・ n.2 ピティリアーノ 町の中心の散歩と、 ブログのお休みを


先回に続き、トスカーナ州の南東の端、南のラツィオ州、東のウンブリア州に
近いピティリアーノ・Pitiglianoの町のご案内、2回目を。

ピティリアーノがどこにあるか、などの地図は先回載せていますので、
そちらをご覧下さいね。

以前のトスカーナ州のご案内は


まずは上空からの写真、郊外に広がる新市街から南に向かい、
崖の上にまるで樹海に浮かぶ島の様に突き出した様。

1-1-spitigliano.jpg

手前右に見える大きな内庭を囲む建物は、オルシーニ家の館で、
ここは現在美術館と図書館に。

中ほどに突き出している高い太めの鐘楼は、この町の主要教会
サンティ・ピエトロ・エ・パオロ聖堂の物で、後程内部を。




こちらは4泊した宿の窓から見る、朝日の町の姿。

1-2-P05_0426_GF.jpg

この宿グアスティーニ・Guastiniはちょうど旧市街の入り口に位置し、
眺めも良く、お値段もお安くお勧めです。
レストランもあり、2食付きのメッゾ・ペンシオーネもあるそう。
我らは朝食しかここでは食べなかったのですが、
たくさんあれこれ出て良かった記憶があります。




これは朝に窓から見た鳥たち。ラツィオに行った時も見たのですが、
なんという鳥なのか、カラスより鳩よりも少し小さかったと。
目の周囲が黒いので、ちょっと凄んでいるみたいでしょう、ははは。

2-P06_0428_GF.jpg

3-P06_0430_GF.jpg




さて、先回町の代名詞「小さなジェルサレム」の由来ともなっている
かってのユダヤ人居住区ゲットー跡にある、博物館の様子も少しご覧頂き、
谷に向かって下る石段、建物類もご覧頂いたので、
今回は町中の様子と教会を2つご案内致しますね。

町の先に行くにつれ、最初は町の幅が広いので3本ほどある縦の道が
次第に終結し、最後1本となる道が、ヴィア・アルドブランデスキ・
Aldbrandeschi通りで、名の由来は領主だったアルドブランデスキ家から。

4-P05_0274_GF.jpg

アルドブランデスキ家というのは、名前からご想像の様にロンゴバルド系で、
8世紀終わりからトスカーナからラツィオにかけて広い一帯を領していた伯爵家。
で、当時はピティリアーノの西にあるソヴァーナ・Sovanaの方が大きかったのが、

13世紀の終わりに、最後の嫡子であったアナスターシャがオルシーニ家と
婚姻関係を結び、ロマーノ・オルシーニは本拠をこちらピティリアーノに
移したのだそう。
その後分枝のアルドブランデスキ家も15世紀には消滅していきます。




で、このアルドブランデスキ通りが始まるのが、この教会前からで、
2つの通りが一本になっているのが分かりますが、
教会の名はサンタ・マリーア・エ・サン・ロッコと2人の聖人名。

5-P05_0275_GF.jpg

教会は元異教徒の宗教的なものの跡に12世紀に建設されたものだそうで、




内部はこんな様子ですが、身廊の奥にはキリスト教らしいマリア像の
フレスコ画も見えますが、

6-P05_0272_GF.jpg




上部には1891年と書かれて、かなり世俗的な紋章が描かれていて、

7-P05_0271_GF.jpg

一時は教会が閉められ、普通の工場的に、住居にも使われていたとか、
サイトに説明がありました。




道は緩やかな下り坂で、お年のシニョーレがゆっくりとこちらに。

8-P05_0273_GF.jpg




脇道にそれ、かっての共同洗濯場、閉まっていましたが、を見たり、

9-P05_0277_GF.jpg

10-P05_0280_GF.jpg




覗きこむ谷、町の西側の様子。

11-P05_0278_GF.jpg




そして石段を下って行くと、

12-P05_0282_GF.jpg




もう一つ大きな石段が続き、ぐるっと回りこんで、

13-P05_0284_GF.jpg




ここはソヴァーノ門。 ピティリアーノの西にあるソヴァーノに続く道で、

14-P05_0285_GF.jpg

ソヴァーノからは両側から迫る山、崖を切り抜いたヴィア・カーヴァ・
Via Cava と呼ばれる有名な道があり、それに繋がるのだそうですが、
車で走りながら探したものの、この時は見つける事が出来ず・・。




門の外から見る、町の西側の建物の並び。
こちら側も反対側と同様、断崖の上に。

15-P05_0288_GF.jpg

16-P05_0291_GF.jpg




古い岩の美しい色と、古びてはげちょろけの倉庫の扉。
何とも良い色でしょう?!

17-P05_0254_GF.jpg




下りの石段も苔むし・・。

18-P05_0295_GF.jpg




狭い町中の道を行き、あれこれ運搬するのには欠かせない小型3輪車。
いろいろな色のに出会いましたぁ。
shinkaiは一番上の写真を見るたび、映画「ジョーズ」のテーマ曲を、
思い出すのです、ははは。

19-P05_0293_GF.jpg

20-1-P05_0316_GF.jpg

20-2-P05_0384_GF.jpg




ただいま帰りましたぁ、 入れてくださ~い!

21-P05_0296_GF.jpg




そしてこちらが町のドゥオーモと呼ばれる、聖堂サン・ピエトロ・エ・パオロ。
建設は中世なのだそうですが、16世紀に改装され、その後にも
根本的な改装が行われているそう。

22-P05_0297_GF.jpg

確かに鐘楼の上部は古い部分が残ってますが、この辺りは要塞としても
使われていたのが、鐘楼に改装されたと言い、聖堂正面は後期バロック様式。




内部はこんな様子で、バロック様式の一廊式で、収められている美術品類も
17~19世紀の物と。

23-P05_0301_GF.jpg




聖堂前は広場になっているのですが、その南側にバール兼レストランがあり、
その左前にある、素晴らしい彫りを施された角柱の上の動物。
盾を持っているのですが、

24-P05_0304_GF.jpg




これです、キツネみたいに見えるのですが、脚の間に立つ大きなもの!
くっくっと笑えて来て、ははは、しっかり撮った次第です。
何か謂れがあるのでしょうけど、見つからず残念!

25-P05_0303_GF.jpg




肉屋さんの前の看板と、店の内部。
生ハム薄切り100g 1,14エウロ!

28-P05_0307_GF.jpg

29-P05_0308_GF.jpg




ワイン店のショウ・ウインドウ。

30-P05_0312_GF.jpg




オリーヴ油などが並んだショウ・ウインドウなんですけど、
埃まみれの、ははは、瓶に並んで、ブルネッロのグラッパの箱! 

31-P05_0314_GF.jpg

ブルネッロのグラッパなんて、これはさぞ強くて美味しいでしょうねぇ!!
味わってみたい!





旧市街入り口の広場まで戻って来ると、ここは西側にも大きく展望が開け、
覗くと、続いて始まる家並が見えますが、案外無人の家も多いのかも・・。

32-P05_0323_GF.jpg




深い谷に落ちる滝水も見え、

33-P05_0319_GF.jpg




広場にはロバと老農夫の銅像が。 かってのこの一帯の農夫の姿でしょうね。

34-P05_0328_GF.jpg




お天気になり、地面が濡れていない広場で、何かを見つめる猫ちゃん。

35-P05_0327_GF.jpg




旧市街を囲む建物と一体になった高い城壁があり、

36-P05_0360_GF.jpg




上から覗く、城壁外の町の並び。 でもこの一帯はまだ古い家並。
上に行くと新しい家並が広がり、スーパーもありました。

37-P05_0357_GF.jpg




陽が射したと喜んでいるかの様に、ゴロンゴロンを見せてくれる猫ちゃん。
うん、shinkaiも一緒にゴロンゴロンしたいよぉ。

38-P06_0444_GF.jpg

39-P06_0452_GF.jpg




という、猫ちゃんがいた谷の向かいから見るピティリアーノの町を再度。

40-1-P06_0438_GF.jpg




そして、上空から見る家並。 まさに突き出す半島、ですね。

40-2-Pitigliano_veduta_GF.jpg




という所で、2回にわたりご覧頂いたトスカーナの特異な町ピティリアーノ、
歴史的にも、眺望的にも大変特異なピティリアーノのご案内を終えます。

最後は夕空の色が深くなり、照明が一層輝く町の姿を。

41-A03_0074_GF.jpg

お付き合い、有難うございました。



◆ 個展のお知らせ と ブログお休みのお知らせ ◆

3月19日から25日まで、東京八重洲地下街のギャラリー八重洲にて
個展を開かせて頂きます。
新しく描きためた20枚ほどを含め、約40点ほどの展示となります。

42-s+東京展DM_2.jpg

43-s+東京展DM_1.jpg


私にとりましては初の東京での個展であり、また殆ど友人も知り合いも
いない東京ですので、いささか緊張しております。

お知り合いの方にもお知らせ頂けましたら、とても嬉しい事ですし、
ブログを見て下さっている方、絵に興味をお持ちの方、
またイタリア旅行についてのあれこれ、
お出で下さり、お喋りできるのを楽しみにしております。

ご高覧よろしくお願い申し上げます。

*****

という事で、今回のブログが最後で、15日にこちらを出発しますので、
個展が済み、無事戻って来る、ははは、3月末まで
ブログはお休みさせて頂きますので、よろしくお願い致しま~す!

東京でお会いできるのを楽しみに!!



◆ 友人の個展のご案内 ◆

広島の絵の友人越川道江さんの油絵展が3月27日より4月1日まで
広島県立美術館県民ギャラリー展示室5 にて開催されます。

44-s2.jpg

45-s1.jpg

大作を含めての油絵30点の展示との事。
どうぞお出かけご高覧下さるよう、私からもご案内申し上げます。


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


*****


色鉛筆+水彩画ブログには、
アップしています。    
見てやってくださ~い!    

ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
応援も宜しくお願い致しま~す!