・ 洞窟教会の一つ、原罪の地下礼拝堂 ・ マテーラ

今日のご案内はマテーラでいくつか見た洞窟教会の一つ、
「原罪の地下礼拝堂」と呼ばれているもので、

1-images_GF.jpg

ご覧の様な、生き生きとした素晴らしい壁画が残った洞窟教会です。



「原罪の地下礼拝堂」の「原罪」というのは、キリスト教の教えにおいての原罪で、
アダムとイヴが楽園において、食べる事を禁止されていた「善悪を知る知識の木の実」
を、食べた、のが原罪ですね。

で、この「原罪の地下礼拝堂」と呼ばれる洞窟教会は、壁画に描かれたモチーフから
その名で呼ばれているという事で、

2-logocripta_GF.jpg

ラ・クリプタ・デル・ペッカート・オリジナーレ・La Cripta del Peccato Originale と。



どこにあるかと言いますと、マテーラの町中から14kmほど南西の、車で約20分程に。

3-cripta_GF.jpg



ここは最初は訪問予定に入っていなかったのですが、連日の雨で、最初の予定の
マテーラの町の向かい合わせにあるムルジャの考古学公園に行っても、
道がぬかるんで大変だろうからと変更してくれたもので、

確かにこんなお天気、風景の中を出かけ、

4-M05_7301_GF.jpg



雨がまた振り出しかなり強くなり、途中の地道も、葡萄畑の中も水が溜まり、

5-M05_7305_GF.jpg

6-DSC01975_GF.jpg



到着した所は、一見、どこの風景?という様なカンティーナで、

7-M05_7302_GF.jpg



「ドラゴーネ・Dragone」というワイン醸造所で、広く周囲を取り囲む葡萄畑、
オリーヴ畑はすべてこの企業の物という事で、
今回訪問の「原罪の地下礼拝堂」も持ち主のオリーヴ畑から見つかったものです。

8-DSC01945_GF.jpg



内部には、自社のワイン、オリーヴ油の味見所、土地の産物のショップ、バールもあり、
予約によっては食事も出来るような感じでしたね。

9-DSC01963_GF.jpg



雨がひどくなり、ミニ・バスで洞窟の傍まで往復の送迎をして貰い、洞窟の位置まで
谷に沿った道を下ります。

10-DSC01949_GF.jpg



左に見えるのが谷で、川を挟んで向こう側にも洞窟が口を開けているのが見えますが、
ピッチャーノ谷・Gravina di Piccianoと言い、

11-DSC01956_GF.jpg



こんな風に谷底を川が流れているのが見えます。

12-DSC01958_GF.jpg



かなり下って、奥にこんな風に整備された洞窟が見え、

13-DSC01955_GF.jpg



こちらが入り口。 写真でブログ名が入っていないのが、サイトから拝借の物です。

14-cripta-peccato-originale-01_GF.jpg

19~20世紀にかけての医者、考古学者でもあるドメニコ・リドーラ・Domenico Ridola
によって既に言及されていたこの礼拝堂が、再発見されたのが1963年5月の事。

ドメニコが羊飼いから聞いた話としては、羊飼いはこの洞窟を避難場所として、
自分と羊たち用に使っていたのだそうですが、

8~9世紀の物とみられるこの礼拝堂は、その後の長い悪条件の元の放置により、
苔の浸食やバクテリアにやられていて、様々な援護団体と修復作業によって回復、と。



谷の反対側から見る洞窟の様子。

15-172361237294O__OCRIPTA5GALLERY_970X647_GF.jpg

なぜキエーザ・教会ではなく、クリプタ・地下室なのかと最初思ったのですが、
地表から一段下、という事で納得ですね。



入口から入り、また少し階段を下ります。 

16-cripta-del-peccato-originale-051_GF.jpg

これは下の脇扉を開けて光が入っている様子が見えますが、我らの時は雨のせいか、
上の扉のみ開いていて、後は小さな照明でとても暗く・・。



内部は写真禁止でしたので、サイトから洞窟内が分かる様なのをあれこれ探し、

こちらが全体で、左側に3つの大きなニッキ・壁龕があり、4つ目も少し掘り込まれ、
5つ目以降は壁画があったのかどうか、斜めに掘り込まれているのが変わりますが、

17-copertina_GF.jpg

奥の正面には、平面の壁画が見られます。



こちらが正面の3つの大きなニッキの物で、かってはこの上にも壁画があったのが窺え、

18-grotta-peccato-originale-matera-_GF.jpg



で、正面のニッキはかなり深く掘り込まれていて、

19-cripta-peccato-originale1_GF.jpg

我らは正面に向かって2,3列に床、というか、石の凸凹の段に座り見学しましたが、
少し斜めの位置だと、ニッキの掘り込みが深くて脇側の絵が見えない、という感じ。



こちらが奥の平面の壁画で、旧約聖書のお話だと、すぐ分かりますね。

20--it-is-a-wonder-the-new_GF.jpg

右下に一段深く掘り込まれているのが見えるので、別の小礼拝堂があったのかも。



という事で、正面の左のニッキの壁画から順番にご覧頂きますが、
これは「3使徒」で、真ん中が鍵を持ったピエトロで、右がヨハネと読めそうですが、
右はアンドレかな?

21-1-apostoli_GF.jpg

ご覧の様に、絵は大変闊達な筆使いというのか、余り細部に拘らず、かといって
ちゃんと髪形、顔、そして衣類の流れや柄もちゃんと描き分けていて、
見る側も心楽しく眺められる様子ですよね?

そして人物の脇に描かれた赤い花にもご留意を。



真ん中のピエトロの、鍵を持つ手と指。 楽しいでしょ?!

21-2-cripta-peccato-originale-06_GF.jpg



どのニッキも3人物が描かれていますが、こちら中央のニッキの中心に聖母子がいて、
両脇にお付きの女性風で、モチーフも「聖母子女王・Madonnaregina」と呼ばれます。

22-1-madonnaregina_GF.jpg

この洞窟教会、修道院もあったと思われるここは、ベネデッット派の物で、
壁画が描かれたのはロンゴバルド期、ビザンティン風の影響も見られるそうで、
「聖母子女王」というのもビザンティンの女帝の称号によるものだそうで。



聖母子のみを少し大きく切り取って見ましたが、

22-2-smadonnaregina.jpg

確かに髪形、冠の形、肩の装飾品など、ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会の
テオドーラ妃の物と似通っていて、衣類の柄、装飾にも精いっぱい
気を使っているのが分かりますね!



正面右端「3大天使」で、右からガブリエレ、ミケーレ、そしてラファエルと。

23-angeli_GF.jpg



そして奥の壁との境というか、上段の平面の壁画の下の左端、小さめな浅いニッキの部分、
手を洗っている場面は、「式典礼」の場面と。

24-scenaliturgica_GF.jpg



上の平面の壁画部分は大きく2つに分けられ、それぞれにまたそれを2分した画面で、
旧約聖書のお話ですが、

これが一番左の、「ルーチェ・光」。 創世記の一日目、「神は「光あれ」と言われた。
すると光があった」という場面で、

25-luce_GF.jpg

なんと楽しい絵でしょう?! 「ばんざ~い! 光だぁ~!」と聞こえそうでしょう?!
こんな風に楽しさ、嬉しさが表現された壁画は初めて見ましたです。 
8~9世紀の時代の画家がね!! 中世の闇の時代はまだ遠かったのかな?



その右隣「祝福」。 左に祝福を与えている、この方は頭の光輪から見て神様がいて、
右にちょっと緊張して足を揃え、手も重ねてちらっと横目で確かめている人物がいて、
という事はアダムかな、何ともこの場面もユーモアに溢れ・・!
 
26-benedizione_GF.jpg



そして、アダムの肋骨からイヴを作られた場面。 顔の表情が見えないのが残念!

27-creazione_GF.jpg



右端が、この地下礼拝堂の名称ともなっている「原罪の場面」。 
つまり、食べてはいけないと禁止されていた「善悪を知る知識の木の実・リンゴ」を食べ、

28-creazioine2_GF.jpg

最初に蛇にそそのかされてイヴが食べ、そしてアダムもイヴに言われて食べ、楽園追放、
になった訳ですが、

この画面では、食べている最中に既に体の前を隠していて、効き目が早かったか!
と勝手に想像して、ははは、shinkaiは喜びますが・・。

それにしてもカトリックの教えでは、善悪を知る知識の木の実を食べるな、というのがねぇ、
知らずに無知なままが良いという事を言いたい?とひねくれたくなりますが・・。 はは。



とにかく今迄見た事のない楽しい壁画で、マテーラで見た暗い洞窟教会とは一味違い、
これはご紹介したかったのですが、

とりわけ、この各場面に添えられた咲き誇る赤い花、芥子の様でもありますが、

29-1-i fiori_GF.jpg

ガイドさんの言われるには、芥子ではなく、別の名を言われましたが、
言われた名で検索すると、紫っぽい、花もちょっと違うイメージのが出て・・。
丸い楕円の蕾の形、そして開く前に頭を下げている様子など、まさに芥子と思うのですが、

この花に因み、この壁画は、「マテーラの花の画家・Pittore dei Fiori di Matera」
の物、と呼ばれているそうで、

他の壁画が長年の放置により損傷し、見れないのが残念です、というよりも、
よくぞこんなに残ってくれた、と感謝した方が良いのかも、ですね。



と、この「ルーチェ!」が、今までの古い壁画への概念を取っ払ってくれた素敵な物!!

29-2-sluce p.jpg

サイトは、http://www.criptadelpeccatooriginale.it/index.php?lang=it
ヴィデオも見ることが出来ますが、
左に出る4つのメニューの内の一番下、ドイツ語版が一番詳しく見れます。

上記しました様に、この地下礼拝堂はカンティーナ「ドラゴーネ」の持ち物なので、
見学時間が決められていて、予約も必要なので、こちらでお確かめを。英語版もあり。
http://www.criptadelpeccatooriginale.it/index.php?option=com_content&view=article&id=25&Itemid=197&lang=it


入口から見る、谷と、平野の眺め。

30-cripta-del-peccato-originale_GF.jpg

31-DSC01960_GF.jpg


*****

記録庫ブログには、  
アレッツォ に 2記事、  パドヴァ に 2記事 
アップしております。

ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
お誕生日カードと、骨密度検査の結果 を  
アップしています。  
見てやってくださ~い!  
  
http://italiashinkai.seesaa.net/

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • Corsa

    わたしもLuceが大好きです!
    それにしても、マテラって、撮影禁止が多すぎると思いませんか?ここもそうですし、町中の教会も、確かすべて禁止でしたよね?その割に、資料的な本は見当たらず(この洞窟は、商売っ気が強いせいか、ありましたけれど、内容は薄いのに安くなかったと記憶しています)、ムカッとしたもんです、笑。昨年、20年ぶりくらいに訪ねたのですが、世界遺産になったせいもあるのか、黙ってても観光客来るし、実際すごい観光客の数だし、その分、タカビな町になってるような気がして、ちょっと残念でした。昔も観光地ではありましたが、もっとずっと素朴でした。観光地化が進んで、町が潤うのはいいことかもしれませんが、でも、なんか違うなってイメージです。
    2018年12月16日 03:12
  • shinkai

    ★Corsaさん、こんにちは! お久し振りです、コメント有難うございます。

    あ、Corsaさんも行かれましたか、ここは他の洞窟教会の規模の大きさは別として、壁画がいちばん可愛くて良いなと思ったんです。
    Luce と、あの赤い花が、可愛いですよね。 
    他で見る壁画は少々の違いはあってもやはり宗教画の範囲から出ていませんけど、ここは別の感じがあって、画家の人間性がとても感じられると思いました。

    そう、撮影禁止の教会があり、撮れるけども、彫刻の個展会場になっていたりで、商売っ気が強いなぁと思いましたっけ。

    そうです、そうです、世界遺産になるのは地元にとっては良い事なのでしょうけど、お昼時などあんなにたくさんあるレストランでも客が待っているし、普通の町になりつつあるみたいでしたね。

    サン・ジミニャーノなどもあんなに素朴な良い町だったのが、道の先が見えない程の観光客で埋まり、幾つもの大駐車場も超満員、余りにもうようよで、これでは世界遺産になって大観光地になると、町を殺すことになっているのではないか、と思いましたよ。
    2018年12月16日 14:46
スポンサーリンク