・ n.2 イタリアの 「ラビリント・迷路」のある庭園10 のご案内

2回に渡ってご案内の、イタリアにある迷路の庭園10か所ですが、
今日はその後半を。
può essere un'opzione  
こちらは10の迷宮のご案内で、

8 Giardini con Labirinti in Italia こちらは8つで、
殆どダブルので、ご案内としては選択に(あまり)間違い無いものと思います。


先回に続き、ヴェネト周辺に5つあるという最後は

6. シグルタ公園・Parco di Sigurtà ヴァレッジョ・スル・ミンチョ ヴェローナ

6-1-27993419_10156312044676318_174.jpg

ガルダ湖からのミンチョ河を下った所、シグルタ公園の中にあるラビリント。



6-2-map Cattura.jpg

Via Cavupur 1 Valeggio sul Mincio VR



大変に広大な公園で、元々は貴族の庭園だったのが公開されたもので、
植物の種類も多く、shinkaiも一度は訪問したいと思っている公園。
今年は5月10日から開くそうで、毎年3月から11月最初の日曜まで、
毎日9時から19時まで公開。 

6-3-SIGURTA-4-copia.jpg

6-4-Parco di Sigurtà, Valeggio sul Mincio (VR)-.jpg

ラビリントは1500本以上のツゲの木で植え込まれ、中央に塔があり、
そのテラスからの眺めも素晴らしいと。

サイトは  https://www.sigurta.it/




7. カステッロ・ディ・マジーノ・Castello di Masino
  トリノ県カラヴィーノ・Caravino

7-1-D14A-44A1-B1CE-9BF1CD503E18.jpg

千年以上に渡り、ルネッサンス期まで一帯を領有していたヴァルペルガ・ディ・
マジーノ伯爵の城の庭園にあるラビリントで、イタリアにある大きなラビリントの
ひとつ。 城と公園現在はFAI・イタリア環境基金の持ち物で、博物館に。
城の中も素晴らしい様子で!


7-2-map Cattura.jpg

Via del Castello 1, 10010 Masino TO



ラビリントは2000本のシデの木により、18世紀の姿に再建されたものだそう。

7-3-labirinto-castello-di-masino-a-caravino.jpg

7-4-Castello e Parco di Masino - Panoramica labirinto-2.jpg

この位ハッキリ見えると目でも指でも辿れますから、お楽しみを!





8. ラビリント・マゾーネ・Masone  フォンタネッラート パルマ県

8-1-Il-Labirinto-della-Masone-.jpg

フランコ・マリーア・リッチ・Franco Maria Ricciというデザイナーにより、
2015年に造られたもので、20万本の様々な種類の竹を使い、
現在世界一の大きさのラビリントなんですと!


8-2-map Cattura.jpg

Str. Masone, 121, 43012 Fontanellato PR



エミーリア・ロマーニャ州のフォンタネッラート市にあり、全体は星型で、
行程は3km以上あり、行路の幅は3m、中央に見える建物内で、
彼の作品コレクションが見れる様子。

8-3-Labirinto della Masone, Fontanellato (PR)-.jpg

8-4-incontriamoci-in-giardino-.jpg

竹、というと、育ちが早く、葉も落ちるだろうなぁ、と少し気になりますが。
公開 4月から10月 10時半から19時  11月から3月 9時半から18時


n.1 パルマの城 フォンタネッラートと、パルミジャニーノの城
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461920023.html



9. ヴィッラ・メディチのペトゥライアの庭園・Villa Medicea Giardini della
  Petraia  フィレンツェ

9-1-villa-petraia-air.jpg

フィレンツェの北の丘陵地にあるヴィッラ・ペトゥライアの庭園にあるラビリント。


9-2-mapCattura.jpg

Via della Petraia, 40, 50141 Firenze FI



中世14世紀の小さな要塞をブルネレスキ家が所有し、ストロッツィ家の物となり、
そして16世紀中頃にメディチ家のものとなったというヴィッラで、

9-3-unnamed.jpg

まるで上の写真の現在と変わっていない姿で、



庭園のみならず、内部にはこの様に素晴らしい様子が残り、
毎日8時半から18時まで公開されているというので、フィレンツェの街の
喧騒を離れ、訪問するのも素晴らしい思い出に残るものと。

9-4-petraia-courtyard.jpg



ただ問題はラビリントが本当にこのヴィッラにあるものかどうか、これがあれこれ
探し回りましたが、確信が持てません!

写真はサイトで見つけた物ですが、これはラビリントというよりも、単に
イタリア式庭園の様に見えますし、

9-5-_villa-la-petraia--giardini-formali-.jpg

ヴィッラ全体の上の写真にも、衛星地図でも探し回りましたが、
ラビリントらしき物は見えないのですね。 近くのやはりメディチ家の
ヴィッラ・カステッロの間違いかもと探しましたが、やはり見つからず。

ひょっとしてガセネタかも!!ですので、ご了承くださいませませ。




イタリアのラビリントの最後のご案内はシチーリア島に飛び、

10. カステッロ・ディ・ドンナフガータ・Castello di Donnafugata
   ラグーザ市

10-1-Castello-di-Donnafugata1.jpg

アラブ風のイメージの大きな城、14世紀、があり、周囲を庭園が囲みますが、


10-2-map.jpg

Contrada Donnafugata, 97100 Ragusa RG



今迄のはすべて樹木で出来ていたのが、ここのラビリントは石を積んだ白い迷宮!

10-3-Castello di Donnafugata, Ragusa-.jpg

10-4-_Donnafugata_195507314.jpg



多分ロンドン近郊のハンプトン・コートのラビリントからイメージを受けたものと。

10-5-hampton-court-palace-p1050473-.jpg

公開は、庭園、城内とも月曜以外の毎日9時半から13時半 14時半から17時に
公開されているというので、いつかシチーリアに行けたらと!



ラビリントは、体験する前には半ば馬鹿にしていたshinkaiですが、ははは、
一度体験して、素晴らしく楽しく面白いものと実感しましたので、
皆様にもぜひ! とお勧めで~す。


と、大分前になりますが「ドンナフガータの城」の記事を見つけ読み、
その時にこの石積みの迷宮の写真を見ていて興味深く、今回このラビリントの
記事に見つけたので、皆さんにもご案内をと思ったのでした。

ドンナフガータの城内も大変素晴らしいので、改めてご案内致しますね。


*****
  
記録庫ブログには、 猫ちゃん ワン君 動物たち に 6記事 
アップしています。 
 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
n.3 絵画、彫刻の修復で、有名な、そして問題となった10点 
をアップしています。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。