・ イタリアで、山のヴァカンスを過ごすに最高の、10の美しい場所は

先回は「イタリアの一番美しい浜辺」をご覧頂きましたので、
今回は「山派」の方へのお勧めの10の場所のご案内を。

参考のサイトは「Dove andare in montagna d'estate in Italia?
Ecco i 10 postipiù belli!」
https://www.travel365.it/dove-andare-montagna-estate-italia.htm

海の浜辺で過ごすのと違い、夏の山は大きな可能性があるものの、まだ完全には
理解されていないと思うので、この理由から我ら「Travel 365」があなた方に
「夏の山に行くための、10の一番素敵な場所」の幾つかの目標を選びました、と。

という事で、shinkaiが写真が不足と思うのには探し、地図も追加しましたので、
どうぞ、爽やかな、高度の高い夏のヴァカンス地の空気を想像し、ご覧下さいね。


10. ピエモンテ州 サンタ・マリーア・マッジョーレ・Santa Maria Maggiore,
   Piemonte

10-santa_maria_maggiore_maurizio-besana.jpg

サンタ・マリーア・マッジョーレはピエモンテ州の北にある有名な観光地であり、
正確にはヴァル・ヴィゲッツォ・Val Vigezzo・ヴィゲッツォ谷に位置し、

ここでは山の小径の中を散策しながら、自然が提供する素晴らしさに、
我を忘れることが出来る。

なぜここに行くか: 町の位置する場所がスイスのティチーノ州と、マッジョーレ湖に
          挟まれた地理的にとても良い場所で、おまけに領域が
          国立ヴァル・グランデに含まれ、これ以上の自然はね・・。



という事で、町の中の写真を一枚追加し、

10-santa maria maggiore.jpg



地図を。 東にはマッジョーレ湖があり、サンタ・マリーア・マッジョーレの地図を
見ると、確かにグレーの線のスイス国境に接する北から、国立のヴァル・グランデに
入り込む南側と細長く縦に続く領域であるのも確認、です。

10-santa_maria_maggiore.jpg



9. フリウリーヴェネツィア・ジューリア州 サッパーダ・Sappada,
  Friuli Venezia Giulia

9-sappada-friuli.jpg

フリウリとオーストリアが接する一廓にあり、ベッルーノとウーディネ県の間とあり、
つまりどちらもの影響を受けている地、と理解しますが、

美しさと落ち着いた土地で有名で、サッパーダでは古い木造の、土地の風習と色に
満ちた住居を訪問する事をお勧め。

ドロミーティのペラルバ・Peralba山の傾斜地は、絶好の探訪地である上に、
トゥーリング・クラブ・イターリアのバンディエーラ・アランチョーネも受けている。

・トゥーリング・クラブ・イターリアのバンディエーラ・アランチョーネというのは、
 詳細なガイドブックや地図も発行しているイタリアのトゥーリング・クラブが、
 町の大小にかかわらず、職人仕事の残る所、昔からの土地のお祭り、スポーツ、
 興味深い所、美味しい物がある町、村に与えているオレンジの旗の事で、
 これらの土地だけの州毎のガイドブックも出ています。


なぜここに: オーストリアとのカリンツィア州との国境である、ドロミーティ山系の
       一番北東にあたり、ピアーヴァ川を越えた谷にある。
       夏には小径や山小屋を巡ることが出来、湖や近くの山へのハイキングが
       企画され、参加できる。


という事で、山の風景写真を一枚追加し、

9-sappada terrazza-miravalle_13130.jpg



地図をどうぞ。 この一帯の行った事のある土地に印をつけましたが、サッパーダは
まだ行った事が無く、久し振りにサッパーダと聞き思い出したのは、
ここはカーニヴァルの面を被った踊り、お祭りでも有名な土地で、

9-sappada.jpg

ヴェネツィアからだと鉄道の終点カラルツォ・ディ・カドーレ・Calarzo di Cadore
まで行き、Pieve di Cadoreの北にあり、そこからバスの連絡があります。

駅からティツィアーノの生家博物館のあるピエーヴェ・ディ・カドーレには
歩いても行けますが、コルティナ・ダンペッツォ行きのバスですぐ、
地図の左上にZOと切れているのが、コルティナ・ダンペッツォ!

ロンガローネ、 54年前のダム出水大災害のまとめを
http://www.italiashiho.site/archives/20170727-1.html

暑中お見舞いを! ドロミーティの山、アウロンツォの水の色
http://www.italiashiho.site/archives/20170724-1.html

暑中お見舞いを! フリウリ山中より、バルチスの水の色
http://italiashinkai.seesaa.net/archives/20170724-1.html

ティツィアーノの生まれた町 ・ ピエーヴェ・ディ・カドーレ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461664802.html

ヴェネト、カドーレ湖の眺め
http://italiashinkai.seesaa.net/archives/20170727-1.html



8. ピエモンテ州 アラーニャ・ヴァルセージア・Alagna Valsesia, Piemonte

8-alagna-valsesia.jpg

ピエモンテ州はヴェルチェッリ・Vercelliにあるこの場所は、夏に出かけるには
最適と思われるが、知名度が高いのはここの木造建築であり、

たくさんの周遊コース、ハイキング・コースがあり、観光客も集まる所で、
カルコーフォロの谷・Vallate di Carcoforoと、リメッラ・Rimellaはお見逃しなく。

なぜここに: モンテ・ローザの脚下にあり、フレスコ画装飾の教会も多い。
       セージア川・Sesiaが谷を巡り、目が覚めるような滝も多く、
       ヴィラッジ・ヴァルセル・Villaggi Walser一帯の、木造の伝統的な
       住宅を見て歩くことも出来る。



もう一枚写真追加で、

8-Alagna Valsesia, Piemonte.jpg



地図をどうぞ。 ピエモンテ州の北、既にスイス国境が近い所で一体どう行くのかと
調べましたら、はい、ヴェネツィアから高速で一路西に、そしてミラノを過ぎ
ノヴァーラ・Novaraの西から北上で、この行程で4時間42分。

8-alagna-valsesia map.jpg

という事は、多分ミラノから、ノヴァーラからはバス便もある筈ですね。

アラーニャ・ヴァルセージアは冬のスキーのメッカでもある様子で、たくさんの
リフト設置の様子が地図で見れましたが、
こういったリフトは夏も稼働しているのが多いので、近くの高山からのパノラマを
楽しめる事でしょう!




7. アブルッツォ州 チヴィテッラ・アルフェデーナ・Civitella Alfedena, Abruzzo

7-Civitella Alfedena, Abruzzo.jpg

さて、一気に南イタリアに移りまして、が、サイトには町の雪景色の写真があり! 
スキーのメッカであるとは言え、いくら何でもねぇ、夏山へのお誘いに雪景色はと思い、
親切shinkaiが写真を探し、趣深げな村内の写真を。


このチヴィテッラは、まずアブルッツォの自然公園がすぐ背後にあり、町は岩山の足元に
位置するアペニン山脈の典型的な村落である。

夏の週末を過ごすには最適で、フォンディッロの谷・Val Fondelloと、ラ・カモシャーラ・
La Camosciaraのハイキングも楽しめる。
すぐ近くにあるペスカッセローリ・Pescasseroliも訪問の価値あり。



で、もう一枚、ラ・カモシャーラの写真を追加し、

7-Civitella Alfedena, Abruzzo Parco-naz-abruzzo-lazio-molise.jpg

ラ・カモシャーラのサイトをどうぞ、自然公園の美しい風景、動物の姿が楽しめます。


なぜここに: イタリアの一番美しい国立公園の一つの中心に位置し、また
       カモシャーラの自然公園の領域内にも含まれ、村落は中世の趣深い物。

はぁ、サイトや検索で写真を見たshinkaiが行って見たくなりました!



地図をどうぞ。 山間の村で、どこか目安になる場所を入れて、と地図を
切り取りましたら、村の名が出なくなり・・!
という、位置はこの辺り、という地図に。

7-civitella-alfedena map.jpg



6. フリウリーヴェネツィア・ジューリア州 ヴァルブルーナ・Valbruna,
   Friuli Venezia Giulia

6-valbruna.jpg

この写真も秋ですが、まぁ、美しく、緑もあるので我慢して頂きまして、はい、
このイタリアの最北東は、オーストリアとスロヴァニアの3つの国境が接していますが、

このヴァルブルーナほど、違う3国がこれほど混在している所はなく、
この天国みたいな一廓は夏のヴァカンスを過ごすにはもってこいの所で、
夏には特別な美しさをもたらしている。

ヴァル・ロマーナ・Val Romanaのフジーネ湖・Lago di Fusine、そして
プレディルの採掘場・cava del Predilの鉱山博物館・Museo minerario
の訪門は忘れられないハイキングとなる事でしょう。

なぜここに: 3か国訪問が可能な地で、ジューリア・アルプスの素晴らしい背景は、
       山のヴァカンスには最大の魅力である。



地図をどうぞ。 ヴァルブルーナの東に位置するタルヴィーシオ・Tarvisioが
イタリア国内の最後の鉄道駅で、ウィーン行きがここを通ります。

6-valbruna map.jpg



ついでに、イタリア、オーストリア、スロヴェニアの3国の国境の位置の地図も。

6-3congfini.JPG

この一帯は冬は大変寒いようで、雪も深く、タルヴィーシオから入った所に
犬ぞりの訓練所があるそうで! 

