・ 祝 「プロセッコの丘」 世界遺産に登録 と スコミーゴ村の朝

先日8日朝歩きの後、朝食のお供にTVニュースをつけると、なんと、
「コネリアーノからヴァルドッビアーデネにかけてのプロセッコの丘」が
世界遺産に登録された、という嬉しいニュース! イェイ!

1-71d2d637e64c828ef57db6359c66d45e.jpg

そうなんですよね、世界遺産指定に向けて立候補している、というのは
知っていましたし、大変美しい葡萄畑の風景である事は常々我がブログでも
自慢していましたが、まぁさかね、本当に登録決定なんて、嬉しいぃぃ!!

イタリアでは今回の「プロセッコの丘・コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ」
登録が55か所目、ヴェネトでは8か所目になるのだそうで、

2-1-.jpg

真ん中に見えるルーカ・ザイア、ヴェネト州知事は、

彼はヴェネト知事になる前に農業大臣だったのですが、当時からの夢だったそうで、
運動を初めて10年目、遂に土地のプロセッコ醸造の人々と共に念願がかない、

これで一層この一帯の観光誘致、並びにプロセッコの世界に向けての販売拡張が
弾む事でしょう。



一口にコネリアーノ・Coneglianoから、ヴァルドッビアーデネ・Vardobbiadeneに
かけての土地、いわゆる「プロセッコの道」と言っても、
今回のユネスコの指定地域は地図で見るとこの様になっていて、

2-2-MAPPA-COLLINE-PROSECCO-VALDOBBIADENE-UNESCO.jpg

左に赤線で囲ったのがヴァルドッビアーデネで、緑色が広がる右上1の地域が
ヴィットリオ・ヴェネトで、ここがコア地区。 
薄いベージュ色の2のバッファ地域に真ん中下のコネリアーノが含まれます。

この「プロセッコの道」と呼ばれる地域は、コネリアーノからヴァルドッビアーデネに
至る33kの行程、15コムーネに跨る、約3500ヘクタールに及ぶ葡萄畑で、
多分今はもっと面積が増えている物と。




いやぁ、薄緑色の地区の、とりわけ中程から少し西にかけての葡萄畑の様子を
良く知っていますから、これはもう、少し差がついても当然と思う程で、

この写真に見える丘の上に広がる村は、サン・ピエトロ・ディ・バルボッツァ・
S.Pietro di Barbozzaと言いますが、この一帯の葡萄畑の美しい事!!

3-1-San_Pietro_di_Barbozza_valdobbiadene-3.jpg

営々と人手で耕され育てられた、トラクターの入らない土地なのですね。



サイトで見つけたこの一帯の葡萄畑の様子をどうぞご覧下さいね。

土地の傾斜に沿い、うねり、曲がりながら続く畑の畝で、時に隣の畝とが
まるで編まれたみたいに繋がる様子も見える場所なのですよ。

3-2-.jpg

4-3.jpg

5-2.jpg

6-5.jpg

7-4.jpg



この碑は実際に見た事がありますが、左縦に「ヴァルドッビアーデネ」と入り、
右には、「土地、人間 そしてプロセッコの葡萄の歴史」と。

9-stele.jpg



こんな畑、こんな風景、信じられます?! 

10-valdobbiadene_vigneti_prosecco_unesco.jpg


大分前ですが、「プロセッコがある限り」というタイトルのイタリアの推理映画があり、
見る前から大体想像していた通り、映画はまるで・・でしたが、はは、失礼、

中に映し出されるこの一帯の「プロセッコの丘」は何とも言えず美しく溜息が出る程で、
なんと美しい所に住んでいるのよねぇ!と言いあった事でした。



白ワイン、プロセッコのお祭りは春5月にこの一帯あちこちで開かれますから、

11-vino_prosecco.jpg


どうぞ春のシーズンに、この一帯の葡萄畑の美しさを愛でに、
そしてプロセッコを味わいに、是非お出かけ下さいね!!


「プロセッコの丘」世界遺産登録  乾杯・チンチン! おめでとう!!

12-prosecco.jpg


Youtubeもどうぞ。 https://youtu.be/0czC6fzYcSc

n.1 ヴァルドッビアーデネ ・ プロセッコ ワイナリー訪問
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463526381.html

n.2 ヴァルドッビアーデネ ・ プロセッコ ワイナリー訪問
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463526671.html

白ワインの道を走る、ヴェネト一周自転車競技
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463525348.html

n.1 白ワインの道 Strada del Vino Bianco
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461343979.html

n.2 白ワインの道 ・ サント・ステーファノ付近
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462783931.html

世界一のワイン樽製造所 ・ ガルベロットのご案内を
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463849891.html



で、奇しくも、という程ではありませんが、ははは、8日に朝歩きに家を出た所で、
雲の色が染まっているのに気が付き、引き返しカメラを持ち朝の様子を写したものを。

6月下旬の夏至の頃には、同時間既にフリウリとの境の山裾から太陽が顔を
出していたのが、今はかなり遅くなり、ちょうど撮るのには良いですが。

13-DSC03102_01_GF.jpg

14-DSC03101_01_GF.jpg

15-DSC03100_01_GF_01.JPG



この後少し歩き、こちらの坂道にかかる頃には、朝焼けの赤い色がなくなり、
丘の向こうに輝きが見える所。

16-DSC03111_01_GF.jpg

17-DSC03108_01_GF.jpg

18-DSC03107_01_GF.jpg



道の右脇は葡萄畑との境の柵が続き、横からの光線で道に筋が出来、

19-DSC03113_01_GF.jpg



丘の影になる奥はまだ光が当たらず、こちらへ上る畝にのみ朝日が射し。

20-DSC03114_01_GF.jpg



丘の畝とちょうど同じ高さの太陽の位置で、射しこむ光線で面白い色が出ました。

21-DSC03115_01_GF.jpg



先に進み、西に見えるフォルメニーガの丘の教会の上、面白い雲と、薄いピンク色。

22-DSC03116_01_GF.jpg



目的地のカルページカの教会下まで行くと、ちょうど斜めに射す陽に光る草。

23-DSC03117_01_GF.jpg



少し坂道を上り教会前に着くと、フォルメニーガの丘にも陽が当たり、

24-DSC03119_01_GF.jpg



引き返してきた所で、さっき草を食べていた顔見知りの猫ちゃんがお座りで。

25-DSC03122_01_GF.jpg

外猫がご飯を貰っているのか、いつも同じお家の前にいるんですが、
なかなか慣れてはくれずで、こちらも忙しく歩くので、チャオチャオと。



既にかなり太陽が上った所まで戻って来て、丘一面の葡萄畑と、手前の畑と。
葡萄の房はかなり大きくなっていますが、粒はまだまだ硬く、小さめ。

26-DSC03125_01_GF.jpg

27-DSC03134_01_GF.jpg

28-DSC03135_01_GF.jpg



道と葡萄畑の段差、光と影の様子が面白く。

29-DSC03128_01_GF.jpg

30-DSC03132_01_GF.jpg



前日は雨だったので、この朝は本当にすっきりと晴れ、空も良い色になり。

31-DSC03133_01_GF.jpg



長く続く柵の影が、まるで蛇のようにうねりながら坂を下り、笑いましたぁ。

32-DSC03137_01_GF.jpg



*****
   
記録庫ブログには、 ラツィオ州  7記事 を
アップしています。 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
農民の靴 途中経過と、 冬3か月間、陽の射さない村 ヴィガネッラ を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • corsa

    おめでとうございます~!パチパチパチ!!!
    ニュースで見た時、真っ先にShinkaiさんのことを思い出していましたよ~、笑。
    白はめったに飲まない私でも、プロセッコは別。お魚にアペリティーボに、これなしでは生きられないようなワインですよね~。その上、お財布にも優しい!
    これをきっかけに、プロセッコのお値段が上がったり、ワインツーリズモが盛んになりすぎて、地域が変に観光地化してしまうとか、若干の危惧も覚えますが、そうならないことを祈ります。
    これを機会に、というのも変ですが、近い将来に、一度、コネリアーノに行ってみたいと考えておりますので、その際は、是非、プロセッコのアペなど、お付き合いいただければ嬉しいです。
    2019年07月14日 22:35
  • shinkai

    ★corsaさん、こんにちは! いやぁ、早速に嬉しいコメント、お祝い、有難うございま~す!!

    ニュースで見た時、私の事を思い出して下さった?! それはそれは! それはもう、一度コネリアーノにお出かけ下さらないとね、「白ワインの道」をご案内致しますよ。
    道筋に何軒もメーカーがあって、コルサさんがきっとお好きな、ははは、味見をしながら、お買い上げいただけますです。

    そう、プロセッコは本当に美味しいと思います! キリっとすっきりと爽やかで、それなのに旨味があるという感じ、でしょう?


    そうなんですよ、私も、認定は嬉しい事だけど、あの狭い葡萄畑の中に大勢が入り込んだりしないようにしないとね、とすぐに思いましたもの。
    ヴェネトの人間は結構商売っ気がある気がするので、はは、変になびかないと良いのですがね。

    はぁい、この秋10月は日本での個展があるのと、多分白内障の手術がありですが、来年の春位はどうですか? 
    白のお祭りがたくさんある筈ですし、計画してみて下さいね。 お知らせをお待ちしていま~す!
    2019年07月15日 00:42
  • Panda

    今更ですが、世界遺産認定の話を聞きブログに飛んできました。
    畑の光景、美しいですものねぇ。
    最近は本当に忙しくなってしまい、ブログに伺うのもご無沙汰でした。 10月の個展開催、早目にご連絡くださいませ。 シンカイファンのお客様が多くて、個展はいつ?と聞かれることも多いのです。 これを機に、マメマメでブログ訪問します。
    2019年07月24日 15:18
  • shinkai

    ★Pandaさん、こんにちは! 嬉しいコメント、有難うございます!!

    そうなんですよぉ、まぁさか、と思っていたのですけど、登録されましたぁ!
    とはいえ、勝手ながら、プロセッコが大いに飲まれるようになるのは有難い話ですが、あの狭い地元に余り観光客が押し寄せるのもなぁ、と、ははは。


    個展の事も有難うございます! ええと、広島三越で10月29日(月)から11月4日(月)までです。 3日が祭日日曜と重なるので、1日長い日程に。

    はい、今回はDMの発送を1週間ほど早めにと思っていますので、少し多めに送らせて頂きますね。 よろしくお願い致しま~す!!

    お忙しいのは結構ですけど、体調にお気をつけて下さいね!
    2019年07月24日 15:42
スポンサーリンク