・ ピエロ・デッラ・フランチェスカの地 ・ 作品背景に残る風景を探し訪ね

フィレンツェはウッフィッツィ美術館の名品、ピエロ・デッラ・フランチェスカ
(1412-1492)の「ウルビーノ公夫妻の肖像」(1472-74頃 各47x33cm)

1-1506161515054059-556161.jpg

右がウルビーノ公フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロ・Fderico da Montefeltro、
(1422-1482) ですから肖像画の当時は50歳位、
左側が妻のバッティスタ・スフォルツァ・Battista Sforza(1446-1472)

2人は1460年に結婚していますから、この肖像の彼女は当時26歳、というか、
ちょうど亡くなった頃に出来上がった作品という事になりますね。

少し脱線しますが、幸せな結婚生活だったと言いますが、14歳で結婚し12年間の
結婚生活で7人の子を産み、夫の庶子3人もウルビーノの宮廷に引取り、
自分の子同様に育てたという、大変によくできた妻だった訳ですが、

最初にこの肖像を見た時、また彼女の年を知った時は驚きでした。
勿論夫よりはずっと若く見えますが、やはり多産の疲れか、と思いますよね?


とまぁ、それはさておき本日の主題、対面する2人の背後に描かれた風景に戻りますが、

とりわけ右のフェデリコの背後の風景、遠くになだらかな平野が広がり、山が点在、
そして手前には広々とした川か、入江の様にも見える水面が広がり、帆船も2艘見え、
何とも穏やかな広がりの風景。

初めてウフィッツィでこの作品を見た時に、画面の中を自分も歩きたい感じになる程に
大好きになった作品で、後年自分の絵の中にこの背景を拝借した事もありました。


そして暫く前に「ピエロ・デッラ・フランチェスカの、フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロ
の背景が明らかに」という記事をサイトで見つけ、

ロゼッタ・ボルキア・Rosetta Borchiaと、オリヴィア・ネーシ・Olivia Nesciという
2人の女性、ロゼッタは写真家ヴィデオ作家で、オリヴィアはウルビーノ大学の地形学の
先生が、この一帯を歩き調べ、ピエロ・デッラ・フランチェスカのこの絵の背景を突き止め、
論文を発表した、という物なのです。


こちらが実風景にフェデリコの肖像を重ねた物で、

3-federico-da-montefeltro-sowrapposizione-con-la-wallata1-600x493.jpg

如何、手前の川がないだけで、山の感じなどはよく似ているのが分かりますね。

この風景はメタウロ谷・vallata del Metauroという、マルケ州の西から東に流れる
メタウロ川、サンタンジェロ・イン・ヴァード、ウルバーニア、フェルミニャーノ、
フォッソンブローネと流れ、最後はファーノでアドリア海にそそぐ、全長110kmの、
川の周囲に広がる谷の風景との事。



これが肖像の左側上部で、モンテ・フロンゾーソ・monte Fronzosoとあり、

4-montefalcone1-789x1024.jpg

検索しましたが、このフロンゾーソ山がどこにあるのか確証できず。
ですが、他の説明から考え、ウルバーニア近くにあるものと。



こちらは肖像の右で、ロッカ・デル・ペーリオ・rocca del Peglioと。
確かに右の山の形、そして奥左の山の流れも似ていると思います。

6-federico-da-montefeltro-rocca-del-peglio-particolare-e-confronto1-942x1024.jpg

ペーリオという町はウルバーニア・Urbaniaの北にあり、ロッカも大文字ではないので、
そこにある要塞の事と思いますし、メタウロ川はぺーリアの南を流れ、ウルバーニアの
町を通っています。 ここは行ったままでご案内無しで・・。



そしてこの肖像の左下に広がる広い川ですが、写真は現在のウルバーニアに続く道で、

調べた2人によると、ピエロの絵の中の川に相当するものであり、多分ピエロは
ウルバーニアの北にあるイル・バルコという、メタウロ川の蛇行にある、
かっての猟の為の公爵の館当たりを描いたのであろう、と。

5-piero-della-francesca-federico-da-montefeltro-il-wiale-alberato-che-porta-a-urbania-614x1024.jpg

確かに絵描きは実際の風景を、頭の中でふくらましたり省略しますので、ね。

フェデリーコの背景同様に、二人は、ピエロのこの対の肖像画の裏に描かれた「凱旋」、
そして「聖ジローラモと寄贈者」の背景に描かれた場所も特定した、というのです。


フェデリーコのあの豊かに広がる風景は、ピエロの想像を交えた風景だろうと思っていたので、
記事を読んだ後、そうか、そうだったのかぁ、やはりある程度モデルがないと想像だけでは
難しいよね、という感想を持ちましたが、



何か他にもあるかなと検索をしていて、こんなプロジェクトが進行中であるのを知りました。
「ピエロの地、マエストロの旅のしるし・手掛かりについて、ピエロ・デッラ・フランチェスカ」

7-9-terre-di-piero-logo.jpg

つまり、ピエロが残した数々の名品が残る、エミーリア・ロマーニャ州、マルケ、トスカーナ、
そしてウンブリアが州境を越え、ピエロ・デッラ・フランチェスカの作品鑑賞にどうぞ! 
というキャンペーン、

また作品の背後に描かれた風景の、元の風景、インスピレーションを受けた風景はここ!
という、今回上でご紹介した場所を7か所、「ピエロ・デッラ・フランチェスカのバルコニー」
または「モンテフェルトゥレ・ヴェドゥーテ・リナシメンターリ・Montefeltro Vedute
Rinascimentali」と、案内プロジェクトをしているのですね。



「ピエロ・デッラ・フランチェスカのバルコニー」では、こんな風に場所を設け、
説明板も設置していて、

8-sbattistasforza - Copia.jpg

9-sbalcone_resurrezione - Copia.jpg

10-sresrrezione - Copia.jpg



ガイドがついて、グループで訪問し、という様な事も行われている様子。

11-sIl-Balcone-di-Piero-a-Pieve-del-Colle-di-Urbania.jpg



という事で、我がブログも負けじと、ははは、ピエロの7作品のどれが、どこの風景か、を
ご案内致しますね。 
地図の上で探し出すのが大事でしたが、いつか自分も行くかも、という事で頑張りましたぁ!!


で、まずは最初の「フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロ」ですが、

12-piero_double_portrait_of_the_dukes_of_urbino_03 (1) - Copia.jpg



ウルバーニアの北西のここに。 蛇行して流れる川がメタウロ。

13-sfederico map.jpg

住所は61049 Urbania PU としか出ませんでしたが、
「balcone Federico da Montefeltre」という道標が出ているという事で、
これはどの場所についても同様の様です。



そして、妻のバッティスタの背景は、

14-piero_double_portrait_of_the_dukes_of_urbino_03 (1).jpg

ここ、かなり北になりますが、サン・マリーノ共和国、そしてサン・レオの中間で、




住所はVia Tausano 55, 47865 San Leo RN

15-sb-3,4 via tausano battista girolamo.jpg




で実はこの住所は、この「サン・ジローラモと寄贈者」の背景の地図と同じのが出ます。

16-Piero-della-Francesca-San-Girolamo-e-un-devotoVenezia.jpg



何度しても同じ場所が出るので、地図が馬鹿になったか、はは、と焦ったのでしたが、
こんな写真も見つかりましたし、説明にも「近くに・・」とあるので、同じ道の近くと。

17-1-svia tusano 55.jpg



「サン・ジローラモ・・」のバルコニーの写真で、

17-2-san_girolamo_e_un_devoto.jpg



こちらが「バッティスタの肖像」の方。 どちらもかなりの岩場の少し高い場所の様ですね。
背景の山の姿が、やはり特徴あるもので、如何にもピエロ好みと。

18-sbattista via tausano.jpg



こちらが、フェデリーコとバッティスタの対の肖像の裏側の「凱旋図」

19-1-Piero_della_Francesca_047.jpg



この山の姿が、という訳で、500年前とほぼ同じ山の区分けの姿に笑えるほどですが!

19-2-strionfi.jpg



地図はこちらで、住所はVia Piave del Colle, 61041 Acqualagna PU.

