・ イタリアで美しい夕暮れが見れる, 7つの場所は・・

既にイタリアへのご旅行を計画され、出発の日を待ち望んで
居られる方も多いと思うのですが、

旅先でほんの少し自由がききそう、では美しい夕暮れを!
と思われる方に、
イタリアで美しい夕陽、黄昏が見れる場所のご案内を。

今回参考にした記事は
イタリアで最も美しい夕陽7選・I 7 tramonti più belli d’Italia


イタリア旅行では、大体どの町でも美しい夕陽、夕暮れが
楽しめると思うのですが、・・まぁ、夕食の時間と重ならなければ!

でも、ここを!というお勧めの場所を知られているとまた別なので、
ご一読をどうぞ!


1.ストロンボリ島 (シチリア島)・Stromboli

1-669741592_GF.jpg


地図をどうぞ。  

2-stromboli-03-08 180728_GF.jpg

夕陽を見るのにお勧めの場所は、東側のカラーブリア州の
トロペーア・Tropea、そしてニコペーア・Nicopea辺りまでの海岸と。
 
地図の下から尖って延びるのは、シチーリア島の先っちょ、です。



で、島の形を上から見ると、

3-Escursioni-Stromboli-da-Tropea-1024x602_GF.jpg

そうなんです。 この島は現在も活火山の様子で、


4-146_GF.jpg


むか~し、イングリッド・バーグマン主演の映画で「ストロンボリ」
というタイトルで、確か噴火を扱った映画があったのをうっすらと。


記事の説明によると、イオーニア海のこのストロンボリ島は、
ユネスコの世界遺産候補になっているそうで、


夕陽の火の玉はゆっくりと火山口に向かって下降し、
一瞬火口に飲み込まれそうに!

5-tramonto-stromboli_GF.jpg

6-tramonti-di-ulisse-2019-scaled_GF.jpg

この瞬間の儀式に参加するのは大きな幸運です、と。

確かに。 季節により、天候、時間が大いに関係するでしょうね。
行かれる方に幸運を!



2.カナゼイ・Canazei (トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

7.shutterstock_1469469716_GF.jpg

この一帯は冬のスキー観光地として有名な場所ですが、
夏でも美しい夕陽を見せてくれるそうで。


地図をどうぞ。

8-canazei-03-09 082717_GF.jpg

ボルツァーノ・Bolzanoから、車で1時間程の距離に。


太陽が徐々に周囲を囲むドロミーティの山々に沈むにつれ、
その日の非常に明るい月の様な白色(ドロミーティは淡い山とも
呼ばれそうで)
から、ピンクと紫、そして燃える様な赤色、と様々に色を変えると。


見つけた写真は全て雪山でしたが、ご勘弁を。

9-2-Val-di-Fassa-2009-52_GF.jpg


これは2019年大晦日の落日と。

9-1-2019.Bar Funivia Pordoi-2_GF.jpg

この様な現象をエルフ語・ファンタジー登場のエルフが使うとされる架空語で、
つまりラディン語・イタリア北部ドロミーティで話されている言語では、
エンロサディーラ・enrosadìra、と呼ぶのだそう。


ちょうどこの言葉を使っていた写真が見つかり・・。

10-enrosadìraDSC7005_GF.jpg



3.ポリニャーノ・ア・マーレ・Polignano a Mare (プーリア州)

11-shutterstock_1356233981_GF.jpg

プーリア州は確かにイタリアで最も美しい場所の1つで、
最近とりわけ観光の目玉になっている様子。
つまりまだ手付かずの自然がたくさん残っているのでしょう。

上の写真は余り魅力的ではありませんが、グーグル地図で
位置を探していてちょうど見つけた素晴らしい写真を!

13-polignano a mare-03-09 083421_GF.jpg

まるで同じ場所ではないものの、‥となると、この素敵な入り江、
素晴らしい海の色の小さな浜がたくさんあるという事でもあり!


地図をどうぞ。

12-polignono a mare-03-09 083232_GF.jpg

バーリ・Bariから40km程、車で40分程の近さの様子。



ご自慢の夕日はこんな風に激しく、色鮮やかに!

14-1193905_GF.jpg


そしてサイト記事の単なる誉め言葉よりも、shinkaiが軽~く
釣られたローカル食。  お、お、い、ち、ちょぉ!!

15-Pescaria-Polignano-a-Mare_GF.jpg



4.チェルヴィア・Cervia (エミリアロマーニャ州)

16-shutterstock_1032113725_Pier-Giorgio-Carloni_GF.jpg

この地はアドリア海に接しての古くからの塩田があり、
暫く前にて別のサイトで見つけ、いつか、と願っている場所!


地図をどうぞ。

17-cervia-03-09 095138_GF.jpg

ラヴェンナから南に30分もかからずの距離の様子。


干潟に住み着いているピンクのフラミンゴ、サギ、トキ、白鷺が
美しい自然と共存し、

20-riserva-naturale-salina-di-cervia_GF.jpg

なおの事土地の特殊な美しさを盛り上げる、素晴らしい夕陽との
共演なのでしょう。

18-Natura-spettacolo.-Il-tramonto-alle-saline-di-Cervia-nella-sera-di-san-Lorenzo_articleimage_GF.jpg

19-1-50-17f50f1192e81a9f407b530e938a572f_GF.jpg

今回土地のサイトを見つけ、その中に「塩田の夕陽を小船で」と
いう催しもある事を知りました。

現在もかっての技法で塩田が続けられ、保存されている様子で、
行けるチャンスの前に調べてみたいと思っています。



5.ヴェネツィア・Venezia (ヴェネト州)

21-1-shutterstock_557374438_GF.jpg

ヴェネツィア。 カナル・グランデの真ん中に位置するリアルト橋の
上から見る、黄昏近い太陽の光。


まぁ、ご存じない方はおられないとは思うものの、地図をどうぞ。

21-2-venezia-03-09 083807_GF.jpg

赤点で示されたヴェネツィアの領域を見て、一瞬笑いが、ははは。
だって、ここも、ここも、み~んなヴェネツィアなんだぜぇ!とでも
主張している様で。

そうで~す、 そして赤線で囲った、つまり干潟の島々での夕陽、
黄昏時の美しさは、ここ全部からが素晴らしく美しく、魅惑的で~す!!



本島の南、サン・マルコ聖堂の横にあるヴェネツィアの正面玄関口。

23-aperitivo-barca-venezia-tramonto-_GF.jpg

これは斜め前に位置する、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島の
聖堂前から。





6.サン・クイリコ・ドルチャ・San Quirico d’Orcia (トスカーナ州)

24-shutterstock_1751987072_GF.jpg

2004年からユネスコの世界遺産に登録されたオルチャの谷。
信じられない程の広さ、美しさの、素晴らしい自然が広がります。


地図をどうぞ。

25-san quirico-03-09 084149_GF.jpg

東はピエンツァの先から、西はモンタルチーノまで、その中心に
位置するサン・クイリコ・ドルチャからまた南にも続きますが、

点在する小さな町村はいずれも由緒ある歴史を誇り、取り囲む
大きくうねり起伏するオルチャの谷の素晴らしさが趣を添えます。

上の写真に見える糸杉の林は、地図のサン・クイリコの西に囲った
カメラの印のある場所で、

サン・クイリコからの道は自動車道なので、車がないと無理な位置
ですが、一度はご覧になれると良いなぁ、と願います。



上の穏やかな夕陽の色と違い、黄昏がも少し進んだ夜に近い激しさも
見え、感じる、素敵な色の黄昏ですねぇ。

26-3317538_GF.jpg


ヴァル・ドルチャとその周辺ご案内
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460834418.html



7.ローマ・Roma (ラツィオ州)

27-shutterstock_1523083874_GF.jpg

28-roma-03-09 084422_GF.jpg

イタリアの首都、伝説では紀元前753年4月21日に都市国家
として建国されたというので、実に2000年以上の歴史ある首都!

TVニュースに登場する時は細部のみが見えすぎ、またかぁ、と
思うのみですが、
時に空からの眺めが写ると、おお!! 美しい!!と見惚れます。

本当に!! ゴチャゴチャしてはいるのですけど、その間に有名で
大きな建物が挟まり上手く収まっており、と共に、新しいガラスの
高層建築が無いのも、美しく見えるのかも。

そう、まさに「ローマは永遠の都!

そして、たくさんの見るべきものがあるのに殆ど知らない、
というのが実情で、

いつか、いつか、ゆっくりとあちこちを訪ねたいなぁ!!

こんな夕陽の写真を撮りながら、うん、朝日もね。

29-Colosseo-al-tramonto_GF.jpg



スコミーゴ村 ・ 冬の夕暮れ
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465337915.html

イタリアの夕陽 ・ あちこち
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463097646.html



◆ お知らせ ◆

我が絵の師であり友の、二木(ふたつぎ)さんの個展が、
3月13日から26日迄、松本市の井上百貨店6階にて、
二木一郎 日本画展」が開催されます。

2024年3月井上個展DM1_GF.jpg

2024年3月井上個展DM2_GF.jpg

松本は二木さんの生まれ故郷。  長い研鑽の積み重ねと
画歴をお持ちで、それは画面をご覧頂けるとどなたにも十分に
納得頂ける、説得力ある作品群と思います。

今回はほぼ旧作30点以上の出品だそうですが、
残念ながらご本人は、来店されませんので悪しからずとの事です。

どうぞご時間をご都合の上、ご高覧頂ける様お願い申し上げます。

*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

    にほんブログ村  


     s2019誕生日 - Copia.jpg


*****
  
色鉛筆+水彩画ブログには、
霧の朝・ヴェネト 途中経過と、 シバの女王の脚の謎、ソロモン王との関係は
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えています
 
今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

この記事へのコメント

  • 夜のネコ

    イタリアの夕暮れ、美しいですね~!
    もちろん日本の夕暮れも美しいですが、やはり街並みや自然の造形が違う景色の中での夕暮れというのは、また違う美しさがありますね

    大変ご無沙汰してしまいましたが、わたし、一昨年の9月に上海から帰国して地元に戻りましたが、去年の8月から富山県某市にまたまた夫の仕事で来ております
    ローン支払中の自宅をまたも空き家にして…初めての北陸生活
    今回は一年ほど(ほんとか?)の短期だと聞いていますが、人生、本当に何がおこるかわかりません笑
    上海ではロックダウンを経験し、北陸では先日の元日の地震で震度5強を経験しました
    怪我もなく、部屋のものが散乱しただけで済みましたが、そういったことを経験すると、いつ、何が起こるかわからない、自分がいつまで健康かわからないし、行きたいと思っている場所だっていつそこが無くなってしまうかわからない(その景色が消えてしまうかわからない)、
    そう思うと、行けるチャンスがあれば多少無理してでも行っておこう!という気持ちになり、最近は旅行サイトをよく見ています
    イタリア…に行くには、まず一週間以上のお休みがないといけないので、そこがかなりハードルが高いのですが、行きたい行きたいと思っているとチャンスが来るというので、常に思っておこうと思います

    twitter(あ、Xですね汗)でもイタリアの景色やどなたかの庭の景色が流れてくるので見ているのですが、知らない世界というのはワクワクして生活が彩りますね
    ああ、イタリアで夕暮れの中おいしいご飯が食べたい…
    2024年03月13日 19:12
  • shinkai

    ★夜のネコさん、こんにちは! お久し振りです。 コメント有難うございます!!

    ああ、何とも移転が激しい、というか、はは、ですねぇ。 まさか先見の明に導かれ、忍耐度お試し行、はたまた人生とは‥、の悟りの道修行中とか、ではないでしょうね?!

    それにしても、富山も元旦はかなりの被害だったのでしょうね。 本当にご無事で良かったです!!


    そうですねぇ、本当に「いつか・・!」というのはなかなか実現できずで、 行くんだ! するんだ!という気持ちがいつも心の中で沸いていると、どこからか実現できるようになると言いますし、
    実際私もそんな感じでこちらに来れたのでした。

    なので、頑張って!! 地図も広げ、時刻表も調べたり、現地の様子も知ったり、すると良いそうです!

    私の友人が5日間で来られたことがあり、その心算で1か所に絞るとOKなんだ、と言ってましたっけ。


    そうです、そうです、新しい風景の中を歩き、美味しい物をゆっくり食べ、ピンク色の夕陽を眺めるだけで、
    日本よりもピンクの夕陽が見れる確率が高い様に思います、

    で、戻られた時には、新しい心の部分が広がった様に思えるでしょうし、地図を眺めても、TVニュースを見ても、立体的に広がります。

    頑張って!!
    2024年03月14日 17:21