・ ルッケッタ・Lucchetta  コネリアーノのワイン醸造所訪問

先回見て頂いたコネリアーノの野の道散歩の最後に、
ルイーザの案内でワイン醸造所ルッケッタの訪問が出来ました。

1-DSC05034_01_GF.jpg

今迄も何か所かプロセッコの醸造所も見学した事もあり、
トスカーナでもあちこち訪問したりで、その都度様々な事を知ると共に、
長年にわたり工夫を重ね、購入者の好みに添っての品質改良などなど、
マーケッティングについての研究も怠りない事を知らされます。

今回訪問したルッケッタはまだ創業120年に満たない、完全な家族経営の
醸造所ですが、貰って帰ったパンフレットを見ながら、撮って来た写真、
訪問時の印象などをも重ね、とても近しい気持ちというか、
今迄のそれぞれの醸造所とは違う気持ちも印象も湧き、

我がコネリアーノの素晴らしい丘の上にあるカンティーナ、しかも我が家から
かなり近い場所にある、という事もあり、しっかりご案内を、と、はい。

n.1 ヴァルドッビアーデネ ・ プロセッコ ワイナリー訪問
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463526381.html

n.2 ヴァルドッビアーデネ ・ プロセッコ ワイナリー訪問
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463526671.html



上の、道脇にある道案内の樽の矢印に従い緩やかな坂道を上り、

葡萄畑の畝の端に植えられている薔薇。 これも何度かご案内の、
葡萄の木と薔薇の木の性質がよく似ている事から、何か病気が葡萄に
発生する前に分かる、為のもので、美的な演出ではないのです。

2-DSC05035_01_GF.jpg

これを教えて貰ったのは、トスカーナの葡萄畑を回った時の事でした。

初めてのカンティーナ訪問 トスカーナ ・ シエナ南部、ヴァル・ドルチャ
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460854939.html



今回貰って帰ったパンフレットから、ご案内にちょうど良い写真を拝借し、
これは丘の上にあるルッケッタの、左側が醸造所と直売所、そして右側が
住居類と思いますが、右側には行かずで。

3-img20201124_15554703_01_GF.jpg

左側にカーブして下り、小さな木立のある所に、現在は最初の道案内の樽が。

この周辺一帯約50万ヘクタールの土地を持ち、その内の32万ヘクタールが現在
葡萄畑になっているそうで、少し丘の上、に葡萄畑が広がり、
これはトスカーナでも聞いた事で、葡萄の木は霧を嫌うからだそう。



坂道を上ってきた所で、奥に母屋がありますが、手前右に下る
砂利道の奥に直売所と醸造所が。

4-1-DSC05037_01_GF.jpg

分かりますか、金属の塀の内に黒いワンがいるのが?



この中型のワン君で、よく似た大きさのが、あっちにこっちに、全部で4匹ほど!

4-2-DSC05068_01_GF.jpg

この子は坂道の樽の近くでうろついていて、はは、その時に挨拶したのが、
坂道を上ってきたら先回りしていて、尻尾を振ってくれたのでした。
客引きの仕方を心得ているのね、ははは。



「ワイン直売所」の立て札の背後に見える、広がる葡萄畑。

5-DSC05069_01_GF.jpg

右端に切れる間際、丘の上の鐘楼と教会はカステル・ローガンツォーロで、
ここはかのティツィアーノの家のある所!

古きロンゴバルドの教会と、 「ティツィアーノの家」始末記 n.2
https://www.italiashiho.site/archives/20170420-1.html

ヴェネトの春、 そして ティツィアーノの家 n.1 
https://www.italiashiho.site/archives/20170404-1.html



パンフレットから。 母屋の手前を入って行くと、直売所と奥に醸造所。

6-img20201124_15585862_01_GF.jpg

右上の、白葡萄の大きな房! ルッケッタでは全て手で収穫するとの事で、
これは各種の葡萄の熟す時期が違うので、それに合わせ摘むのだそう。



この一帯の丘の眺めは本当にとても美しく、これは東側。

7-DSC05036_01_GF.jpg



パンフレットにあった、四季それぞれの眺め。

8-img20201124_15544531_01_GF.jpg

9-img20201124_15514588_GF.jpg



さて直売所の中に。 これは正面左奥の壁で、

10-DSC05039_01_GF.jpg



こちらは右側。 カウンターが設えてあり、左に見えるシニョーレはべピ・Bepi、
現在の経営者の1人、とルイーザ・Luisa.

11-DSC05040_01_GF.jpg

ルイーザの夫レナート・Renatoがこのルッケッタのワインを好み、
確かに美味しいのですもの! 買い出しにルイーザも付いて来ていて、
良く知っている間柄と。



で、真ん中の扉の奥に、この様に倉庫があり、おお!  1箱12本入り。

12-DSC05044_01_GF.jpg



向かい側の壁の上に掛かる夥しい賞状類。各地で、国際でも賞を取っている様子。

13-DSC05041_01_GF.jpg

14-DSC05042_01_GF.jpg

真ん中のテーブルが実は大木の切り株、というのは写真を見て気が付きましたぁ。
何の木だろ?!



べピは、我らが入っていくと、即グラスにプロセッコを注いでくれ、ははは、
こうして見ると、既にかなり赤い顔をしているでしょう?! お昼前でしたが。

15-DSC05048_01_GF.jpg

最初は断ったのですけど、ジュリアーナが美味しそうに飲むのを見て欲しくなり、
ははは、では、と頂いたのでしたがぁぁ、 お・い・し・か・ったぁ!!



半分以上飲んだ所で、ははは、ワインのラベルと並べて。
アンジェロ・Angeloとあり、プロセッコのカルティッツェ・ナトゥラーレ、と。

16-DSC05047_01_GF.jpg



アレッサンドロ・Alessandroが案内してくれ、奥の醸造所を。
赤と白のはコンクリート製だそうで、内部は多分ステンレスのタンクですね。

17-DSC05053_01_GF.jpg



こちらはよく見るステンレスで、

18-DSC05052_01_GF.jpg



茶色に見えるのは、樹脂製、と言ったのではないかと。

20-DSC05051_01_GF.jpg

この高さのは8千リッターで、奥に1本高いのがあったのが1万リッターと。

タンクによる違いはあるのか、と聞きましたら、無いという事でしたが、
こちらには余り専門的に聞くだけの知識もなく、残念。



一番奥に大樽が2つ。

21-DSC05055_01_GF.jpg


コネリアーノにある 世界一のワイン樽製造所 ・ ガルベロットのご案内を
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463849891.html



これは瓶詰め、栓打ちのラインと。

22-DSC05056_01_GF.jpg



隣の部屋には、びっしりとステンレスのタンクが両脇に並び、

23-DSC05058_01_GF.jpg



一番奥にこの小さな樽が。 これは干した赤葡萄・アパッシートが入っており、
水分を蒸発させて発酵させるため、濃い強い赤ワインが出来るのですね。

24-DSC05060_01_GF.jpg



こちらはほぼ天井を覆っただけの状態に置かれているタンクで、

25-DSC05062_01_GF.jpg



こんな風にずらっと並ぶ壮観さですが、

26-DSC05064_01_GF.jpg



夏の暑い時などどうするのか、と尋ねましたら、

ここのタンクは2重になっていて、ほら、上に繋がっているのが冷蔵装置だそう!

27-DSC05063_01_GF.jpg

勿論気温により自動的に調節するようになっているのでしょうが、
プロセッコの本場ヴァルドッビアーデネに行く道で見かけるカンティーナの
タンクが外にずらっと並んでいるのを見て、大丈夫なのかいなぁ!と、ははは、
他人事ながら心配していたのですが、安心しましたぁ。



ルッケッタのサイトは https://www.lucchettavini.com/

まず最初に如何にも美味しそうな、はは、美味しいプロセッコが注がれ、

28-lCattura_GF.jpg



ルッケッタの歴史なども出ますが、ルッケッタ・マルチェッロという企業名の
マルチェッロ・Marcelloというべピのお父さんが1958年に起業したのだそうで、

29-DSC05043_01_GF.jpg

元々コネリアーノから北西にあるピエーヴェ・ディ・ソリーゴ・Pieve di Soligoで
伝統的なブドウ栽培農家だったのを、父親から受け継いだ葡萄畑を売り、
今のコネリアーノはカルペネ・Calpeneの丘に小さな基本となる土地を買ったのが
最初だそう。

この一帯のワインは有名で、一帯にヴェネツィア貴族の別荘が点在している、と
先回書きましたが、1431年にはヴェネツィア共和国のドージェ、
フランチェスコ・フォスカリがコネリアーノの執政官に、
いつもの美味しいものの荷でなく、一帯の美味しいワインを送ってくれるようにと
頼んだ記録もあるそうで!


当時はD.O.C・統制原産地呼称ワインだったプロセッコも、2009年から
D.O.C.G・統制保証付原産地呼称ワインとなりましたし、

マルチェッロと息子べピ、その弟マリオと、一家がブドウ栽培、醸造に働き、
現在はアレッサンドロ、マルコがパドヴァ大学でワイン醸造学、農学、
葡萄栽培学等を学び、国際的にも販売を広げる様に広告販売業もと、
一家の男性軍ががっちりとチームを組み、企業が育っている、という所でしょうか。

30-luCattura_GF.jpg

この写真、パンフレットはいつのものか、べピもかなり若く見えますね!



一家全員。 如何にも農家の大家族の様にも見えますが、家業に誇りを持つ
跡継ぎがしっかりしていると、家族経営でもこれだけ発展するのですねぇ。

31-img20201124_16035240_GF.jpg



こちらがルッケッタのワイン一覧。

32-vini lucchetta_GF.jpg

栽培している葡萄の種は(葡萄摘みの順に)
マンゾーニ・ビアンコ・Manzoni bianco、 シャルドネ・Chardonney、 
スーヴィニョン・Sauvignon、 リースリング・Rieisling、 グレーラ・Glera・
これがプロセッコになる種、 ヴェルディーゾ・Verdiso、クルティヴァール・ア・
バッカ・ロッサ・cultival a bacca rossaと。



案内して下さったアレッサンドロ氏。  肝心の写真がピン甘ですみません。

33-DSC05066_01_GF.jpg



礼を言って坂道を下る時、薔薇の花とジュリアーナ。

34-DSC05070_01_GF.jpg



丘の上に見えるのがルッケッタの建物で、この辺りもルッケッタの葡萄畑と。

35-DSC05074_01_GF.jpg


カンティーナの中を見学しつつ、何となく男所帯みたいだなぁ、と、ははは、
いう印象があったのでしたが、パンフレットを読み、大いに納得!!


後日談があります。 後日というよりも、当日の午後レナートが友人の
案内でルッケッタに連れて行ったのだそう。

すると、べピとアレッサンドロが訪問した我々について、大いに興奮し、
レナートに話したそうで、ははは。
とりわけ、ジュリアーナと話した男寡のべピがね!! 

ね、楽しい、良い締めくくりとなったでしょ?! きゃはは。


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
ミケーレ像 もう一度 と、 ルーヴル博物館がティエポロの絵を購入
をアップしています。


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えました
 
今後ともの皆様のご訪問を、よろしくお願い致しま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。 

この記事へのコメント