・ ベルガモ観光 ・ ”絶対に見落とせない10” をサイトからもう一度

ベルガモの様子を、とりわけ歴史的重要な「ベルガモ・アルタ・上の町」のご案内を3回に
渡って致しましたが、ベルガモは人口12万にも及ぶ大きな街で、ベルガモ・アルタより
グンと現代的で広い「ベルガモ・バッサ・下の街」もありで!

1-1-mura-bergamo-patrimonio-unesco.jpg

という事で、ベルガモ観光の最後は、「ベルガモで絶対に見るべき10の事・
10 Cose da vedere assolutamente a Berbgamo」
https://www.travel365.it/bergamo-cosa-vedere.htm
のサイトを参考に、shinkaiのご案内に出なかった見るべき場所のご案内を最後に。

サイトでは順番に1~10までがあるのですが、上の町、または下の街に含まれるものは
それぞれに纏めてご覧頂きますね。 その方が行かれる時の検討に楽でしょうしね。

そして既にご案内済は簡単に示す程度に致します。




ですが、この最初の一つは別、大物で、はは、

1.ヴェネト(ヴェネツィア)の壁・ベルガモ・アルタの城壁、 世界遺産

1-2-patrimonio-della-citta-e-non-solo,-le-mura-venete.jpg

ブログ n.3の最後に少し触れましたが、16世紀にヴェネツィア共和国によって
造られた上の町を囲む城壁で、上の町の繁栄を護った5kmにもなる堅固で素晴らしい壁。
現在世界遺産に指定されていて、ベルガモ・アルタの南端、バッサとの境に。
これはぜひお見落としなく!

下に地図を載せますが、一番真ん中下に尖っている9の位置、ケーブルカーの上の駅から
斜め下、南西に下って来る道にあるサン・ジャコモ門から出て来た所が絶景の様子!



ここから、ベルガモ・アルタに含まれる場所のご案内を。
2.ヴェッキア広場・Piazza Vecchia
  周囲を市の図書館、中央にコンタリーニの泉、カンパノーネ・Campanoneと
  呼ばれる市の塔、ロンバルディーア州に存在する一番古い行政庁の
  パラッツォ・デッラ・ラジョーネ・Palazzo della Ragione、などが広場の周囲に。

2-tutto-il-fascino-di-piazza-vecchia.jpg

ここはもう、ベルガモ・アルタに行かれたら通らずには、見ずには済まされない広場で、
ご案内は、ブログの n.2と n.3に。



3.ドゥオーモ・ディ・ベルガモ・Duomo di Bergamo
  街の守護聖人のサンタレッサンドロ・Sant'Alessandroの名が冠された聖堂で、
  元は15世紀の物ですが、内部、外部ともに改装され、バロック様式、
  外観は白大理石の19世紀の新古典様式。

3--etereo-duomo-bergamasco.jpg

サイトの説明にも、すぐ傍らにあるサンタ・マリーア・マッジョーレ聖堂には
負けるだろうけど、一見の価値はある、と!
ここはshinkaiも外から眺めただけでした。



4.サンタ・マリーア・マッジョーレ聖堂・Basilica di Santa Maria Maggiore
  豪華絢爛で豊か、よく手入れのされた聖堂で、ドゥオーモのすぐ傍らに位置する。
  12世紀の元の教会が17世紀にバロック式に改装されたもので、ベルガモ生まれの
  作曲家ドニゼッティの記念墓碑もここに。

4-i-sontuosi-interni-di-santa-maria-maggiore.jpg

ご案内はブログ記事 n.3に。 はぁ、凄い聖堂でした。



5.コッレオーニ礼拝堂・Cappella Colleoni
  ブログn、2でご案内の、傭兵隊長バルトロメーオ・コッレオーニの建設した礼拝堂、
  彼の廟。 ルネッサンス様式建築のの最高傑作ともされる素晴らしいもので、
  その多色大理石による装飾や、後の時代にも加えられた様々な芸術作品が見られます。

5-la-particolarissima-cappella-colleoni.jpg

開館:火曜~日曜 9:00~12:30  14:00~16:30  無料



6.ドニゼッティ博物館・Museo Donizettiano
  ベルガモ生まれの著名な作曲家ガエターノ・ドニゼッティ・Gaetano Donizetti
  (1797-1848)の記録、写真などなど、ドニゼッティについて知りたい方、
  ファンの方には見逃せない博物館。  地図位置10.
  
6-interessante-la-visita-al-museo-donizettiano.jpg

サイトは https://www.museodellestorie.bergamo.it/luogo/museo-donizettiano/
開館: 火曜~金曜 10:00~13:00  土、日、祭日10:00~13:00 15:00~18:00
料金 3エウロ  



7.自然科学市博物館・Museo Civico di Scienza Naturali "E.Caffi"
  地図位置11.
  この博物館はとりわけ子供たち向けに考えられたもので、文字通り手で触って見れる、
  分かる、動物のはく製や化石なども触れるのですと、という鉱物学から考古学に至る
  博物館。 すぐ近くには植物園もあるそうでお勧めと。

7-i-mammuth-sono-i-simboli-incontrastati-del-museo-civico-di-scienze-naturali.jpg

写真に見えるマンモスの親子像はぬいぐるみだそうですが、こういうのは目の前で
見る事でその大きさを実感できるので、shinkaiも行って見たい所。
開館:火曜~金曜 9:00~12:30  14:30~17:30 
    土、日、祭日 10:00~12:30  14:30~17:30
料金 3エウロ  18才までの子供は無料



ここで地図をどうぞ。  
ベルガモ・アルタに含まれる、今回初出の物を赤線で囲みました。
2は、ご説明3.のドゥオーモ、 10は、6.のドニゼッティ博物館・Museo Donizettiano、
11が、上の7.でご説明の自然科学博物館

8-img20190407_18252392.jpg

左上12は町のサンタレッサンドロ門ですが、ここを抜けて2本目の道を右に曲がると、
ドニゼッティの生家があり、内部が博物館になっていて、見学できる様子。
サイトは https://casanatale.donizetti.org/it/

そして地図右、城壁から出た所の19が、アッカデミア・カッラーラ・
Accademia Carrara、
20がすぐ近くにある現代美術館・Galleria d'Arte acontemporanea ですが、



で、こちらバッサ・下の街の地図をどうぞ。
アルタ・上の町で町の城壁外に位置するアッカデーミア・カッラーラ・
カッラーラ美術館が9に。

9-img20190407_18262661.jpg

ベルガモの鉄道駅・Stazione Feが地図の右寄り一番下にあり、
駅前から真っ直ぐに北西に辿ると真ん中にマッテオッティ広場・Piazza Matteottiがあり、
また真っ直ぐに行くと、アルタと連絡するフニコラーレ・ケーブルカーの駅に。

駅前から上の町に連絡するバスもありますが、駅からケーブルカーの駅までは
歩いて20分程。
shinkaiも昔ベルガモにミラノから来た時は駅の近くの安い宿に泊まり、
ケーブルカーの駅まで歩きましたし、
カッラーラ美術館にも確か上の町訪問で足を延ばした記憶がありますので、

上の町訪問から下の街に下るのは歩いて、カッラーラ美術館にも寄り、
現代美術のお好きな方はカッラーラのすぐ近くに現代美術のガッレリーアもある事で、
パノラマを楽しみながらぶらぶらと、がお勧めです。



という事で、下の街に関連の場所を。

8.アッカデミア・カッラーラ・Accademia Carrara
  1794年から開館の素晴らしい絵画館で、ラッファエッロ、ボッティチェッリ、
  マンテーニャ、ジョヴァンニ・ベッリーニ、ロレンツォ・ロットなどの作品もあり、
  15世紀から19世紀にかけての作品収蔵が豊富。
  近年全体に大改修された様子を紹介映画で見て、行きたくなっていた美術館です。

10-la-pinacoteca-della-citta-,-accademia-carrara.jpg

サイトはこちらに https://www.lacarrara.it/en/
HPからThe collection、そしてMasterpiecesと進むと、有名作品が大きく見れます。

開館: 月曜~日 9:30~17:30
料金: 10エウロ  毎週月曜5エウロ!



9.マッテオッティ広場・Piazza Matteotti
  ベルガモ・アルタが歴史的なものに満ち、その中心がヴェッキア広場であるのに対し、
  この新しい平野に開けている下の街の中心がこのジャコモ・マッテオッティ広場で、
  ナイトライフ、ショッピング、いわゆる世俗的なものに満ちている場所がこの一帯。

11-il-fulcro-della-citta-bassa,-piazza-matteotti.jpg

駅からも近く、アルタと連絡のケーブルカーの駅への途中に位置し、地図に囲った
6はテアトロ・ドニゼッティ。



10.ヴェンティ・セッテンブレ通り・Via XX Settembre
   地図に見えるマッテオッティ広場から西に続くヴェンティ・セッテンブレ通りが、
   ベルガモ人のショッピング通り。 たくさんの種類の店が立ち並び、
   なんでもある通りと!
   ウィンドウ・ショッピングも楽しめそうですね。

12-la-strada-dello-shopping-a-bergamo,-via-xx-settembre.jpg

という事で、ミラノからのチャンスには是非ベルガモ訪問をどうぞ!


*****
   
記録庫ブログには、アッシジに 8記事 アップしています。 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
トスカーナの丘風景 仕上げに向けてと、フォルリで開催中のイタリア絵画展 を  
アップしています。 
見てやってくださ~い! 
 
http://italiashinkai.seesaa.net/

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク