・ n.1 モンテファルコ ・ ワイン、オリーヴ油、B.ゴッツォーリの町

先回ウンブリアの町の落穂ひろい、行ったままご案内が抜けていた、はは、
平地にあり、紀元前からの歴史を持つべヴァーニャ・Bevagna、
ローマ期の遺物がいっぱい残っている町をご案内したのに続き、

今回はべヴァーニャからも近いモンテファルコ・Montefalcoのご案内を。

春4月初旬、緑あふれる道を行きますが、まだこの辺りは平地で、

1-bevagna07.4.3 005_t_01_GF.jpg

2-bevagna07.4.3 006_t_01_GF.jpg



モンテファルコはどこにあるか、地図をどうぞ。
べヴァーニャからは8km足らず、車だと10分と出ましたが、
電車ではフォリーニョ・Folignoの駅が近く、バス連絡があるそうで、
車で12km程、15分の距離。

3-sCattura.jpg



で、モンテファルコはご覧の様に、海抜472mの小高い丘の上に位置し、
「ウンブリアの露台、テラス」とも呼ばれるそうで、人口は5500人程。

4-sMontefalco_z01.jpg



急に山道に差し掛かり、こんな感じで上ります!

5-bevagna07.4.3 039_t_01_GF.jpg



町の下に大きな駐車場があり、そこから歩いて町の入り口の門、
これは「サンタゴスティーノの門・Porta Sant'Agostino」と呼ばれる、
そうですね、一番勇壮な、綺麗に残っている門。

6-bevagna07.4.3 007_t_01_GF.jpg

今回もあれこれサイトから写真拝借していますが、ブログ名の
入ったのがshinkaiの撮ったものです。



町の地図をどうぞ。
細長く大体5角形に東西に延び、この町の設計はローマ期の造りに、
中世が混じったものだそうで、ここも周囲を綺麗に城壁が取り囲んで
いるのがしっかり残っています。

7-map Cattura.jpg

左の番号2にサンタゴスティーノの門があり、そこを抜けて右の中心広場
10の「コムーネ広場・Piazza del Comune」に向かいますが、

この道が結構な坂道で、つまり中心広場が一番高い位置にあり、
そこから放射線状に各地への道が広がっているという訳で、
古代から戦略上大変重要な位置にあったという歴史を持ちます。

つまりべヴァーニャと同じ変遷をたどっている訳で、ローマ、ロンゴバルド、
教皇領、フォリーニョ、スポレートと様々に領主が変わり、
12世紀には神聖ローマ帝国皇帝のフェデリコ2世もここに滞在で、

町の名のモンテファルコは、フェデリコ2世が大変に愛した「鷹狩り」に
敬意を表し、ファルコ・鷹、の名が入っているのだそうで。

先回分家ブログに中世の5月の図柄を載せたのでしたが、たくさんの時祷書の
カレンダーの5月には「鷹狩り」の図があり、
フェデリコ2世自身も「鳥と狩猟のスキル・De arte venandi cum avibus」
を現し、大いに人気があったそうで。



で、サンタゴスティーノの門から一直線に坂道を上りますが、
坂道中程左手にあるのが、サンタゴスティーノ教会。
正面上に薔薇窓があり、正面扉はゴシック様式の細身の尖塔アーチ。

8-bevagna07.4.3 023_t_01_GF.jpg

13世紀後半になり建設に取り掛かり、14世紀に右側に側廊に
当たる部分、15世紀半ばに左側に礼拝堂などの建設が。

が1978年にアゴスティーノ派はモンテファルコの町から完全に
離れたという事で、教会運営はどの様になっているのか、と。



内部はこんな感じで、左右に礼拝堂や、ニッキ・壁龕が並びます。

9-DSC_0795.jpg



内陣前の上部の壁の壁画、この部分は何と呼ぶのでしたっけ、

10-bevagna07.4.3 008_t_01_GF.jpg



右にキリスト生誕図、

11-bevagna07.4.3 009_t_01_GF.jpg



左に受胎告知場面が。

12-Annunciazione.jpg



左側の壁の様子と、

13-Parete-sinistra.jpg



壁の中程に見えるニッキの、聖母子と2聖人。

14-bevagna07.4.3 017_t_01_GF.jpg

14世紀の壁画で、アンブロージョ・ロレンツェッティ、ベノッツォ・ゴッツォーリの
絵があるというのですがどれか分からず。

この町に行った時は未だ自分でもなにもよく分かっておらずで、はぁ。
ベノッツォ・ゴッツォーリの絵は次回のn.2でご覧になる、
博物館に素晴らしいのが。



拷問で乳房を切り取られ殉教したという、シチーリアの聖アガタ・Agata.

15-bevagna07.4.3 016_t_01_GF.jpg

他に「幸いな巡礼」と呼ばれる、この町に辿り着いて亡くなったという、
スペインからの巡礼のミイラもあるそうですが・・、 見たいっすか? 



教会を出て坂道を上って行くと中心広場に出て、13世紀の現市役所・
Palazzo Comunale、正面1階に6つのアーチを持つロッジャを持ち、

16-bevagna07.4.3 024_t_01_GF.jpg

このロッジャで、パスクワの翌日、パスクエッタの日に「チュッチェッタのゲーム・
Gioco de La Ciuccetta」というお祭りがあるそう。

ここで売っている新鮮な卵を買い、ぶつけ合いっこをして、最後まで残った、
つまり1番殻の硬い卵(の持ち主)が勝つというお遊びだそう!

正面に向かって右に開いているのが、下のサンタゴスティーノ門から
上って来た道で、



こんな風に市役所前は丸い広場になっていて、

17-20180331_103257-e1540907345156.jpg

この写真を撮っている位置の背後に、下り坂の道が開け、

少し行った先にサン・フランチェスコ教会博物館があり、
ここにベノッツォ・ゴッツォーリの素晴らしい壁画があります。



これは市役所前広場で、たまたま見つけた、何だろ、水道栓かな、の
「モンテファルコ」の図柄、可愛くて、素敵でしょう?!

18-bevagna07.4.3 025_t_01_GF.jpg

広場の、市役所に向かい合う外のテーブルでお昼を食べましたが、
復活祭が近かったか、済んですぐだったか、その時に食べるという
パンが出て来ましたっけ。



広場から放射状に広がる小路に入り込み、如何にも古い建物類や、
両側の建物を支えるアーチ、佇まいを楽しんで写し、

19-bevagna07.4.3 020_t_01_GF.jpg

20-bevagna07.4.3 021_t_01_GF.jpg

21-bevagna07.4.3 022_t_01_GF.jpg

22-bevagna07.4.3 026_t_01_GF.jpg

23-bevagna07.4.3 027_t_01_GF.jpg



町を取り囲む城壁の外に出て見ました。
これは多分サン・バルトローメオ教会・San Bartolomeoの
はみ出している姿で

24-bevagna07.4.3 035_t_01_GF.jpg



脚元に、なだらかにぎっしりオリーヴ畑が広がり、

25-bevagna07.4.3 030_t_01_GF.jpg



モンテファルコの町の高さが良く分かるでしょう?!
大きくカーヴを切りながら続く、ウンブリアの道。

26-bevagna07.4.3 042_t_01_GF.jpg




ちょっと城壁に添って歩き、位置を変えると、オリーヴ畑がずっと続き、

27-bevagna07.4.3 043_t_01_GF.jpg

28-bevagna07.4.3 056_t_01_GF.jpg

29-bevagna07.4.3 058_t_01_GF.jpg

白い花を咲かせる木も混じっていて、春たけなわ!



道脇にはこんな青紫の野草も。 産毛が春の日に輝きます。

30-bevagna07.4.3 036_t_02_GF.jpg

そう、この年は春が早く、復活祭はアッシジで迎えたのを想い出しました。

運転免許を12月の末に取り、3月末から1人で運転しウンブリアに
出かけ、ははは、初日に寄ったのは、

民衆伝統博物館 ・ チッタ・ディ・カステッロ ・ Città di Castello
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462901367.html

アッシジ、ウンブリアのご案内はこちらから
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460871638.html


*****
  
記録庫ブログには、 映画 DVD に 3記事 アップしています。 
 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
中世の時祷書に見る、カレンダーの4月のお遊び、図柄は 
をアップしています。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • シニョレッリ

    shinkaiさん、こんにちは。

    モンテファルコは素晴らしい町で、特にMuseo Civicoが印象に残ります。

    教会の構造の名称ですが、NavataとPresbiterio、またはTransettoの境の、モザイクやフレスコ画がある壁は、通常Arco trionfaleと呼ばれてます。日本語に訳すと凱旋門になってしまいますが、教会の構造の場合でも凱旋門なんです。
    2020年05月13日 15:44
  • shinkai

    ★シニョレッリさん、こんにちは! コメント、お返事有難うございます。

    そう、そうでした、あの壁はアルコ・トゥリオンファーレと呼ぶのでした。 いつも有難うございます!

    クレモナの聖堂で、あの装飾が物凄い聖堂のご案内で調べていて、そう呼ぶのだと知ったのでした。 
    それにあそこにはポルデノーネの絵があるのですよね、ちょっと驚きましたっけ。


    はい、モンテファルコのあの博物館のベノッツォ・ゴッツォーリの壁画は素晴らしいですよね?!
    色は抑え気味ですが、素晴らしい調和の絵だったのを覚えています。

    モンテファルコには素晴らしいワインがあるそうですが、ご賞味されましたか?
    2020年05月14日 21:01