・ 冬に向かう日々 夕暮れと朝  そして、冬のカボチャ・スープ

冬に向かう、というか、既に冬の入り口の毎日ですが、
冬の日没の空の色が美しく、鎧戸を閉めようか、まだ良いかな、と思う頃、
空の色が美しく染まっているのを知ると、カメラを持ってテラスに。

はい、外に行くには寒く、コートを着て、ブーツを履いて、という間にも
色がどんどん変わりますので、テラスに、という横着ですが、へへへ、

お天気が良く、雲の流れがある日には、美しい夕暮れが楽しめます。


これは18日の夕暮れ。 気が付いた時は既に日没後暫くしてで、
オリアーノ村の丘の稜線に沿い、名残りの赤い色が残っていたのでしたが、

1-V10_1875_GF.jpg



丘の線を上げて撮るとかなり明るく写り、真ん中に明るく小屋の明かりが
写ったり、手前の農家の窓からも明かりが漏れている様子が。

2-V10_1877_GF.jpg



暫くすると、赤みがす~~っと消えて行き。

3-V10_1878_01_GF.jpg



これは翌日19日。 夕方の6時前、テラスからの冬の夕暮れ時に
ちょうど真ん中の位置に入る雑木が本当に邪魔なのはご容赦願い!

4-V10_1879_GF.jpg



刷毛で掃いたような雲の流れで、少し薄い青空の名残も。

5-V10_1880_GF.jpg



上空にはまだ青い空も残り、染まった雲の色もピンクで。

6-V10_1881_GF.jpg



翌日は曇り空、小雨となり、そして21日の朝、鎧戸を開けると、
なんとこの秋一番のかなり深い霧が広がっていて、

最初に開けるのは一番西の窓で、そこから見える庭越しは白く霞み、

7-V10_1885_GF.jpg



こちらのコンドミーニオの庭も白く、散り残った僅かな黄色い葉。

8-V10_1888_GF.jpg



これはなんの木の葉かな、散る前の色ですね。

9-V10_1882_01_GF.jpg



奥の木はすっかり葉が落ちましたが、手前はまだ頑張っており、

10-V10_1889_GF.jpg



我が家の前に見える木もほぼ裸木で、

11-V10_1896_GF.jpg



こちら手前の木も。

12-V10_1902_GF.jpg



東側の、育った糸杉との間にあれこれ木々があり、透けて見える
薄い色の様子もなかなか素敵で。

13-V10_1899_GF.jpg



見ている間に、メルロ・黒歌鳥の雄がたくさん実の付いた木に留まり、
枝の露もこんなにたくさん!

14-V10_1897_GF.jpg

メルロはいつも庭にあれこれやって来るのを見るのですが、警戒心が強く、
なかなか撮れないのが、今回初めてこんなに近くから! イェイ。

下にももう1羽いたのですけど、木には止まらずで行ってしまい。



アジサイの葉もお終いですね。

15-V10_1903_GF.jpg



西の、いつも夕陽を撮るのに邪魔する木の方角も、まるで丘は見えず!

16-V10_1904_GF.jpg

この日の霧は一日続き、夕方前に少し引いた位。



翌日も一日どんよりの曇り空、時に地面が濡れる日で、

夕陽はまるで見えず、西の空はこんなどんよりで、雲の流れもなく、

17-V10_1908_GF.jpg



南に向かっての空に、わずかに雲の切れ目の間に明るさが。

18-V10_1909_GF.jpg

左に見える線2本は、今右に見える屋根のお家で改装が進んでおり、
その大きなクレーンの線で、



このお家だけ、1週間ほど前から既にクリスマスの飾り付けが家の前と窓際に。
いつもはも少し派手めなのですけど、今年は白のみで。

19-V10_1911_GF.jpg



例え我が家のテラスとはいえ外は寒く、はは、大急ぎで引っ込みますが、

こんな日には何を食べたい?と考えると、日本だと「鍋」だけどなぁ、
イタリアでは何を?と、「冬のレシピ」と検索すると、出ましたぁ。
やっぱり温かくなる、豆を入れたりの冬野菜のスープが多く、


彩も綺麗、冬の寒い日に温まる「カボチャとインゲン豆のスープ」を
ご紹介しますね。

20-32596-zuppa-di-zucca-e-fagioli_GF.jpg

参考にしたのは、Zuppa di zucca e fagioli


日本のカボチャはイタリアのよりずっと美味しく、いや、ホント、甘く、
カボチャのみのスープだけでも十分美味しいと思いますが、

ここではインゲン豆を使った田舎風で、他にも茸、ひよこ豆、栗、
カリフラワーなどと、様々な味と合います、と。

このインゲン豆とのレシピは、カボチャの味がより濃厚で、歯触りもある、
を愛する人向け、と。

そしてレシピ作成者の説明によると、味を豊富にする為にインゲン豆も
2種類使っていますが、勿論お好みのインゲン豆1種類でもOKで、

イタリアには本当にインゲン豆の種類が多く驚くほどですが、
ここではカンネリーニ・cannellini クリーミーで繊細な味
ボルロッティ・borlotti カラフルでコンパクト、の2種類を。

肉を加えていないのも、お好みにより、さいの目に切ったベーコンを最初に
焦げ目をつけて加え、香りをつける事も出来、

古くなったパンを使って自家製のクルトンを作ると、更に風味を加えるのに
最適な方法と。

では、4人前の材料から。
・ カボチャ 綺麗にしたもの 900g
・ インゲン豆 すでに茹でた物  300g + 300g
・ 古くなったパン 3,4切れ
・ ニンニク 1かけら
・ ローズマリーノ 1枝
・ オリーヴ油 ev 
・ 塩

作り方
・ カボチャは四角く、なるべく同等に小さく切った方が煮上がりが早く、
  クリーミーになりやすい
・ 深めの煮込み用鍋に、オリーヴ油を大スプーン2~3杯と、ニンニク1片、
  ローズマリーノの小枝を入れ、火にかける
・ 香りが立ったらカボチャを入れ、時々かき混ぜながら3~4分煮る

21-32596-zuppa-di-zucca-e-fagioli-0_GF.jpg


・ 水を800ml入れ、完全にカボチャが隠れる程に、塩を加え煮たてますが、
  その後は弱火にして、蓋をし30分程煮る
・ そしてインゲン豆を加え、さらに20~30分煮る
   最後の10分程は蓋を取ると、スープの水分が濃縮され、美味しく仕上がる

22-32596-zuppa-di-zucca-e-fagioli-1_GF.jpg


・ 一方スープを煮ている間に、薫り高いクルトンの用意をする
  四角に切り、フォルノ用の受け皿にフォルノ紙を敷き、並べ、
  お好みのハーブとオリーヴ油をふりかけ、
  220度で約10分、ファンを回して焼く

23-32596-zuppa-di-zucca-e-fagioli-2_GF.jpg


・ スープが出来上がったら、熱い一皿を、上からオリーヴ油を生で回し掛け、
  サーヴィスする

24-32596-zuppa-di-zucca-e-fagioli-4_GF.jpg

Bon Appétit!

豆類は、既に茹でて缶詰になっているのを利用すると、一晩水に浸ける、
茹でる、が省け、煮込み時間を短くも出来ますし、大変楽に。

納豆の大豆の缶詰利用で目覚めた、はは、shinkaiで、
余り豆類は食べなかったのが、あれこれ利用する様になりましたぁ。



さて、昨夜天気予報を見ると、今日は良いお天気と出ており、よっしゃぁ!

で、今朝6時57分の、南東の空。 良い色!

25-V10_1914_GF.jpg



2分もせぬ間に色が薄れて行きますが、

26-V10_1917_GF.jpg



7時23分、東の空。 下の方の雲は黄色とオレンジ、グレイの雲の縞となり煌めき、
上にはピンク色の雲、そして青空が。  綺麗でしたよぉ!!

27-V10_1918_GF.jpg



場所を南東に移すと、こちらは少し太い縞の雲。

28-V10_1920_GF.jpg

前のお家の工事用クレーンが邪魔ですが、これは広い空が良いでしょう?!



7時34分、スコミーゴ村日の出! 山があるので、天気予報より少し遅く。

29-V10_1923_GF.jpg



オリアーノ村の見えるテラスの端から、村の夜明け~!

30-V10_1927_GF.jpg


これからどんどん寒くなるのでしょうが、まぁね、あと1月でクリスマス、
頑張って参りましょう!

この時節インフルエンザにお気をつけ、コロナ・ヴィールスも寄せ付けずにね!!


*****

当ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    honke blogmura_01.JPGにほんブログ村 


    s2019誕生日 - Copia_01.JPG     

*****

色鉛筆+水彩画ブログには、
をアップしています。 ご訪問よろしくどうぞ!


*****
   

今後ともの皆様のご訪問を、お待ち致しておりま~す!

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ 冬に向かう日々 夕暮れと朝  そして、冬のカボチャ・スープ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。