・ 2024年 第26回欧州陸上選手権大会 ローマ・オリンピック・スタジアム

この6月7日から12日迄 ローマ・オリンピック・スタジアムにおいて、
第26回欧州陸上競技選手権大会が行われました。

1-1- 083717_GF.jpg


ローマでこの大会が開かれるのは1974年以来の50年振り!
なんだそうで、

48か国の参加、1559人に選手、イタリアからは116名の参加。

今回はイタリア選手勢の活躍目覚ましく、大会初めての記録、
つまりメダルの獲得数1位!! という活躍ぶりでした。


すぐ来月にはパリ・オリンピックも控え、
この金メダルを目指して、暑い夏になるだろう事と。

1-2024-02-olympics-2024-medals_GF.jpg



が、まずはパリ・オリンピックに出場するイタリア選手団全員と会い、
マッタレッラ大統領から団旗が、13日に官邸庭園で渡された様子から。

2-06-14 083449_GF.jpg

イタリア選手団団長は、走り高跳びのジャンマルコ・タンベーリ
フェンシングのアリアンナ・エッリーゴ選手。


タンベーリは東京で、カタールのムタズ・エサ・バルシム選手と
金メダルを分けた逸話でもご存じの方が多いと思いますし、

フェンシングのエッリーゴ選手は素晴らしい記録保持の選手であり、
また双子のママでもあり、選手活動とママ生活の大変さに、
マッタレッラ大統領の言葉に落涙したそう。


つい先日、何を検索していた時か、小谷実可子、と言う名が出て、
あれ、この名前は良く知っている方だけど、何されていたんだっけ、と、
はぁ、浦島タロコが焦り・・、

戦線復帰し、それも男子選手とのミックス競技でマスター選手会に、と
いうのを知り、偉いなぁ、立派だなぁ、と逆に大いに励まされた思いでした。
この頃の女子選手の頑張り、そして女性全般の前向きの頑張りには、
本当に頭が下がります!!



で、この大会が行われたローマ・オリンピック・スタジアムはどこにあるか、
ご存じですか? なんとなしに知っているものの、正確には言葉にならずで、
へへ、改めて調べて見ましたら、
はい、ローマのこの位置に、

4-15 091854_GF.jpg

5-1- 092414_GF.jpg

5-2-messapi-licenza-CC_GF.jpg

この様に、あるのですねぇ。

1960年のローマ・オリンピックの、はい、裸足でローマを駆け抜けた
マラソンのアベベ選手の名がすぐに思い浮かぶ、あの会場で、
次の1964年が東京オリンピック、という繫がりでした。



主のメイン・スタジオの様子はこちらで、
欧州陸上大会の様子をご覧下さいね。

7-2-stadio-olimpico_GF.jpg


この競歩の選手、アントネッラ・パルミザーノ選手も、東京で
金メダルを獲得していましたが、

7-1-ANTONELLA PALMISANO 180335_GF.jpg

このローマ選手権でも! そして今回は銀もイタリア選手でしたぁ。



ハンマー投げの男子金メダルの、レオナルド・ファッブリ選手、

8-LEONARDO FABBRI 175957_GF.jpg



そして女子ハンマー投げサラ・ファンティーニ選手も金を!

10-1-sara fantini1-6667724b6039d_GF.jpg



顔がよく見えず、110mハードルの金メダル、ロレンツォ・シモネッリ選手

9-LORENZO SIMONELLI175740_GF.jpg



男子200mでは2位、100mx4では金の、フィリッポ・トルトゥ選手、
100x4では、東京でもでしたが、素晴らしい闘志で、今回も!!

10-2-80916028-2560-1440_GF.jpg


今回100m100x4でも2区を走り、金メダルのマルセル・ジャコブ
この顔も、既に東京でもお馴染みの筈。

10-3-MARCELL JACOBS 175633_GF.jpg



ナディア・バットクレッティ女子5000mでの金メダル。

11-NADIA BATTOCLETTI  175513_GF.jpg


イタリア勢の今回のメダルは、金が11、銀が9, 銅が4、の計24個!!
今迄で最高なんだそうで、イェイ!!

なので、上の金メダル獲得者の顔写真ももっとある筈が、ご容赦!

2位はフランスのメダル総数16、その内の金は4つ、
3位がイギリス、 そしてノルウェーと続きます。

余りに今回が良いと、来月のパリ・オリンピックが逆に気がかりですが、
はい、この勢いに乗って頑張って欲しい物です!!



この女子競歩アントネッラ選手にかかる言葉は、

26-083837_GF.jpg

来る日も来る日もイタリアの選手たちは、これまでに見たことのない
数多くのメダルを獲得して私たちを興奮させました


本当に、オリンピックに限らず、運動選手達の連日の激しい練習、
その意気込み、継続は、いつもTVの前の我々を感動させます。



今回大いに沸いたのが、いや、いつもの彼なのか、はは、走り高跳び
ジャンマルコ・タンベーリ選手で、

ほら、この顔を! 顔右半分の髭はきれいに剃られているものの、左は!

13- 084437_GF.jpg


彼はいつも何かやらかす、というか、いろいろ話題を引く選手でして、

今回も既に2m34cmを飛んだ所で、金メダル決定だったのが、

飛んだ後に足を引きずり転びこみ、スタジアムのファンが一瞬シンと
した所で片足の靴を脱ぎ、中からたくさんの巻きバネが!!

14- 085329_GF.jpg


その後に、2,37cmを見事に!! 中継のアナウンサーも、
観覧席で並んで眺めていたマッタレッラ大統領も、お偉方も仰天!!

15- 171715_GF.jpg


観客席に走り寄り、この白いTシャツは確か彼の父親、
トレーナーの方と。 しっかり抱き合い、感動的でした。

16-1-174451_GF.jpg



いつもちょっと奇矯な動作を見せたりする方ですけど、こうして
普通の場面での顔は、ハンサムでしょ?! 背も190cm近く。

16-2-084237_GF.jpg



そして男子100m。 これはいつもどの大会でもハイライトですよね?

余り東京以後のジャコブの華やかな活躍ぶりは報道になく、
年齢的な事とか色々大丈夫かな、と思っていたのでしたが、

1度目は同じイタリアのアリ選手のフライイングで、飛び出しはなく、
イエローカードのみで済み、2回めは綺麗にスタート。

18-091750_GF.jpg


結果、1位ジャコヴ・10"02、 2位アリ・10"02 共にイタリア選手。

この素晴らしさ!! パリでのイタリア選手の成果を見たいものです!!

20-f-U04174434171uKC-1440x752@IlSole24Ore-Web_GF.jpg



そして大会最後を飾る、男子100mx4のリレー。 
1区を走るマッテオ・メルッツォ

21-091944_GF.jpg


そして2区、マルセル・ジャコヴ。

22-092048_GF.jpg



3区はロレンツォ・パッタで既に最後のフィリッポ・トルトゥにバトンが。

23-092254_GF.jpg

左下に、順位が出ていますが、最初からイタリアが先頭を走っており、


最後はかなりの差でトルトゥが走りぬき、素晴らしい金メダルを獲得。
37"82。 バトン・タッチも素晴らしかった様で!

24-092509_GF.jpg



4人の最高の笑顔!

25-010150621-5dce30eb-c6d6-4bcd-826a-9b9a1a38b115_GF.jpg


こちらからあれこれヴィデオがご覧になれま~す。

2024 年欧州陸上競技選手権大会、イタリアの「黄金」版
Europei di atletica 2024, la "dorata" edizione dell’Italia



パリ・オリンピックはいつからだっけ?とカレンダーを見ましたら、
7月26日から8月11日迄と。 

あれま、shinkaiは7月23日早朝の飛行機で大阪に発ち、
戻るのは8月5日夜中! 
まぁ、大阪では時差を狙ってのTV観戦になりそうで!



については、今年2月初めにオーストラリア・オープンで優勝した時に
そのはつらつとした若さと、力に驚き、ご覧頂いたのでしたが、

その後怪我があったり、最後のパリでのトーナメントでは優勝できず、
でも、今迄最強の世界N.1だったジョコヴィッチに着々と迫り続け、

遂に6月 世界N.1の位置に!!  22歳!


所でつい最近、彼は生まれ故郷であり、両親が居られるセスト・Sesto,
ボルツァーノ県に戻った様で、
市の名誉市民台帳にサインし、歓迎会に出席した様子が報道されました。

27-093137_GF.jpg



雨がぱらつく中で、お偉いさんに傘をさしかけたり、いつも通りの
爽やかな笑顔、姿勢で、素敵ですねぇ。

28-092931_GF.jpg



そしてこの方、ヘリベルト・メイル氏がシンナーの7歳から13歳までの
最初のテニスの師だったそうで、

29-093520_GF.jpg

30-093744_GF.jpg


彼が話すのを聞くと、
子供の頃のシンナーはスキーをしており、子供チャンピオンになったりの
素晴らしい素質を見せていたそうですが、

13歳の時にやって来て、スキーは止めてテニスをする事に決めた、と
伝え、去って言ったと。



そして今22歳の彼が到達した位置が、世界N.1。

31-094006_GF.jpg


凄い馬力で、どこまで行くのか、楽しみです。

あれこれのニュースが出ますけど、見る方も迷わされずに!!


皆様も、この夏のスポーツ・ニュースのあれこれをお楽しみに!!!


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

    にほんブログ村  


     s2019誕生日 - Copia.jpg


*****
  
色鉛筆+水彩画ブログには、
クジラ救出 と ドッグ・シッターへのお願いのメモ
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えています
 
今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!


・ 80年前の1944年6月6日  D デイ・ノルマンディ上陸作戦

先日6日のTVニュースに、1944年、80年前のこの日、
ナチ占領下のフランス、ヨーロッパを解放する為の、アメリカ、
イギリス、カナダ軍の、7千の部隊と、数万人の兵士が
フランスのノルマンディ海岸に上陸、ヨーロッパの解放戦を開始した、

1-normandia-spiagge-dday-insegna_GF.jpg


映画「史上最大の作戦」、そして「プライベート・ライアン」、
そして様々な小説でも皆さんも良くご存じの、

ノルマンディー上陸作戦が行われ、その80周年記念、という事で、


ニュースには、バイデン大統領やマクロン大統領の顔も並び、
チャールズ国王もお出でだったのですね。

3-1717677361-evi_GF.jpg

4-1717680361-AP24158458255355_GF.jpg



映画の中で見た、オマハ・ビーチのアメリカ軍兵士の墓地も再度
見かけたのでした。

2-normandia-cimitero-americano-omaha-beach_GF.jpg


そうだった、6月6日だった、とサイト記事を探し見つけた、
「ノルマンディ上陸作戦、Dデイの海岸」
Sbarco in Normandia, le spiagge del D-Day

そしてその2日後だったか、ナショナル・ジェオグラフィックの
ストーリカのメール通信が届き、
1944年6月6日:オマハ・ビーチの地獄からの記録」の記事が。


ノルマンディの戦場写真は、かの有名なロバート・キャパの写真はじめ、
たくさん見知り、ダウンロードもしていますが、

このサイトで初めて、現在の浜の様子の写真を見つけ、余りこれは
見かけないし、鎮魂の碑でもあるから、皆さんにもご案内を、と
思ったのが、今回の記事の始まりです。


せめて年に1度でも、あの酷い海岸線での戦闘で亡くなった方々、
アメリカ人の墓地には、行方不明兵士を含め9387名が
葬られているそうで、

他にイギリス人兵士、カナダ人兵士、そしてその後の長く続いた
大陸内での戦闘の死者も含め、

そして、先日久し振りに見たイーストウッドの「硫黄島からの手紙」に、
改めて、このような島で、あの環境で、日本兵士が亡くなって行ったんだ、
と思うと、胸が詰まる想いがし、

せめて今の平和な国で過ごせているその下には、たくさんの方たちが
辛い思いをし、生きたくとも生きれなかった、その方々を思うのも、
生きさせて貰っている我らのささやかな供養になるのかも、

と思ったのでした。


ノルマンディ上陸作戦の後、フランス領土は8月25日のパリ解放となり、

76日間の戦闘で連合軍は21万の兵士を失い、ドイツ軍は20万人の
死者と、20万人の捕虜を失ったと。

この場合の捕虜、というのは、何を指しているのか、少しわからない部分で。


この上陸作戦の舞台となったコート・ド・ナクル・真珠の母と呼ばれる
この美しい海岸全体に、
戦場、爆撃によって残されたクレーター、墓地、戦争博物館が点在し、
この海岸で起こった恐怖を物語ります。


上陸作戦D デイの舞台となったこの海岸は、5つの区域に分けられ、
アメリカ軍、イギリス軍、カナダ軍とでカバーする計画で、


この地図をどうぞ。  右上に見える様に、突き出した半島がコタンタン半島で、
東側のちょうど窪みとなった部分の海岸に、

左から順に既にお馴染みの名、 ユタオマハ、米国  ゴールド、英国  
ジュノー、カナダ  ソード、英国 と上陸したのですね。

5-1-normandia-spiagge-dday-mappa_GF.jpg


興味深いのは、これら海岸のコード名は、各作戦の指揮官が選んだそうで、
ユタ、とオマハは軍隊の指揮を執る上層部の土地の名に由来し、

ソードとゴールドは、イギリス将軍モンゴメリーに選ばれた魚の名で、

ジュノーは、クラゲのジェリー・・、が選ばれたものの、最後は
中佐ドーネイの妻の名ジュノーとなったのだそうで。



ユタ・ビーチ・Utha Beach

5-2-normandia-memoriale-utah-beach_GF.jpg


兵士像の後ろに見えるのが上陸用舟艇。 兵士達は設計士の名に
ちなみ「ヒギンス」と呼んでいたそう。

舟艇の長さ11m、幅3m、前部は開いて浜に接岸する為にスロープで、
これに兵士36名と、乗組員3名が乗ったのだそうですが、

夜明けの、この決戦を決めた朝は霧も出ての荒れた海で、兵士達は
艦船から乗り移り、浜に着く迄1時間ほどかかり、船酔いを・・!


このユタ・ビーチは湿地帯で、ドイツ軍は敵の上陸には適さないと考え、
特に人員配置はなかったのだそう。

1944年6月6日の午前6時25分、アメリカ第8歩兵連隊の兵士達が
20隻の上陸用舟艇により海岸に近づけられ、フランスの地に初めて触れ・・。

ドイツ軍の監視が不十分であり、損失は他の海岸に比べ明らかに限られて
いたものの、ここの装備や武器の重さで多くの兵士が溺死を。

5-3-normandia-utah-beach-relitto_GF.jpg



今回は各浜の戦闘についてのみ簡単な説明をさせて頂きますが、
下に各戦争博物館のある位置地図を。

6-1-06-07 090003_GF_GF.jpg


1つここに書くのは、連合軍の悲劇もですが、ドイツ軍跡地の博物館も
も訪問される事をお勧めします、で、


Crisbecq Battery・クリスベック砲台 isle A1, 1 Rte de Crisbecq,
50310 Saint-Marcouf, Francia  地図位置3

というのも、ドイツ軍には、彼らが直面する悲しい運命を知らない
少年達が配置されていた事が非常に多かったのだそうで、

多分戦争も末期になっていたので、とりわけそうなのでしょうが、

完全に復元された寮、診療所、台所など、一部には日用品も備えられた、
戦時中の砲台での生活を語っているそうで。



サント・メールエグリーズ・Sainte-Mère-Église 位置地図4

6-2-normandia-sainte-mere-eglise_GF.jpg

この小さな村は鐘楼で有名になった、というと、あっ、あれかな?!と
思われた方もおられるかと。

はい、私めもよく覚えている「史上最大の作戦」にエピソードが描かれた、
上陸中の連合軍降下部隊の兵士のパラシュートが教会の尖塔に引っ掛かり、
2時間程も吊るされていたそうで!

で、それを記念し、今も教会の屋根にはパラシュートが引っ掛かった
兵士のマネキンがね!

この村はフランスで一番早く連合軍によって解放された村、となると。



オマハ・ビーチ・Omaha Beach

7-omaha-beach-1_1280_1280_fit_90_GF.jpg

8-omaha-beach-2_1280_1280_fit_90_GF.jpg

9-time-Normandy-beaches-GF.jpg

上陸作戦で一番の激戦地であったオマハ・ビーチ。 

最後は、R・キャパの写真で。


7kmの海岸沿いに繰り広げられた、劇的で最も血なまぐさい戦闘地で、

スピルバーグの「プライベート・ライアン」で描かれたシーンは、
凄まじく、でも、きっとそうだったんだろう、と思える真実感が漲り。

ドイツ軍が砂丘の頂上から容赦なく発砲する銃弾で、海岸に到達するや
否や倒れる兵士達。

この日上陸した約35000人のうち、約2000名が砲火に晒されたのでした。


ノルマンディ一帯の指揮官はロンメル将軍。 かれは上陸軍阻止の為に
海中に3重に爆破物、障害物を設け、

高波の中では隠れる高さの為、上陸舟艇はそれをよけ高波、強い風に
煽られ、流され、細かく指定されていた位置に到達できず、

なんとか浜について舟艇のスロープを降ろした途端に機銃一斉放射を受け、
兵士36名がそのまま死亡、というのも多く、

舟艇はそのまま艦に戻り、死体を降ろして後また兵士を乗せ海岸に。


海岸から離れすぎて舟艇が止まると、兵士達は飛び込むものの、
救命胴衣を着けていても装備の重量で、火炎放射器を背負った兵士の
荷の重さは36キロもあり、水に入った途端に沈み、

仲間たちの驚異的な手が彼を掴み、引きずってくれ、機関銃の球を避け、
堤防迄の200mを乗り越え、Dデイを生き延びた幸運な兵もおり。

10-1-oCITVKNE8zEkDY_m1YMBCA_GF.jpg


午前7時上陸の第2波が始まり、 8時になり次々と上陸波が押し寄せる
ものの、未だに地獄のオマハから逃れる道はまだ開かれておらず、

状況は非常に危機的で、上陸したばかりの米軍将校は部下に移動を
促す為、「この海岸に残るのは2種類の兵士だけだ。 死んだ者と、
これから死に至る者だ」と叫んだと。

漸くに9時頃、数人の小さなグループが的を絞った行動で陣地を
確保し、浜の側面に移動し、小さな隙間を開け、
彼らはオマハを通過した最初の同盟国軍と。

海岸での戦闘が激しくなる一方で、小さなグループがゆっくりと
頭上の塹壕を征服する事に成功、

こうして視界は徐々に改善、海軍は部隊を海岸から1キロまで移動させ、

艦砲は目標を正確に特定して射撃できるようになり、この砲撃のお蔭で
サン・ローラン・シュル・メールの村の前に通路が開け、

歩兵と最初の戦車が通過出来る様になったのが11時半

死の地獄の浜を抜けるのに、5時間かかった事に!


午後2時になり、最終的にさらに3つの出口を開ける事が出来、
オマハの東、ヴィエルヴィル・シュル・メールの町の前、2つは西の
コルヴィル・シュル・メールの村の前に。



そして戦闘の最後には、浜に残された戦友たちの遺体の埋葬が。

10-2-Rosenblum Header - Joshua Schick_GF.jpg



現在の浜には、こんな戦没者慰霊碑があり、「勇敢な人々」と
呼ばれているそうで。

11-normandia-omaha-beach-memoriale_GF.jpg

真ん中のは、「自由の為に立ち上がれ!」



上記した様に、浜のすぐそばには、果てしなく続く白い十字架の列、
1557人の行方不明の兵士を加えた9386人のアメリカ兵士の墓碑が。

12-1717677084-AP24158334828176_GF.jpg

観光客のみでなく、退役軍人や犠牲者の家族が愛する人を探して
徘徊し、涙を流し想い出すのは辛くとも、この場所があるからこそ。



オック岬・Pointe du Hoc  位置地図13

13-normandia-la-pointe-du-hoc_GF.jpg

この岬のボコボコに空いた穴は、同盟軍が投下した爆弾跡、なんですと!


6日の深夜、非常に強い風と、視界不良の為にジュノー・ビーチに
パラシュート降下する筈だったカナダのレンジャー部隊の225名が、

誤ってこの地点に降下され、敵の砲撃を受けつつ、
敵の砲撃を受けつつ、高さ30mの崖をよじ登らねばならず、

兵舎とドイツ軍司令部をなんとか占領した時、生き残ったのは
90人のみだったと。



ゴールド・ビーチ・Gold Beach

14-normandia-bunker-spiaggia-sbarco-gold-beach_GF.jpg

写真は ロング・シュル・メールの砲台。 位置地図 15

このドイツ軍砲台は、オマハとゴールドの海岸まで、20km離れた
場所でも攻撃できるよう設計されたドイツ製の大型大砲を
無傷で保存している唯一の砲台。

現在では、戦争に対する無言の警告となり、お天気の良い日には
その巨大なコンクリートの基礎から、バイユーの大聖堂が見えるそう。


イギリス軍の幾つかの連隊が上陸した海岸ゴールド・ビーチは、
バイユーの町とカーンを結ぶ線を遮断し、バイユーを解放し、
ソード・ビーチに到着のイギリス軍に加わる事だったそうで。


この浜には、下船作業を可能、容易にするために秘密裏に造られた、
一時的な人口港の、マルベリー・ハーバーというのがあり、

現場で沈没した船と、金属ケーソン・なにかと調べましたら、
コンクリート、または鋼製の箱で、地下水などの流入を圧縮空気で
防ぎながら、中で工事できるようにしたもの、と。

その金属ケーソンで作られた、波を打ち破って軍事装備の着陸を
可能にする目的で、

40万台の車両と、300万トンの資材を降ろすのに、15km以上の
桟橋も建設されたのだそうで。

でこのアイディアは、英国の偉大な政治家ウィンストン・チャーチルの
アイディアからなのですと!

勿論、戦後のお話でしょうねぇ。



ジュノー・ビーチ・Juno Beach

15-juno-beach-monumento_GF.jpg


この写真の建物は、ジュノー・ビーチ・センター、この海岸にある
唯一のカナダの博物館で、

多くの人にとってはマイナーですが、第2次大戦中のカナダ軍の
役割は基本的な物だったそうで。

ジュノー・ビーチへの上陸作戦に参加したカナダ軍は、
東はサン・トーバン・シュル・メール市、 西はクルル・シュル・
メール市に隣接するベルニエール・シュル・メールの海岸に上陸。

カナダ第3歩兵師団の任務は、カーンとバイユー間の道路を遮断し、
カルピケ飛行場を占領する事で、

ジュノーに上陸した23000人のカナダ人、イギリス人の内、1200人近くが
海岸で命を落としたそうで。



ソード・ビーチ・Sword Beach

16-sword-beach-monumento_GF.jpg


海岸続きの上陸作戦地は一番東に位置するソード・ビーチが最後

ウイストルアム市とサン・トーバン・シュル・メール市間のこの海域に、
イギリスから到着のイギリス兵と自由フランス軍を含む3万人が上陸。

他の上陸地点と比べ、ここで亡くなった兵士は僅か700名であり、
他の海岸での死者を考えると成功で、

上陸目的は、ジュノー・ビーチ上陸のカナダ部隊との連携にあったそうで。



上陸地の名前などは聞きかじりで覚えているものの、実際の実情は知らず、
オマハ・ビーチの凄さなど、やはりきちんと知って見ると、実感に溢れます。

そんな大戦争、大上陸作戦の敢行、成功から80年!

やはり平和の世界、日常は有難く感じ、1年に1度は再度知る事を、と
振り返ってみる事の大事さも、深く感じた事でした。


6月6日の上陸作戦80周年行事の後、浜辺に立つ軍服の人々。

17-1717677077-AP24158194302023_GF.jpg


そして暮てゆく、オマハ・ビーチ。

18-1717677073-AP24158185115811_GF.jpg


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

    にほんブログ村  


     s2019誕生日 - Copia.jpg


*****
  
色鉛筆+水彩画ブログには、
ピエンツァ 朝 描き始め と、ノルマンディー、サント・メール・エグリーズ村の
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えています
 
今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

posted by shinkai at 04:32Comment(0)・欄外

・ 現在プラド博物館で新公開の カラヴァッジョ ・ 驚きの新発見作

この5月28日から、スペインはマドリッドのプラド博物館で公開中の、
カラヴァッジョの、いわば新作、新発見の作品、

男をみよ・エッケ・ホモ・Ecce Homo」

1-06-01 113808_GF.jpg


いつもニュースに遅れる私めは、この作品について5月8日付け
のサイト記事で知った所で、

この作品を修復されたイタリア人修復家アンドレア・チプリアーニ氏・
Andrea Cipriani、フィレンツェ、50歳、

私はカラヴァッジョを修復しました。キリストとピラトの後ろには彼の弟子チェッコがいます
Ho restaurato Caravaggio. Dietro Cristo e Pilato c’è il suo allievo Cecco
で読んだのでしたが、

写真がまだ発表できない時期だったのか、光った状態のもので、

2-María_Teresa_de_Borbón_y_Vallabri_GF.jpg


ですが、修復者の喜び、というのか、まず最初に偉大な画家の
作品を独り占めして眺められる様子が述べられており、

最も美しい瞬間は、夕方気が付くと1人で彼の前にいた時で、

カラヴァッジョも、この作品を描いている時、キャンバスに向かい、

色、キリストの光を前に、同じ感情を抱いたのではないかと思い、

自分が恵まれていると(特権者だと)感じました。


素晴らしく素敵な言葉で、修復者でなければ持てない感情ですよね。

現在はフィレンツェにスタディオを持ち、30年ものキャリアを
積まれているチプリアーノ氏は、トスカーナ州の東南の端近い、
ラツィオ、ウンブリア州に近いサン・カッシアーノ・デイ・バーニの出身。

古典絵画の修復で有名な方だそうで、数年前、彼の人生とキャリアを
形作る大事業を依頼され、
つまり今回のこのカラヴァッジョ作の「エッケ・ホモ」の修復でした。

この作品についてはつい最近までかなり秘密にされていた様子で、
というのも信じられない様な、絵の発見時の様子の様々があり、
いわば美術史上における近代最大の発見だったと言えそうなのですね。

この写真は修復前のもので、修復者の説明として、
手前の男ピラートの衣服の肩と襞、奥に見える少年の肩と袖が
消えていたのをあげておられたのが見られます。

修復により、再びその形状が現れ、色彩の価値が全て、絵画の
劇的表現に現れたのだそうで。

絵のタイトル「エッケ・ホモ」とはラテン語で、「見よ、この男」の意で、
ヨハネの福音書にある、ローマ総督ピラト(ポンティウス)が、
この言葉で、キリストを人々の嘲笑に晒したのだそうで。

4-IMG20210409225416822_1000_GF.jpg

5-d12a4317-9a6b-4cb4-9322-3ae08b3e6f37_GF.jpg

この作品が描かれたのは、1605-1609年、カラヴァッジョがナポリを
訪れた2回のうちで、
そのまま時期にスペインに持ち込まれ、スペイン王フェリペ4世の
個人コレクションに記載があったという、

カラヴァッジョの既知の作品約60点のうちの1点


それがなんと、世の光を浴びたのは2021年4月8日に、スペインの
持ち主、古い家柄の所有者から1500エウロ!!で、

ジュセペ・デ・リベーラ・ホセ・デ・リーベラ(同人)の
周辺画家の作と言われ、

ホセ・デ・リベーラはスペイン人ですがナポリで終生活躍した、
というので、代々の一家はそう思い、そう伝えられていたのかも。


が、マドリッドの有名なオークッション・アンソレナ・Ansorenaに
出品されるとカタログに掲載されたのを知り、

プラド博物館は即作品の価値を知り、スペイン文化省に警告、そして
文化省は直ちに、この作品は美術展以外にスペイン国外に出る事は
出来ないと宣言。

プラド博物館館長は、その数十年の美術史における偉大な
再発見の一つと考えられるこの作品の紹介を開始し、
その真贋に関し、前例のない素早い合意を得たのだそうで。


その作品が、1500エウロから、という低価格での出品とは!!

新しく真の画家名が提示された時、2世紀に渡って所有していた
ペレス・デ・カストロ・メンデス家・Pérez de Castro Méndezは
競売から取り下げ、

科学的研究、修復、販売管理をコルナギ美術館委託。


こちら3枚組写真は、修復前から修復後への変容の様子と。

3-6ab36650-0d70-42bc-9a09-2f9526c9fb5d_GF.jpg


で、スペイン在住の匿名英国人が購入、おそらく3600万エウロで
あったろうと言われ、

ギャラリー・コルナギ・Colnaghiというのは、現在プラド博物館と
共同で展覧会を行っており、今回のカラヴァッジョの絵も3年間
保管していたギャラリーで、

ここのエグゼクティブ・ディレクター、ホルヘ・コル・Jorge Coll氏に
よると、国際市場での価格は「1億ユーロを遥かに超えるだろう」と。

が、たくさん応募された全世界からのオファーはそのまま消え、

なぜスペイン国家が、マドリッド市関係が、この様な重要な作品を
入手しなかったのか、という疑問もあるようですが・・!

案外スペインから絵が海外に買い取られず、展覧会での外出は
別とし、ちゃんとした所有者がスペインに在住し、
レンタルできる方が良い、と考えたのかな、とも・・。


これまでのところ、芸術作品に対してスペイン国が支払った最高額は、
現在プラド美術館にあるゴヤの「チンチョン伯爵夫人」に支払われた
40億ペセタ(約2400万ユーロ)だったそうで。

6-Goya_Condesa_de_Chinchon_GF.jpg


絵が世間に公表されて以来3年間、コルナギ美術館に保管され、
と共に、様々な研究が行われ、修復も勿論で、


その専門家たちの仕事についてはこちらのサイトに詳細が
ありますので、どうぞ。

Al Prado il Caravaggio messo all’asta per 1.500 euro


で新しい所有者は、一般の方にご覧頂ける様にと、この作品を
プラド美術館に9カ月間貸し出し、

この5月28日から、はい、4日ほど前から始まっており、
10月13日迄展示され、

現在は、濃い色の壁と、典型的なカラヴァッジョ風の明暗を
強調できる小さな部屋に単独で展示されているそう。

ご覧の様に、右が8A室、左が7A室で、

7-01 112514_GF.jpg

左の7A室には、プラドで唯一のカラヴァッジョの
「ダヴィデとゴリアテの頭」が展示されているのだそうで。


こちらですが、ダヴィデが何をしているのかと思いましたら、

8-David_and_Goliath_by_Caravaggio_GF.jpg

紐で、ゴリアテの髪を彼の背中の革の防具に括りつけている、
と知りました。



修復師のチプリアーノ氏の言葉には、

カラヴァッジョは絵を描くのではなく、筆の先端でキャンバスに
主要な構成線を刻み、

肉眼でも、人物や目の周囲の彫刻の線を見る事が出来、

このテクニックを使ったのは彼だけであり、彼の特徴だと
考えられていて、

私が新たな解釈を加えたもう一つのディテールは光、で、

通常、我々は非常に安定した強いライトを使用して
作業しますが、

彼のキャンバスでは、光を暗くすればするほど、絵は
より美しくなりました。

それは予想外の演劇性を吸収し、
薄暗い所で観察するのが良いと思います。

そして、そこから傑作に生まれ変わります。 と。



専門家、プロの仕事をされている方の言葉はいつもすらっと
しつつも宝の山で、今回も成程なぁ、と。

私めはカラヴァッジョは凄いと思いつつも、どこか苦手で、
好きとは考えられなかったのですが、

それはそれとして、やはり見るべき点を指摘して頂いた様で有難く、
チャンスを待とうと思う気持ちが出来ました。


今回の絵の発見に伴い、クリスティーナ・テルザーギ・Cristina Terzaghi
美術史家、ローマ・トゥレ大学教授の率いる17世紀板来絵画の
一連の専門家たちは、

当初はただの絵画であったことを裏付ける文書や絵画の証拠を
追跡する事に専念し、

コルナギ・ギャラリーの役割も重要で、修復の促進、作品保管、

キャンバス上の診断研究は、イタリアの専門家、原子力技術者の
クラウディオ・ファルクッチ氏によっても行われ、

テルザーギ氏によると、「この絵があらゆる予想を超え、世界中に
不意打ちと驚きを呼び起こした事を忘れてはなりません。」

と、多数の研究者による多数の研究、診断による、その出所と
信頼性を認定する仕事の確認を。

そして「洗浄と診断テストにより、特に交差した筆運びの存在により、
このキャンバスとカラヴァッジョの絵画技法の互換性が疑いも無く
明らかになった」と結論付けを。


絵画は1605年から1609年にかけ、カラヴァッジョがナポリに
2回滞在したうちの1回に描いたもので、
(学者には、その年代について同意していない人も)

1657年にカストリージョ伯爵の貨物と共のマドリッドに運ばれ、
1666年この絵画はフェリペ4世の資産目録に掲載され、

18世紀末から19世紀初頭までそこに保管されていたと考えられ、
カール4世が大臣ゴドイへの贈り物として与え、その貪欲な芸術愛好家
の終わりに、コレクションはサン・フェルナンド王立アカデミーに入り、

19世紀にこの絵画は、現在アロンソ・カノ・Alonso Canoの作
とされる聖画との交換後に、スペインの収集家で外交官である
エバリスト・ペレス・デ・カストロによって、アカデミーから入手。

それ以来、この絵はおそらく匿名の大した価値はないと考えられ、
ペレス・デ・カストロの相続人、つまり建築家、デザイナー、
芸術家を含む家族内で世代から世代へと受け継がれ、

つまり3年前のオークション未遂に至るまで、と。


それにしても、それにしても、2世紀間の相続のうちに、誰か一人位、
目の確かな人はいなかったのだろうか、と?!

少なくとも鑑定とか、多少でも頭が働く人はおられなかったのか、と。

まぁね、そのおかげで絵が世間の陽を浴びたので良かったですが、

癇癪持ちだったろうカラヴァッジョが忍を切らし、いい加減にせい、と
オークッションに出させた方が良いかも、と思ったのかな、と
可笑しくなりますが。

という様な一連の事件シリーズ物の様な顛末となりましたが、はは、

9-IMG202405271731381581_GF.jpg



プラドでの展示は、上記の通り、10月13日迄8A室、での
展示の後、隣の「ダヴィデとゴリアテ」のある部屋に移され、

カラヴァッジョ同士の並びとなり、またヨーロッパの自然主義絵画との
視覚的対話を促す事に。


そして最後のニュースは、

2024年12月24日から始まるイタリア・ローマでのジュビレオ・聖年
に参加というか、展示がほぼ間違いないとみられ、

2025年12月14日迄の1年間、カラヴァッジョの作品は御里帰りを。
バルベリーニ宮での展示と。


修復後の作品は、赤い布の色がひときわ目を引き、

10-4ca66e17-771c-59d6-288d-588708344dd2_GF.jpg

背後で布を持つ、口を開けた青年が、彼の愛弟子チェッコ、と知り、
彼の愛情も感じたのでした。

チェッコ、についてはこちらに。
チェッコ・デル・カラヴァッジョ の初めての展覧会

大盛況の様で、素晴らしい! 彼の作品は大ファンがおられるから、
スペイン・マドリッド・ツァーも増えるかもですね。


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

    にほんブログ村  

     
     s2019誕生日 - Copia.jpg

*****
  
色鉛筆+水彩画ブログには、
先日のモナコのF1グランプリ優勝後に、優勝者は自転車でご帰宅!
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えています
 
今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!