・ スコミーゴ村 葡萄摘みが始まって、 秋の色と空気

昨日朝、今月初めの旅行以来の歩きを開始しました。 
すっかり朝の開けるのが遅くなり、そして雨模様続き、横着とで
先伸ばしして来たのが、お天気も良さそうと、前日から気合を入れ!

ついでにとコンパクト・カメラを持って、朝7時50分頃出発。
夏の間は5時~5時半に出かけ、戻って来てちょうど朝ご飯、と
都合良かったのが、どの時間帯に予定を入れたらと迷っていたのも
横着の原因の1つでしたが、漸くに朝ご飯の後に出かける事に決め。


で、家から東の道に出た所。  斜めから射す朝日に浮き上がる
坂下の光景は素晴らしく、まさに光と影、それに斜めに続く道。

1-DSC05773_02_GF.jpg

2-DSC05774_01_GF.jpg



ですが、どうもいつもと違い、道が騒がしく・・。
そのうちに気が付いたのは、近くの小学校に子供を送って来た親の車の列と、
あと5分程で門が開くのを待つ親と子、狭い道を急ぐ通勤者の車の行き交いで、
スコミーゴ村のラッシュ時!なのでしたぁ。 

こちらの小学校は、学校には親の送り迎えが義務付けられているので、
こんな光景が繰り広げられるのですね。

なので、日本の小さな子がランドセルを背負い、1人で街中を歩いたり、
電車で通う風景、Youtubeの動画に、こちらの人々は驚愕をね。



北のヴィットリオ・ヴェネト方面。 手前に右から延びる山並みと背後の
山間を辿るとヴェネト、イタリアが終わり、オーストリアに続く道。

3-DSC05776_01_GF.jpg



道を左に折れ、村の教会隣の司祭さまの住居の庭、
射し込む光に光る庭いっぱいの猫じゃらし。

4-DSC05778_01_GF.jpg

5-DSC05779_01_GF.jpg



教会の裏を回り、坂道を下り、右手に広がる葡萄畑と、奥に見える
ヴェネト端っこの雲をかぶる山の峰々。

6-DSC05783_01_GF.jpg



ン?!と気づくと、葡萄摘みの為の運搬トラック2台! あっ、葡萄摘みだ!!

7-DSC05785_01_GF.jpg



畝の隙間から覗くと、始まってます。  左側は昨日済んだ所、と後に判明。

8-DSC05786_01_GF.jpg



遠い所からでなく撮りたい、と畝の間の道を進んでいくと、左の緑の男性が
奥から寄って来たので、ボンジョルノ! 写真を2,3枚撮らせて下さい。

9-DSC05787_01_GF.jpg

ぺルケ?!  私ブログをしていて、日本に葡萄摘みが始まったと見せたいので。
と言うと、了承の様子で、この1枚を。



緑の男性は丸顔で、なんとなし笑った感じでしたが、

次にこの手前側で撮った時、畝のこちら側にも1人いたのが顔を隠し逃げたので、

10-DSC05788_01_GF.jpg

即ハハ~ンと気が付き、心配しないで、顔は撮らないからと。
つまり密入国の人たちで、届なしで働いている人達だったのですね。



そんな事はshinkaiには関係なしで、2枚以降はもっぱら収穫された葡萄を。

と言うのも、緑の男性に、この葡萄は?と聞くと、プロセッコ。 わぉ!
記憶では、何年か前に植え替えられた畑で、収穫の時を迎えていたのですね。

この高さにまで延び、

11-DSC05791_01_GF.jpg



朝8時過ぎ、既に向こうのプラスティックの箱も埋まり加減!

12-DSC05793_01_GF.jpg



こちらがshinkaiが入り込んだ畝の並び!

13-DSC05795_01_GF.jpg


収穫されたばかり、葉っぱの付いた、朝日に輝くプロセッコになる葡萄の房。
綺麗でしょう?!  今年もおいしいワインになるかな?!

14-DSC05797_01_GF.jpg

15-DSC05800_01_GF.jpg

16-DSC05801_01_GF.jpg

17-DSC05802_01_GF.jpg

18-DSC05803_01_GF.jpg



中にはうまく隠れて、摘み取りを逃れた房もあり・・。

19-DSC05794_01_GF.jpg

20-DSC05804_01_GF.jpg

21-DSC05805_01_GF.jpg



畝の最後まで来た時、既に彼らは奥の畑に移っており、そのまま挨拶せず。

道を進むと、すぐお隣の畑でも今朝が葡萄摘みの日と分かる話し声、
トラクターの音。


そして畝の先頭に咲くバラの花、これは葡萄の木に付く病気を発見する
役割のバラで、写真を整理中、この畑が白ではなく、赤ワイン用葡萄を発見。

22-DSC05817_01_GF.jpg


この一帯は殆ど白ワイン用で、とりわけプロセッコが有名になり売れ行きが
良い事から古い葡萄の木を引っこ抜き、プロセッコ用のグレーラ・glera種に
植え替えているのが、既に収穫を迎えているのですね。

スコミーゴ村の坂下に赤用の畑が1つあるのを、ずっと以前に、
葡萄摘みがそろそろ ・ スコミーゴ村、コッレウンベルト村

プロセッコの葡萄について 久しぶりのお天気に誘われ、スコミーゴ村を一回り



北に延びる緩やかな坂道を行き始めると、グィーンと飛行機雲。

DSC05824_01_GF.jpg



鉄柵から覗く、はは、並木道。

DSC05825_01_GF.jpg



広い、長~く続く葡萄畑。 上の丘がshinkaiが何度か描くモチーフで~す。

DSC05826_01_GF.jpg



紅葉の殆どない、イタリアの黄葉。

DSC05827_01_GF.jpg



丘の下に射し込む朝日と、大好きな葡萄畑の畝の姿。

DSC05828_01_GF.jpg

DSC05831_01_GF.jpg



道脇に並ぶオリーヴも実がそろそろ熟れ始め、こちらは10月末~11月に。

DSC05834_01_GF.jpg

DSC05837_01_GF.jpg



畑の真ん中の坂道を、うんうんと上って行くトラクター。 やはり葡萄満載で、
では、この畑も今日が葡萄摘み・ヴェンデーミア・vendemmiaね。

DSC05838_01_GF.jpg



畑の様子を観察しつつ道を進み、殆ど北の端で一同が仕事中の姿を。

DSC05844_01_GF.jpg

DSC05845_01_GF.jpg

DSC05846_01_GF.jpg

この畑の、丘の葡萄畑の摘み取りは  葡萄摘みが始まったスコミーゴ村


運ばれるトラクターの葡萄の量から見ても、仕事始まりは夜明けと同時かも!



大変な仕事だろうなぁ、と思いつつ、カルページカのいつもの教会前まで。

これは名前知らずですが、漸くに秋らしい色の葉を見つけ。

DSC05849_01_GF.jpg



その内に空の雲が多くなり、教会前で折り返し戻ってくると、
皆さんは畝の奥の方に。

DSC05872_01_GF.jpg



収穫を運ぶトラック、トラクターも準備万端で畑の隅に。

DSC05873_01_GF.jpg



これはスコミーゴ村まで戻って来ての畑で、こちらも今日が葡萄摘み。
雨が続いた後の晴れの何日かの予報で、葡萄栽培農家が待っていた事でしょう。

DSC05878_01_GF.jpg

秋の葡萄摘み、ピティリアーノの場合は



最後は家の近くのシナノキの、名残りの実と、

DSC05880_01_GF.jpg



足元の、軽い、フワフワの落ち葉。 

DSC05882_01_GF.jpg


分家・絵のブログでは今回、少し秋の色の様子を。 見てやって下さい。



*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    honke blogmura.JPGにほんブログ村  


    s誕生日カード2020.jpg


*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
麦畑刈り取り風景 そろそろ  と、 スコミーゴ村秋の色ちょっぴり
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   

今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント