・ 夏の朝 ドロミーティの麓の村で ・ シロール

今日は夏の朝のシロール・Sirorの村、ドロミーティの麓にある村の様子、
朝の光が斜めに射しこむ、涼しい空気をお楽しみください。
昨年の夏8月に撮ったものです。

朝ご飯を済ませ、カメラを持って村内一周に出かけます。

まず、大きく写る屋根の形を。

1-S20_5320_GF.jpg



2階の納屋の厚い石壁、素朴な木のドアに映る樋の影。

2-S20_5314_GF.jpg



これはまだ村の中にたくさん残る木造の納屋で、この木組みを見ると
いつも正倉院を思い出すshinkai.

3-S20_5317_GF.jpg



お家の前に設えられた手作りのベンチとテーブル。 クッションが主を待ちます。

4-S20_5316_GF.jpg



村の坂道を上った所にある泉。 健在です。

5-S20_5315_GF.jpg



開けられた鎧戸。  鎧戸を通す光が壁に映る風景に、いつも惹かれるshinkai。

6-S20_5323_GF.jpg



お向かいのお家の煙突の影が。

7-1-S20_5329_GF.jpg



2階の玄関前を美しく彩る、紫の小さな花。

7-2-S20_5353_GF.jpg



村の中心広場にある泉。

8-S20_5324_GF.jpg



水道管に張ったくもの巣が光り、煌く水面。

9-S20_5326_GF.jpg

10-S20_5325_GF.jpg



何回も来ているシロールなので、村の中の家々も既に頭に入り、
この角の家はお気に入りの壁の一つ。

11-S20_5331_GF.jpg

12-S20_5335_GF.jpg



村を東に出はずれた所、羊たちが朝の食事を済ませ、小屋の中にぞろぞろと。

13-S20_5341_GF.jpg

14-S20_5342_GF.jpg

でもね、中には立ち止まって、あれ、誰? とこちらを見つめるのが何頭か。



北の山腹に射しこむ朝の陽。

16-S20_5347_GF.jpg



東隣のトルナディーコとの村の間に広がる平地と、立ち塞がる山と。

17-S20_5359_GF.jpg



遠くにはドロミーティ・ヴェネトの山々が見え、手前の山腹のあちこちに集落が。

18-S20_5360_GF.jpg



上の写真にも見える道具小屋、納屋などがあちこちに。

19-1-S20_5364_GF.jpg



冬越しの為の薪の用意も既に完了。

19-2-S20_5367_GF.jpg



奥に見えるのは雪国スタイルのコンドミーニオ4軒、 入り込む道がつき、

20-S20_5361_GF.jpg



乳母車を押し、朝の買い物を済ませたパパがお家に戻ります。

21-S20_5363_GF.jpg



こちらは買い物袋を下げたシニョーラ。

22-S20_5368_GF.jpg



道の両脇に家庭菜園が広がり、 これはカボチャかな?

24-S20_5355_GF.jpg



大きく開いた花の中では、蜂君がせっせとお仕事中。

25-S20_5357_GF.jpg



インゲン豆もだいぶ膨らみ、色づいて。

26-S20_5370_GF.jpg



トウモロコシの花がまだ咲いていて、

27-S20_5371_GF.jpg



実の方はこんな感じ。

28-S20_5369_GF.jpg



トマトもぷっくり、色づき始め。 

29-S20_5374_GF.jpg

日本から来られた方が仰るには、イタリアの野菜は美味しいねぇ、なんですが、
この一帯の家庭菜園製を食べると、スーパーでのとはダンチの美味しさで!



サラダ菜も美味しそう!

30-S20_5375_GF.jpg



猫ちゃんが朝のお出かけに。

31-S20_5344_GF.jpg



この子は、玄関前の椅子座布団の上で寝ていたのをshinkaiに起こされ、
ちょっと不満顔で見つめている所。 起きんで良いよ、って言ったのにぃ!

32-S20_5379_GF.jpg



夏を過ごしにシロールに来ている家族連れが出かけて行きます。

33-S20_5392_GF.jpg

背後に見える壁の古い壁画、素敵なんですよ。 なぜかこの一帯には、
サン・セバスチャンの壁画が多く見られます。



これは別のお家の玄関先で、これも古い壁画が残され。

34-S20_5431_GF.jpg



窓辺に鶏。 

35-1-S20_5391_GF.jpg

イタリアの鶏は「キッキリキー」と鳴くというので、
違うよ、「コケコッコー」だよと、鳴き比べをね、ははは。



少し賑やかですけど、はは、如何にも我が家、というイメージね。

35-2-S20_5412_GF.jpg



町の入り口にある、「動物たちの山下り」のお祭りの宣伝。

36-S20_5388_GF.jpg

シロールのお祭り 「山から動物たちが戻ってくる」 ・ ドロミーティ
http://www.italiashiho.site/archives/20171012-1.html



近くで出会ったヴェネトはアーバノ・テルメからのシニョーラ・ヴィットーリア。

37-S20_5387_GF.jpg

やはり夏の間借家をして、こちらで過ごすのですって。
アーバノ・テルメは良い所ですよね、というと、でもこちらの涼しさが良い、
夏でも毛布を掛けて寝るんですもの、と。

シロールは海抜765mなので特別の山間でもなく、夏の間は27度位とかで、
朝夕はすっきりと涼しく過ごせるので、近年は空いた家を手直しし、
夏の間のアパート替わりに、という家が多くなっている、と聞きました。



村の教会の鐘楼と、鐘楼の足元のキリスト像。

38-S20_5403_GF.jpg

39-S20_5404_GF.jpg



ぐるっと村内を回りながらセルジョの家に近づき、これは泉兼かっての共同洗濯場。
水のきらめきが壁に反射します。

41-S20_5415_GF.jpg



近くの畑の中の小屋、納屋。 ちゃんと前に椅子が数脚。 ははは。

42-S20_5414_GF.jpg



という様子で、村内パトロールを終え、セルジョの家に。 2階の花鉢が見える所。

43-S20_5437_GF.jpg

1階の持ち主が変わり、かなりの改装をして家族が住み始めており、
3階はご主人が亡くなり、売り出しに。

村自体は余り変わりませんが、やはり住人には様々な変化が起こりますね。


*****
   
記録庫ブログには、ナポリ・アマルフィに 4記事、 ドロミーティに 2記事 を
アップしています。 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
アッシジの薔薇窓 そろそろと、 ドロミーティの小さな湖ウェルスペルグ を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク