・ 広島で食べた旨いもの!

旅の恒例「旨いもの編」。 今日は勿論「広島旨いもの編」を見てやって下さいね。

実はほぼ最後まで書き上げた所で、プチっと電源が切れ、あっ!と思った時は
プシュっと消え、書き上げたばかりで保存していない記事がぁぁぁ!
まったくなぜ、ブロック・ノートにもなぜ自動保存装置を付けてくれないんだろ!!
力なくお昼ご飯を食べ、さてもう一度元気を出して書く事に。

広島到着の翌日、宮島の対岸の阿品に住んでいる友人の家に行く前に、
西区役所で戸籍謄本を貰うべく、市内電車に乗り出かけました。

区役所前で電車を降りるとどこかシンとし、駐車場に車の少ないのも目に留まったものの、
入口は東側、との表示に従い東から入り口を入ると、脇の窓口から小父さんが顔を出し、
何でしょうか?  戸籍謄本を頂きたいのですが。 今日はお休みですよ。
ありゃ! 今日は土曜日でどこも皆お休みです、と冷たいあしらい。

あれま。 自分が動いていると皆動いていると思うのと、今日は土曜日、お休み、
という感覚がなくなっている田舎者なのも自覚し、ははは。
すごすごとまた電車に乗り、阿品迄。


宮島の端の海が煌くお天気の良い日で、この阿品の高台の友人の家に通うのも
何十年もの事。 

1-.jpg

2-DSC03496_01_GF.jpg

何せ長年の絵の友人難波ちゃんとは既に知り合って45年以上で、
絵の事のみならず何を話すのもツーカーで、何よりも信頼出来る友がいるのは、
本当に有難い事なのです。



お父さん(ご主人)がお昼御飯にと、宮島の上野屋の「穴子飯」を買って来て下さり、

3-DSC03481_01_GF.jpg



上にはしっかり穴子が乗り、下にはご飯がしっかり詰まり、これはご飯が多そう!
と言いつつ、全部しっかり美味しく頂き、ははは。

4-DSC03482_01_GF.jpg



夜のご飯の前、ふっと見ると「獺祭」の箱。 何も聞かない前から既に自分の物と思い!
ははは、

5-DSC03483_01_GF.jpg



晩御飯のテーブルに。 このお酒は本当にまろやかで美味しいのよね!!

6-DSC03488_01_GF.jpg



夜はまたお父さんのお心遣いで、お寿司!! 裳裾を引きづる様な大きな穴子も、
イクラもウニも、なんでこんなに日本のお魚は美味しいんだろうね!!

7-DSC03484_01_GF.jpg



お刺身も、

8-DSC03486_01_GF.jpg



これもお父さんの家庭菜園の水菜のお浸し、上にちりめんじゃこ。 鰤の焼いたの、
そして貝汁。

9-DSC03487_01_GF.jpg

長野で育った私はずっと子供の頃、朝ご飯のお味噌汁はシジミだったので、広島に来て後、
貝汁の美味しさに驚いたものでした。 
アサリはね、やはりスパゲッティよりも貝汁よね、うん。



初めての果物、パッション・フルーツ、これもお父さんの畑にあるんだそうで、味見を。
中はトロリの黄土色と黄緑の、甘酸っぱい美味しいもの。 7年長生きできるかな?!

10-DSC03492_01_GF.jpg

パッション・フルーツはトケイソウの実ですが、ほら、花の中に雌蕊が3つに分かれていて、
一寸見に十字の様に見えますね。 それで受難の意味のパッションと呼ばれ、
情熱のパッションではないのですね。



さて広島三越のある胡町、八丁堀付近の地図をどうぞ。
いつも個展で日本に行った時は、仲間との食事会を通称宴会部長が場所を探し
予約してくれるのですが、今回は土、日と友人達が2分したので、
まず2日の予約を「龍馬」でとってくれ、 サイトは https://ryoma.owst.jp/

11-Cattura_GF.jpg

行った所が大変気にいり、美味しかったので3日の分を予約し、2晩通いました!

4日は搬出の後、出かけて来てくれた広島の絵の友人2人と行ったのが、「さかな市場」で、
日曜の為お休みが多かったのですが、ここは予約なしでOKで、特別な事は無かったですが
十分に美味しく、良かったですね。
えびす海鮮 さかな市場 https://www.hotpepper.jp/strJ000743575/

三越西横にあるビルは、以前は百貨店だったのですが、今はいろいろな店が入っていて、
6階にユニクロがあり、7,8階には本の丸善が入っていて、新しい本に飢えていた私は
丸善に2度通い、全部で文庫本を22冊買って戻りました。
ロバート・B・パーカーのスペンサー・シリーズ7冊、万葉集、サマセット・モーム、
イシグロ・カズオ、史上最大の作戦、等などで、 これで暫くは飢えずに済みそうです。



さて2日の「龍馬」の、掘り炬燵式の部屋に落ち着いて、二木(ふたつぎ)さんご夫妻、
可愛い色白美人の竹ちゃんと、ちょっとお腹が出た?の一郎君。

12-DSC03587_01_GF.jpg



宴会部長の従妹でもあるハワイからの友人Mちゃん、なんと6年目の逢瀬でしたが、
ちっとも変わらない美人さん。 ピンボケ、ご容赦。

13-DSC03584_01_GF.jpg



我らの宴会部長でもあり、shinkaiの日本での秘書みたいにこき使っているYSちゃん。
いつも本当に有難うございます!!

14-DSC03590_01_GF.jpg



さて、突き出し3種。 なんだったっけ、書き出して全部覚えていないのに気が付いた。

15-DSC03591_01_GF.jpg



マッシュルームの傘に、何が入っていたっけ? オリーヴ油が使われていたね。

16-DSC03592_01_GF.jpg



竹ちゃんがお酒を飲めないので、飲むのは4人で、お酒を選んで注文するのは
宴会部長で、あれこれ何種類か飲んだ記憶がありますが、どれもが美味しかった、
というシンプルな感想のみ!

17-DSC03593_01_GF.jpg

プロセッコも普通のワインも美味しいし、この頃は晩御飯の後グラッパを飲んでいますが、
ワインの美味しさと日本酒の美味しさはまるで違うのですよね。 まろやか!の一言ね。



アックワ・パッツァ。 日本ではイタリア料理は食べない、日本食だけ、と豪語
しているのが、この店の料理はイタリア風が取り込まれていて、
それが結構美味しく抵抗なしで。

18-DSC03594_01_GF.jpg



焼き牡蠣。 牡蠣はカキフライも食べましが、酢牡蠣が抜けたなぁ、今回。

19-DSC03595_01_GF.jpg



これはお刺身の下にマスカルポーネ・チーズで、バルサミコ酢と。
イタリアのお魚が新鮮で種類が多かったら、こんな風にも食べられるのにね、残念。

20-DSC03597_01_GF.jpg



これは焼き鱧でしたね。

21-DSC03598_01_GF.jpg



蛸の刺身と、上は広島名物小イワシの刺身、生姜で頂きます。

22-DSC03599_01_GF.jpg

小イワシを裂くには、竹のヘラの薄いので、すっと身をそぐのですよ。
昔は道端で、おばちゃんが小イワシの刺身を、すっ、すっと作って売っていたっけ。



揚げだし豆腐。 ほとんど出汁の味のみの薄味でしたが、こういうのも美味しいね。

23-DSC03600_01_GF.jpg

ずっと普通にお醤油を使って来て、お土産に頂いた出汁醤油でその美味しさに驚き、
リチェッタを探し、今は自分流に出汁醤油を少量づつ作っては使っていますが、
これに慣れると普通のお醤油が如何に強い、辛いかがよく分かり、
いい意味の減塩になるかも、と思っています。



穴子の白焼き。 美味しかった。 穴子、牡蠣、その他のお魚も広島は美味しい!!

24-DSC03602_01_GF.jpg



牡蠣の天婦羅、私食べたっけ?   だし巻き卵。

25-DSC03603_01_GF.jpg



最後の〆に、鯛茶漬け。 これも美味しい出汁でしたね。

26-DSC03605_01_GF.jpg



「龍馬」の最後にお気に入りの写真を。 これ、店の方が「おかみさん、このお酒は?」
という感じに見えません? ははは。

27-DSC03606_02_GF.jpg

ハワイのMちゃんからメールが届き、最後に注文した小イワシの天婦羅、来たっけ?!
ははは、彼女も美味しく食べて、まだ心残りがあるのねぇ。

翌3日の夜は、また別の友人達が尋ねて来てくれ、二木さんご夫婦と全部で6人で、
また龍馬に。 でもこの日はカメラを画廊に忘れ、写真なし、残念。

「またお越しくださいませ」 「はぁい、3年後にね」 
そう、現在、広島在が1人も居ないのですものね。 



4日の夜は搬出の後、たまたま良さそうな店で入った「さかな市場」でしたが、
椅子の個室で女3人、いっぱいお喋りをしながら、食べ、飲み、笑い、楽しみました。

突き出し。

28-DSC03614_01_GF.jpg

29-DSC03624_01_GF.jpg



これは白魚かな、からっと上がった軽いサクサク味で美味しかった。

30-DSC03628_01_GF.jpg



お刺身を2人前頼みましたら、皆2切れづつで、ははは、でも喧嘩無しね。

31-DSC03641_01_GF.jpg



焼き牡蠣を私のみ一つ頼んだら、だって450円もするんだもん、身がちいちゃかった!

32-DSC03653_01_GF.jpg



お酒は小さな升に入ったコップになみなみと注いでくれ、コップから溢れて
升のほぼ上まで、ね。
なので1人がコップのを飲み、もう1人が升からね。 
この表面張力を見よ!!

33-DSC03660_01_GF.jpg



付き合ってくれた友人2人、Yukiちゃんと、mkちゃん。 有難うね!!

34-DSC03669_01_GF.jpg



それぞれに好きなお寿司を注文し、やはり穴子が美味しく、ホタテもね。

35-DSC03671_01_GF.jpg



お酒は結局3杯飲み、どの写真がどれだったか覚えていませんが、へへ、

この威勢の良い注ぎ方を見てやっておくんなせえ! 
升の縁までたっぷりと溢れているんですぜ。

36-DSC03675_01_GF.jpg



彼女たちは焼きむすびを。 お魚味のお味噌とか。

37-DSC03683_01_GF.jpg



shinkaiは貝汁を。 合わせ味噌だとももっと好きかも。

38-DSC03687_01_GF.jpg



滞在最後の5日は、お土産を揃えに本通りに出て陶器のお皿を買い、ユニクロにも
寄って冬用のヒートテックなどを買いました。

ユニクロでの会計の時、免税扱いがあると知り、お願いしたのでしたが、残念、
日本への入国を顔パスで通ったのでスタンプなしで、OKとなりませんでした。
次回からは忘れずにスタンプを押して貰おう!

本通りで、お昼御飯にカレーが食べたくなり、お店の方にこの近くにカレーの店は?と
尋ね、教えて貰った「ガリバー」という店。
国際ホテルの前にあり、道角の小さなカウンターのみのお店。

39-gariber_GF.jpg

あっ、「あ」と大きく入っていたね。



お願いした海老カレー、中辛、ご飯少な目。 ビールは、と聞くと大瓶しかなく自粛。

40-DSC03727_01_GF.jpg

昔はねぇ、大辛の上の方まで行けたけど、衰えましたねぇ、ははは、仕方ないけど。
でも美味しいカレーでした。 出て気が付いたのは、あっ、ラーメン食べてなかった!!

今回のホテルの朝食バイキングでは、毎朝作り立てのお豆腐と、とろろイモ、
小イワシの唐揚げがあったので、とても気に入り、せっせと頂きましたし、牛乳も飲み、
朝出勤していく皆さんの姿とか、車を見下ろす窓際の席でゆっくり、しっかり食べ、
いつもは飲まないコーヒーもお持ち帰りで部屋に持って行き、本を読みながらね。


さてさて、また次回日本に行くまでは日本食の楽しみは無しですが、
目の前のオチャカナにして頑張って参りましょう! にゃお~~ん。

淡路でもまた美味しいものを頂いたのでしたが、分家ブログの方で見て下さいね。


*****
   
記録庫ブログには、 ラツィオ州を 4記事 アップしています。
 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、 
淡路で食べた旨い物、と、 ヴェネツィアの高潮 について を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

スポンサーリンク