20-sb-5 trionfi.jpg



そしてこれはshinkaiが大好き、一度見たいと思っている「生誕図」ですがぁ、
これはロンドンのナショナル・ギャラリー収蔵品で・・遠い。

21-e0048a.jpg



今回地図が見つからなかったのがこれで、住所はVillagrande di Montedopiolo の
Palazzolo というのは分かったのですが、地図に出ません。

22-snatività.jpg
この様に説明板は見つかっていますので、その内に! 分かったらまたお知らせしますね。
 



「洗礼図」

23-piero-della-francesca-il-battesimo-di-cristo.jpg



地図はこちらで、これもなかなか分からずでしたが、47866 Petrella Guidi RN

24-1-sbattesimo.jpg



ペトゥレッラ・グイディという小さな村落は、とても趣のある素敵な村で、やっと見つけた
写真がこれで、右に掲示板が見えますね。

24-2-spetrella guidi.jpg



こんな感じに。 村に到着すればすぐ分かるような、何世紀もそのまま、という感じの、
本当に素敵な村落の様子を知りました。 いつかのチャンスに!

24-3-spetrella guidi21.jpg



「キリスト昇天図」。手前中央のこちら向きの兵士の顔が、ピエロの顔と言われますが、
彼の生地のサン・セポルクロの美術館に。

25-resurrection700.jpg



地図はこちら、サン・レオの南で、Località Pugliano,4, 61014 Pugliano PU

26-sb-6 ner ressurezione.jpg


というピエロ・デッラ・フランチェスカの7点の作品の、背後風景の場所認定でしたが、
共通しているのは、エミーリア・ロマーニャのサン・レオ周辺、そしてウルバーニア周辺に、
という事でしょうか。

いずれにしても広い土地を歩き回り、出かけた先で大いに気に入り、スケッチを
していた場所なのでしょう。



で、上記したように、エミーリア・ロマーニャ州、マルケ、トスカーナ、そしてウンブリアの
4州が共同でしているキャンペーン、「ピエロの地・テッラ・ディ・ピエロ」ですが、
ご覧の様に行程図もあり、ここに行くと、この作品が見れますよ、という事で、

27-terradipiero.JPG

1.リミニ・Rimini  2.ウルビーノ・Urbino  3.サンセポルクロ・Sansepolcro
4.モンテルキ・Monterchi  5.アレッツォ・Arezzo  6.ペルージャ・Perugia




各地毎に、上で出た作品以外の一作品をご覧頂くとして、

1. リミニ「マラテスタ廟のシジスモンド・パンドルフォ・マラテスタの壁画」

28-sigismondo pandolfo malatesta.JPG


リミニ・マラテスタ廟について



2. ウルビーノ 「キリストの鞭打ち」、他に「理想の都市」も。

29-flagellazione di cristo.JPG


ウルビーノのご案内は



3. サンセポルクロには、ピエロの生家があり、 

30-casa.JPG



4. モンテルキ「出産のマドンナ」。最近美術館にかなりの大金で新しい設備が、
  どんなのか具体的に分かりませんが、そんなニュースも。

31-madonna del parto.JPG


モンテルキの「出産のマドンナ」については
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461129166.html



5. アレッツォ、 サン・フランチェスコ教会の「黄金伝説」の一連の大壁画が。

32-piero-della-francesca-storie-della-vera-croce.jpg

ニュースで、教会の隣に、ピエロ・デッラ・フランチェスカに関する
ヴァルチャー博物館が出来ているという事、壁画拝見の折には是非
お忘れなくこちらにも。

サン・フランチェスコ教会の「黄金背景」については


6. ペルージャ、「サンタントーニオの祭壇画」

33-polittico di sant'antonio.JPG


という様に、ピエロの名品が揃っておりますので、近くにお出かけの時は是非どうぞ!



shinkai個人としては、アレッツォの「黄金伝説」の戦場面のちょうど中央に描かれている
この川の流れと家、手前の木の風景がとても好きで、
どこをモデルにした物か、これも知れると面白いのになぁ、と思っていますが・・。
  
34-23-piero-della-francesca-storie-della-vera-croce.jpg

という、大好きなピエロ・デッラ・フランチェスカ、お好きな方はきっと多い事と、
に関する新しい、とは言え既に進行中プロジェクト2つについてのご案内でした。


*****

記録庫ブログには、  
イタリア全般、番外 に 8記事
アップしております。

ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロの 特徴ある鼻について  と、おまけ を  
アップしています。
  
見てやってくださ~い!    
http://italiashinkai.seesaa.net/

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。