・ パドヴァ観光で、これだけは見るべき 10の物

昨2019年に、ヴェネト州の特に主要観光地であるヴェネツィア、ヴェローナの、
そしてロンバルディーア州のベルガモについても、
見落とせない場所、1日で回る時には、食事処のお勧めは、等など
ご紹介をしましたが、

今回は3回に分け、4回になるかもですが、ご案内を致しますね。

で、まず今日は「10 Cose da vedere assolutamente a Padova
パドヴァで絶対に見るべき10の物」のサイトを参考にご紹介を。
例によりサイトの写真以外に、より分かり易くなると思われる写真追加も。
ではどうぞ!

パドヴァを表す言葉は、芸術、大学の伝統、そしてスプリッツ・Spritz!と。

芸術はまずジョットーの素晴らしい壁画の残るスクロヴェーニ礼拝堂があり、
大学となると、ボローニャ大学に継いでイタリアで2番目に古い1222年創立の
大学、かのガリレオ・ガリレイも教鞭を取っていたパドヴァ大学がありますが、

最後のスプリッツは、皆さんご存知でしょうか?
ヴェネトでとりわけ好まれ、食前酒として飲まれる綺麗なオレンジ色の、
ちょっとにが甘いというか、プロセッコとビターを混ぜた飲み物で、
こんな感じのもの。

1-1-sSPRITZ-A-CHIOGGIA.jpg

オーストリア治世下にあった19世紀からヴェネツィア、パドヴァで始まった、
というので、パドヴァ紹介の1つの言葉になるのかもで、
昼食前、夕食前にも友人たちとおしゃべりしながら飲むと、頭の中がほんわかと、
ああ、美味しいなぁ、嬉しいなぁ、となるshinkaiで~す、ははは。


さてパドヴァの見るべきものの本主題に戻りまして、まず、

1. スクロヴェーニ礼拝堂・Cappella degli Scrovegni

1-padova-cappella-degli-scrovegni.jpg

ジョットのインスピレーション、天才的な美的感覚などがすべて調和した、
この驚異的なスクロヴェーニ礼拝堂の一連の壁画は、パドヴァで見るべきものの
第一に置かれるべきものと。

ジョットはこの仕事を1303年に、父親レジナルド・スクロヴェーニ・Reginaldoの
為の礼拝堂を建設した息子エンリーコ・Enricoから依頼され、2年間で仕上げたそうで、
ジョットの絵画スタイルの発展を示し、より現代的は絵画の基礎となったもの。



こちらはスクロヴェーニ礼拝堂の空からの眺めで、右下に見えるのが隣接の
市の博物館で、まずこちらの切符売り場に行き見学コースに加わります。

2-scrovegni_Aerea.jpg

どの様に行くか
 国鉄パドヴァ駅前からトラムがあり、SIR1で2番目の停車エレミターニ・
 Eremitani迄
 6分、料金 1,3エウロ 
 
 ですが、国鉄駅からはいつも歩く距離でして、この後ご案内の中心街までも
 歩いて回れる距離です。
 これについては、また予定している行程ご案内、の時にでもご説明を。
 
公開時間 
 月曜から日曜、つまり休館なしで、 9時から19時

切符、入場料金
 ここの見学には、電話かオンラインによる予約が必要で、予約サイトはこちら
 
 電話でのコンタクトは +39 049 2010020 
 
 値段は13エウロですが、これには隣接のエレミターニ博物館と、道の真向かいにある
 パラッツォ・ズッケルマン博物館・Zuckermannの見学も含まれ、
 学生たちは6エウロ。

 見学時間は30分ですが、このうち15分間は滅菌された部屋でのヴィデオ説明を見、
 そののちに15分間の礼拝堂内見学を。

スクロヴェーニ礼拝堂 ・ パドヴァ
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463179334.html

市博物館の南隣に、マンテーニャの壁画で有名なエレミターニ教会があります。



という所で、まずはパドヴァの地図をどうぞ。

パドヴァ駅が一番北にあり、駅前から真っ直ぐに南に抜ける道があり、
ここをトラムも通り、駅下に囲った枠にスクロヴェーニ礼拝堂と博物館があり、
その斜め左に囲った中に、パドヴァ大学、パラッツォ・デッラ・ラジョーネ、エルベ広場、
ドゥオーモ、洗礼堂、後にご案内の時計塔のある建物などが。

3-mappa_padova.jpg

そして今回のご案内の最後にあるMUSME・薬の歴史博物館が、一番の中心街の
右下赤点の位置にあり、街の南にサンタントーニオ聖堂、プラート・デッレ・ヴァッレ、
そしてその間にオルト・ボターニコ・植物園が。

パドヴァ ・ 聖アントニオの街
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462329045.html



2. サンタントーニオ聖堂・Basilica di Sant'Antonio

4-2p.jpg

パドヴァの街の守護聖人である聖アントーニオを祀った「聖人のお住まい」が
このサンタントーニオ聖堂で、ロマネスクからゴシック様式混在の華麗な物。



内部には聖人の聖遺物が保存され、7つの礼拝堂、後陣周りの周歩廊など、
そして素晴らしいフレスコ画装飾があり、

5-pano_tomba_di_sant_antonio_di_padova[1].jpg



聖堂前にはドナテッロの秀作「ガッタメラータ将軍騎馬像」も。

6-PIC6935O.jpg


どの様に行くか
 中心街から聖堂迄歩いて10分程。 
 
公開時間
 3月26日から10月28日迄  月曜~金曜 06:20 - 19:45
 10月29日~3月24日迄   月曜~金曜 06:20 - 18:45
              土曜、日曜 06:20 - 19:45

・切符、入場料金
 無料、見学自由



ここでパドヴァのまさに中心街、あれこれ重要な建物がある部分の地図をどうぞ。

7-1-smap padova centro.jpg

1 ドゥオーモと洗礼堂     3 パラッツォ・デッラ・ラジョーネ、建物の北側に
ピアッツァ・デッレ・フルッティ  南側にピアッツァ・デッレ・エルベ
4 時計塔のある、パラッツォ・デ・カピターノ   7 カフェ・ペドロッキ
8 パラッツォ・デル・ボ、パドヴァ大学   9の下 MUSME 薬の歴史博物館



3. パラッツォ・デル・ボ・Palazzo del Bo

7-2-il-vorticoso-teatro-anatomico-a-palazzo-del-bo.jpg

パラッツォ・デル・ボ、の「ボ」はブエ・bue・牛のヴェネツィア訛りだそうで、
ここにパドヴァ大学があり、大勢の著名卒業者を輩出しましたが、

一番有名なのが「テアトロ・アナトミコ・Teatro Anatomico」と呼ばれる
解剖学教室、世界で一番古い物。

というのも、ボローニャ大学の方が設立1088年と古い物の、学問に対する自由さを
求めパドヴァに逃れて来た教授、学生たちによって大学が設立され、
この解剖学教室はジローラモ・ファブリチ・ダクワペンデンテ・ Girolamo Fabrici
d'Acquapendente・外科、解剖学者、16世紀、によって建設されたもの。



こちらがパラッツォ・デル・ボ。パドヴァ大学建物入り口。

9-img_2614.jpg


どの様に行くか
 住所は Via VIII Febbraio, 2   パラッツォ・デッラ・ラジョーネの東にある
 市役所の斜め向かい側。 カフェ・ペドロッキの南斜めに。

公開時間
 11月1日~2月28日 月、水、金曜 14:30-15:30  火、木、土曜 10:30-11:30
 3月1日~10月31日 月、水、木、金 14:30 - 15:30 - 16:30
          火、木、土  09:30 - 10:30 - 11:30

切符、入場料金
 ガイド付きの見学で、7エウロ  (割引 2エウロ)



4. ピアッツァ・デッレ・エルベ・エルベ広場と、ピアッツァ・デッレ・フルッタ・
  果物広場・Piazza delle Erbe e Piazza della Frutta
  
エルベ広場 南側 と、

10-mercato piazza erbe-2.jpg



フルッタ広場 北側、
いずれも背後に見える大きな建物がパラッツォ・デッラ・ラジョーネ。

11-piazza della frutta1be42146cbc61fa7c.jpg

どちらの広場もパドヴァの人々の日常の買い物で賑わい、南のエルヴェ広場の野菜類、
北のフルッタ広場では食品のみならず、様々な品の屋台が並びます。

広場の端の市役所とを繋ぐアーチは、ヴォルト・デッラ・コルダ・Volto della Corda、
またはカントン・デッレ・ブジーエ・Canton delle busieと呼ばれ、
かっては嘘つきや詐欺師に対しての刑罰が与えられた場所。

どの様に行くか
 これはもう、道の名を記す方が難しく・・! 一番の中心街を目指し。
 
公開時間
 エルベ広場の野菜市はほぼ午前中で、午後2時頃には無くなりますが、
 ついでに言いますと、パラッツォ・デッラ・ラジョーネの1階には常設市場が。

・切符、入場料金



6. パラッツォ・デッラ・ラジョーネ・Palazzo della Ragione
  ここでは距離的に見て、5.のオルト・ボターニコと掲載順を変えますね。

12-palazzo_della_ragione_di_padova_04.jpg

エルベとフルッタの2つの広場に挟まれた巨大な建物がパラッツォ・デッラ・ラジョーネで、
ご覧の様に巨大な船底天井の大広間となっていて、周囲の壁は全面フレスコ画
装飾された、パドヴァのシンボルの1つともいえるもの。
ただ残念な事にジョットの壁画もあったものの、1420年の火災によって失われたそう。




内部にはこんな木製の巨大な馬の像があり、大広間の広さと共に見惚れます。

13-cavallo-di-legno-padova.jpg



そして、かって市民裁判所として使われていたラジョーネ宮には、shinkaiはまだ
見てませんが、負債者に対しての刑罰に使われたヴィトゥペーリオ・votuperioの石。

14-Padova-Palazzo-della-Ragione-La-pietra-del-vituperio-anno-1231.jpg

ラジョーネ宮、ヴィトゥペーリオの石 n.2 パドヴァ ・ 黄金の世紀 の 1   
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462330115.html

ラジョーネ宮、パラッツォ・デル・ボ n.3 パドヴァ ・ 黄金の世紀 の 2  
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462330356.html


どの様に行くか
 広場へのご説明同様で・・、書く方が難しく!
 ラジョーネ宮の東南にある階段を上り、上の大広間に。
 
公開時間
 火曜から日曜 2月1日~10月31日 09:00 - 19:00
        11月1日~1月31日 09:00 - 18:00

切符、入場料金
 6エウロ、  割引 4エウロ、 ハンディの方 無料



5. オルト・ボターニコ・Orto Botanico・植物園

15-5p.jpg

1545年に創立されたこの植物園は、まさに世界で一番古い物で、1997年に
世界遺産に登録を。  現在はパドヴァ大学に付属し、7000種の植物が生育。

内部には2014年に設立の「生物多様性の庭」もある、と。 どんなものか
読んだまま分からずに書いていますが、済みません。



背後にサンタントーニオ聖堂が見える位置に。 

16-Orto-Botanico-di-Padova.jpg

この植物園は友人達と「行こう!」と言っていて、今年はトライしたいと。


どの様に行くか
 駅前からのトラムSIR1が、パドヴァの街中をほぼ真っ直ぐに南下していて、
 5つ目のサンタントーニオ聖堂近くの「サント・Santo」で降りると、歩いてすぐの位置。
 駅から約15分で到着と。

公開時間
 11月~3月 火曜~日曜 09:00-17:00    4月~5月 毎日 09:00-19:00
 6月~9月 火曜~日曜 09:00-19:00    10月 火曜~日曜 09:00-18:00

切符、入場料金
 10エウロ、 シニア 8エウロ、 子供、学生 5エウロ  ハンディの方 無料



7. プラート・デッラ・ヴァッレ・Prato della Valle・谷の草原、とでも。

17-7p.jpg

モスクワの赤の広場に次いで有名な公園、というよりは庭園と思いますが、
8万平米以上の敷地に運河が通り、78体の過去の著名人の彫像があり、中央に
メンミア島・Isola Memmiaと呼ばれる島があり、これは1775年に改築を命じた
行政官に献呈したもので、ここには十字に運河を横切る4つの橋を渡って行けます。

現在パドヴァにおける調和とリラックスに満ちた広場であり、
グループやカップルの集合場所でもあり。



上空からの全景写真。 こうして見ると、さすが大きいのが良く分かりますね。

右上に見えている聖堂は、サンタントーニオ聖堂ではなく、
プラート・デッラ・ヴァッレの南に位置するサンタ・ジュスティーナ修道院聖堂で、
コメントでご指摘下さったシニョレッリさん、有難うございました。


18-prato-della-valle-1.jpg


どの様に行くか
 駅前からのトラムSIR1の「サント」駅の次が「プラート・デッレ・ヴァッレ」停留所。
 街の見学行程をお考えの時に、この点もご検討を。

・公開時間
・切符、入場料金



8. トッレ・デッロロロージョ・Torre dell'Orologio・時計塔

19-8p.jpg

エレガントなピアッツァ・デイ・シニョーリに面している時計塔。
元は14世紀の中世の塔が15世紀中頃に高くされ、時計が設置されたもので、
時刻のみでなく、月、日付け、月相、の分る天文学的な時計と。

修復を経て、時計塔内部のガイド付きグループ見学が予約すると出来るそう。

何となしに背後の建物の一部の様に思っていましたが、どうやら背後の建物は
後の別物らしく、下に見える大きなアーチは1531年に開けられたものと。



で、こちらがその美しい時計。

20-orologio_astronomico-2.jpg


どの様に行くか
 エルベ広場を通り、徒歩5分。
 
公開時間
 ガイド付きグループで予約の内部見学は、水、金、土曜の 09:30-11:45
 サイトはこちらに https://fuorifierapadova.it/visite-guidate-alla-torre-e-allorologio-astrario-di-piazza-dei-signori/

切符、入場料金
 外から見るのみは、無料



9. ドゥオーモと洗礼堂・Duomo e Battistero

21-basilica-duomo.jpg

写真でご覧の様にドゥオーモ広場に並んでいドゥオーモと洗礼堂。
サンタントーニオ聖堂に比べ、ドゥオーモは有名ではありませんが、
とりわけ12~13世紀建設の洗礼堂の見学は一見に値します。



洗礼堂の壁全面のフレスコ画は、ジュスト・デメナブオイ・Giusto de' Menabuoiの
1375~76年の素晴らしい作品。

24-9p.jpg

22-battistero padova-2.jpg

23-Battistero_0002.jpg


どの様に行くか
 エルベ広場を通り、ドゥオーモ広場に。 徒歩で5分。

公開時間
 月曜~日曜 10:00 - 18:00

切符、入場料金 
 2,8エウロ

洗礼堂のご案内  n.1 パードヴァ、 でございます!   
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462329871.html



10. 薬の歴史博物館・MUSME・Museo della Storia della Medicina

25-maxresdefault.jpg

薬に関する「ワンダーランド」とでもいえる、2015年に新しく設立された博物館で、
子供も大人も満足できるように、古代から今に至る薬に関する歴史を語るもので、
現代技術のハイテクニックを大いに活用した、まさに宝の博物館。

上の写真で内部の様子が分かりますが、手前に見える大きな人体を触ると、
内部の様子が表示される様子で、



サイトを見ていて、子供のこの顔写真を見つけた時は思わず笑いました。
きっとshinkaiもこの博物館に行き、あちこち触りながら目の目にこんな風に見れたら、
きっと同じ様に口を開けて驚くだろと、ははは。 MUSME・娘と読んだshinkaiです。

26-Musme-2018.jpg



地図に場所は示しましたが、住所は Via San Francesco, 94
長いポルティチの続く道中にあり、入口はこんな風に。 

27-musme_4760149232065025264_n.jpg

サイトはこちら   https://www.musme.it/  これを見るだけでも楽しめます。

お金がない、資金がない、といつも問題提供のイタリア国ですが、
創る時はこんなアイディアで、凄いものを造るんだなぁ、と大いに感心した次第です!

どの様に行くか
 中心部から徒歩で4分。
 
公開時間
 火曜~金曜 14:30 - 19:00   土曜、日曜 09:30 - 19:00

切符、入場料金
 10エウロ、 シニア 8エウロ、 子供,学生 6エウロ、 誕生日は無料


という様な、「パドヴァで見逃せない10の場所」のご案内でした。

ヴェネツィアからだと、電車で30分程で行けるパドヴァです。 
歴史、芸術、科学とそして美味しいものがいっぱい詰まったパドヴァですが、
ここは物価はヴェネツィアなどよりずっと安く動き、楽しめます。
どうぞお出かけのチャンスを見つけて下さいね。


◆ お知らせ、お願い ◆

最近記事更新のPING送信が上手くいかず、先回はこの本家ブログが、
現在は絵のブログが、人気ランキング記事の新着に反映されません

が、真面目shinkaiは、はは、5日毎に頑張って更新しておりますので、
人気ランキングに表示がなくとも、ブログを覗いて下さる様にお願い致しま~す!


*****
  
記録庫ブログには、 イタリア全般、ご挨拶 を 5記事 アップしています。
上の3記事以降の下が、新しくアップしている物です。
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
ナショナル・ジェオグラフィックの、動物と自然の素晴らしい写真を を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • シニョレッリ

    shinkaiさん、こんにちは。
    いつも楽しく拝見しています、有難うございます。

    大したことではありませんが、プラート・デッラ・ヴァッレの上空からの全景写真がありますが、写っている教会はサンタ・ジュスティーナ修道院聖堂のような気がします。
    サンタントニオ聖堂の位置は、全景写真の左の写真の枠外のような気がします。
    2020年02月01日 11:41
  • shinkai

    ★シニョレッリさん、こんにちは! ご指摘ありがとうございます。

    はい、早速に地図を調べましたら、ご指摘の通り、サンタ・ジュスティーナ修道院でした。

    上空からの写真を見た時、あれ、こんなに近かったかなぁ、と思いつつ、よく似たドームなので調べもせず、書いたのでした。

    これから記事を訂正しておきます。 いつも有難うございます!

    2020年02月01日 14:03