・ イタリアの小さな村が、クリスマス・カードの様に変わる時

皆さま、ブオン・ナターレ!!

1-1-1-ttura.jpg
 
良いクリスマスをお迎えになられておいでと思います。

今年一年もあともう少し。 頑張って良い年の暮れを迎えましょうね。
そして、食べすぎ、飲み過ぎにご注意を! ははは。


今日はクリスマスの日に相応しいような物を、と思い見つけたサイト、
I borghi d’Italia che si trasformano in cartoline di Natale」 
上のタイトル通り、からの写真と、例により追加もあれこれでご紹介を。

イタリアにはたくさんの美しい小さな村々がありますが、12月のクリスマス・
シーズンにはまるでプレゼーピやクリスマス・カードの中から抜け出て来た様な、
家並や光が素晴らしい村が丘の脇や、海を見下ろす場所にあります。

という説明が最初にありますが、shinkaiがこれは良い、と思ったのは、
なかなかwebサイトでは紹介がない、でもとても良いと思っている場所が
2つ3つ含まれていたのでちょうど良いと思い、はい。

ではまず、
1. モンテ・サント・ディ・ルッサーリ・Monte Santo di Lussari
  フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州 ウーディネ県
  今回は最初の写真がサイトからの物です。

1-1-Monte Santo di Lussari – Tarvisio - Udine C_2_fotogallery_3084484_1_image.jpg

ここの写真は良くサイトに登場しているので、ご存知の皆さんお多いかと。

元々は聖所だったのが、現在はスキーの為の小さな逗留地ともなっていて、
16世紀の修道院が海抜1700mにあり、そこからのパノラマが素晴らしい。
雪景色はまるでプレゼーピオの様に。



どこにあるか、地図をどうぞ。 右に囲ったグレイの線が交わる所、
ここがイタリア北東部の突き出した所で、上がオーストリアで、
右、東がスロヴェニア。
タルヴィーシオ・Tarvisioがイタリア島北部の最後の町。

1-monte lussari.jpg



美しい写真でしょう? 年越しに行われる「フィアッコラータ・fiaccolata」
夜、灯を持って皆が行列行進をするのを言いますが、
年越しとあるので、きっと一番奥の教会、修道院への参拝ですね。

1-monte-lussari_fiaccolata_ph-©Bruno-Pisani-630x340.jpg



夏の様子で、ここはきっと夏の避暑地にも良い所でしょうね。

1-Monte-Lussari-1.jpg



2. メッザーノ・デル・プリミエーロ・Mezzano del Primiero
   トゥレンティーノ・アルト・アディジェ州  トレント県

2-1-C_2_fotogallery_3084484_0_image.jpg

サン・マルティーノ・ディ・カストロッツア・San Martino di Castrozzaの
山並みの陰にある素晴らしい村で、アルプスの村文化の戸外の博物館、
村の小路や広場、、家庭菜園、流れ、などと共に薪の山や切り株で作った
芸術モザイクがある。



地図をどうぞ。 上に見えるシロール・Sirorには義理の息子の夏の家があリ、
何度か行きましたし、一度メッザーノにも行った事があります。

2-1-mezzano.jpg

薪の山と、木のモザイクと ・ メッザーノ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468344148.html

ドロミーティ ・ 山の村のクリスマス市・シロール
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468200074.html



メッザーノの村のクリスマス・ツリー。

2-mercatini-trentino-mezzano.jpg



メッザーノの夏の家並。

2-mezzano di primiero.jpg



3. マナローラ・Manarola  リグーリア州 ラ・スぺーツィア県

3-1-C_2_fotogallery_3084484_2_image.jpg

リグーリア海岸のチンクエ・テッレの町の1つとして世界遺産にも登録の有名な
場所で、すでにこんな夜景自体がプレゼーペみたいですが、



12月にはギネスの記録で「世界一の大きなプレゼーピオ」と認定のプレゼーピオが
町に向かい合う丘全体に繰り広げられる。

3-2--C_2_fotogallery_3084484_3_image.jpg



一応地図を。

3-3-manarola.jpg



岩にへばりついている様なマナローラの町。 左の丘がプレゼーピオが飾られます。

3-Italy.Cinque.Terre.Manarola.2.jpg

リグーリア、そして チンクエ・テッレの海の色
http://www.italiashiho.site/archives/20180621-1.html



4. ブリジゲッラ・Brisighella  エミーリア・ロマーニャ州 ラヴェンナ県

4-1-C_2_fotogallery_3084484_4_image.jpg

岩壁の上に根付くような要塞、狭い迷路の様な路地と歴史的な建物、そして
寄り掛かる家並に中世の面影を強く残す古い町。



地図をどうぞ。 ボローニャから東のラヴェンナに向かう道筋のファエンツァから。

4-brisighella.jpg



美しい雪景色をどうぞ。

4-Brisighella_innevata.jpg



この町では魅惑的なクリスマス市が開かれる。 という写真を見つけました。
なんとこの町の素敵な「ロバの道」で開かれるのですねぇ!

4-Mercatino-di-Natale-Brisighella.jpg

n.1 ブリジゲッラ ・ 中世の要塞と美しい村と
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463937799.html

n.2 ブリジゲッラ ・ 中世の要塞と美しい村と
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463938002.html



5. アッシジ・Assisi  ウンブリア州  ペルージャ県

5-1-C_2_fotogallery_3084484_6_image.jpg

アッシジというと即サン・フランチェスコ聖堂の写真が出て來るのを見慣れていて、
一瞬、おお、懐かしい!という想いが湧いた道角のタイルの壁画。
聖堂前の広場からヴィア・フラーテ・エーリアを下るとここに出て來るのですよね。



一応地図を。

5-2-assisi.jpg



プレゼーピオを最初に飾った聖フランチェスコの生地であるアッシジでは、冬季、
そしてクリスマスが近くなると一層生き生きとした強い精神性が感じられ、
聖堂、町の道筋の至る所に飾り付けが施される。

これは上院前の広場いっぱいのプレゼーピオ。

5-assisi banner-def-2.jpg



町の中心にあるコムーネ広場では、こんな風に壁に映し出されるのですねぇ。
右はジオットーの絵だったと。

5-assisi IMG_2328-770x470.jpg

アッシジのご案内は、こちらから
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460871638.html



6. アンギアーリ・Anghiari  トスカーナ州 アレッツォ県

6-1-C_2_fotogallery_3084484_7_image.jpg

これもまた懐かしいアンギアーリの写真で、一瞬、わぉ!と思いましたっけ。

この町はレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた幻の絵で有名な、ミラノ勢と
フイレンツェの1440年に行われた闘いの舞台となった所。



地図をどうぞ。 フィレンツエから南に下ったアレッツォ・Arezzoからバスで。

6-anghiari.jpg



町の中心はルネッサンス様式の建物や、狭い迷路の様な小路の
魅力的なもの。

6-Anghiari-di-Natale-2019_08a_big.jpg

この写真右にはパラッツォ・タリアテスキ博物館があり、左向かいには
かの「アンギアーリの戦い」博物館が。



美しい雪景色の広場。 中心に見える像はイタリア独立の大立者ガリバルディ。

6-Anghiari-Natale45084.jpg

右に見える道は大変な傾斜の直線道で・・。 こんな雪の日はどうするんだろ?!

「アンギアーリの戦い」始末記と、その周辺もろもろ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461130197.html

n.1 アンギアーリ ・ 中世の宝石箱の様な町
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461129676.html

n.2 アンギアーリ ・ 中世の宝石箱の様な町
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461129968.html



7. ペッツォ・ディ・グレーコ・Pezzo di Greco  プーリア州 ブリンディシ県
   ファサーノ市

7-1-C_2_fotogallery_3084484_8_image.jpg

「プーリアの刃」と呼ばれるプーリアの典型的な風景は、川の浸食による
細い溝が「刃」と呼ばれるのだそうで、その「刃」と共にある洞窟には、かなり
現代に近い時代まで人々が住んいた歴史があり、
ラーマ・デル・トラペット・Lama del Trapettoにある古い洞窟村には
地下の大きなオリーヴ油の採油場もあるのだそう。

という事で、上のサイトの写真の意味が分かりましたが、



地図をどうぞ。 イタリアの長靴の踵の付け根の海側、とお考え下さいね、
で、海から3k程の距離にあり、ファサーノからは3kの距離と。

7-2-pezze di greco.jpg



で、この洞窟住居跡は年間を通して見学でき、クリスマスの時期には
「生きたプレゼーペ」、生きた人間によるキリスト誕生と当時の生活再現が、
100人もの人々によって行われるのだそうで。

7-3-presepe vivente pezze di greco.jpg



検索すると「生きたプレゼーペ」の写真がたくさん見つかった他に、こんな
「トゥルッリ・trulli」、アルベロベッロの特許かと思っていたのも見つかりました!

7-4-smasseria-trulli.jpg

ついでに距離を調べましたら、ペッツォ・ディ・グレーコから西に約25k程、車で
30分程の位置にアルベロベッロがあるのも分かりましたから、
あの一帯には他にもトゥルッリがあるのだろうなぁと。



8. マテーラ・Matera  バジリカータ州

8-1-C_2_fotogallery_3084484_9_image.jpg

1993年から世界遺産登録、今年2019年はヨーロッパの文化首都となった
マテーラ。 世界で一番古くから住民が住んでいた洞窟住居の1つでもある
サッシ群。
それら古い住居、教会にもクリスマス時期にはたくさんの灯が点けられ、
その特徴ある雰囲気は大変に素晴らしいもの。



地図をどうぞ。 バーリ・Bariから連絡があります。

8-2-matera.jpg



陽が灯ると一層雰囲気が増しますが、

8-Matera-8.jpg



ほら、雪景色が良いですねぇ。 流れ星の姿があちこちに見えます。

8-matera IMG_0056.jpg

マテーラ・Matera ・ 洞窟住居と、マテーラの町について
http://www.italiashiho.site/archives/20181021-1.html

夜と、朝の眺め ・ マテーラの風景
http://www.italiashiho.site/archives/20181025-1.html

洞窟教会の一つ、現在の地下礼拝堂 ・ マテーラ
http://www.italiashiho.site/archives/20181214-1.html



9. カステルメッザーノ・Castelmezzano  バジリカータ州 ポテンツァ県

9-1-C_2_fotogallery_3084484_10_image.jpg

住民の数は750人ちょっとのこの村は、他の周辺の小さな村と共に
ドロミーティ・ルカーネ公園・Parco delle Dolomiti Lucanoを形作り、
イタリアで一番美しい村々の1つにも指定されている。



地図をどうぞ。

9-3-castelmezzano.jpg



上の切り立った山の姿も凄いですが、こんな風に物凄い高地に、とはいうものの
海抜750mですから高地というよりも立地する条件が凄いのかもですが、
雪の山懐に、こんな風に抱かれている写真も!

9-2-castelmezzano-1979546_1280-780x405.jpg



ルカーノ(バジリカータ州の)ドロミーティ、と名乗る程の周囲の山の姿ですが、
こんなのも見つけました。 大きさが分かるように2枚ね、はは。

9-scastelmezzano (2).jpg

9--castelmezzano.jpg



10. サン・ジミニャーノ・San Gimignano  トスカーナ州 シエナ県

10-1-C_2_fotogallery_3084484_5_image.jpg

世界遺産指定の、特異な姿を残す中世そのままの塔の町は、冬期には
町全体がとりわけ星空の下でプレゼーピオに変身する。

この町はどこにでも登場し過ぎな程ですが、



一応地図を。 シエナからのバスをポッジボンシ・Poggibonsiで乗り換えて。

10-2-sCattura.jpg



いつものチステルナ広場の灯の飾りつけ以外にやっと見つけた、通りの飾り。
はい、この奥に塔が2本見える夕方の小さな写真も見つけましたから、
間違いおまへん。

10-3-ssan-gimignano-t2.jpg



最後は、「塔の町」の名にふさわしい昼間の写真を。

10-4-ssan-gimignano.jpg

美しき塔の町 サン・ジミニャーノ ・ 塔の上から、そして
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467078009.html

サン・ジミニャーノの朝 ・ 雲海の朝焼け
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/466797663.html


ワム! ラースト・クリスマス。 ジョージ・マイケルの余りの若さに絶句。
https://www.youtube.com/watch?v=bwNV7TAWN3M

では皆さま、クリスマス休暇をお楽しみくださいね!!

*****
  
記録庫ブログには、 ヴェネツィアを 6記事 アップしましたので、
見てやって下さい。 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。


*****

色鉛筆+水彩画ブログには、 クリスマス時期の、雪の風景 あちこちを
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント