・ クリムト・ヴィッラ   クリムトの最後で唯一残る、ウィーンのアトリエ 

今日はウィーンにある、グスタフ・クリムト(1862-1918)のアトリエ博物館、
画家没後の長い年月を経て修復され、2012年秋から公開されている
アトリエのご案内を。

1-vienna-wurstelstand-events-.jpg



ウィーン西駅から約5kmの位置にある、かっては田園風の美しい公園内に
あったのが、改装され、また第2次大戦後の放棄時を経て後、

クリムトの絵を愛する人びとのグループが、建物を残すために闘い、
遂に「国の記念物」の指定を受け、オリジナルの図面も見つかった事から
かっての面影を留める様に修復され、現在公開されているののですね。

参考にしたサイトは  
本日、クリムトの唯一生き残ったアトリエが公開 で、2012年9月30日の記事。

修復経過について書いてあるのを読みながら、なんとまぁ、大変な
経緯があったものと驚き、よくぞ、よくぞ残ったものと、残すために努力して
下さった方々に感謝したい思いを強く感じました。 少し省略しお伝えを。


まずアトリエのある位置ですが、
ウィーン西駅から西に約5kmの位置にあり、分かり易いのは地下鉄4号線の
「Unter-St.-Veit(ウンター・サンクト・ヴァイト)」駅から徒歩で南に。

2-Cattura.jpg

3-Cattura.jpg




現在の姿はこの様に白塗りの2階建てですが、

4-North-facade-of-Klimt-Villa-today.jpg



かってはこの様に平屋で、庭に小屋があり、美しい庭に面した建物。

5-atelier_feldmühlgasse.jpg


家具生産のヨセフ・ヘルマン・Josef Hermannが借りていたもので、
が、どうやらいつの時か、彼が家の持ち主になった様子で、
その娘がクリムトの友人で、彼に家を借用するよう助言し、

クリムトは庭の小屋に手を入れたり、大きな北窓をアトリエ用に開き、
建物の外側を白く塗ったりし、
彼はここで1912年から、亡くなる1918年まで制作を続けます。

で、彼の没後、ヘルマン夫人は設計士を雇い、庭に家を建てたり、
元の平屋の家の上に2階を建設したりで、元よりもずっと大きな建物に。

ですが、1922年に夫のヨセフが亡くなった時にはまだ完成しておらず、
多分経済事情があった様子で、家を建設途中のままで
エルネスティン・ヴェルナー・Ernestine Wernerに売却し、
じきにエルネスティンは結婚、クライン夫人・Klaeinと。

こうして家は図面通り、クリムトのアトリエの上と周囲にも建て増しの、
バロック様式の大きな建物となります。

6-Klimt-villa.jpg



が、1938年のオーストリアがナチス・ドイツとの併合の後、クライン一家は
ロンドンに逃亡、1939年には家は押収され、ユダヤ人以外に売却され、

第2次大戦後の1948年、オーストリア政府はクライン家に建物を返却
しますが、被害は大きく、1954年クライン家は政府に少額で売却。

家の状態は衰え果て、取り壊しも予想されるほどだったのが、
1957年に政府は学校に使用する事に。

この時点で「クリムト」は忘れ去られた状態だったのですが、
60年代になり、ロンドンとニューヨークで「ショー」が開かれ、人々の意識を
目覚めさせることに。

この2つの大都会で開かれた「ショー」というのがどんなものか分かりませんが、

いずれにせよ、オーストリア内では未だ知られており、建物は
「ヴィッラ・クリムト」と呼ばれてはいたものの、既に「無きもの」同様で、

1998年には限界で、
土地は区画分けされ、アパート用の建物やプロモトーリに売られるか、
老朽化した建物は取り壊し、という様子に。

この時になり市民グループが、建物を残すために立ち上がり、
1922年のオリジナル図面、アトリエの様子が正確に分かる図面を見つけ、

クリムトの生きていた時代とは、いくつかの壁が取り壊され、ドアも移され、
窓も変わりと様子が違ていたものの、
建物自体はそのままで、元の様に修復可能という事が分かったのですね。

7-Cattura.jpg



市民グループは「グスタフ・クリムト・メモリアル・ソサエティ」を1999年に
結成、クリムトのアトリエを、画家が使っていた時の姿で残す事、で闘い始め、
2000年に、「オーストリア共和国の、歴史的住居」のリストに掲載を、
少なくとも、家の重要な歴史を公的に認められることに漕ぎつけます。

が、まだまだ問題は続き、「政治闘争」という言葉で語られる、
リストからの削除問題、ロシアの開発者に売却問題とかあったものの、

遂に2009年「国の記念物」指定があり、破壊問題から逃れ、
翌年、建物の中に「クリムト博物館」が建物の中に作る案が出来、
政府の経済省が200万エウロの改修費を承認、2011年から工事開始。



改修には、同時代の画家エゴン・シーレ・Egon Schieleが残した記述や、
応接室、庭の3枚の写真を参考に、
クリムトの時代の雰囲気にいくらかでも近づける様にと。

エゴン・シーレの「ブルーの仕事着のクリムト1913年」 

sEgon_Schiele_-_Gustav_Klimt_im_blauen_Malerkittel_1913.jpg



エゴン・シーレがクリムトの亡くなってすぐに残した記述では、

毎年クリムトはフェルドミュールガッセ・Feldmühlgasseにある家の
周囲を花壇で飾り、 
何世紀も経た木々や花に囲まれた家を訪れるのは喜びだった。

扉の前にはクリムトが掘った2つの魅力的な頭部像があり、
最初の扉を入ると控室に入り、その左のドアからは居間に続いた。

中央に四角なテーブルがあり、その周囲には日本の版画が纏まって
開かれており、2つの大きな中国の絵があり、
床にはアフリカの彫刻と、窓に近い角には赤と黒の日本の鎧があった。

8-Empfangszimmer_Klimt_Villa_Credit_Photo_Tiller_2019_8db9045dc3.jpg



この部屋から別の2つの部屋に続いており、薔薇の茂みに向いていた。

9-Reconstructed-studio-window-.jpg



アトリエには2つのイーゼルに掛かった、クリムトが1917年に描いていた
絵が2枚あり、

10-d88cc0e33f1890f35b76f979a53ab4bb.jpg



右に、「扇を持った婦人」

11-lady-with-fan-1918.jpg



左に「花嫁」。 これは未完のままに。

12-The-Bridge-by-Klimt-1918.jpg

どちらも現在は私的コレクションに入っており、ここのはコピーと。



どちらの部屋の家具もヨセフ・ホフマンの企画によるもので、
殆どが戦争を生き延びたものだそうで。

大きな衣装箪笥には、当時クリムトのコレクションである、多量の
アジアの布等があったのが、彼の没後同伴者エミーリエ・フレーゲに渡り、
彼女のアパートは第2次大戦終戦間際の火事の為、損失。

多分この写真のものと。

13-d9ec9301ac6123c7d936883eb0709774.jpg



他の調度類は現在個人所有で、
1人はアトリエにある、アフリカの椅子を貸しており、

14-Cattura.jpg



アトリエの様子を。

15-Klimt-Feldmühlgasse-Studio-.jpg

16-Cattura.jpg



多分、こういう様子が他にも続くでしょうし、アトリエの当時の雰囲気を
求めての正確な複製品が作られたり、

控室のカーペットも、オリジナルのBackhausenの物が、幸いに見本が
記録にあり、作られたり、

2階が博物館となっており、参観者は1910年代の一連の衣装や、
クリムトのデッサンのコピーも見ることが。

17-klimt.jpg

18-nimm-klimt01.jpg

19-image_imageblock_thumb-4x.jpg


エゴン・シーレによる記述

どんなものも動かされてはならない。 なぜならクリムトの家の
全てが関連しており、それ自体が芸術なので、壊されてはならない。

未完成の作品、筆、作業台、パレットには触れてはならないし、
アトリエは「クリムト博物館」として、彼の芸術を愛する少数の
人々の為に公開されるべきである。と。


画家の若い死から約1世紀を経て、大変な時代だった1世紀を経て、
漸くに、少なくともシーレの結論に至った訳ですね。


クリムト・ヴィッラ ・ Klimt Villa

Feldmühlgasse 11, 1130 Wien, Austria
開館時間 月曜休 火曜~日曜 10時~18時
Tel  +43 1 8761125

20-klimt_villa_09-300x225.jpg

21-Gustav-Klimt-in-front-of-the-entrance-to-his-studio.jpg

我がコネリアーノからは、ウィーン迄国鉄で直通で行けるのです。
サイト記事を読み、初めて「クリムトのアトリエ」があるのを知った夜、
夢を見ましたっけ。  いつかね!


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


   s誕生日カード2020.jpg

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
トスカーナの猫 もう1度と、  グスタフ・クリムトの風景画
をアップしています。


*****
   
記録庫ブログは、お陰様で無事引っ越しを終えました
 
今後ともの皆様のご訪問を、よろしくお願い致しま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ クリムト・ヴィッラ   クリムトの最後で唯一残る、ウィーンのアトリエ "へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。