・ イタリアは  ・ n.1  巴里 1550年 にようこそ!

◆ 3月22日 朝のニュース ◆

コロナヴィールスの感染者は、前日よりも+4821人 計42681人
死亡者+793人 計4825人  治癒の方✙943人 計6072人。
未だ大幅に増加の毎日です。

一層の封鎖状態を保つ為に、公園、コンドミニオの庭園も封鎖され、
家から200m以上は出歩かぬよう、2人以上の集合はダメ、ecc
という新しい条例が出て、4月3日迄と延長されました。

が、スーパーや食料品店、薬局、銀行、ポストなどは開いていて、
道に人の姿を見る事が殆どなく、家の近くでは車の音も聞こえません。

神父さんは既に50人亡くなっているそうで、イタリア中では
7000人以上のボランティアが働いているとの事。
キューバから52人のお医者さんが応援に来てくれているそうです。

一日も早く増加に歯止めがかかります様に!!

**********


今日は先日偶然見つけた面白い記事をご案内致しますね。
Parigi nel Medioevo, una spettacolare ricostruzione 3D」というサイトで、

中世のパリの街の様子を3D映像に再現したDVD、
「中世のパリ・Paris au Moyen Age」が数年前に
Grez Productionsにより発売されたものを紹介したもの。

1-1-Île-de-la-Cité - Copia.jpg

当時パリの街は約20万人程の住民がおり、ご覧の様に
かなり広い地域に渡り広がっていた様子で、

橋の上にも建物が立ち並び、100もの尖塔が空に延び、
ノートルダムの正面壁は未だ多彩に彩られ・・、
という当時の街の歴史の証言なのですね。

で、これを書いているshinkaiは未だパリの街を知らずで、はは、
大いに興味を持ち、どこにあるのか、今の様子は?と
写真を見ながら「いつかの時の為に」確認しつつ追いかけたのを
ここにご案内しますね。

このサイトで紹介しているのは、地図で確かめると
セーヌ川が蛇行して流れ、シテ島・L'Île de la Cité、
いわゆる中の島と呼ばれる場所とその周辺を中心に紹介していて、
実際当時の政治経済の中心はこの一帯にあったのかもしれずで、

上の写真はシテ島を西の上空から見た様子で、
数字1の島のとっぱしに現在架かっているポン・ヌフ・Pont Neuf
は当時はまだ架かっておらず、1578-1607年に建設、

シテ島の奥に位置するサン・ルイ島・Saint-Louiには住民が
まだいなかったと。



地図に打った番号は大方サイトに写真が載っていた順で、位置が
あちこち飛びますがご勘弁を。

s1-2-citè 1.jpg

s1-3-citè.jpg

1. シテ島の先っちょ、 王宮と当時はこの一帯が果樹園だったのですね。
2. ノートルダム聖堂・Notre-Dame
3. ルーブル宮・Luuvre 城と書いてあり、現在の姿とは大いに違うと。
4. かなり飛んで、バスティーユの要塞・Bastille.
5. サント・シャペル聖堂
6.7. プチ・ポン・プチポンテ橋・PetitーPont とプチ・シャトレ 
8. 市宮殿、現在のコンシェルジュ・Conciergerie
9. シャンジュ橋・Pont au Change
10. 市役所・Hôtel de ville と グレーヴ広場・Place de Grève
12. グラン・シャトレ・Châtelet 裁判所



中世のパリ、と言っても1555年というと、すでにイタリアではルネッサンス期に
入っていますが、当時のパリはね、へへ、で
まだ建設されていなかったというポン・ヌフ。 新しい橋、という意味ですってね!

1-4-pontneuf-paris4-c7947.jpg

1-5-zoom-sur-le-petit-pont.jpg



ノートルダム聖堂。 この極彩色の艶やかさ! 信じられないような。
1163~1344年のゴシック様式の建築。

2-1-plusieurs-couleurs-pour-notre-dame-de-paris.jpg

2-2-depuis-la-rue-neuve.jpg



ノートルダム聖堂前に墓地があるのですか? または以前あったとか?
当時はここに市・メルカートが開かれていた様で。

2-3-1501618-l-effervescence-du-parvis.jpg



ノートルダム聖堂正面。 

2-4-Cathédrale_Notre-Dame_de_Paris,_20_March_2014.jpg



この横からの眺めがなんとも素晴らしい物でしたが、shinkaiは観ずで・・。

2-5-cattedrale-di-notre-dame-crowdfunding-raccolta-fondi.jpg



昨年4月の炎上以後、再建に掛かっている姿ですが、
再びあの見事に美しい姿が戻ります様に!!

2-6notre-dame.jpg



現在のルーヴル美術館のあるルーブル宮・城。 現在とはかなり
様子が違い、街の西側を護る意味もあったと。

3-1-impressionnant-louvre.jpg



河岸にネスレの塔・Tour de Nesleがあり、対岸とを結んでいた、
というのですが、これはセーヌ河ではなく、ルーヴル宮の堀なんだろうか?

3-2-Tour de Nesle.jpg



現在のルーヴルの、大ピラミッド。

3-3-Le-Louvre-pyramide-cour-Napoléon-nuit-_-630x405-_-©-Thinkstock.jpg



上空からの写真を見ると、かってのルーヴル宮の位置が分かりますね。

3-4-Louvre_Paris_from_top_edit_cropped.jpg



バスティーユの要塞・Bastille. 1370年~1382年の建設で、
ルイ11世時代からずっと監獄で、拷問や処刑が行われていたと言い、
ルイ18世時代より国の監獄となったと。

4-1-La-fortezza-della-Bastiglia.jpg

今回初めてバスティーユの要塞、監獄なる建築物の姿を見て、
おお、これだったのか、と一番驚いたものです。
現在は無くなっていて、記念の塔があるというのは知っていましたが、
以前はどうだったか、というのを調べた事が無かったので。



これが1789年7月14日の怒った民衆が押し寄せ、長い闘いの後
遂にボルボン王家の独裁に対しての市民革命の発端となった図。

4-2-la-presa-della-bastiglia-rivoluzione-francese.jpg



現在の広場に立つ記念塔。

4-3-quartiere-bastiglia-parigi-1200x900.jpg



シテ島に戻り、サント・シャペル聖堂・Sainte-Chapelle.
ルイ9世により1246~1248年建設の、王宮のパラティーナ礼拝堂と
して、またキリストの処刑の際の「茨の王冠」の保管所としての物と。

5-1-la-sainte-chapelle-au-temps-des-cathedrales.jpg

「茨の王冠」ですか?! ふむ。



それはともかく、このサント・シャペルは大変ステンド・グラスが美しい事でも
知られていますね。

5-2-Sainte-Chapelle-le-alte-vetrate-della-Cappella-dedicata-a-Gesù-768x511.jpg

5-3-Sainte-Chapelle-il-rosone-768x576.jpg

見事ですねぇ、光りが射し込む時の色が見たいものです!

地図を確かめつつ見ていると、パリはそんなに大きな街ではないですよ、
と皆さんが仰る通り、意外に近く、中心は歩いて回れる程、というのが
実感できたのが、今回の収穫の1つでした。

という所で今回はお終いで、また次回を宜しくお願い致します。


*****
  
記録庫ブログには、 スペイン を 4記事 アップしています。
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、身辺雑記  イタリアと我が身と を
アップしています。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント