Sasso Barisano、

15-rioni del sasso barisano.jpg



カヴェオーゾ・Caveoso、

16-Matera_Caveoso.jpg



パノラマを見ながら、ヴィア・マドンナ・デッレ・ヴィルトゥ・Madonna delle Virtù
通りを行き、

17-1-madonna delle virtù e.jpg



マドンナ・デッレ・ヴィルトゥ・エ・サン・ニコラ・デイ・グレーチ教会・
San Nicola dei Greciの見学を。

17-2-madonna delle virtù.jpg



再びサッソ・カヴェオーゾの小路を辿り、サン・ピエトロ・カヴェオーゾ広場に。

19-piazza-san-pietro-caveoso-matera-beb.jpg



そして、カーザ・グロッタ、洞窟の中を掘り、住居として用いている家の中の見学も。
この一帯が世界遺産に指定されているのでしょうね。

20-casa-grotta-5.jpg



岩窟の中の教会サンタ・ルチーア・アッレ・マルベ・Santa Maria alle Malveか、

21-s-lucia-alle-malve- chiesa rupestre.jpg


またはマドンナ・デ・イドゥリス教会・Madonna de Idrisの見学を。
こちらは、サン・ピエトロ・カヴェオーゾ教会と広場の右上に見える所ですね。

22-matera-chiesa-rupestre-santa-maria-di-idris.jpg

ガイドさんの都合で変更なのでしょうが、まぁ、居残りの日を作ればどちらもOKね。



ここでサポーリ・デイ・サッシ・Sapori dei sassiという土地の物産店に寄り、
お味見会のおやつが提供されるとの事、うふぃふぃ。

23-Cattura.jpg



最後にまた町の上に上って来て、ランフランキ邸・Palazzo Lanfranchi 
17世紀、ここは現代美術とバジリカータの中世の博物館だそうで、

24-palazzo lanfranchi.jpg


隣接の教会マドンナ・デル・カルミネ・Madonna del Carmineにも。
ここにも絵の展示がある様ですね。

25-madonna del carmine.jpg

という所で、マテーラの2日目はお終いで、宿に。




マテーラ周辺の地図をどうぞ。
翌日10月2日から日帰りでの周辺巡りが始まり、2日はモンテスカリオーゾ・
Montescagliosoと、ミリオニーコ・Miglionicoに。

26-map 1.JPG

地図下に見えるトゥルシ・Tursiと海岸よりのメタポント・Metapontoは4日に訪問。



2日のモンテスカリオーゾ、古い8世紀からのマーニャ・グレーチャの歴史を持つそうで、
ベネデッティ派の修道院などの見学を。

27-montescaglioso.jpg

お昼ご飯は近くのアグリトゥリズモで。



午後はミリオニーコに移動し、旧市街と聖堂見学、城もあるそうで、ここも土地の物産展
からのおやつの提供があるそうで、うふぃ、

28-santa-maria-maggiore-miglionico-facciata-edificio.jpg

マテーラに戻り、この日の夕食は外で自由に。



3日に出かけるのは少し遠い、92km ヴェノーザ・Venosaと、メルフィ・Melfi.
初日にバーリから寄るアルタムーラ・Altamuraとマテーラの位置関係も見えます。

29-map2.JPG



これがヴェノーザで、城はフェデリコ2世に由来するもので、ここでイタリア唯一の
ユダヤ人のカタコンベ・地下墳墓の見学もあるそう。

30-venosa.jpg



更に21km、メルフィに移動し、ローマ初期、中世に重要だった古い町で、旧市街、
考古学博物館の見学。

31-melfi_5.jpg



4日午前中は既に地図で位置を見て頂いたトゥルシ、海抜243mに位置するそうで、
なんとまぁ、凄い浸食の崖の上ですねぇ!

32-Tursi_wikipedia_2018_thumb660x453.jpg



昼食の後午後はメタポンテ・Metaponteに移動。 ここはマーニャ・グレーチャの
中心地になるそうで、写真の遺跡は8世紀の物と。

33-Metaponto_Tavole-Palatine_Basilicata-da-vedere.jpg



5日、マテーラ最後の午前中は町から南東の谷の向かい側に位置する、
ムルジャ・マテラーナ公園の見学に。

34-mappa-parco-murgia-1.jpg

35-itinerario-parco-della-murgia.jpg

36-parco della murgia.jpg


そしてお昼頃にはバーリに移動し、再度フレッチャビアンカ14時半出発に乗り、
パドヴァ到着が21時38分。 
となるとバスでコネリアーノまで1時間ほどで、家に戻るのは11時過ぎですね。

どこの町もガイド付きの旧市街見学があり、いつもの例でびっしりの日程と思い、
さぞ歩きがいのある旅になりそうで、歩きやすい靴で参加の事と注意書き、ははは、
それでもマテーラにゆっくり時間を取れそうで、これが一番の楽しみです。
サロンパスをたくさん持って行こう!



最後は、夕方の猫ちゃんと、雪のクリスマスを。

37-.jpg

38-Matera-Matera-inside-2-730x410.jpg

マテーラは来年2019年、「ヨーロッパの首都」という事になり、様々な催しが
ある事と思いますが、マテーラのCMヴィデオをどうぞ!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461045091.html

では、行ってきま~す!!


*****

新しくアップしています。

ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
ベリー公の時祷書 4月 の下描きと、 お気に入りの天気予報官は を  
アップしています。  
見てやってくださ~い! 

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • panda

    バジルカータ、一度は行ってみたいけど
    ここ日本からは個人旅行で行くしかない州の一つなので
    ホント羨ましいです。
    途中でアルタムーラに寄られるとの事。 是非DOPのパンのご賞味を。 ちゃんと規定があるのに、お店によって味が違うのが面白く興味深かったです。 南イタリアの前菜お食べ地獄にくれぐれもご注意を。 素敵な旅になりますように。
    2018年09月26日 20:01
  • shinkai

    ★pandaさん、こんにちは! コメント有難うございます、お返事が遅くなってすみません。 この2日間パルマの方に行って来ました。

    そうですか、バジリカータは日本からのツァーは無いのですか、アルベロベッロなどもあるし、日本からもたくさん行っておられるのかと思っておりました。

    アルタムーラのパンは有名ですけど、そうですか、はい、では味見を欠かさぬように、
    と、前菜がたくさん出てくるのですか? それは楽しみです、ははは。

    はい、一度はあきらめていたのですが、行けるようになったので、しっかり楽しんで、見て来ます。 有難うございます!


    2018年09月28日 13:28
スポンサーリンク