フジーネ湖と山の道 ・ 逝く夏を惜しんで
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463997687.html

イタリア東北部 国境の町 ・ さまざま
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462967545.html



5. トレンティーノ・アルト・アディジェ州 グロレンツァ・Glorenza,
   Trentino Alto Adige

5-glorenza-trentino.jpg

ボルツァーノ県のグロレンツァでは、山を愛する人びとには標高908mにあるこの町は、
特別な魅力を提供し、夏でも素晴らしい貴重な滞在を楽しめる。

グロレンツァではたくさんの訪問が出来るが、例えばモンテ・マリーアの修道院・
Abbazia di Monte Mariaとか、人工湖から顔を出すクロン・Curonの古い鐘楼も。



という事で、湖から顔を出すクロンの鐘楼を。

5-curon-venosta-2612296_1280.jpg


なぜここに: スイスの国境、オーストリアとの国境からわずかに6kmの距離にあり、
       アディジェ川が町を横切り、素晴らしいヴァル・ヴェノスタ・
       Val Venostaの風景が背景に。  何か他に必要?



地図をどうぞ。 グロレンツァにはメラーノからの鉄道が連絡しており、
最寄りの駅はSluderno・スルデルノだそう。

5-gloremza.jpg


グロレンツァの町 ・ 「イタリアで一番美しい村々」の一つ n.1 

グロレンツァの町 ・ 「イタリアで一番美しい村々」の一つ n.2
http://www.italiashiho.site/archives/201705-1.html

n.1 メラーノの町散歩 ・ クアハウス パッシーリオ川 S.スピリト教会
http://www.italiashiho.site/archives/20170709-1.html

n.2 メラーノの町散歩 ・ S.スピリト教会 冬の散歩道 サン・ニコロ教会
http://www.italiashiho.site/archives/20170712-1.html

n.3 メラーノの町散歩 ・ サン・ニコロ教会(ドゥオーモ) ヴィア・ポルティチ
http://www.italiashiho.site/archives/20170715-1.html



4. トレンティーノ ヴィーゴ・ディ・ファッサ・Vigo di Fassa,
  Trentino

4-vigo-di-fassa.jpg

ドロミーティの一番重要な山の一つであるヴィーゴ・ディ・ファッサをカバーする
絶好のポジションにあり、ここからたくさんのハイキング、トレッキングが出来、
あなた方の日程を彩る事に間違いなく、

ラーゴ・ディ・カレッツァ・Lago di Carezza・カレッツァ湖、
パッソ・ディ・コスタルンガ・Passo di Costalunga・コスタルンガ峠、そして
カナゼイ・Canazeiに至る地域は、一帯の素晴らしい山々への巡礼の目標となる事と。

なぜここに: もし山の町を探すなら、このヴィーゴはあなたを直接にドロミーティに
       連れて行きます。 「イタリアの一番美しい村々」にも選ばれ、
       ホテル類もたくさん揃い、他に何をお望み?



という事で、村の見える写真も追加。

4-VigoFassa_641699854.jpg



地図をどうぞ。 

4-vigo-di-fassa map.jpg

実は地図での位置を確かめつつ、あれ、カティナッチョ連山の近くではないの、と
連れて行って貰ったのを思い出し、ブログの記事を確かめましたら、
ははは、カティナッチョ連山には、ヴィーゴ・ディ・ファッサからロープウェイで、
という訳で、行った所を覚えていない、というのが露呈致しましたぁ。 きゃはは。

ドロミーティでの夏休み ・ ロッレ峠を越えて
http://www.italiashiho.site/archives/20170815-1.html

n.1 ドロミーティ2000m級の高地 カティナッチョ連山
http://www.italiashiho.site/archives/20170819-1.html

n.2 ドロミーティ 2000m級の高地の散歩 カティナッチョ連山
http://www.italiashiho.site/archives/20170824-1.html



3. ロンバルディーア州 キアヴェンナ・Chiavenna、 Lombardia

3-chiavenna.jpg

ソンドゥリオ県にあるキアヴェンナは、美しい風景と自然を愛する人には理想の場所で、
キアヴェンナの近くにはパルコ・デッレ・マルミッテ・デイ・ジガンティ・
parco delle Marmittedei Giganti・巨人達の鍋の公園、と、素晴らしく美しい
カスカータ・デッラックワ・フラッジャ・cascata dell'Acqua Fraggia・滝があり、

食いしん坊にはまさに土地の独特なピッツォケッリ・キアヴェンナスキ・
pizzoccheri chiavennaschiを味わう事をお勧めします。

「巨人たちの鍋公園」とは何かと思いましたら、氷河期の氷河が残した自然の造形
とでもいう物で、鍋の様に丸い形の穴ぼこが開いていたり、の広い自然公園。

こちらのYoutubeで、喋り過ぎが例の如くちょっと邪魔かもしれませんが、
公園の様子が良く分かるかと。
https://www.youtube.com/watch?v=ZyWRdLr2Bpw



と、ピッツォケッリ・キアヴェンナスキの写真を追加で、

3-pizzocheri.jpg

硬くなった古いパンを牛乳に浸し、柔らかくなったのに粉を加えお団子風に丸めて
茹で、ジャガイモをサイコロにして茹でたのと一緒に、とろけるチーズを絡めた、
まさにニョッキ・ジャガイモのお団子風、の伝統的な料理の様子。


なぜここに: キアヴェンナはソンドゥリオ県で唯一のトゥーリング・クラブ・
       イターリアのオレンジ色の旗・観光環境の質の良さ、を貰った場所
       である事、
       さらに、スイスと国境を接するだけでなく、コモ湖から約50kmの近さ、
       レイ湖からもさらに近い距離で。

スイスに近く、コモ湖から50km、レイ湖はさらに近い、というのが何を言いたいのか
ピンと来ず考えましたが、レイ湖というのがキアヴェンナから北に、スイスに接する
所にある細長い湖だというのを地図で見つけ、
自然環境が大変に良く美しく、夏のヴァカンスに最適、と言いたいのであろうと。



2. シチーリア  エトナ山の斜面・Pendici dell'Etna, Sicilia

2-pendici_etna.jpg

もしシチーリアに行きたいなら、エトナ山の斜面はあなた方の物。 この素晴らしい背景と、
海にすぐ近いというのは、ヴァカンスにはどちらも、と望む人にはぴったりで、
観光業のサーヴィスもこの一帯は最適です。
美味しい料理と温暖な空気はリラックスさせ、土地の美しさを堪能させます。



写真は雪景色のエトナ山ですので、山腹写真を追加し。

2-b8af0189cb.jpg

なぜここに: イタリアでもヨーロッパでも唯一の、領域内に豊かな並外れた料理と
       ワインを持ち、その上に海はすぐそこで、つまり山へのハイキングと
       シチーリア沿岸の小旅行を組み合わせるのに最適だから。
        
       そして斜面にある楽しい美味しい村落の宿、リストランテの値段は、
       大変に競争が激しく、つまりお安い、と。


地図をどうぞ。 エトナ山麓は公園になっているのですねぇ。

2-parco di etna.jpg

シチーリアは希望しつつ、未だ未踏で、行って見たいなぁ・・!



1. ヴェネト州 コルティナ・ダンペッツォ・Cortina d'Ampezzo, Veneto

1-cortina-d-ampezzo.jpg

当サイトが付けたn.1は、コルティナ・ダンペッツォ。 このまさに自然の天国は
一年を通して訪問するのに素晴らしく、とりわけ夏はね。

夏の文化的な、そして美食の催しは決して欠く事なく、野外活動、
そしてナイト・ライフはコルティナにおいては日常の事!


なぜここに: 「ドロミーティの女王」と呼ばれるのは理由がある事で、
       たくさんの谷や、ヴェネトやトレンティーノの公園に囲まれ、
       山でのリラックスから若者たちの楽しみとがジョイントした、
       これがイタリアの観光商品の素晴らしい見本!

唯一の欠点は? 気温は涼しい、肌寒い程で、これがもし欠点と言えばで、
と、・・お値段が適当な競争で、つまり少々お高い事。



地図をどうぞ。 電車、バス(電車の終着駅カラルツォから)を使うと、
ヴェネツィアからも楽に到着できます。  

1-cortina map.jpg


コルティナ・ダンペッツォの遅い春
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461526710.html

夏のドロミテ ・ コルティナ、ミズリーナ湖
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460885260.html

ドロミテからご挨拶 ・ Saluti da Dolomiti
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460884868.html

コルティナ・ダンペッツォ ・ Cortina D'Ampezzo
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460884463.html


という様な、夏の週末のリラックスに、はたまた少し長い休暇に出かけられそうな
山の素晴らしい場所のご案内でした。

若い方も、いつもの都会めぐりだけでなく、ちょっと目先を変え、また海とは違う
ゆったりの自然の中でのリラックスは如何でしょうか?!


*****
   
記録庫ブログには、  スコミーゴ村の四季に 5記事 
コネリアーノとその周辺に  2記事   
アップしています。 

ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
古い農民の靴 描き始めと、 ホテルに置き忘れられた、仰天の品々15点! を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。 

この記事へのコメント

スポンサーリンク