・ ネコさんの 上海便り n.2

先回に続き、今ご夫君の勤務で上海にお住いのネコさん、に
お願いして送って頂いた写真とご説明でご覧頂きますね。

世界中がロシアのウクライナ襲撃でわさわさと落ち着かず、
暗い印象から逃れられませんが、

ほんの一時でも、新しい見知らぬ土地の風景と、美味しそうな
食べ物の写真で寛いで下さいます様に!

***

さて今回ご覧頂くのは「静安寺」、中国読みではジン・アン・スーと。
元々は3世紀の三国時代に遡る中国の悠久の歴史に残る
名刹の1つ、密教真言宗道場。

1-静安寺1_01_GF.jpg

かって空海も遣唐使として長安を訪れた時に学んだ密教を
806年に帰朝した後、高野山金剛峰寺を開創したのだそうで。

現在の位置に移されたのは洪水から逃れる為の13世紀。
名が知れ渡り、多くの信者が絶えなかったものの、19世紀に戦火で
倒壊、19世紀末再建、20世紀には長く絶えていた密教の道場開設。

が、1966年文化大革命により徹底的に壊滅され、僧侶たちは迫害され
止む無く還俗、寺はプラスティック工場に。
1972年火事により焼失、一面の廃墟となったものの、

1979年中国政府は再度宗教寺院として指定、再建が始まり、
1991年5月仏像の開眼式が行われ、かっての規模にまで回復、という
歴史があるのだそう。

そうなんですね、送って頂いた写真を拝見しながら、古刹にしては
どこもかしこもとても新しいなぁ、と眺めた原因に納得しました。

それにしても改めて、あの文化大革命というのは一体何だったんだろう?!
中国人にとってどんな益があったのだろうか? と考えた事でした。


という事はさておきトップの写真は、境内入場口を両側に持つ正門。

ここで入場料を払い、通常20元、毎月1日と15日は免除されるそうで、
健康カードを見せて入場。



境内に入っての眺め。 四方を高い建物に囲まれていますが、これは後程。

2-静安寺8_01_GF.jpg

3-静安寺2_01_GF.jpg



真ん中に大きな香炉を模した様な灯篭?があり、上の窓を目掛け、
皆さんが1元コインを投げ、入るとラッキーなのか、でもなかなか入らず、
その時は足元に置いていくのだそう。

4-静安寺4_01_GF.jpg



こちらはその斜め手前にある香炉というのか、名前が出ない、で、

5-静安寺5_01_GF.jpg

自販機でお線香を買い、火を点け両手に持って掲げ、四方にお祈りを捧げ、
お祈りの後のお線香は縁に置く、のだそう。

ネコさんご夫妻は1月2日に初参りを兼ね行かれたそうで、コインも投げ、
お線香を買い、ちゃんと周囲の人と同じ様にお願いをされたそう。

縁に置かれたお線香がたくさんになると、T字型の道具を持った小父さんが
来て、ざざーと中に灰を落としていたそうで。



真ん中に立派な浮彫の銅板の見える、正面本堂の階段を上がり、

6-静安寺6_01_GF.jpg



お釈迦様像。 ウィキに、3,9mの高さの玉仏があり、中国最大、
とありましたが、これかな?

7-静安寺7_01_GF.jpg



観音堂の観世音菩薩。  上の写真のお釈迦様と、この観音様は
余り違和感なくお祈りが出来そうですね。

8-静安寺11_01_GF.jpg



こちらはやはりお釈迦様。 日本人にとっては、少し南のイメージがある様な。

9-1-静安寺12_01_GF.jpg



2階にも仏像があり、祈りを捧げる方の姿が見えますが、

9-2-静安寺10_01_GF.jpg

この右手前は布袋さん?

布袋さんは七福神のお1人という感じが強く、仏教のお寺に?と思ったのですが、
調べたら、中国唐末期から実在したという伝説的な仏僧で、
七福神の一神となったのは日本の江戸後期の事なのですと。



周囲をぎっしりと高層建物で取り囲まれた様子の静安寺ですが、
こちらは横からの眺めで、円柱の上に獅子の姿、そして屋根瓦の色が黄金を
模しているのかな?

