ええと、今日は知ってみると意外に奥行きが深く、へぇ~と好奇心満開の、はは、
フランスの太陽王ルイ14世若き時代の、最初の本気な恋愛、愛人のお話を。

ルイ14世のご寵愛を受けた女性方は多いので、まぁ、イタリア名前の
読んだ事も無いような、殆ど行きずりの方かと思いましたら、
なんとあちこちに、日本版ウィキにもちゃんと個別事項で載っておられ、
はぁ、例の如く、知らぬはshinkaiなりけり、へへ、なのかもの、

1-Dipinto di Maria Mancini.jpg

マリーア・マンチーニ:ルイ14世のイタリアの愛
Maria Mancini: l’amore italiano di Luigi XIV

そして例により、ウィキのイタリア版、日本版を参考に。
写真もサイトで見つけたり、ウィキペディアから拝借を。


フランスの17~18世紀、太陽王として、フランス国家の繁栄、貴族文化の絶頂を
築かれたルイ14世(1638-1715)については、以下にも取り上げましたが、

ヴェルサイユ宮殿における 太陽王ルイ14世の1日は
https://www.italiashiho.site/article/479317225.html

17世紀 ルイ14世のフランスと ヴェネツィア間の「鏡の戦争」
https://www.italiashiho.site/article/479383538.html


いつも残された画像で見るルイ14世はすっかり太陽王になった大人の、
中年の王様の顔、様子ですが、

こちらは1661年未だ23歳の若い様子で、こうして見るとなかなかのハンサムで!

2-Louis 1661.jpg



彼女マリーア・マンチーノ(1639-1715)は、ローマ生まれのイタリア女性。
貴族の3女として生まれ、姉にラウラ、オリンピア、妹にオルタンス、
マリー・アンヌ。


母親のジローラマ・マザリーニ・Girolama Mazzarinoは、マザリーノの姓で
お分かりの様に、

ルイ14世の宰相でもあったジュール・マザラン枢機卿・Jules Mazarin・
イタリア本名Giulio Mazzarinoの妹に当たり、

3-Kardinaal_Mazarin.jpg



夫が早く亡くなった後、兄の枢機卿を頼りにパリに出て来て、年頃になる
娘たちの良い結婚を頼み、

マザランは上の妹ラウラ・マッツァリーニの娘アンヌ・マリー、ラウラ姉妹も含め
7人の姪のそれぞれの嫁ぎ先を、自分の立場を上手く使い王侯貴族に嫁がせ!!

これらの姪っ子たちはマザリネット・混ざりネット・Mazarinettes、ははは、
なる言葉で呼ばれるほどで!

皆大変美しく、かなりの策士でもあり、はは、それぞれが良い結婚をしたと。

そうなんですね、後程それぞれがどういう夫を見つけて貰ったか、
興味あるお話も。


マザラン枢機卿なる方が元はイタリア人だったというのも、以前知った時には
驚いたのでしたが、
1634年に教皇から派遣され南仏アヴィニョンに行き、そしてパリに。
その後、スペイン側に嫌われ再度アヴィニョンに。

そしてリシュリュー枢機卿・宰相の知己を得、後継に相応しい人物と見なされ、
枢機卿となり、リシュリュー、並びにルイ13世が亡くなった後、ルイ14世の母
アンヌ・ドートリッシュの相談役、ルイ14世の実質宰相に、フランスに帰化と。


という様な周辺事情のご案内で、本筋のマリア・マンチーニに戻りますと、

ルイ14世は、父王ルイ13世が41歳で亡くなった後、わずか4歳で即位し、
母后アンヌ・ドートリッシュが摂政となり、マザランは実質的な宰相となりますが、

1652年満13歳になったルイ14世は成人を宣言したものの、まだ国王の勢力も弱く、
フロンドの乱、30年戦争、その後のスペイン戦争と続きます。

1658年と思われる、ルイ14世20歳か19歳頃、未だスペイン王女との結婚の
話が起きていない時、スペインを威嚇する意味のサヴォイ家の姫
マルゲリータとの結婚話が持ち上がり、

が、フランス南東部のリヨン・Lyonで王と姫の顔合わせが会った時、
ルイ14世が目を止めたのはマザリンの姪のマリーア・マンチーニで、

4-Marie_(Anna_Maria)_Mancini_by_Jacob_Ferdinand_Voet.jpg

まさに2人にとっては、「稲妻の一撃」 一目惚れだったそう!


レポートには、「女性に対するすべての親切さを、彼・王が出来る事を彼女の為に、
音楽、朝食、乗馬での散歩をし、彼は自分の馬の一番美しいのを彼女に貸し、
彼女に2台の馬車を作らせ・・」

こうして2人は逢瀬を重ねる様になり、即、王がイタリアから来た貴族女性に
恋をしているらしいという噂が広がり、

ルイ14世は本気である事をマゼランに、つまり彼女と結婚をしたいと。


スペインとの和平を結ぶ1659年のピレネー条約締結の為の立役者はマゼランで、
王のご寵妃ならともかく、結婚となると国政に関する事で、

彼はマリーアを諦める様説得すると共に、母后からの説得も含め、あらゆる手段、
影響力を行使しますが、

ルイ14世王は交際をやめると約束するものの、また元に戻るという有様。

娘を心配する母親、マゼランの妹が死の間際に囁いた、不思議な星占いの事も
あり、遂にマリーアをラ・ロシェル近くのブルアージュ修道院に押し込め、

フランス国王ルイ14世の最後の決定を引き出したのは「国、国政の道理」で、
ここに若き太陽王のロマンスが終わり、彼は2度とマリーアに会わず。

1670年のルイ14世。

5-Luigi-XIV 1670.jpg



こうしてスペインとの和平、ピレネー条約が締結され、国王フェリペ4世の姫
マリーア・テレーザとの結婚が決まり、
条約締結の際の、2人の顔合わせ。

6-LIsola-dei-Fagiani-sul-fiume-Bidasoa-01.jpg

条約が締結された   半年毎に主権が替わるファザン島をご存知ですか
https://italiashinkai.seesaa.net/article/480331752.html



1660年6月3日、最初に代理人結婚、が行われ、
6月9日にフランス・スペインの国境の街サン・ジャンド・リュスの、
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会で正式に結婚式が。

結婚式の様子の絵・原画と、 つづれ織り。 ルイ14世の右背後にマゼラン。

7-Louis_XIV_wedding.jpg

8-Marriage_of_Louis_XIV_with_Marie-Therese_of_Austria.jpg



結婚式のサン・ジョバンニ・バッティスタ教会の祭壇。

9-L’altare della Chiesa di San Giovanni Battista di Saint-Jean-de-Luz.jpg



国王の結婚式の後は、2人の恋人の間の儚い書簡も無くなり、


1661年にマリーアはパリでロレンツォ・オノ―フリオ・コロンナ・
Lorenzo OnofrioColonna(1637-1689)と結婚した後、イタリアに戻ります。

10-Lorenzo Onofrio Colonna.jpg

偉丈夫、家柄も良く、教養も素晴らしい公爵、法王庁での外交関係で
力量を発揮、結婚後2人の間には子供も3人生まれますが、

3人目の子が生まれて後は、夫が自分を殺したいのではないかと恐れ始め、
何度か家出を繰り返し、遂には1681年修道院に。

そして夫が1689年に亡くなるまでを過ごし、その後の事は余り記録が無く、
1715年5月8日にピサで最後を。

これは愛し愛された想い出の残る、ルイ14世の亡くなる4か月前で、
彼女の遺品はピサのサント・セポルクロの教会に休んでいるそう。

棺の中には夫からのダイアモンドと、強制的別離の少し前にルイ14世から
贈られた真珠のネックレスを希望したと。


一方ルイ14世はあらゆる種類の気まぐれにふけり、女性をリボンを変える様に
取り換え、アジア、アフリカでのフランス植民地の拡大に伴い、フランス国を
ますます強大に、影響力を与え、絶頂に至る72年間の在位人生。

後に出て來るご寵愛人達の多さと派手さに、王の若き日の恋は薄れて
しまいましたが、

マリア・マンチーニを主人公にした本は、フランソワーズ・マレット-ジョリス・
Françoise Mallet-Jorisの「Maria Mancini」
他 2冊出版されているそうです。


過去の中でずっと生きたのであろうマリーアの生涯は、いささか哀れを誘いますが、

ちょっと元に戻り、マザリネットと呼ばれたマザリンの姪っ子たち7人のその後を。
姪のみでなく3人の甥の世話も見たそうで。

彼女たちがフランス王家の宮廷に現れた時は、それ迄色白のふくよかな美人を
見ていた目には、すらりとして、少し浅黒い肌が大変新鮮に映った様で、
大きな評判になったそう。

いずれもルイ14世の母后の住まいの翼に引き取られ養育されたそうで、
それも叔父マザリン枢機卿の力ですね。


ラウラ・マルゲリータ・マッゼリーノ・Laura Margherita Mazzarinoと、
伯爵ジェローラモ・マルティノッツィの娘2人

・アンナ・マリーア・マルティノッツィ・Anna Maria Martinozzi(1367-1672)
 アルマンド・ディ・ボルボーネ-コンティ・同名傍系の始祖に

12-Anna_Maria_Martonozzi,_Princess_of_Conti_by_an_unknown_artist_(Palace_of_Versailles).jpg



・ラウラ・マルティノッツィ・Laura Martinozzi(1639-1687)
 モデナ公爵アルフォンソ4世デステと結婚

13-Laura_Martinozzi_duchessa_Modena.jpg



ジェロニーマ・マッザリーノ(1614-1656)と男爵ロレンツォ・マンチーニの娘

・ラウラ・マンチーニ・Laura(1636-1672) ルイ・ドゥ・ヴァンドーム
 5代目ヴァンドーム公と結婚

14-Laura_Mancini_01.jpg



・オリンピア・マンチーニ・Olimpia(1639-1708) エウジェーニオ・
 マウリーツィオ・サヴォイア-カリニャーノ、 ソワッソン公爵と結婚
 彼女は後に黒ミサ事件に関与したと言われ、ルイ14世により追放、ベルギーに。

15-Olympia_Mancini_by_Mignard.jpg

彼女も最初ルイ14世の愛人だったとか、 確かではありませんが。



・マリーア・マンチーニ  今回の主人公

11-MarieManciniJacobFerdinandVoet1665.jpg



・オルテンシア・マンチーニ・Oltensia(1646-1699) 叔父のマザリンのお陰で、
 公爵夫人の爵位を創設、ラ・メイユレイユ公となるアルマンド-チャールズ・
 デラ・ポルタと結婚、後離婚。
 暴力をふるう夫から逃げロンドンに行き、国王チャールズ2世の愛人に!

16-_Portrait_of_Ortensia_Mancini.jpg



・マリーア・アンナ・マルチーニ・Maria Anna(1649-1714)ラ・トゥール・
 ドーヴェルニュのモーリス・ゴデフロイ・Maurice Godefroy de La
 Tour d'Auvergne、3代目ブロス公爵と結婚

17-Marie-Anne_Martinozzi_(née_Mancini),_Duchess_of_Bouillon_by_Benedetto_Gennari.jpg


なんとねぇ、どなたもが本当に上流貴族と結婚をねぇ!

いずれにしても、身分高く財力豊かな男性と結婚する事が一番大事であった
当時の女性たちの、大変さを思った事でしたぁ!!


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s誕生日カード2020.jpg    


こちらもよろしく、応援お願い!!
    honke blogmura.JPGにほんブログ村  

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
スコミーゴ村5月 途中経過と、  動物たちに笑いと元気を貰い・・
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えています
 
今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。