・ 15世紀 ミラノの貴族のお遊びは、 ボッロメーオ邸


1-1_Giocatori-di-carte_GF.jpg

  先日ピサネッロの絵やデッサンをサイトで調べていた時、
  思いがけず、30年以上前にもなりますか、
  雑誌で見て忘れられずにいた絵に出会いました。

  「ミラノの古い貴族のお屋敷にあるピサネッロの壁画」とあり、
  当時初めてのイタリア旅行で見た、古い壁画や祭壇画の虜に
  なっていた私には、それはもう、
  「遥か遠い国、魅せられたイタリア」以外の何物でもなく、ははは、
  ましてピサネッロ、という名にも魔法をかけられ、
  大切に写真を取っていたのでした。

  その一連の絵に、長い年月の後再会できたのでしたが、

  今は有難い事にPCでその写真の出処にも行き着き、
  あれこれ調べる事も出来るので、
  これらの壁画はミラノのボッロメーオ邸・Palazzo Borromeo
  在ることも分かり、
  知らずにいた他の画面も知ることが出来ました。

  という事で、今日はこの壁画を通じて、
  15世紀ミラノの貴族の子弟のお遊びの姿をご覧下さいね。
  そして最後に、現在の貴族のご子孫達の様子もちょっぴりと。


  上の写真は、私の記憶に残っている写真の色に近い、壁画の部分。





  ミラノのボッローメオ邸はどこにあるか、地図をどうぞ。
  まさにミラノの中心、ミラノのドゥオーモから歩いて10分ほど、
  1kmにも満たない位置に。

1-2-map_GF.jpg




  ボッローメオ広場に面した入り口。  
  13世紀末の建設、四角い窓と、白と赤の大理石を使った
  入り口の大きなアーチ。

2-01-1_GF.jpg




  入り口アーチの上部にいる駱駝像と、植物柄

3-1476787324 (1)_GF.jpg




  その後の改装で建物も大きくなったそうで、
  これは上空から見る建物の現在で、
  内庭を囲む建物が2つある形で、奥の内庭が広く、

4-palazzoborromeo_GF.jpg




  5角形の角柱に支えられたアーチに囲まれた奥の内庭

5-pb2_GF.jpg




  奥の内庭は3面がアーチの回廊になっていて、
  残る一面に建物の壁があり、
  それには壁画と、陶板飾りの装飾のある窓があり、

6-_Milano_GF.jpg




  こちらが上の写真の壁画で、
  王冠とボッローメオ家のモットーである
  Humilitas・ウミリタス・敬虔、謙遜、の文字。

7-1476787324_GF.jpg




  この建物内の1階の広間に、今回ご案内する壁画があり、

  これです!!
  窓側になる手前部分には無く、もしくは失われたかで、
  3方の壁にこの様子で。
   
8-AAEA_GF.jpg
    
  左側が「タロッキ・tarocchi・カード遊び
  中央が「パルマータ・palmata・名前当て、とでも」
  右が「パッラ・palla・ボール遊び





  まずは左側の壁画から、
  背後にザクロの木が3本ある庭で、
  男女5人がカード遊びをしていて、
  右背後には湖の風景も見え、

9-tarocchi1_GF.jpg




  写真によってかなり色の出方が違いますが、
  15世紀半ばと見られる壁画に描かれた、
  貴族の子弟たちの服装、髪型も詳細

10-1-giocatori-_GF.jpg

10-2-tarocchi2_GF.jpg

  カード遊びというのは、現在も大変盛んですが、
  どこか秘密めき、瞑想的でもある
  この遊びの雰囲気がよく出ていると思われませんか?!



  実はこの壁画は長い歴史の中で塗りつぶされていて、
  第2次大戦の際に爆撃により被害を受け、
  戦後に行われた改修の際に見つかったのだそう。

  そしてこの赤っぽく見える色合いは実際の色ではなく、
  この上から画家はかなりオークル・黄土色系の色を、
  セッコ・乾いた状態で掛けているのが剥落し、
  湿度の問題もあり損傷が激しく、残念ながら、
  到底描かれていた当時の状態ではない、との事!

  ですがこれだけ素晴らしい雰囲気がわかるだけでも、
  有難いことですよね?!





  中央のパルマータ
  やはりここにも5人の男女が手を上げて遊んでいて、

11-palmata2_GF.jpg

  パルマータと言うのは現在の遊びでいうと
  「スキアッフォ・デル・ソルダート・schiaffo del soldato」
  に似ている、というので友人のジュリアーナにも尋ね、
  教えて貰いました。

  グループでの遊びで、一人が壁に向い(目をつむり)、
  片手を背中に回し手のひらを上に向けて立つのに、
  皆が順に指で触って行き、
  済んだ所で皆が一斉に自分の指を上に上げて見せ、
  それで誰が触ったのかを当てるのだそう。

  元の名のスキアッフォ・デル・ソルダートと言うのは、
  兵士の平手打ち、の意ですから、
  元々は兵士が乱暴に遊んでいた事から来たのかもですが、      
  画面の中でも、手の平を打ち付けている様子が見えます。

  パルマータとか、次のパッラ・ボール遊びなどは、
  中世でも伝統的に長く楽しまれ、素朴で仲間と楽しくで、
  こういう遊びはいつの時代も変わりませんね。





  この中央に立つ女性の衣装も見事ですが、
  衣装とか髪型には金色の線が描かれていたがの分かるそうで、
  如何にも裕福なボッローメオ一族の子弟たちなのでしょう。

12-gioco della palmata3_GF.jpg




  パッラ・ボール遊び
    
14-palla1_GF.jpg




  左の女性が棒を持ち、ボールを打つ所でしょうか?

  右奥背景の景色は、ラーゴ・マッジョーレ・マッジョーレ湖
  西岸に位置するアローナ・Aronaであろうと言い、   
  ここ一帯はボッローメオ家の領地であり、
  ボッローメオ国と呼ばれるほどのものだったと!

15-palla1_GF.jpg




  そして右側に並ぶ女性4人、これは当時の豪華な衣装、
  髪型で装った、まさに貴族女性のお披露目の様子で、
  色の損失、画面の損傷がとても残念。

16-1-palla1 - Copia_GF.jpg




  これら一連のフレスコ画に登場する女性達のスタイルは、
  まさにピサネッロの絵に登場する女性たちを彷彿とさせ、
  私が昔見た雑誌でも当時はピサネッロの壁画、と
  説明されていたのでしたが、

  今回改めて再会し、いや、これはピサネッロではない、
  とすぐ思いましたし、調べてもピサネッロという名は出ませんで。
  shinkaiの思うピサネッロが描く人物は、
  女性はこういう目つきはしませんし、はは、
  雰囲気は似ていても、ピサネッロはもっと巧緻です、断然。
       

  このボッローメオ邸の壁画はガイド付きで見学出来ますが、
  所有者の関係で月曜から金曜日までのみで、写真も禁止。
  見学は約1時間半ほどで、予約が必要、料金は13エウロ。
  サイトは 





  壁画の作者として研究者達から名が上がっているのが、
  ミケリーノ・ダ・ベソッツォ・Michelino da Besozzo
  という事ですが、
  彼の描いた教会のヴォールトの絵はこんな様子で、

16-2-Sant'Eustorgio_-_Michelino_da_Besozzo,_Evangelista_Matteo_e_santi_-1440_GF.jpg

  彼は細密画も描いていますが、同じような可愛い人物像で、
  彼がボッロメーオ邸の壁画の作者とは思えませんです。

       
  このボッローメオ邸は現在もボッローメオ家の持ち物ですが、
  オフィスに投資信託会社が使っているようで、
  住居にもなっているそう。





  所でボッローメオ家についてあれこれ読んでいて行き着いたのが、
       
  ラーゴ・マッジョーレの東岸にあるアンジェーラの要塞
  Rocca di Angera. 200mの崖状にあリ、
  元はロンゴバルドの10世紀の要塞だったのを、
  14世紀にヴィスコンティ家が現在の要塞の形にし、
  ボッローメオ家が増改築したものだそうで、
  現在もボッローメオ家の所有。

17-20-_GF.jpg

  一連のフレスコ画の「ボール遊び」の中央に見えた湖は、
  この要塞の対岸の西にあるアローナという事でしたが、
  ここにもかって同様のボッローメオ家の要塞があり、
  マッジョーレ湖の船の往き来を見張り、税を取り、
  アルプス側からの敵の侵入にも備えていたと。

  マッジョーレ湖はかってミラノの街の建設資材、
  大理石類などを調達し運ぶ一大輸送地で、
  この税を免れた唯一は、ドゥオーモ建設の資材運搬船で、
  おまけに石材発掘も無料、運搬費も無料だったと!!
  どこかの国に「坊主丸儲け」という言葉が・・、はは、失礼!

  残念に、アローナの要塞はナポレオン軍が打ち壊したそうですが、

  アンジェーラの要塞は、大変良い保存状態で残っているそうで、





  ここにはイタリアで唯一の、「世界の人形」コレクションがあり、
  写真左に日本の武者人形も見えますが、
  お雛様のセットも見つけました。

18-Rocca_Angera_01_GF.jpg

  お城の見学、人形博物館等は大体3月中頃~10月中頃迄、
  朝9時から17時半迄、休館無く開いている様子。
  アンジェーラの観光事務所の電話は(+39) 0331 960 207





  そしてこのお城では結婚式、披露宴も行われる様子。

19-rocca_borromeo_di_angera_GF.jpg



  所でご案内が後先になりましたが、
  ボッローメオ家・Borromeoは、ローマ出身でトスカーナに移住、
  13世紀ミラノに移ってきた裕福な商人、貴族。
  ミラノでヴィスコンティ家と縁戚となり、
  マッジョーレ湖一帯の領有、そして伯爵家となり、
  現在でも有数の子孫があり、繁栄存続している一族

  ボッローメオ家で検索を掛け最初に出た写真で、
  ああそうか、と思い出したのが、
  暫く前にTVニュースでも大々的に出た結婚式の模様でした。

  2015年の夏に行われた結婚式で、
  モナコで最初に行われた7月末公的役所での結婚式の、
  左が花嫁のベアトリーチェ・Beatrice・ボッローメオで、
  隣が証人のアンドレーア・カシラギ・Andrea Casiraghi、
  花婿の兄で、
  同じく証人のご夫婦ジョン・エルカン・John Elkann と、
  ラヴィーニア・ボッロメオ・Lavinia Borromeo

20-958043_GF.jpg

  お分かりでしょうか、
  これらの人間関係から見える上流階級の模様が?!
  花婿はモナコのカロリーナ王女の3男、ピエール・カシラギ
  Pierre Cassiraghiで、
  花嫁の姉ラヴィーニアが、
  フィアット・クライスラーの会長ジョン・エルカンの妻、というわけ。

  花嫁はこの最初の結婚式では、
  ヴァレンティーノの衣装をお召だったそう。
     



  
  8月1日ロッカ・ディ・アンジェーラでカトリックの式典が行われ、
  要塞の下にお着きのお二人がボートから上がる所。
  右側では、お迎えの市長が写真を撮っているもんね、ははは。

21-monegasco-aiuta-la-sposa_GF.jpg




  こちらがエレガントなアルマーニの衣装をお召しの花嫁、花婿

22-borromeo_casiraghi_GF.jpg




  はぁ、そうなんですねぇ、イタリアでは戦後共和国になり、
  貴族の称号は公的には無くなったのですが、
  報道される時はちゃんと称号付きですし、
  こういう様子を垣間見ると、
  上流階級、現在も延々と続く貴族階級が伺えますですね。
  ・・やはりパルマータとかボール遊びをされる事もあるんでしょうかぁ? 
  ははは。





  マッジョーレ湖、アンジェーラの要塞の夕日を最後に

23-866_GF.jpg
   




 *****

  水彩+色鉛筆画ブログには、
  アップしています。    
  見てやってくださ~い!    




 *****        
       
  いつもブログご訪問、有難うございます!   







" ・ 15世紀 ミラノの貴族のお遊びは、 ボッロメーオ邸"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。