10-a6de7fb556456bab4b9ff3e0a750bd_GF.jpg



そしてネコさんの説明にも、大変交通量の多い大通り、とありましたが、

11-静安寺9_02_GF.jpg



夜景の静安寺! 何とも凄い位置にある寺院姿で!!

12-1-F6F0994E-3C14-42A1-AC33AA8E472E5B91_GF.jpg


ほら、日本ではお寺とか神社参りというと、ゆったりの美しいお庭が
あったり、周囲の風景にも癒される、というイメージがありますが、
それとは一味違う、上海の歴史ある名刹、でした。



先回も見て頂いた、上海の一番の観光地の地図をどうぞ。

12-2-上海市内主要観光地図_GF.jpg

先回ご案内の上海博物館と、豫園の位置もお分かりですね。
静安寺は、赤い四角で囲った地図左中程に。



で、先回の豫園での散歩の折に寄られるという小籠包屋さんで、

13-商城13_01_GF.jpg

食べられたと言われる美味しいものをご覧に!


何度か利用し、あれこれチャレンジした結果、はは、徐々に注文する物が
決まって来て、最近は数種類の小籠包屋とスープとお茶を注文されると。
お腹がすいている時は、これに+点心を追加と。

まずメニューをどうぞ。 shinkaiは写真と漢字から、これはなんだろ?!と
想像し、さんざ舐めまわしましたっけ、ははは。

左ページは小籠包で、その右下、これは後に写真がでますが、蟹ね、
右ページの左下も出て来ますよ、貝のスープ。

14-商城14_GF.jpg



このページ、左下はポテト・サラダでしょうね、その右はキクラゲね。

15-商城16_GF.jpg



これは点心ですね。 左下の子豚ちゃんの中はカスタード・クリームで!
美味しいそう! その右はプリン、そしてその上は胡麻をまぶしたお団子かな?
春巻きも美味、と。 

16-1-商城15_GF.jpg

イタリアでは中華料理なるものに出会わずで、友人達は変った物を敬遠
するのと、我が町でも昔はあったという中華料理店が無いのもあり・・。
時に美味しい中華料理を、簡単なので良いから、食べたいぃよぉ!!



そして飲み物、ビールやお茶ね。 お2人はオチャケはダメ?!

16-2-商城17_01_GF.jpg



はい、こちらが最近はネコさんが決まって注文の、干し貝のスープ。 
小皿には干し貝が付いて来て、これを全部入れて食べられるそう。

17-商城18_01_GF.jpg

具は錦糸卵だけでも、貝のエキスが十分に出て、本当に美味しい!ですって。
うんうん、わかる分かる。 ホタテの冷凍を入れただけでも美味しいものね。



今回これはご夫君が違うのを試す、と注文されたものだそうで、メニューの
最初の下の右端と。 干し貝のスープは左端ね。

18-商城20_01_GF.jpg

味見されたけど、ネコさんは次回も干し貝のスープで良いと、ははは。



小籠包は4種類と、ビッグサイズの小籠包を1つ。

19-商城21_01_GF.jpg



そう、4段ちゃんと、6個づつね。 真ん中のオレンジ色は何?

20-商城22_01_GF.jpg



大きなのは蟹味噌のスープがたっぷり入っていて、付属のストローでジュっと
吸って楽しむのですと!! ああ、美味しそう、味見してみたいなぁ!!

21-商城23_01_GF.jpg



レシート。 小籠包は外見では何を食べたのか分からないので、いつもレシートを
撮っておられるのだそう。 うん、そういう事ね。

22-商城24_01_GF.jpg


で、一元は昨年は16.5~17円だったのが、今回調べて下さったら18.22円で、
高くなっていて驚かれたそう。

物価は地方と比べたら上海は高いだろうと思うけど、北京や他の大都市とは
そう違わないのではないだろうか、と。

ただ日本では地方と都会でお金の感覚はそう違わず、10倍もというのはないと
思うけど、中国では都市部と地方では全くお金の価値が違うと思うし、
それだけ中国が広く、格差も大きいという事だろうと。 
はい、そうなのでしょうねぇ。



で、最後は現在の上海の姿、多分中国人に、上海人にとっての大いなる誇りで
あろう、浦東新区の高層ビル群の眺めをどうぞ。

まず上海のシンボル的な東方明玉塔・テレビ塔、展望台からは360度の眺め!
昼と夜と。  う~ん、夜の彩がさすがぁ!

23-タワー1_01_GF.jpg

24-タワー2_01_GF.jpg



ネコさんが、さっと見て分かる塔のページを送って下さったので、どうぞ!

25-まっぷる1_01_GF.jpg

26-まっぷる2_01_GF.jpg



右から、上海タワー、金茂ビル、上海ワールド・フィナンシャル・センターで、
観光名所になっており、昼と夜の景観を。

27-ビル1_01_GF.jpg

28-ビル2_01_GF.jpg



4つの塔は、お家から歩いて徒歩15分程にあるそうで!
という事で、空の色が美しかった時の写真を。

29-ビル3_01_GF.jpg

真ん中に金茂ビル、左に上海タワー、その左に栓抜きの形を横から見た、
ちょっと薄い上海ワールド・フィナンシャル・センター。

確かにこの写真だけ見ると、ちょっと中国、というイメージはありませんね。
右の四角い、緑色に見えるビルはなんだろ?



こちらは公園の様子で、広々とした近隣市民の憩いの場所となっており、
ちょうど春節で赤い提灯がたくさん下がり、

30-1-公園1_01_GF.jpg

32-公園4_01_GF.jpg

30-2-公園2_01_GF.jpg



テントの下で民族衣装を着けたおば様達が、音楽をかけて踊ってられたそう。

31-公園3_01_GF.jpg



それにしても、花壇の手入れも良いですねぇ。

33-公園6_01_GF.jpg



公園から見るビル街の夜景。

34-公園5_01_GF.jpg



こちらはサイトで見つけた、浦東新区の川向うの外灘(ワイタン)。
この地区はかっての租界時代の西洋建築が立ち並び、良い面影の残る景観の、
川沿いの美しい散歩道。

35-73ca165bc63d3a863d96a1c5616c110cc4404a5e_GF.jpg



こんな教会の姿もあり、

36-CggYG1X3yjKAa24mAAFSfN9Ys8g414__GF.jpg



大きな堂々としたビルでなく、これは可愛いらしい面影があるでしょう?

37-tumblr_ac39837f4aebbc8a1a40d05e6fd23454_35ad701b_1280_GF.jpg



こちらは間を流れる川、黄浦江のクルーズ写真で、外灘の眺め。

38-黄浦江1_01_GF.jpg



そしてこちらは新しい上海側の眺め! こんな派手、豪華クルーズ船もね。

39-黄浦江3_01_GF.jpg

40-黄浦江2_01_GF.jpg


こういったライトアップは勿論毎晩10時迄、街灯はたくさんあるので
真っ暗ではなく、たびたび電力不足と言われる中国でも上海の中心地では
そういう気配はないそう。
で、店、飲食店、マクドナルドも夜10時には終わりだそうで! 


と言うような、ネコさんから送って頂いた、最近の4カ月間程の写真で
ご案内の上海でした。


コロナの影響で、行ってみたいと思われていた万里の長城や、西安の
兵馬俑など今の状態では到底出かけられず、上海のみで、
上海の観光地はほぼ済みました、と! ははは。

そうそう、上海動物園に行き、全身茶色のパンダ、それも2頭のみで!
白浜のアドベンチャー・ワールドのパンダの方が全然白く、
「パンダ」らしかった、というのには笑いました、ははは。

パンダちゃん達に、会いに行こう!
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/475565844.html


はぁい、いつかコロナが収まり、万里の長城や、西安にお出かけになられる事が
あったら、是非また写真をお願い致しましょう!!

ネコさん、有難うございましたぁ!! 次回も宜しくお願い致しま~す!


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

    honke blogmura_01.JPGにほんブログ村  


     誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
イタリアの、我が町コネリアーノの、病院事情
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えています
 
今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • 夜のネコ

    ありがとうございました!!
    今回も、ええ、わたしが勉強になりました汗
    静安寺、1日と15日は入場料が無料だったとは・・!
    知りませんでした笑

    小籠包屋のレシートまで!!笑
    新開さんに説明のつもりで送ったのですが、レシートまで採用されるとは思いませんでした汗
    ちなみにこの時は注文しませんでしたが、蟹黄白玉巻という春巻は豆腐が入っていて、中はふわふわ皮はパリパリで、これもわたしの一押しです笑

    お酒、大好きですよ笑
    でもランチで行くことが多いので、お茶をオーダーします。
    お酒オーダーするとだらだら長居してしまうタイプなので汗
    飲み物は頼まなくても無料でお茶はくれるのですが、どうせなら、と思いまして、いつもオーダーしてます。

    ビルの写真ですが、四角い緑のビルは、なんなんでしょうね。。汗
    オフィスビルか、銀行か、だと思います。(予想)
    この辺りは観光用のタワーが集まってるところですが、金融街でもあるので、やたらバンクビルが多いです。本当に、いくつ銀行あるんだというくらいの数があります。。

    外灘と浦東新区ですが、
    ここ、川の中に海底?トンネルが通っていまして、
    10人乗りくらいのの小さなスケルトンのトレインが数分間隔で両岸を行き来しているのです。
    5分か…くらいで対岸の海底トンネルの駅に着きます。
    (多分それくらいの時間だったかと。。あまりちゃんと測ってなくて曖昧ですが。。10分…も乗ってないと思うので…汗)

    外灘と浦東新区のタワーの入場券がセットになってる切符もあって、
    旅行者はこのトンネルで行き来するとすごく時間が短縮できるので、とても便利だと思います。
    観光者向けとあって、トンネル内はディズニーのアトラクションを意識しました?と言いたくなるような光と音楽が流れていて、子ども達が喜ぶちょっとした演出があるのです。
    もちろん片道でも乗れるので、わたし達は外灘に行った時は、
    帰るのにメトロではなく、これを使う時もあります。
    もちろん、メトロより料金は高いのですが、外灘の遊歩道あたりまで行くと、最寄りのメトロの乗り口が遠いのです…
    なのでついつい、お金で解決してます。(大袈裟)

    そうそう、公園の花壇ですが、すごく短いスパンで植え替えてますね。
    担当のおじさん、おばさんたちがせっせとお世話しているのをよく見かけます。

    本当に、丁寧に記事にしてくださってありがとうございました!
    わたしがとても勉強になりました、はい。(お辞儀)

    あと、前回の記事、
    パッコって小包のことなのですね笑
    それと、勝手に分家のことを別宅と言ってすみませんでした~!汗

    新開さんの今回の日本滞在記も楽しみにしております!!

    2022年03月03日 18:29
  • shinkai

    ★夜のネコさん、こんにちは! こちらこそ!!有難うございました。 お陰様で、今迄縁が無かった上海の雰囲気も味わったり、ああ、そうなんだ、という事がたくさんありましたよ。

    回線が繋がって良かったですね。そう、こちらはPCのインターネット普通がちょいちょいあって、今は大丈夫なんですが、今の所はね、はは、
    その時はローマ字でメールしたり、一度はブログもローマ字でしのいだことがあり、ははは、繋がってから直しましたが。
    ローマ字でメールが行くと、読むのもめんどくさいし、如何にも悲痛な感じだ、と笑われましたよ。

    ああ、あの川の下をトンネルが通っているのですか、成程ね。情緒は無くとも早いのが良いのでしょうね、時代です、それにお金で解決できる、というのもね、きゃはは。

    そういう方が、静安寺の参拝無料日を気になさる?! ははは、可笑しい! 

    お酒も大丈夫、というので安心しました。 美味しい物を食べる時はやはり美味しいお酒もちょこっとでも頂くと、尚の事美味しいですものね。

    春巻きもいろいろありそうで、やはり本場で食べる中華は美味しいだろうなぁ、と想像し、羨ましいです。

    と、ブログに書くのを忘れましたが、見える看版などの中国文字の美しさ!! 今時の簡易字体の色気の無さには草臥れますが、かっての文字、筆記体の美しさにはやはり憧れが残りますねぇ。

    はい、時にこうしてあれこれ脱線しながらも楽しめる方とおしゃべりができる、というのは本当に楽しいですね。

    また何かのチャンスがありましたら、お願い致します!!

    はぁい、私の出発もあと1週間ちょっととなりましたが、あれこれ予約や確認でちょっと頭がいっぱいになりそうで、余り作りが上等でない事が自分でもよく分かりますが、ははは、
    ウクライナの事も気になりますねぇ。 何とか上手く行くように、願います!

    2022年03月04日 05:17
  • 夜のネコ

    わたしも、書き忘れたことが笑

    小籠包の写真で、新開さんが真ん中のオレンジ色のものは何?と
    おっしゃっていますが、
    これは人参です。
    食べる用ではなく、目印です。
    (いや、食べてはいけなことはないとは思いますが笑)

    小籠包は外見では中身がわからないので
    (色つきの小籠包もありますが、大体は白いので)
    種類がわかるように置いているのだと思います。

    作る人が蒸す前に分かるように、というのもあるでしょうし、
    お客に持ってきたときに何かを中国語で説明していくので、
    おそらく「これは○○だよ」と中身を言ってくれてるのだと思います。

    まあ、わたしたち夫婦にその中国語はわからないので笑
    「あ、これは蟹ね、こっちは海老だ」と、オーダーしたものと味を合わせながら食べてます笑

    この店の人参は銀杏切りですが、
    お店によっては、蟹の小籠包には蟹型に型抜きされた人参が目印に置かれていることもあります。
    これは解りやすいですよね。
    可愛いですし笑

    小籠包の中身の目印として人参を置いて蒸す、というのは一般的な方法なのかな、と思います。

    そうそう、
    やはり、「無料」には惹かれますよ!笑
    だって切符代は少々高くても時間短縮と疲労軽減代だと思って払いますけど、
    参拝は、変わりませんから!笑
    入場料払ったら仏様にお願いを聞いていただける率が上がるわけでもないし…(ひどい発想)

    shinkaiさんの日本行き、わたしもそわそわしてきました笑
    レポ楽しみにしております!笑
    2022年03月05日 00:31
  • shinkai

    ★夜のネコさん、こんにちは! はぁい、人参だろうと思ったのですが、なんで置いてあるのかな、とおもったのでした。

    成程、中身の知らせなのですね。どれも銀杏型なので何だろう、ちゃんと蒸す時間が分かるとか、なのかな、とも思ったのでしたが、
    蟹の形やらが入っている店もある、という事であれば、中身の知らせですね。
    蟹が入ったのは、美味しいでしょうねぇ!!

    ははは、お寺の参観料はね、そうですよね、お願いを聞いて貰える率に寄りませんよね、確かにね。
    でもね、あの参拝料は、ちょっと高いかな?、と思ったのでしたが、他の金額と比べてどんなですか? またこれはいつかメールのついででも教えてください。

    はい、あと1週間後の出発となりましたが、今回ほど出発準備に手落ちが無いかどうかと気になるのは初めてですが、
    まぁ、落ち着いてしっかり見直しをする事に。

    明日と最後10日にブログをアップして出かけます。 ではでは。


    2022年03月05日 05:35