・ ヴェネツィアで、どうしても食べて見なければ、の10の料理

ヴェネツィアを訪れた時、なにを食べるか、いわゆる郷土料理というのは何?
そう、魅惑に満ちたヴェネツィア訪問は一つの夢でもありますが、プラス
美味しい物を、というのが、やはり一番の理想ですよね?

1-santipasti-de-pesce-a raffaele.jpg

で、土地のお菓子や、ストリート・フード式に簡単に食べられるもの、を含め、
アンティパストからプリモ、セコンドに至る料理を、どの店で経済的に食べられるか、

という事で、今回は「味わうべきヴェネツィアの味 10」のご案内をどうぞ。

基本にしたサイトは 10Cose da mangiare assolutamente a Venezia
https://www.travel365.it/venezia-cosa-mangiare.htm  です。

表記した住所をgoogle地図に打ち込むと、正確に表示されますし、
ストリート・ヴューで表の様子も見る事が出来ます。

shinkaiが、様子を見れるサイトを、店のサイトがある分はそれを加えましたので、
十分に様子を検討する事が出来ると思いますです。 ではどうぞ。

1. バカラ・マンテカート(鱈のクリーム風) ・ Baccalà mantecato

2-il-baccala-mantecato-in-coppia-con-la-polenta.jpg

これは干し鱈を戻し、叩いて身をほぐし、牛乳と煮たもので、柔らかいムース状の物。
南イタリアではどのように食べるのか、ここヴェネトでは良く食べられる美味しい物。
アペリティーヴォ・食前に、アンティパスト・前菜に、パンをトーストしたものか、
または写真の様にポレンタ・トウモロコシの粉の煮物、の上に乗せて頂きます。

食材: 鱈、牛乳、パセリ、ニンニク、オリーヴ油
値段標準: 約12エウロ

どこで食べられるか
・ San Bartolomeo・サン・バルトロメーオ,
  Sotto portego Della Bissa, 5424/A San Marco. Tel:+39 041 522 3569
  様子が見れるサイト 

  shinkaiもここで何度も食べていて、Rosticceria Gislonという名でも知られていて、 
  席も狭く多くはありませんが、良心的な値段ですぐ食べられ、
  リアルト橋南のゴルドーニ広場から南に小路を入った、便利で美味しい店。 
  上階にはレストランもありますが、値段が高くなります。

・ Osteria al Bacaretoオステリーア・アル・バカレート, San Marco 3447 |
  Calle Crosera. Tel: +39 041 528 9336.
  サイトは https://bacareto.it/
  様子が見れるサイト 

・ All'Arco・アッラルコ, Sestiere San Polo, 436. Tel: +39 041 520 5666.
  様子が見れるサイト 



2. リージ・エ・ビージ(グリンピースとお米のリゾット) ・ Risi e Bisi

3-la-semplicita-di-risi-e-bisi.jpg

北イタリアでのお米の生産は有名ですが、特別の物ではなくとも、その素朴な味と
実質的な歯ごたえとが合いまった美味しい一皿となり、世界中からの観光客にも愛され、
昼食または夕食にどうぞ。

食材: お米、パンチェッタ(ベーコン)、グリンピース
値段標準: 14エウロ

どこで食べられるか
・ Taverna La Fenice・タベルナ・ラ・フェニーチェ, San Marco 1939.
  Tel: +39 041 522 3856.
  様子が見れるサイト 

・ Ristorante Al Redentore・リストランテ・アル・レデントーレ,
  Campo San Giacomo 204 - Giudecca. Tel: +39 041 520 6096.
  様子が見れるサイト 

案内にあったもう一つは、本土側メストレの北になる場所ですので省略を。

今回の「分家の絵のブログ」にリチェッタを載せました。



3. フェーガト・アッラ・ヴェネツィアーナ(ヴェネツィア風肝) ・ 
  Fegato alla Veneziana

4-il-celeberrimo-fegato-alla-veneziana.jpg

とても庶民的な料理で、でもマネするのが難しいヴェネツィア料理で、セコンドの肉料理で、
単純に子牛の肝をバターと玉ねぎ、そしてオリーヴ油で煮込んだもので、ポレンタを添えた物。
美味しい一品で、飢えている人にも、味覚が難しい人にも満足を。 昼食か夕食に。

食材: 子牛の肝、 玉ねぎ、バター
標準値段: 14エウロ

どこで食べられるか
・ Vino Vino・ヴィーノ・ヴィーノ, Sestiere San Marco, 2007 -
  Calle della Veste. Tel: +39 041 241 7688.
  様子が見れるサイト 

・ Osteria La Bottega ai Promessi Sposi・オステリーア・ラ・ボッテーガ・
  アイ・プロメッシ・スポージ, Calle de l'Oca 4367- Cannaregio.   
  Tel: +39 041 241 2747.
  様子が見れるサイト 

・ Cà D'Oro alla Vedova・カ・ドーロ・アッラ・ヴェードヴァ, Calle Cà d'Oro.
  Tel: +39 041 528 5324.
  様子が見れるサイト 

2,3番目の「プロメッシ・スポージ」も「アッラ・ヴェードヴァ」も行った事がありますが、
有名店でいつも満員ですので予約が必要と。 庶民的な店で、美味しいです!!



4. フリートレ(揚げ菓子) ・ Fritole

5-una-vera-istituzione-veneziana,-le-fritole.jpg

ヴェネツィアのカルネヴァーレ時期の典型的なお菓子ですが、美味しく年間を通じてあり、
中に松の実、干し葡萄が入っているものの他に、クリームやザバイオーネ(卵黄に砂糖、
マルサラ酒を加えたクリーム)の入っているのもある。
最初18世紀に作られたもので、現在でもヴェネツィアの典型的なお菓子。
食事の後のデザート用か、おやつにも。

食材: 粉、松の実、粉砂糖、
標準値段: 2エウロ

どこで食べられるか
・ Pasticceria Rizzardini・パスティッチェリーア・リッツァルディーニ,
  Calle dei Meloni, 1415. Tel: +39 041 522 3835.
  様子が見れるサイト 

・ Bar Pasticceria Pitteri・バール・パスティッチェリーア・ピッテーリ,
  Strada Nuova 3843/A. Tel: +39 041 522 2687.
  様子が見れるサイト 

・ Pasticceria Tonolo・パスティッチェリーア・トノーロ,
  Calle San Pantalon 3764. Tel: +39 041 523 7209.
  様子が見れるサイト 

3軒ともパスティッチェリーアとあるのは、ケーキ屋さんの事で、大概バールが
一緒にありますから、おやつの一時にも良いですね。 



5. ポレンタ・エ・スキーエ(ポレンタと小海老) ・ Polenta e schie

6-polenta-e-schie,-accoppiata-vincente.jpg

白玉ねぎと共にポレンタは、ヴェネツィア料理でよく使われますが、これはスキーエと
呼ばれる小さな灰色のヴェネツィア・ラグーナで獲れる小海老を合わせたもので、
ポレンタは黄でも白でも、大変に好ましい一品となる。 魚とポレンタのコンビは最強!
昼食か夕食に。

食材: ポレンタ、スキーエ
標準値段: 18エウロ

どこで食べられるか
・ Taverna La Fenice, San Marco 1939. Tel: +39 041 522 3856.
  この店は、上の 2. リージ・エ・ビージ、の1軒目と同じ店。

・ Ristorante Casa Bonita・リストランテ・カーザ・ボニータ, Cannaregio 492.
  Tel: +39 041 524 6164.
  様子が見れるサイト  

・ Trattoria da GiGio・トラットリーア・ダ・ジージョ,
  Cannaregio - Campo S.Leonardo 1594.  Tel: +39 041 717574.
  様子が見れるサイト 



6. フリット・ミスト・アッラ・ヴェネツィアーナ(ヴェネツィア風魚介の揚げ物) ・
  Fritto mistoalla Veneziana

7-il-croccante-fritto-misto.jpg

これはヴェネツィアのストリート・フードの素晴らしい物と見なされ、元々は紙を丸めた
角型の容器で街頭で売られていて、現在はもちろんレストランでもオステリーアでも
ちゃんと座って食べることが出来ます。
ヴェネトでは魚事情によく通じ、顧客に美味しい一皿を提供しますが、かといって
複雑な物では無く、シンプル・イズ・ベスト、という所でしょうか? 昼食、夕食に。

食材: 粉、小イワシ、イカ、帆柱、海老、塩
標準値段: 24エウロ

どこで食べられるか
・ Acqua e Mais・アックワ・エ・マイス,
  Campiello Dei Meloni San Polo 1411-1412.  Tel: +39 041 296 0530.
  様子が見れるサイト 
  ここは店頭売りもあって、紙の筒に入れてくれる様ですね。 次回、寄ってみよう!

・ Paradiso Perduto・パラディーゾ・ペルドゥート,
  Fondamenta della Misericordia.  Tel: +39 041 720581.
  様子が見れるサイト 

・ L'Anice Stellato・ラニーチェ・ステッラート, Fondamenta de la Sensa.
  Tel: +39 041 720744.
  様子が見れるサイト 



7. ビーゴリ・イン・サルサ(太目パスタをソースで) ・ Bigoli in salsa

8-bigoli-in-salsa,-leccornia-veneziana.jpg

プリモ・ピアット、ビーゴリというパスタはヴェネトの、スパゲッティよりも太いパスタで、
ソースは玉ねぎとイワシのコクのあるもの。 かってはクリスマス・イヴのご馳走だったそうで、
現在は年間を通し、どのレストランでも食べることが出来る。 昼食、夕食に。

食材: ビーゴリ、イワシ、玉ねぎ
標準値段: 10エウロ

どこで食べられるか
・ Ristorante Rosa Rossa・リストランテ・ローザ・ロッサ,
  Sestiere San Marco 3709.  Tel: +39 041 523 4605.
  様子が見れるサイト 

・ Trattoria Dai Tosi・トラットリーア・ダイ・トージ, Calle Seco Marina 
  - Castello, 738. Tel: +39 041 523 7102.
  様子が見れるサイト 

・ Antica Osteria Ruga Rialto・アンティーカ・オステリーア・ルーガ・リアルト,
  calle del Sturion No. 692.  Tel: +39 041 521 1243.
  様子が見れるサイト 



8. サルデ・イン・サオール(イワシの玉ねぎマリネ)・ Sarde in saor

9-le-insolite-e-saporite-sarde-in-saor.jpg

ヴェネツィア料理において、イワシは様々な料理法に登場し、このサルデ・イン・サオールも
プリモ・ピアットの有名な物で、素朴に白玉ねぎと酢でマリネした物。
で、味わいを良くするために干し葡萄と松の実を加え、甘酸っぱく。 
昼食、夕食のアンティパストに。

食材: イワシ、玉ねぎ、干し葡萄
標準値段: 10エウロ

どこで食べられるか
・ Trattoria da GiGio・トラットリーア・ダ・ジージョ,
  Cannaregio - Campo S.Leonardo 1594. Tel: +39 041 717574.
  この店は4.のポレンタ・エ・スキーエのと同様で
  
・ Vecio Fritolin・ヴェーチョ・フリトリン, Calle della Regina 2262.
  Tel: +39 041 522 2881. 
  様子が見れるサイト 

・ Cantina Do Spade・カンティーナ・ド・スパーデ, San Polo, 859.
  Tel: +39 041 521 0583.
  様子が見れるサイト 

サルデ・イン・サオールのリチェッタはこちらに



9. ザエート(クッキー)・ Zaeto

10-uno-zaeto-tira-l-altro.jpg

生地作りに使う黄色いトウモロコシの粉から来る、見間違いのない黄色いクッキー。
口の中で美味しく、軽くサクサクで、病みつきになりそう。 
これだけを食べるもよし、または美味しい一杯のワインのお供にもなり、
間違いないのは、食べだすとやめられない事!  おやつに。

食材: トウモロコシの粉、バター、スルタナ種の干し葡萄、グラッパ
標準値段: 1,5エウロ

どこで食べられるか、は、上の 4. フリートレ(揚げ菓子)と同じ2軒の表示で、
・ Pasticceria Tonolo, Calle San Pantalon 3764. Tel: +39 041 523 7209.
・ Bar Pasticceria Pitteri, Strada Nuova 3843/A. Tel: +39 041 522 2687.
もう一軒は、閉店、と。



10. ティラミス ・ Tiramisù

11-un-must-della-dolciaria-veneta,-il-tiramisu-.jpg

ヴェネツィアで味わうべき料理のトップテンの最後は、いつも美味しい3色のお菓子、
ティラミスで〆る事に。 ヴェネツィアではこのお菓子の一匙はとりわけ愛されていて、
ヴェネツィアのケーキ店ではオリジナルのリチェッタを完璧に、そして時に変化させ
刺激的で食欲をそそるものを作り上げる。 食後のデザートに、おやつに。

食材: サヴォイアルド(サヴォイ・ビスコット)、カフェ、マスカルポーネ
標準値段: 約13エウロ

どこで食べられるか
・ Pasticceria Rio Marin・パスティッチェリーア・リオ・マリン, Santa Croce 784.
  Tel: +39 041 7185 23.. Pagina Facebook
  様子が見れるサイトは 

・ I Tre Mercanti・イ・トゥレ・メルカンティ, Castello 5364 -歩いてグエッラ橋の袂まで.
  Tel: +39 041 522 2901.
  様子が見れるサイトは 

  サイトで見ると、ここにカップ入りのティラミスがある様ですね。 レストランでの食事後
  に注文するデザートは各レストランで作っている筈で、カップ入りは難しいでしょうね。
   

・ Ristorante La Caravella・リストランテ・ラ・カラヴェッラ,
  Calle Larga Via XXII Marzo 2399 - San Marco.  Tel: +39 041 520 8901.
  様子が見れるサイトは 

という様に、ヴェネツィアの地元庶民の味ともいえる料理、お菓子を紹介してきましたが、
どうやらどこもがかなり庶民的な、多分値段も良心的な店の紹介、というイメージで。

ならば、この料理はこの店にしかない、という事ではないので、大体の位置をチェックされ、
都合の時間帯近くの店を選んで、というのが、美味しく経済的に食べられるコツかも。

料理、店の話は、ご紹介する方も大変興味があり、かなりあれこれ店の紹介も
見つけましたので、次回にはその話題を。 お楽しみに!


◆ ご案内 ◆

の美しい写真を提供して下さった長谷部さんが、ご自分のサイトを持たれ、
今迄の旅行で撮りためた多くの写真を掲載し始めておられます。

 旅の記憶 in Italy  http://www.tomomihasebe.gallery/

イタリアのみならず、フランスや、いずれは他の国のも順次加えられて行かれる筈で、
どうぞご訪問、お楽しみ下さるよう、ご案内致します。


*****

記録庫ブログには、
ヴェネツィアを 8記事  をアップしております。

ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
トスカーナ風景 描き始め と、ヴェネトの郷土料理 リージ・エ・ビージ を  
アップしています。 
見てやってくださ~い! 

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク