・ イタリアの黄葉・紅葉は  秋の色を愛でる5つの土地

この週末イタリアでは国会議員を減らすかどうか、という国民投票があり、
何せイタリアは国会議員が1000名ほどもおり、それを600人程にする、に
シーか、ノーか、だったのですが、勿論大多数約70%がシーに投票!
shinkaiなど、国会議員自身とその家族一同がノーの投票を
したのではないか、と、ははは。

ついでに行われたいくつかの州の州知事と市長選挙で、ヴェネトの
ルーカ・ザイア州知事・Luca Zaiaは、77%程のダントツの信任を受け
3度目の再選!  
彼の活躍ぶりは、これはもう勿論、という感じでしたけど、やはりね。

これは10年前にヴェネツィアの葡萄畑でshinkaiが撮ったルーカ・ザイア氏。
髪も真っ黒でしたけど、現在はかなり額が後退し、かなり白いのが見える様に
なっていますが、そう、男は(女も、と言いたい!)顔だけではないのだよ、きゃはは。

1-1-016_GF.jpg

n.2 ヴェネツィア共和国時代のワイン復活を目指し
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463332411.html


暫く前にイタリアの政治家で信頼できるのは、という世論投票で、
1位は欧州中央銀行総裁を昨年まで務めたマリオ・ドゥラーギ・Mario Draghi,
政治家ではなく経済学者ですが、 で、2位は現首相のコンテ・Giuseppe Conte、
そして3位にルーカ・ザイアが入っていたのですね。

いつも喧嘩腰のイタリアの政治家の中では1位、2位は声も荒げず鎮静タイプ、
ザイア氏は大声でヴェネト訛りの喋りですけど、はは、信頼されているのが
良く分かる世評で、逆にこういう政治家が如何に少ないか、という事ですね。


ヨーロッパのコロナ禍がかなり酷い状況になっていて、フランスも引き締めに入り、
国境を接するこちらイタリアは、毎朝のニュースをハラハラしながら見ていますが、
タンポーネの検査の数も増え、今朝は感染者数が少し増え1600人超え。

とにかく自制しつつの生活、自分の出来る範囲を守るしかありませんね。
年内には少しトンネルの先の明るさが見える、となるのを願っています。


***

先週辺り、我が家一帯の葡萄摘みシーズンが済み、ここ2,3日雨模様、
という様子で、そろそろ黄葉が始まるなぁ、という空気が漂います。

余り気楽に動けずの毎日ですけど、でもね、という事で見つけた

イタリアの秋の色を感嘆できる5つの場所
5 luoghi dove ammirare i colori dell’autunno in Italia

日本の様に鮮やかな紅葉が余りないイタリアですけど、黄葉のバリエーションが
素晴らしく、黄葉が進んで遂には赤茶色にもなる、
そんな秋の葉の色をフォリアージェ・foriageと呼ぶ、様子をお楽しみ下さいね。

1. まず北のピエモンテ州、スイスに近いヴァル・ヴィジェッツォ・Val Vigezzo.

朝の光かな、斜めの光線を受けて霧に浮かび上がる見事さ! 
樫の木、楓、ブナ、栗、そしてモミ、カラマツの林で、秋には色の爆発になると。

1-foliage-8.jpg



地図をどうぞ。  西に見えるドモドッソラ・Domodossola、ここはスイス、フランス
へのイタリア最後の駅で、そこから東のスイスのロカルノ・Locarnoに連絡する
この谷がヴァル・ヴィジェッツォ。

2-val vighezzo.jpg



で、ドモドッソラからロカルノの間を走る電車がこれ! 窓が広く、しっかり
眺めを楽しめる電車なんですって! 

3-treno-foliage-vigezzina.jpg

4-treno-foliage-vigezzina-centovalli.jpg

チャンスのある方、是非どうぞ! 新緑もきっと美しい事でしょうねぇ!!



2. ドロミーティ・Dolomiti

ヴェネトからトレンティーノ・アルト・アディジェ州はどこでも
フォリアージェが楽しめますが、

5-foliage-1.jpg



選ぶとなると、まずヴァル・ディ・ノン・Val di Non.

6-val di non.jpg

7-Val_di_Non_BENINCASA_.jpg



ヴァル・ディ・ノンは、とにかくリンゴが有名ですけど、
リンゴ畑の黄・紅葉の写真は無く、はは、花盛りのリンゴ畑の写真のみ!

8-aprile-dolce-fiorirecolora-la-val-di-non_original.jpg

ほらね、日本のリンゴ畑と感じがまるで違うでしょう?! shinkaiも昔
最初に見た時は驚いた、まるで盆栽みたいに枝を広げたリンゴの木で、
う~~ん、効率は良いでしょうけど、何となく、リンゴが可哀そう、という気もね。



そしてヴァル・ディ・ヴェノスタ・Val di Venosta、単純にヴァル・ディ・
ヴェノスタで検索を掛けたら、こんなに谷沿いにずらっと出て!

9-val venosta.jpg

一番谷の東側にメラーノ・Meranoがあり、ずっと西奥のグロレンツァの町まで
通ったヴァル・ディ・ヴェノスタの緑の様子はこちらに。

グロレンツァの町 ・ 「イタリアで一番美しい村々」の一つ n.1 
https://www.italiashiho.site/archives/20170530-1.html



ヴァル・ディ・ヴェノスタのリンゴ収穫写真はたくさん見つかりましたぁ。

10-Raccolta-Gala-Val-Venosta.jpg



そしてボルツァーノから南に下って、東側に入るヴァル・ディ・フィエンメ・
Val di Fiemmeの、パノヴェッッジョ・Panoveggioの自然公園

11-parco paneveggio.jpg

ヴァル・ディ・フィエンメの赤モミの木は、ヴァイオリン作りに最適で、
木が共鳴するのだそうで、ストラディヴァリも使ったと。



が、秋色のちょうど良い風景が見つからず、秋、愛の季節の牡鹿を、はは、どうぞ。

12-panoveggio.jpg

ヴァル・ディ・フィエンメの風景 ドロミーティでの夏休み ・ ロッレ峠を越えて
https://www.italiashiho.site/archives/20170815-1.html



3. トスコ・ロマニョーロのアッペンニーノと、カゼンティーノ

さて南に下り、エミーリア・ロマーニャ州とトスカーナ州の山越えの秋の色で、
ここは色の種類、つまり木々の種類が多いそうで、

13-1-autunno-sull-appennino-tosco-emiliano.jpg



国立公園カゼンティーノの森林・Parco Nazionale delle Foreste
Casentinesiと、その下に見えるカマルドーリ・Camaldoliを。

13-2-appennino tosco romagnolo.jpg

グレイの点線が、トスカーナとエミーリア・ロマーニャの州境。



信仰の場所の1つ、アレッツォの北の位置にあるカマルドリの修道院

14-eremo_di_camaldoli-780x470.jpg

15-elemo di camaldoli.jpg



ともう1つ、ラ・ヴェルナ・La Vernaの聖所・Santuario de La Verna.
ここは1224年9月16日にアッシジのサン・フランチェスコが聖痕を受けた、と
されている場所で、

16-il Santuario de La Verna_n.jpg

17-la verna.jpg

素晴らしく大きな修道院もある様子ですが、崖の凄さにも驚き!

カマドーリの修道院ともども、計画に半ば入れつつ未だ果たしてない場所ですが、
秋に訪れるのが良さそうですね。



カゼンティーノの森林国立公園をもう1枚どうぞ。 美しい。

18-Parco Nazionale delle Foreste Casentinesi .jpg

こういう奥深い場所に隠棲する僧侶たち、かっては、だったのですねぇ!



4. ウンブリアに下り、モンティ・シビッリーニ公園・Parco Monti Sibillini

19-foliage-3.jpg



まさに、2016年の夏と秋のイタリア中央山岳地一帯地震の地図と重なりますが、

20-monti sibillini.jpg



4年後の今もはかばかしく回復が進まず、今のコロナ禍で再びそのまま、という事で、
美しい風景の中の人々の、重い心を偲びます。

21-Il Parco dei Monti Sibillini.jpg



5. 最後はイタリア半島の踵まで下り、シーラ国立公園・Parco Nazionale
  della Sila.

未だ行った事が無く、地名を聞いてもどこにあるかまるでピンとこない一帯ですが、

23-parco della sila.jpg



多分シーラ川に沿っての一帯なのでしょうね。 美しい風景が広がります。

22-Parco Nazionale della Sila.jpg

24-foliage-6.jpg

25-Parco Nazionale della Sila2.jpg


という様に、北イタリアから中部までを中心にした、秋の風景が美しい土地の
ご案内でした。 即動けないのが残念ですが、皆さんもね、
でもいつかチャンスがあった時の心覚えにどうぞ。



最後は今回最初のヴィジェッツォの谷、アルプスの見える青空の秋色を!

26-Val Vigezzo.jpg


先回の「ヴェローナ・ロマーナ、地下遺跡ツァー」のご案内は、
まるで思いがけずにたくさんの応援クリックを頂き、驚き、嬉しかったです!
有難うございましたぁ!!

また何か「これは?」という様なヒント、ご質問等など、何か反響が頂けると、
結構サーヴィス精神に富んでいて、必死に読んだり、探したりしますので、
はぁい、宜しくお願い致しま~す。 かしこ。


*****

色鉛筆+水彩画ブログには、 絵はパスし、
心象風景の様でもあり、崇高な風景と、 エルガー・エッセーの写真
をアップしています。


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えました。
 
今後ともの皆様のご訪問を、よろしくお願い致しま~す!

*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。