・n.1 カステッロ・ディ・ドンナフガータ・逃げた女の城・シチーリア、ラグーザ

以前偶然に「カステッロ・ディ・ドンナフガータ・Castello di Donnafugata」
の記事を見つけ、ピンとアンテナが立ち、はい。

1-1-img-9823.jpg

今回参考にしたサイトは  
Il Castello di Donnafugata



ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーザ・Giuseppe Tomasi di Lampedusa
(1896-1957)、イタリアの作家であり、貴族である彼の書いた
「山猫・Gattopardo・ガットパルド」をご存知の方はたくさんおいでと思いますが、

1-2-unnamed.jpg



ルキーノ・ヴィスコンティ・LuchinoViscontiが1963年に映画化し、
国際的評価も受けた素晴らしい作品で、

s1-3-Cattura.jpg



作品に登場の、サリーナ公爵一家が夏の避暑に出かける別荘が
「ドンナフガータ」にある事になっており、
実は私めはその「ドンナフガータの城」かと思ったのでしたぁ、はぁ。

日本にいる頃に読んだ「山猫」は余りピンと来なかったのが、こちらに来ての
再読ではすんなりと溶け込め大変興味深く、ずっと頭に残っていたのでしたが、

ん?!と思いつつサイトの記事を読み、あれこれ探し、ランペードゥーザの
描いた「ドンナフガータ」なる土地は彼のイメージの産物であると知り、
あれま。



ランペドゥーサ自身が手紙に「ドンナフガータはパルマの様な村、建物は
サンタ・マルゲリータの様な」と書いているのも知り、
パルマ・Palmaとは、パルマ・ディ・モンテキアーロ・Palma di Montechiaro、
父方の祖先が領有していた土地で、

これはパルマの修道院で、如何にもの雰囲気が漂いますし、

1-5-Monastero_Palma_Montechiaro.jpg

サンタ・マルゲリータ・ディ・べリーチェ・Santa Margherita di Beliceは
母方の土地で、子供の頃の幸せな想い出に繋がる事も。



地図をどうぞ。 シチーリア島の南東部分になりますが、
アグリジェント寄りにあるパルマ・ディ・モンテキアーロの位置と、
今回ご案内の「ドンナフガータの城」のあるラグーザ・Ragusaの位置を。

1-4-mappa Cattura.jpg

ラグーザからだと約20kの距離で、電車駅から約4,500mの距離と。

サンタ・マルゲリータ・ディ・べリーチェはアグリジェントからもっと北西に、
西海岸のマルサーラ・Marsaraとの中間あたりに位置します。



所で「ドンナフガータ」とは、「逃げた女」という素晴らしく詩的な言葉の
地名で!! 何に由来するのかと思うでしょう?!

伝説では、ビアンカ・ディ・ナヴァッラ・Bianca di Navarra(1387-1441)

1-6-Blanca_I_de_Navarra.jpg

ナヴァラ王国のビアンカ1世女王が、ラグーザ近くのモーディカ・Modicaの領主
ベルナルド・カブレーラ・Bernardo Cabrera(1350-1423)、戦術には
優秀でも、狡猾冷酷で、パレルモの王も手を出せなかった程の男、に誘拐され、
城に監禁されていたのを地下道を抜けて逃げ出した所が、シチーリア言葉で
Ronnafugataと呼ばれる場所で、
つまり「donna fuggita=donnafugta=逃げた女」となったというのですね。

ですが歴史的にはナヴァラ女王のビアンカが城に足を踏みいれた事はなく、
つまり当時この城はまだ存在していなかった、という事でして、はい、
土地の名から独り歩きした伝説の様ですね。

もう1つの謂れは、かってこの地を支配していたアラブ人、アラブ語の
Ayn al-Ṣiḥḥat・健康の泉、の発音がRonnafuata・ロンナフアータ、
ドンナフガータとなった、と。

ランペドゥーサが作品の中に使った「ドンナフガータ」の描写は、彼のイメージの
果実としても、名前はどこかで聞いたか、はたまた彼も訪れた事があるか、
素晴らしい名と思い、使ったのであろうと想像します。



いずれにしても現在残る「ドンナフガータの城」は、19世紀に、男爵にして
イタリア王国の上院議員であるコッラード・アレッツォ・Corrado Arezzoが購入、
約2500平米に渡る建物に拡張、優美な住居として改修したもので、

1-6-Corrado_Arezzo.jpg



ラグーザから電車の連絡が、と上記したのも、彼が上院議員としての力を大いに
活用し、城から4~500mの位置に駅を造らせたのだそうで、ははは、
当時この一帯に於ける上流社会の華やかな交際の場の1つとして、大いに栄えたそう。

1-7-Stazione_di_Donnafugata.jpg



という所で、城と庭園の図をどうぞ。 下側真ん中に開けた道を行き、
真ん中の黒い部分が城、屋敷の建物部で、前から左にL字に続くのが
テラスで、右下に庭に続く広い階段、中庭が四角と矩形の2つ。

1-8-piantaparco.jpg

庭園の左上が果樹園で、100本のミカンの木があり、灌漑用水も完備し、
建物の両脇と奥の、ヤシと棕櫚、模様を描く庭園、花壇部が、正式な庭園。
この部分は以前のオリジナル図面により再建されたそう。

それ以外の東側と北に開ける部分は、樹木の種類も様々、地面の形も
定形でない事から、内輪の庭園とでも。
ここには英国庭園、コフィー・ハウス、松林、迷宮・ラビリントなどなどが。



では、内部に参りましょうか。 この正面部は道からも見えるそうで、
ヴェネツィア風ネオ・ゴシック調。 人の姿で入口が分かりますね。

2-1-Castello-di-Donnafugata.jpg

道の両脇に並ぶ建物類は、男爵の農園の管理者や小作人が住んでいた
長屋で、現在は店やカフェになっているそう。



上部のテラスの装飾部分。 如何にもヴェネツィアの雰囲気でもあり、
またアラブの空気も感じるような・・。

2-2-img-9751.jpg



下のアーチ型の窓の、円柱上の飾り。

2-3-img-9831.jpg



2階のテラス部。 左側にも曲がって続き、

2-4-Cattura.JPG



テラスの両端に、小さな見張りの円柱の塔があり、

2-5-Terrazza-castello-Donnafugata-il-Viaggio-in-Sicilia.jpg



テラスの欄干に並ぶ植木鉢のあれこれ。

2-6-img-9827.jpg



こちらは3階部に上っての、内庭の眺めですね。

2-7-img-9823.jpg



そうそう、サイトに「広い内庭を通り、ピエトラ・ぺーチェ・Pietra Peceの
階段を上り、床が濃いのでとても暗く、それに内庭からの光が差し込み、
殆ど目がくらみそう」なる説明があり、

ピエトラ・ぺーチェとは何かと思いましたら、この「シチーリアの黒」
と呼ばれる優雅で高価な黒い石と。

2-8-p-pece3.jpg

床もこんな黒い床、階段もとなると、優雅ではあっても、脚元が暗いでしょうね。

モダンな現代的な家では大変シックに見える黒い床、階段で、
洗面台とか、鉢にも使われたりしている様子。



3階のテラスの円柱の並び。 少し高い柵がないのが気分的に気になりますが。 

2-9-colonnato.jpg

入口道の両脇の元使用人の家が良く見えます。


屋敷部は2階に分かれ、つまり住居部は2階以上が貴人のお住まいで、
全部で約120室あるそうですが、約20室の上階部の20室ほどが
公開されているそうで、

家具、電灯、壁紙、床、調度品のすべてが時代物といい、
男爵アレッツォ自身が念を入れ、イタリア国内、外国の有名な城の
趣味に準じる様に選んでいるのだそうで。

これは喫煙室で、壁紙もパイプと葉巻と、部屋の用途に合わせており、

3-img-9763.jpg



音楽室には何台かの型の違うピアノがあり、壁の装飾はパレルモの
テアトロ・マッシモと同様な装飾と、

4-1-img-9772.jpg



植物園の絵と、騙し絵的な周囲の壁紙装飾ですね。

4-2-img-9778.jpg

4-3-img-9775.jpg

貴族の上等な趣味と財力、そしてその使い方の良さ、とでもいうのか、
まさにヴィスコンティの映画の貴族社会を覗く思いの
ドンナフガータの城の、素晴らしい内部です。

という所で今回のご案内を終え、次回に。


*****
  
記録庫ブログには、 猫ちゃん ワン君 動物たち に 6記事 
アップしています。 
 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。
*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
教会後陣描き始めと、 ベルギーの森のブルーベル 満開
をアップしています。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント