・ ヴェネツィア・メストレまで、 田舎者2人、小冒険のお出かけ!

先週15日土曜に、ヴェネツィア・メストレまでジュリアーナと
ちょっとした冒険のお出かけをして来ました。

いぇえ、最初はそんなつもりは全くなかったのですがぁぁ、
街には田舎者2人の知らない事、分からない事ばかりで、ははは、
結果としてこうなり、まぁ、楽しみもしたのでしたが。


実はです、左目が夏頃からどんどん曇り始め、これはもう
白内障の2次的なもの、と分かっていましたので、

昨年夏前に済ませた右目のレーザー手術の、1年後に経過検査を、
と言われていたのを、9月になったら、と待っており、

で、予約電話をしましたら、
なんと半月以上も待つ羽目になり、10月12日にクリニックに。

これは勿論コネリアーノの、今迄お願いしているドクターの
クリニックに行ったのでしたが、

駐車場になっているサン・マルティーノ広場の奥、白い円柱の
見える建物の3階にクリニックが。

1-Piazzale_San_Martino_GF.jpg

やはりレーザー手術が必要、と言われ、1,2か月後位には
出来るようになるでしょう、と。
いやぁ、通常は何カ月も先になる方が多く、

はい、そうなのです、こちらの病院URSSで無料でして頂けるものの、
待たないといけません。

どんどん進行し、絵を描くのも、単純にPCやTVの画面を見るにも
ボヤけ、時に疲れて涙が出る程になっており、

ドットーレ、も少し早くして頂ける方法は無いでしょうか?
私めは単純に、至急に、とか、ちょっと書いて頂けるかな、位に
思い声に出たのでしたが、

今私設クリニックをメストレの方に持っているので、もしあちらに
来れるなら、この土曜日にでも出来ますよ、と!!
わぁお!  ドットーレ、お幾らで?!
300エウロです。
ああ、許容範囲内。  それでしたら、是非お願いします!


という事になり、やぁれ、やったぜぇ! という事で翌日午後には
メストレのクリニックから、15日18時に、と連絡があり、
書き込んで持って行く用紙も送って来ました。


手術後に、もう既に暗いだろう道を、車で戻るのはねぇ、と
コネリアーノからの往復を電車で行くことにし、最初は勿論1人で
行くつもりだったのですが、

行ってくるよ、とジュリアーナに電話すると、
幾ら軽い手術でも、目だから、一緒に行く、と言ってくれ、
では、宜しくお願いしま~す、グラツィエ!


となると彼女は張り切るタイプで、既に電車の時間も調べ、
決めてあったのを言うと、翌日即買いに行ってくれ、

私めはメストレ・オスペダーレ(病院)の駅からクリニックへの道も調べ、
行程地図を印刷し、クリニックから駅に戻る時に晩御飯を一緒に!
と彼女の好きそうな場所を調べ、かってに内定。

2-via bruno maderna 7_GF.jpg

左側に見える「ピンク色に赤いH」が、5年ほど前に出来た新しい
大きな病院で、駅もその為に新しく開設したのですね。

そして右に見える赤点がクリニックのある、ヴィア・ブルーノ・マデルナ7.

ピンクの前に広がる黄色が、大きなショッピング・センターで、
青点の歩く位置に囲まれた右側も、歩く人の印が見える部分も
店が並んでいる、全て新興ショッピング、レストラン、店舗です。



この方が建物の埋まり方、駐車場などが分かりやすいかも。

3-Immagine 2022-10-19 163046_GF.jpg

はい、クリニックのある建物は、トッレ・エヴァ・Torre Eva!
エヴァ(イヴ)?! 



で、コネリアーノから各停電車で50分程で、駅に着く前に大きな
新しい病院が右手に見えるのですが、

4-1804579-593x443_GF.jpg

手前に建物全体を覆う大きなガラス製の壁があり、
病棟建物は下から上階にかけ、斜めに張り出す形のモダンなもの。



で、ガラスの壁と建物との間は、こんな風に植物が植えこまれ、

5-ospedale angelo mestre interno-2_GF.jpg



ちょっとした展示スペースとなっており、 ・・まだ行った事がなく。

これは第1次大戦の、ヴェネツィア周囲が空襲された時の
爆撃機、なのですと。

6-inaugurazione-la-carita-colpita-2_GF.jpg


ジュリアーナは、何度も仲間とヴェネツィアに遊びに出かけているのに、
shinkaiが病院の事を話すと、病院が出来た事も知らず、
窓から見た事もない、という・・、 はぁ、喋ってばかりなのねぇ!



で、駅からトッレ・エヴァのクリニックに向かいます。

7-Immagine 2022-10-19 162652_GF.jpg

8-Immagine 2022-10-19 162549_GF.jpg



トッレ、高い建物の事もトッレ・塔と呼びますが、これはもう最新の
ガラスの塔、14階、どうやら2年前にオープンした様子。

9-1-SedeChint_GF.jpg

9-2-4113be843c0cb733c7a316e66ef992c9_GF.jpg


shinkaiが行くクリニックのドットール・フォルトラン・Foltranは、
コネリアーノのURSSの病院に勤務、そしてクリニックを2つ持って
おいでだったのが、

最近ポルデノーネ・Pordenoneの病院の眼科の院長になられ、
コネリアーノの病院は辞められ、ここメストレにもクリニックを、
という訳で、これはつい最近なのだろうと。

コネリアーノのクリニックは今まで通り、という事でしたが、
以前の様に即の翌日、翌々日に、という予約が取れずでしたから、
かなりお忙しくなったのではないか、と想像を。



で、まだ到着時は薄暗くなりかけ、だったのですが、余りにもモダンで、
しかも何の矢印も、看板もなく、2人で入り口を探し回り!

漸く見つけ、重~~いドアを押し開け、所謂玄関ロビーに。


今回サイトでビルの写真、説明も見つけたのでしたが、

余りにもモダンな、全面ガラス、グレイの壁、メタル、説明の字が
シルバー・メタルに薄いグレーで書いてあり、
薄暗いロビーで読んで探すのも一苦労!!

ですが、サイトで見つけた案内板の写真は、こんな風に照明がつき、
よく分かるでしょう? 左上のClinica。 停電だったのかいな?!

10-Torre-Eva-Center-Mestre-Venezia_GF.jpg



目の手術前shinkaiが漸くに見つけ、上に小さく書かれた番号を、
反対側の壁に番号を打ったボタン板があり、それを押し、

やっとドアが開き、中のロビーに!

11-SEDE_2-696x928_GF.jpg

12-Torre-Eva-Mestre-uffici-ecosostenibili-dettaglio-artio-interno_1_GF.jpg

冷ややかなモダンな空気の中で、こんな風にモダンな赤い花を見ると、
正直言って、いい加減にしてくれ! クリニックへの案内はどこやねん!
という、ははは、



サイトで見た写真によると、このロビーの上は吹き抜けの明かり窓、と
いう感じになっていたようですが、
こちらはそんなのを見る気持ちの余裕はまるでなく!!

13-Giovanna_Mar_Torre_Eva_Interni_05_GF.jpg

14-Torre-Eva-interno4_GF.jpg


入り口は入った所の案内板に、1階、とあったのに、階段が分からず、
エレベーターに乗り、降り、漸くに探し当てたクリニックのドアのベルを
鳴らすのですが、即開かず、焦って2度3度ね。

漸くにドアを開けに来てくれ、普通は地下1階が入り口で、
ここは上で、来るのに手間取り、との事!

済みません、我らは田舎者で分からずで、とshinkaiが階段を降りつつ
謝り、ジュリアーナは、ここの建物、とても分かりずらいですねぇ、
というと、相手も、はい、ちょっと、と。

そうね、我々だけが戸惑ったわけではないのね。
なんの矢印も、説明看板もないものね。
デザインに凝り過ぎ、モダンすぎるのも困ったもの、ついて行けん!

新しい書類への書き込みがあり、ジュリアーナにお願いすると、
後で、これはNですか? Mですか? と尋ねに来られ、きゃはは。


サイトも新しく、すっきりで、載っていた写真は行ったクリニックでは
無かったですが、

15-chirurgia-home_GF.jpg

16-difetti-visivi-home_GF.jpg


奥には幾つもの診察室が続いているもの見ましたし、40人以上の
ドットーレがおられ、多分在籍の方ね、機器も最新設備の様子。


待ちの患者数もかなりで、結局18時の予定が1時間少し延び、
それでもドットーレ・フォルトランに手術して頂き、
レーザー手術は、ご経験済みの方はご存じの様に、あっという間で、

目薬の処方箋も頂き、1か月後にコネリアーノのクリニックで、との
約束も頂き、

とっぷりとくれた外に。 

17-c9905d90d3d44429cdd96b934f85c55_GF.jpg


右目のレーザー手術の時は、手術後片目の眼帯をしてくれたのが
今回は何にもなしで、実際じわじわと回復してくるのが分かります。

建物周囲は未だ他のビルも余り無く、草原が広がっており、
街灯はある物の、先に見えるショッピング・センターを目指し、

来た時は車の動きも無かったのに、たくさんの車が行き来し、
駐車場に並び、明るさも違い、まるで別の場所の様子に、

こういうのに慣れていないジュリアーナは取り分け刺激を受けた様で、
ははは、こういう彼女を見るのも楽しく、


さぁ、食べに行こう! ここ、どう?! と駅近くの目を付けていた店に。

ガリウム・Galivmというのかな、ドンと大きな店で、ベンチ式の席が
連なり、大雑把な料理がドンと出て、大食漢も満足、の店らしい、
というので選んだのでしたが、

17-Galivmlogooriginale500_GF.jpg

18-download (1)_GF.jpg

19-4110136_GF.jpg

20-1391969383_GF.jpg

21-Galivm_Mestre_3-1024x768_GF.jpg

22-92BF94F2-0635-4276-86AA-215A80626C54_GF.jpg


いや、我ら2人はもう既に食が細くなっているものの、気取った店は
彼女の好みには合わずなので、単純さがお気に召し、ははは、

我らはフリーコ・フリウリ辺りが発祥の、ジャガイモのお好み焼き風1つ
を半分こ、野菜グリルたっぷり付きで、と彼女が欲しがった野菜サラダを。
ゆで卵2つ、シーチキンたっぷりで、これはshinkaiのお皿に。



そして勿論ビールをね!! 手術後、なんぞは頭になく、がはは。

23-4110083_GF.jpg

美味しかったぁ!!


店はピッツァ、チキン、ビール、そして生音楽、が売り物で、
も少し夜が更けるとさらに一層賑やかになるのでしょうが、

24-galivmeventimestre02_GF.jpg

コロナもなんのその、我らが食べ始めた後に続々とお客が!
若い人、そう若くない人々が、きゃは、仲間と一緒に手軽に
食べて飲んで楽しむのに集まる店の様で、

ジュリアーナも気に入り、遠くまで付き合ってくれた友情にも感謝で、
良かったで~す。



窓の外に見える景色が、じわじわと明確になって来るのが分かり、
いぇ~い! 嬉しいなぁ、4,5年以上続いた白内障とも遂におさらば!

300エウロとジュリアーナに言った時、彼女はなんでそんな額を
払うのか、と現在手術待機中の彼女は息まいたのでしたが、

彼女の持論は、ずっと税金を払って来たのだから、無料で当たり前、
というものですが、

私めは、もうこの夏以降の見えなさは終わりにしたく、
こうして済んだ今は、や~れやれ、と嬉しいばかり!
今しっかり見える安堵は、これはお金の問題ではないなぁと。


イタリアの、我が町コネリアーノの、病院事情
https://italiashinkai.seesaa.net/archives/20220301-1.html



2人で気持ちよく駅まで戻りますが、
各停電車の為、戻りは9時半過ぎとなり、駅のベンチで暫く待ち時間。

1番線、2番線ともホームが地面の高さ、連絡は地下道の無人駅。
すると結構な数の皆さんが、スラ~っと線路を横切って行くのですね。

ほら、とジュリアーナを突っつくと、彼女は相手に聞こえない程度の声で、
ヴィエタート・アットラヴェルサーレ・イ・ヴィナーリ・線路横断禁止!とね。

大丈夫なんよ、病院が近いから、即救出に来れるけん。 ははは。

attraversare_GF.jpg

コネリアーノに戻り、ジュリアーノを送り、家に戻ると11時前でしたが、


夕方からの久し振りの外出で、手術も上手く行き、
晴れ晴れと楽しめた、ささやかな小冒険でしたぁ!!


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

    honke blogmura_01.JPGにほんブログ村  

     
     誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****
  
色鉛筆+水彩画ブログには、
野良猫との養子縁組、 その前後の猫たちの変わり具合は
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えています
 
今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。