・ ゴルガッツォの湧き水 再訪 と、 美味しいお昼

先週の土曜日、新しくやって来た我が車パンダちゃんの慣らし運転を兼ね、
いつもの友人ジュリアーナとルイーザと3人で出かけて来ましたが、

行く先を決めたのは彼らで、この周辺近くは殆ど何度も行っており、
で特別遠くもなく、お昼も食べられ、となると必然余り選択肢はなく、はは、
昨年夏に出かけたゴルガッツォ・Corgazzoという事に。

ゴルガッツォの湧き水 ・ フリウリ、リヴェンツァ川の水源は
http://www.italiashiho.site/archives/201808-1.html

聖所と、リヴェンツァ川湧き水の流れ
http://italiashinkai.seesaa.net/archives/20180911-1.html

夏に行った所じゃん、というと、ルイーザが何十年も行ってない、というので決定で、
当日は今にも雨という空模様で、ルイーザの家に寄りレナートにも車を見せて
出発する頃にはポツポツと雨が・・!

傘を差しながら湧き水を見て、村内を歩く間に土砂降りとなり、余りにも酷いので、
たまたま前庭の柵が開いていたお家の、大きな樹の下に雨宿りをする位で、
お家のシニョーラが出て来て、中にどうぞ、と親切に言ってくれたのも嬉しかったですが、
まぁ、一回りするうちにレストランがある時間となり、お昼を食べに。

入口扉上にかかる看板の店名がちょうど隠れて見えませんが、 ははは、

1-1-DSC02911_GF.jpg



持って帰ったカードによると、ダ・ジェーニオ・da Genioで、住所、サイト・アドレスが、
これで良く見えますね。 広い店内の様子も見えますのでご訪問を。 水曜休み。

1-2-img20190529_08415950.jpg

店名のGenioは「天才」の意味ですが、これはきっと店主の名で、それにしても親は
なんという名前を息子に付けたのでしょうねぇ!

昔TVで、おかしな名前を挙げているのを見た事がありますが、
ガット・Gatto・猫という姓の親が息子に付けた名前がシルヴェストロ・Silvestro!
そのままディズニー漫画の主人公猫、なのでしたぁ。



お昼を食べている間に雨もやみ陽が射すようになって来て、写真を撮ったのでしたが、
これが道脇からレストランの前庭に入る門を内側から。

2-DSC02910_GF.jpg



入り口を入り、左に曲がって別の建物に行くと、こんな風に広い部屋で、
左手に見える奥には、もう一つの部屋、そして庭のベランダ席もある広い店。

3-DSC02895_GF.jpg

この店はジュリアーナが昔妹さんと何度か来た事がある店だそうで、
夏に来た時もここで食べようかと言ったのですけど、あの時は別に予定があり・・。



さて、早速に冷たいビールを、美味しかったぁ! パンは小さく切ってハーブをかけ
もう一度オリーヴ油で炒めたのもあり、これが美味しく。

4-DSC02894_GF.jpg



プリモは、2人がアスパラガスのパスティッチョ・ラザーニャを。 
味見しましたが、グリーン・アスパラがいっぱい入った美味しい物。

5-DSC02896_GF.jpg



shinkaiは、パッケリ・paccheriという名の、余り見ない太いショート・パスタの
海老のソースを。 噛み応えのあるパスタで、海老もたっぷり、美味しかったぁ。

6-DSC02897_GF.jpg



サラダも頼み、この写真では小さな一人前くらいに見えますが、なんとなんと
サラダ・ボールくらいの大きさの深さのあるお皿だったのですよ。

7-DSC02898_GF.jpg



セコンドにはジュリアーナは、野菜のグリル・ミックスを頼み、

8-DSC02900_GF.jpg



ルイーザとshinkaiは鱒のグリルを。 久しぶりの鱒も美味しかったぁ!

9-DSC02901_GF.jpg

何せリヴェンツァ川の湧き水が直ぐですからね、養殖にしても新鮮で美味しい筈ね。
彼らはカフェを頼みましたが、shinkaiはオルゾを。

この店は出てくる料理が、アスパラガスも海老もたっぷり使われていて、それだけでも
注文した甲斐がある気にさせるなぁ、と思ったのは3人ともで、とても満足し、
また来よう!という事に。



こちらが奥のテラスと、内側の席。 きっと日曜、夏には満員になるのでしょうね。

10-DSC02902_GF.jpg



川に沿って庭が広がり、脇を大きな音を立て湧き水が、リヴァンツァ川が流れます。

11-DSC02905_GF.jpg



今年はずっと雨が多いせいか、水量が多く、岸がとっぷりと水に浸かり、

12-DSC02906_GF.jpg



零れ落ちる陽に輝く水苔。

13-DSC02908_GF.jpg



生垣に咲く白い花。

14-DSC02909_GF.jpg



前庭の友人2人。 2人の着ている物の色の対比がそれだけで十分なのに、
ジュリアーナは色を入れる、と自分のバッグと赤い傘迄引き寄せて、ははは。

15-DSC02912_GF.jpg



お天気になったから、もう一度湧き水を見に行こうと、何せすぐ近くなので出かけ、
漸くに写真を撮る気になり・・。

本当に水量が多く、堰を流れ落ちる水音も高く、夏には水面を覆っていた水草も
まるで見えず!  

16-DSC02914_GF.jpg



振り返って村落の眺めを。 正面の左に2軒目がレストラン。

29-DSC02938_GF.jpg



廃屋の壁に落ちる影も面白く。

17-DSC02916_GF.jpg



道脇のカフェの楓。 こちらでは日本の楓・アーチェロ・ジャッポネーゼと呼びます。

18-DSC02918_GF.jpg



今年は雨が多い、と書きましたが、緑が盛んに茂り、射す陽に煌き。

19-DSC02919_GF.jpg

20-DSC02920_GF.jpg



水面に垂れる枝が揺れ、波紋を描きます。

21-DSC02922_GF.jpg



夏には奥まで行けた岸辺が溢れる水に浸かり、この辺りからもう水浸しで行けず。

22-DSC02923_GF.jpg



こんな感じ。  

23-DSC02925_GF.jpg

昨年夏の写真を見ましたら、この岸辺は水面から50㎝ほどもあり、その分も
湧き水が多い事が納得でした。
なので、夏には見えた湧き水の洞窟の入り口がすっかり埋まるほどに!



まぁ、陽が射す水面の輝きは何とか撮れ、

25-DSC02929_GF.jpg

24-DSC02931_GF.jpg



水辺に延びる木の枝にも、こんな風に苔が生えていて!

26-DSC02935_GF.jpg



奥の行き止まりから、道の入って来る所を。  びっしりと茂っているでしょう?!

27-DSC02936_GF.jpg



漸くに覗く青空。

28-DSC02937_GF.jpg

この日来る時は2人の監査官、ジュリアーナはフリウリ生まれでこの辺りを
良く知っており、ルイーザは免許歴50年!のベテランで、2人が大丈夫というので
ナヴィを点けずに出発。
が、途中で工事で迂回させられたりで迷い、ははは、道を尋ねたりも。

帰りは真っすぐに戻れる道があり、ジェラートを食べた店も以前の美味しい店で、
ここも庭を開放しており、木陰の素敵な場所でジェラートをなめ、
3人が大いに満足して戻り、の一日でしたぁ。 また出かけるべ。


*****
   
記録庫ブログには、 ピサ、ルッカ、ヴォルテッラ周辺に 4記事
アップしています。 
ご訪問よろしくお願い致しま~す。

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
猫 描き始め と、 謎の「シェークスピア」の正体は? を  
アップしています。 
見てやってくださ~い! 
 
http://italiashinkai.seesaa.net/

*****

いつもブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク