・ n.2 アルカ・ペトラルカ再訪 ・ 中世詩人の穏やかな地、家、骨董市


先回に引き続き、友人たちと訪れたパドヴァの南、コッリ・エウガネイの 
温暖な素晴らしい土地に位置するアルカ・ペトラルカの地のご案内、
今回はその2をご覧ください。

中世14世紀の詩人、イタリアの古典作家でもあるフランチェスコ・ペトラルカ・
Francesco Petrarcaがその人生の最晩年4年間を過ごした家は
現在博物館になっているのを先回ご覧頂きましたが、

1-DSC07351_GF.jpg

現在はというよりも、彼が亡くなって後この家は常に
詩人や彼の賛美者たちの巡礼の地でもあった様子で、
彼が亡くなった後、愛した娘婿に渡り、その後ヴェネツィア貴族の手を経て、
枢機卿シルヴェストゥリから、住まいとしては使わぬこと、という但し書き付きで、
1875年にパドヴァ市に寄贈されたのだそう。

つまりペトラルカが亡くなった後の改装も、詩人の名を高め伝えるものとしてで、
今も15世紀当時の様子を良く保っていると。

家博物館の開館は
09:00 - 12:30 / 15:00 - 19:00  3月1日-10月31日
09:00 - 12:30 / 14:30-17:30   11月1日-2月28日
休館日 月曜(祭日は開館) クリスマスと翌日 元旦 5月1日
tel. e fax +39 0429 718294

アルカ・ペトラルカの以前の訪問については




さて博物館を後に、お昼をどこでと近くの広場まで戻り、
ここは、ヴィカーリオのロッジャ、つまり村の執政官の役場のロッジャとでも。

2-DSC07355_GF.jpg




ロッジャを抜けて出る右手にある塔と建物は、サンティッシマ・トゥリニタ・
SS.Trinitàの礼拝堂。

3-DSC07356_GF.jpg




ここから右手上に坂道を辿ると、小さなこんなトラットリーアがあり、
行きに下の道で看板を見て、ここ、美味しそうね!と言っていた店。

4-DSC07371_GF.jpg




入り口を入るとバールと、テーブルが並んだ細長い部屋があり、
そこを通り抜けるとこんな感じの外の席。
我らが座るとともにどんどん他の席も埋まり、やれやれ!

5-DSC07358_GF.jpg




テラスの向こうは崖となっていて、そこに特産のジュッジョレ・ナツメがいっぱい!

6-DSC07367_GF.jpg




飲み物を頼み、これは友人mmさんの頼んだジュッジョレのスプリッツと、
前のお皿にはおつまみ風のパンにトマト・ソースと、小さな丸いクラッカー。

7-DSC07359_GF.jpg




エレオノーラとshinkaiは、前日栗祭りのコンバイで飲んだ地のビールが
濃厚でとても美味しかったので、ここでも地ビールと書いたのを頼みましたが、
前日のが濃厚で美味しかった!残念。でも、地ビールはとても強いのですよ。

8-DSC07360_GF.jpg




野菜のグリルが届き、

9-DSC07363_GF.jpg




これが良さそうと、初めから皆が狙った「茸とポレンタ、グラーノ」
グラーノというのは、パルミッジャーノ・チーズで、
これとポレンタ一切れを友人のお皿に載せましたが、
茸の量も多く、これでお腹いっぱいに。美味しかったぁ!!

10-DSC07364_GF.jpg

青空の下、外のテーブルで頂くお昼は本当に美味しい!
茸も美味しくたっぷり、でしたぁ。




これはエレオノーラのお皿で、彼女はハムをちょっと載せて、と頼んでこれ。

11-DSC07365_GF.jpg




mmさんの頼んだラザーニャ。

12-DSC07366_GF.jpg

ジュリアーナは白ワインを頼み、家のワインのXXだというのが出て来ましたが、
名前を聞いても分からずで、ワインに詳しいルイーザの夫にメッセージを送り、
どんなのかと尋ねると、聞いた事が無いけど、多分地元ワインのミックスで
あろうとの事。
ジュリアーナは、とても美味しい!と言い、味見したshinkaiは並みよ。
彼女はすぐにまたレナートにメッセージでそれを伝え、
やり取りするうちに段々エスカレート。

mmさんの、shinkaiがレナートはとても良い男だと言っているので、
お会いしたいです、というメッセージもジュリアーナはせっせと送り、
shinkaiは、そうそう、とても良い男。 ルイーザ、包丁を持たないで!
ははは、もうお腹満腹、アルコールでほろ酔いの我々はわやくちゃ、大笑い。




誰かが頼んだデザートの、ジュッジョレのトルタ。
はぁ、この地ではなんでもジュッジョレなのですね、ははは。
甘いジュッジョレのジャムが載っていましたが、少し甘すぎ、でも美味しかった。

13-DSC07368_GF.jpg




隣の席にいたダックスフンド君、しっかりエレオノーラを見上げます。

14-DSC07369_GF.jpg




満足して店を出て、ちょっと坂道を上り、この壁の顔に挨拶し、

15-DSC07370_GF.jpg




戻って、礼拝堂脇の石段道を下り、

16-DSC07372_GF.jpg




ぼちぼちと下の町に向かい坂道を下って行きます。

17-DSC07373_GF.jpg

どこもがしっかりと積まれた古い石垣、古い壁の町アルカ・ペトラルカ。




途中の店の前に出ていた、2017年版イタリアで一番美しい村々で
2番目に選ばれた、という看板。

18-DSC07301_GF.jpg

1番目はフリウリのヴェンゾーネ・Venzoneだそうで、
2度ほど行った事がありますが、あそこは平野だからもう一つ趣に欠けると
思う、という仲間の意見に賛成のshinkai。 
はい、地震から完全に復興してとても良い町ではあるのですけど・・。

こちらでヴェンゾーネの様子、2位以下の村の名もご覧になれます。

で、この看板が出ていたのはジュッジョレ製品を売っていた店で、
mmさんが入ったので我々も一緒に、皆がブロード・ディ・ジュッジョレを味見、
看板の下から3行目、を頂き、彼女が2瓶買ってくれたので、まぁ、良いよね、と
ははは。 これはジュッジョレのブランデー漬けで、なおの事ほろ酔いに。




お昼過ぎで、一段と賑やかさを増した坂道の往来。

19-DSC07375_GF.jpg




今朝来た時は、靄で真っ白だった景色も、今は緑色の美しさ。

20-DSC07376_GF.jpg




村の家並も美しい姿を見せます。 閑静で素敵でしょう?!

21-DSC07377_GF.jpg




坂道を下って来ての家並と、

22-DSC07378_GF.jpg





見上げる家並。

24-DSC07382_GF.jpg




レストラン脇の小さな席も、今はいっぱいの観光客。

25-DSC07383_GF.jpg




下の広い広場前には多くの屋台店が並び、

26-DSC07381_GF.jpg




栗焼きが始まる店と、

27-DSC07385_GF.jpg




秋の果物と、焼き栗売りの店。

27-DSC07386_GF.jpg





ペトラルカのお墓が前にあり、彼のお葬式も行われた教会
サンタ・マリーア・アッスンタ。

29-DSC07387_GF.jpg




そしてこれがペトラルカのお墓。

30-DSC07388_GF.jpg

1371年ヴェネツィアの友人宛に彼が書いたのは、

 終身刑を受けた身の様に町から逃れ、小さな村に孤独に住むことを選ぶ。
 オリーヴの木と葡萄畑に囲まれた優美な小さな家、
 そこで日々をまさに平穏の内に落ち着いて過ごす、
 喧騒から、騒音から、出来事から遠く、
 読み続け、書く事を続けながら。

こうして彼が終の棲家に選んだ村、家がまさに彼の理想であった事が、
今回見て頂いた皆さんにもよくお分かり頂けたと思います。

自分が今の年になった事もあるのでしょうが、
老年を大変穏やかに、自分の満足できる環境の中で過ごせた様子、
の彼の姿が、以前よりもいっそう心に響きます。




サンタ・マリーア・アッスンタ教会の前の広場から見下ろす所に
彼が毎日通ったと言われる泉が右下に。

31-DSC07396_GF.jpg




で、この日の最後のオチになりますが・・、
この横の公園式の広場に、こんな彫刻が置いてありまして、
下の駐車場からの坂道にも同じ作家の大きなのがあったのですが、

32-DSC07399_GF.jpg

はぁ、もうこういうスタイルの像を見ると、ついむらむらとなるshinkaiで、
幾らアートとは言え、です、こういうのを公衆の目前に置いて頂くとですねぇ、
品性卑しいshinkaiめは、もう冗談の止めどが無くなりまして・・!
ジュリアーナも笑いが止まらなくなり、ついでに降りて行って記念写真も撮りましたぁ。
ははは、ご容赦願いますで~す。

このパドヴァ在住という作家のサイトはこちらに。


という、秋の心地良い日、桃源郷にも似た趣のアルカ・ペトラルカ再訪でした。

バス便が悪く、調べて見るとパドヴァあたりからも難しい土地ですが、
チャンスがありましたら是非のご訪問をお勧めいたします!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


水彩+色鉛筆画ブログには、
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

いつもブログご訪問、応援有難うございます!



スポンサーリンク