・ パッラーノ ・ ウンブリアの中世からの歴史ある小さな村、競売、そして

先日偶然に目に留まったサイト記事に、
君主国競売に:ウンブリアの中世からの所有地が売り出しに

というもので、ウンブリアのテルニ県のパッラーノ・Parranoという
中世からの村が競売にかかる事になった。

1-parrano_umbria_GF.jpg


これは英国の不動産コンサルタント会社のChristie&Coを通じ、
不良債権の管理と回収を専門とする会社であるBayviewItaliaが
2021年10月に開催され、開始価格は1500万エウロ。

というもので、以下に、26のマスター・スイートとウェルネス・センターのある
パッラーノの城、これらは改装済み、そして村の中の4つの建物、
23の農家と農場、12の小さな湖、2500エーカーの農地、
741エーカーの保護された狩猟地、いくつかの厩舎、25000平米の
射撃場、宿泊施設、ウェルネス・センター、ゴルフ場開発の可能性、等など。

2-IMG_6701-e1519915591425_GF.jpg

というものですが、

タイトルから見て、まず驚いたのは、えっ、村全体が競売なの?で、
これはニュースの発表されたのが2021年7月13日だったようで、

即パッラーノの市役所に事情についての問い合わせが殺到し、
翌日には、
という記事も出され!


shinkaiも見つけた時、今年になってでしたが、??!!で、
なんでウンブリアの山中に君主国が?! という疑問と好奇心も。

そして記事を読み、関連項目を探し、写真を探す内に、長い歴史の変遷に
浮かび上がる人物像、そして村の素晴らしいたたずまい等に惹かれましたので、
今回はそれらを皆様にも。


まずパッラーノの位置ですが、

3-map parrano_GF.jpg

ご覧の様に、山中ではあるものの、フィレンツェから南に下る高速のファブロ・
Fabroのインターで降りると、10k程で村に到着する、という事で、



城も豪華ホテルに改装されており、他にもヴァカンス用の豪華ホテル、
そして村の周辺は緑豊かな自然と、「悪魔の洞穴」や「悪魔の浴場」と
呼ばれる温泉、約28度ですと、もあり、

4-parrano-5_GF.jpg

5-terme-del-diavolo-parrano-gole_GF.jpg



村の人口は500人ほど、が実際に村に住んでいる人は19人とか!でも、
写真でご覧になるとお分かりの様に、大変に手入れが行き届いた様子で、
村の人々が誇りをもって守っているのが良く分かります。

6-Parrano-3-1-e1521633806534_GF.jpg

7-parrano_GF.jpg

8-parrano-3_GF.jpg



周囲を囲む広いオリーヴ畑や、ワイン、ハチミツ、果物のジャムが産物で、
村の若い人々の努力で様々な催しも開催されている様子。

9-senza-titolo-337-Modifica-1024x518_GF.jpg

10-Parrano-5-1024x684_GF.jpg



海抜441mに位置し、それも小高い丘の上にある村で、

11-parrano-5701_GF.jpg



周囲が開け、何とも素晴らしい位置! 

12-parrano-4_GF.jpg

13-dfdc-11eb-b2a7-2634226a51a5-fotohome1_GF.jpg



かってのエトルスク遺物の発掘も不思議ではなく、

14-5f400f3a6d_GF.jpg



旧石器時代後期、約2万年前の、「緑のヴィーナス」と呼ばれるこんな像も、
上に出た「悪魔の洞穴」辺りで発掘されたそう。  写真はwikipedia.

15-Venere_verde_GF.jpg



丘の上に細長く広がる村の、東の門はポルタ・ピアッツァ・Porta Piazza.

16-Parrano-17-1024x684_GF.jpg



この門を入ると、右手に城の一部で右奥に広がり、左に市役所。

17-senza-titolo-290-1024x684_GF.jpg



少し先にこの村唯一の教会サンタ・マリーア・アッスンタ。 
教会と城とは連絡道で、君主たちは村の通りを通らずに礼拝堂に入れたそう。

18-1641893836516_M5_width_GF.jpg

内部はバロック様式に改装。



西の門は、ポルタ・リーパ・Porta Ripa.

19-Parrano-10-1-923x1024_GF.jpg



このパッラーノの城は、元々ローマ期の要塞があった跡に建設された様で、
1118年オルヴィエートの司教グリエルモ・Guglielmoが、ロンゴバルド出身の
古いトスカーナの家系のブルガレッリ・Bulgarelliに村と伯爵位を与え、
それがパッラーノの出発点となった様子で、

20-parrano_08_GF.jpg


次々とこの一帯に領土を広げ、1世紀程後のマルシャーノ・Marsciano、
パッラーノから40kmほど東、の征服の価値は大きく、
一族は名をディ・マルシャーノに。

まずガレアッツォ・バリオーニ・Galeazzoが、持参金に城を持ってきた
ラヴィーニア・ディ・マルシャーノ・Laviniaとの婚姻から娘のジョヴァンナ、
跡継ぎのラヌッチョ・Ranuccioが生まれます。


で、ラヌッチョが1549年に結婚したのがオルテンシア・ファルネーゼ・
Ortensia Farnese、ヴィニャネッロの伯爵夫人オルテンシアは、
姓のファルネーゼから分かる通り、教皇パオロ3世の姪に当たり、

21-ortensia-farnese-la-creazione-di-una-dinastia-tra-vignanello-e-parrano_GF.jpg


この結婚が3回目! で、前の結婚の夫2人はいずれも殺害されており、
どちらの疑いもオルテンシアにかかっており、おまけに2人の子供の殺害を
火かき棒で!4人の子が中毒、少なくとも2人の子の殺害は間違いないと、
ジャンジャン!!


今回参考にしたサイト記事はあれこれあるのですが、
パッラーノの旅、ウンブリアの村の歴史、自然と伝統   が大変詳細で。


オルテンシアについてはウィキのイタ版で、生年は不明、が没年は1582年と。

2人めの夫とは1539年に結婚、1545年に未亡人に、
3人目のこのラヌッチョとは1549年5月に結婚したものの、1553年に
大工の手にかかり死亡という・・。

勿論取り調べもおこなわれたものの、いずれも犯行を証明できず、
彼女は無罪となり、「パッラーノのルクレツィア・ボルジャ」の名が。

上の写真のように、彼女についての本も出版されている様子で、
何とも傍から見るのには久方ぶりの興味津々の人物の存在があり!



で、パッラーノの城を彼女の跡に継いだのは、彼女の最初の結婚での子、
生き残ったアルフォンソ・マレスコッティ・Alfonso Marescotti.

この絵画は1750年のマレスコッティの子孫オッターヴィオの家族を
描いたもので、彼が君主国パッラーノの初代と。

22-lossy-SebastianoCeccariniAllegoryofFiveSenses.tif_GF.jpg


こんな田舎の小さな君主国の存在を不思議に思ったのですが、
元々教皇領であり、教皇が旅行の際にはこの城にお泊りもあった様で、
そんな事で、オッターヴィオの願いが叶えられたものと読みました。

で、1773年クレメンテ7世がパッラーノを君主国に昇格させますが、
1818年にはピウス7世が教会領地を抑圧し、城の所有者として
残っていたであろうマレスコッティは1873年に売却を。


城の持ち主が変遷する間、村は過疎化を経験しますが、住民たちは
村の活力と伝統を維持するために最大限の努力を払い、という事で、

確かに現在の村の様子を見ると、努力が続いているのが良く分かりますね。


城には立派な時計塔も残り、

23-Parrano-1-1024x684_GF.jpg



城内もかなりの威容を保った素晴らしい調度が残っており、

24-Parrano-27-e1521633209535_GF.jpg

25-Parrano-22-e1521633049861_GF.jpg

26-Parrano-7-e1521633095929_GF.jpg

27-Parrano-24-e1521633279317_GF.jpg

28-Parrano-9-e1521633322376_GF.jpg

城内を彷徨う女性の幽霊もいると!



問題の昨年10月の競売について調べて見ましたら、Asteannunci.itと
いうサイトで、何度かオルヴィエートで開かれた様がわかり、

11月23日に€22.088.767,40まで行ったものの、不調停となった様子で、
未だ行方が分かりません。



不思議な巡りで知った古い中世からの村と、その変遷に驚くと共に、
保っている美しさに惹かれ、チャンスがあったら訪問してみたくなり、

29-parrano-1_GF.jpg

村がどうぞ今後とも頑張って、美しく生き抜いて欲しいものですね!!


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    honke blogmura_01.JPGにほんブログ村  


    誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
絵はパスし、 動物たちにお助けを願い・・
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   

今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント